岩倉螺子製作所モデルは?ねじ工場は東大阪に実在?【いわくららしせいさくじょ】

2022年10月からスタートするNHK朝ドラ・連続テレビ小説「舞い上がれ!(まいあがれ!)」はものづくりの町・東大阪と長崎の五島列島がメインの舞台になっています。

東大阪は、女優の福原遥(ふくはらはるか)さんが演じるヒロインの岩倉舞(いわくらまい)の生まれ育った町です。

ヒロインの舞が空へのあこがれからパイロットになる夢を持ち、奮闘する姿を描いた朝ドラです。

舞の父親は東大阪の町工場のねじ工場「岩倉螺子製作所(いわくららしせいさくじょ)」を経営していますが、父親も飛行機が好きなんです。

そんな父親が経営する「岩倉螺子製作所(いわくららしせいさくじょ)」ですが実在する工場がモデルになっているのでしょうか?

今回は朝ドラ「舞いあがれ!」に登場するねじ工場「岩倉螺子(らし)製作所」にモデルは存在するのか?東大阪に実在するモデルがあるのか?まとめていきます。

モデルは北螺子製作所(きたらしせいさくしょ)??

また「岩倉螺子製作所(いわくららしせいさくじょ)」のモデルの紹介に当たり、一部、今後のネタバレを含むことから閲覧注意です。

今すぐU-NEXTに登録【31日間無料体験】

▼今なら朝ドラ「舞いあがれ!」の見逃し配信動画を31日間無料で見放題で視聴できます▼

※登録から31日の間に解約すれば一切料金が発生しません。無料期間内に『舞いあがれ!』の動画を見放題で無料視聴できます。

U-NEXThttps://video.unext.jp/

※U-NEXTでしたら、初回登録時に無料で1000ポイントもらうことができます。そしてこのポイントで「NHKまるごと見放題パック」は990ポイントで購入可能になっているので、ポイントを使い実質無料で購入可能です。

※U-NEXT経由で「NHKまるごと見放題パック」に登録することで1話から最新話までの見逃し動画を無料で視聴が可能です。

U-NEXTでは、以下の作品も視聴可能です。

◆正直不動産

◆ももさんと7人のパパゲーノ

◆つまらない住宅地のすべての家

◆一橋桐子の犯罪日記

◆カナカナ

◆卒業タイムリミット

◆あなたのブツが、ここに

◆幕末相棒伝(永山瑛太、向井理出演

◆しもべえ

◆ドラマ10「プリズム」

◆阿佐ヶ谷姉妹ののほのんふたり暮らし

◆古見さんは、コミュ症です。

◆オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ

◆きれいのくに

◆いいね光源氏くん

◆腐女子うっかりゲイに告る

◆高橋一生主演「岸辺露伴は動かない」の「富豪村」「くしゃがら」「DNA」

◆連続テレビ小説「ちむどんどん」「カムカムエヴリバディ」「おかえりモネ」「花子とアン」「おちょやん」「澪つくし」スペシャル版「おしん」「ひよっこ」「カーネーション」「ちりとてちん」「ゲゲゲの女房」「梅ちゃん先生」「ちゅらさん」など

◆大河ドラマ「鎌倉殿の13人」「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「篤姫」「江 姫たちの戦国」など

◆タリオ復讐代行の2人

◆にじいろカルテ

◆書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~

◆青のSP

◆話題のタイBLドラマ『2gether』『TharnType/ターン×タイプ』『WHY R U?』など多数配信

◆タリオ 復讐代行の2人

「きのう何食べた?」

「相棒」シリーズ

その他さまざまなジャンルの作品が視聴可能です。本ページの情報は2022年11月20日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

※登録から31日の間は一切料金が発生しません。無料期間内にドラマ『舞いあがれ!』の動画を見放題で無料視聴できます。

U-NEXThttps://video.unext.jp/

目次

岩倉螺子製作所とは?東大阪のねじ工場で父親が経営!

舞い上がれのストーリーは?

