ドラマ大好き人間によるキャスト、あらすじ、感想、見逃し動画配信情報などのネタバレ情報

  1. 朝ドラまんぷく

まんぷく三田村会長役は橋爪功!ネタバレは萬平を助ける救世主?

見ているのが辛くなる、萬平(長谷川博己)への憲兵による拷問シーン(T . T)

朝の連ドラとは思えない暴力シーンと、ヒロイン福子(安藤サクラ)の切なく悲しい気持ちが続いているNHK連続テレビ小説「まんぷく」です。

萬平はハンガーストライキを起こしてしまいましたが、これからどうなってしまうのか、みなさんドキドキされていることと思います。

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿

そんな萬平を三田村会長(橋爪功)が助けてくれるようです!

三田村会長についてや今後のネタバレ、橋爪さんのプロフィールや経歴なども合せてご紹介します。

ネタバレ注意です!!

 

スポンサーリンク

 

まんぷくで長谷川博己が演じる萬平ってどんな人物?

福子(安藤サクラ)の夫となる人物で、実在のモデルは日清食品創業者の安藤百福さん。

ドラマではこんな人物です!

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿

立花 萬平
(長谷川 博己)
本作のヒロイン・福子と生涯を共にする青年。

両親を早くに亡くし、各地を転々としながら成長してきた。
幼い頃から発想力と行動力に富み、25歳の時に会社を設立して事業を興す。

そんな中、あるできごとをきっかけに、萬平は福子と運命的な出会いを果たし、二人は結婚することに。

戦災を乗り越え、製塩や栄養食品の開発、さらには金融業など、さまざまな事業を手がけていくが、そのたびにトラブルに見舞われ、頓挫を繰り返してしまう。

それでも決して諦めない萬平は、全財産を失った47歳の春、再び新たな事業を興そうと立ち上がる。

それは世界の食文化に革命を起こす大発明だった。

引用元:https://www.nhk.or.jp/mampuku/cast/#t_manpei

モデルとなっている安藤百福さんについては、こちらをご参照ください。

福子と萬平の最初の出会いは、姉の咲(内田有紀)の結婚式で使う幻灯機(映写機)を借りに行ったのが始まりです。

萬平が映し出した映像に式場は盛り上がり、無事結婚式は終了。

お礼の代金を差し出す福子でしたが、それを萬平は受け取りませんでした。

それからしばらく二人は会うことがなかったのですが、福子の働くホテルで再会!

その後萬平は福子に交際を申し込み、福子もあっさりと承諾しました。

ところがそんなとき、姉の咲が結核で倒れてしまい、看病のためしばらく会えない状況になってしまいます。

福子の母、鈴(松坂慶子)も萬平が不安定な職業ということで、二人の交際に反対です。

萬平は結核に詳しいという病院を紹介し、そこに転院するもその後咲姉さんは亡くなってしまいます(T . T)

もう萬平さんに会うことはないと思っていた福子ですが、咲の夫の真一(大谷亮平)に「大事な人がいるなら、簡単に手放してはいけない」と背中を押され、思い切って萬平に会いに行きます。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿

久しぶりの再会♪ と思ったら、そこにドヤドヤと憲兵たちが現れ、「何も悪いことはしていない」と言う萬平を殴りつけて連れて行ってしまいます(T . T)

全くわけがわからない福子。

萬平の会社「理創工作社」に電話をし、逮捕された理由を加地谷(片岡愛之助)に聞きました。

 

まんぷくで萬平はどうして逮捕されたの?

 

スポンサーリンク

 

逮捕の理由は横領罪。

軍の当製品であるジュラルミンが大阪港の倉庫に隠されているのが発覚。

捕まった闇業者が、萬平から買い取ったと証言したというものです。

そんなはずはないと食い下がる福子に、冷たくあしらう加地谷でした。

このジュラルミンは、萬平が作っていたあの「根菜切断機」の材料。

全く身に覚えのない萬平は、その闇業者に合わせてくれといいますが、もう死亡してしまったといいます。

そこから激しい拷問と取り調べが続くことになり、萬平は食事を摂らなくなります。

 

福子は萬平のために何をする?

萬平がそんなことをするわけがない!と信じる福子は、友達の敏子(松井玲奈)とハナ(呉城久美)に付き添ってもらい、憲兵に直談判に行きます。

が、相手にされずに突き飛ばされてしまいます。

それでも諦めない福子でしたが、そばで見ていた野呂(藤山扇治郎)と牧(浜野謙太)に助け出されます。

当時の日本はこんなポスターが貼られていた時代、お国に逆らうなんてできなかったのです。

ここからネタバレです!

一方、ハンガーストライキをしていた萬平はだんだん衰弱していきます。

すると同じ房にいた強面の稲村大悟(六平直政)から「大事な人に会うために食べないとあかん」と言われ、出された握り飯を頬張ります。

その頃福子は同僚の恵(橋本マナミ)と作戦を練ります。

まずはホテルに来た世良(桐谷健太)に頼みますが、冷たく断られてしまいます(T . T)

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿

あんなに仲良くしてたのに・・・ひどい!!

そしてふたりが出した案は、大阪の大物人物である、商工会会長の三田村亮蔵(橋爪功)に協力をお願いする、というものでした。

ホテルでおこなわれた商工会の会合で接客を任された福子は、控え室で三田村に萬平のことを懇願します。

「萬平は、大阪経済界を背負っていく逸材。なんとか助けてほしい」

するとそこへ来たのは世良。

冷たい態度を一変、憲兵との交渉役をすると申し出ます。

なんだか調子のいい世良ですが・・・三田村はそれを認めました。

 

軍需物資を横流ししていたびっくりの真犯人とは?

 

スポンサーリンク

 

世良が調査した結果にわたしはひっくり返ってしまいました(笑)

なんと! まさかの愛之助様が犯人!

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿

加地谷が憲兵と手を組んでジュラルミンを横流しし、その罪を萬平に押し付けたのでした!

お人好しの萬平は、本当に人を見る目がありません(T . T)

ですが、加地谷が怪しいと報告したのは、萬平の部下である竹ノ原(宮田佳典)です。

もうすぐ戦争で出征しなければならないのですが、萬平を心配していた竹ノ原です。

戦争に行っても無事戻って来れるといいのですが・・・。

 

萬平は橋爪功演じる三田村会長によって釈放?

事実を知った三田村は萬平を保釈するよう元陸軍大将の神宮幸之助(麿赤児)に働きかけ、まもなく萬平は無事釈放されます。

その三田村会長とは、こんな人物。

三田村 亮蔵(橋爪 功)

大阪商工会の会長で実業界の大物。

面倒見がよく、人望が厚い。大阪の経済を支える立役者。

誰もが一目置く大人物でありながらも、性格は温厚で、困っている人を見ると放っておけず、ついつい情にほだされてしまう一面がある。

ある出来事をきっかけに福子と知り合い、萬平の危機を救うため一肌脱ぐことに。

何か裏があるとかではなく、純粋に助けたいと思って助けてくれるようですね。

「困っている人を放っておけない」という人物なので、福子の様子がただならぬと感じたのかもしれません。

世良