ヒロイン・舞は、ものづくりの町・東大阪で町工場を営む父・浩太(こうた)と母・めぐみ、そして兄・悠人(はると)との4人暮らし。引っ込み思案だった舞ですが、自然豊かな長崎の五島列島にいる祖母・祥子(しょうこ)の元を訪れ、五島列島の広い空に風を受けて力強く舞いあがる「ばらもん凧だこ」に魅入られます。

あんなふうに空高く飛びたい──空へのあこがれは、パイロットになる夢へとふくらんでいきます。本物のパイロットになるべく努力を重ねる舞ですが、想像以上に厳しい道のりが待ち受けるのでした。

東大阪で実感する「ものづくり」の喜びと、自然とともに生きる離島での暮らし。2つの故郷である東大阪と五島、それぞれの土地に暮らすさまざまな人との絆を深めた舞は、やがて新しい形で空への夢を見つけていきます。それは仲間たちの力を集め、島を行き来できる電動小型飛行機を飛ばすこと。夢の飛行機作りに情熱を燃やす仲間たちとともに、舞の夢は、みんなの夢をのせた新しい翼となって大空へ飛び立ちます!!

引用元:https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=31908

物語は、ヒロインの舞が小学校3年生からスタート。

最初の舞台は、父親が町工場を営み、生まれ育った東大阪。

そんな舞は、体が弱く、原因不明の発熱に悩まされていました。病院の医師から環境を変えることをすすめられて祖母のいる長崎の五島列島で過ごすことになります。

と、いきなり東大阪から、舞台が五島列島にうつってしまうのですが(^^;

再び東大阪に戻ってきます!

そんな東大阪の町工場で舞の父親が経営する「岩倉螺子製作所」とは一体どんな工場なのでしょうか?

螺子(らし)とは?

そもそも岩倉螺子製作所の「螺子(らし)」とは一体どんな意味があるのでしょうか??

螺子はネジや釘ネジのことを指します。螺子は物を締め付けて固定したりするために使う機械部品です。

ネジは、螺旋状であることから、漢字では「螺子」と書いたり、「捩じる・捻じる」から「捩子」や「捻子」と表記されることもあります。

引用元:引用サイト

螺子を「らし」と読むことを知らない人も多いと思いますが、螺子はねじのことです。

 

岩倉螺子製作所とは?

岩倉螺子製作所は東大阪の町工場にある、ねじ工場です。

従業員はベテラン職人の笠巻久之と若い結城章の2人だけです。

経理や事務は舞の母親のめぐみが行う、小さな町工場です。

父親の高橋克典さん演じる岩倉浩太は、2代目社長。もともとは重工メーカーに勤めていた舞の父親は飛行機を製作する夢を持っていたのですが、父親が病死してしまったことから、工場を継ぎ2代目に。

後々は、自社で飛行機の部品を作ることが目標という飛行機好きで、舞の飛行機好きは、父親の影響もあるようですね。

そんな工場の経営ですが、厳しく、頭が良い舞の兄は私立の中学に行きたいと思って勉強していましたが、兄を私立に行かせられなくなる!?という状況になり、反発する兄・・・という状況になるという展開に。

そんな岩倉螺子製作所ですが、モデルは実在するのでしょうか?

岩倉螺子製作所のモデルは北螺子製作所と大阪精工株式会社?

ドラマ「舞い上がれ」のヒロインには、モデルがいない、脚本家の桑原亮子さんによるオリジナルストーリーです。

朝ドラは、実在の人物がモデルとなったヒロインの作品も多いですが、今回の舞い上がれのヒロインの舞はオリジナルのキャラクターです。

なので、岩倉螺子製作所も実在しない工場だと思います。

しかし、NHKの朝ドラはドラマ制作にあたり多くの関係者に毎回取材を重ねていて、参考にしている町工場、ねじ工場はあると思います。

そのねじ工場はおそらく東大阪の「北螺子製作所(きたらしせいさくしょ)」と「大阪精工株式会社」だと思われます。

と言うのは、ドラマ「舞いあがれ」のドラマガイドブックに2つの会社が撮影協力として記載されていました。

モデル①北螺子製作所(ねじ工場)

NHKの関西地方で「舞いあがれ!」の特別番組が放送され、その中に北螺子製作所が紹介されていました。

モデルと言っても良いほど、参考にしたねじ工場・ねじ製作会社であると思われます。撮影にも協力したことを「来週スタート!舞いあがれ!スペシャル」にも登場しお話されていました。

【北螺子製作所】

住所:株式会社北螺子製作所

社長の北喜次さんもNHKの「舞いあがれ!」の特別番組に出演されていました。

設立は1972年と歴史のある会社で、従業員数は16人と少人数の会社でアットホームな雰囲気のようです。

ドラマ「舞いあがれ」では、岩倉螺子製作所が、経営難から新たな受注を模索。そしてどこも引き受けなかった難しい・そして納期の厳しい「特殊ねじ」を受けることになり奮闘する展開になります。

北螺子製作所も「特殊・異形ねじ」を取り扱っており、こちらも取材を重ねたのでは?と思われます。

引用元:https://www.nejinews.co.jp/news/fastener/archive/eid6489.html

モデル②大阪精工株式会社(自動車部品)

【大阪精工株式会社】

住所:大阪府東大阪市中石切町5-7-59

「大阪精工株式会社」は、東大阪にある会社ですが、1960年に冷間圧造用鋼線の専業メーカーとして「ねじ用鋼線専門工場として」創業。

冷間圧造用鋼線や冷間鍛造部品を製造する線材二次加工メーカーに成長!主に自動車部品の製造、加工を一貫して行っていて、海外展開もしています。

引用元:http://www.osaka-seiko.jp/

先ほど紹介した北螺子製作所とは規模も雰囲気も違う気がして、モデルになった??と思われるかもしれません。

しかしこれは、今後のネタバレになってしまうのですが、ヒロインの舞が小学生の時、1994年には、従業員数が2名の小さなねじ工場だった岩倉螺子製作所ですが、2004年には従業員18名を抱える2つの工場を持つ会社に成長。

そして、そんな「岩倉螺子製作所」に自動車部品の仕事の話が舞い込んできて、3億円の設備投資をするのか?という展開になります。

なので、自動車部品製造の部分については、「大阪精工株式会社」に取材、協力を仰いでいると思われ、モデルの1つだと思われます。

岩倉螺子製作所の今後のネタバレは飛行機の部品を作る?

経営難でピンチに陥る!?

そんな町工場にある「ねじ工場」の岩倉螺子製作所のネタバレをご紹介していきます。

知りたくない人は閲覧注意です。

先ほども少しご紹介しましたが、工場の経営ですが厳しく、頭が良い舞の兄は私立の中学に行きたいと思い勉強していました。

兄を私立に行かせられなくなる!?という状況になり、公立に入ることをすすめますが、反発する兄。

兄の悠人は、良い中学に入り、東大に入ることを目標にしていました。

小学生から、しかも自らそんな計画を・・・すごいですよね。

父親の浩太は必死に新規開拓の営業に回り、ある会社で特殊ねじの試作の仕事があることを聞きつけます。

しかしその仕事はどこも受けなかった大変な条件。難しい技術と、厳しい納期だったのでした。

工場に戻って、ベテランの笠巻に相談するものの、新しい金型をすぐに作ってくれるところが見つからないと無理だと言われてしまいます。

浩太は、古くからの付き合いのある金型製作所の曽根に、必死に頼み込みます。納期を聞き、驚いた曽根だったが、浩太のためということで引き受けてくれます。

そして、岩倉螺子製作所は新しい金型が届けられ、笠巻が新しいねじの試作品作りに挑戦。

提出期限日になり、あともう少しで完成となりますが、突然機械の調子が悪くなるトラブルに。今度は機械工場の知り合いに頼み込み、修理をしてもらい納期ギリギリで間に合うと言う展開でした。

従業員が増え成長を遂げる!そして自動車部品という大きな挑戦も成功する?

そして・・・物語は2004年に。

ヒロインの舞は大学に入学。そして兄はなんと東大に入学!すごい有言実行。しかしこの兄がなかなかの問題児なのですが・・・

岩倉螺子製作所は、従業員2人から14人を抱え、工場が2つを持つ会社に成長していました。

そして数年後・・・そんな岩倉螺子製作所に自動車部品の仕事が舞い込んできます。

会社が成長するチャンスであったものの、新しい設備投資に約3億円が必要になります。浩太は迷ったものの、銀行から融資を受けることに。

そして・・・ここまでのネタバレしかまだわかっていません。

飛行機の部品を作る会社に成長する?

この融資が成功するのか??それとも大変な時代になるのか??なんだかドキドキの父親の選択ですね。

また父親の夢は、飛行機の部品を作ることなので、岩倉螺子製作所が飛行機の部品を作る会社になることができるのか?

ヒロインがパイロットになることができるのか?と同じくらい気になる展開です。

気になるところです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる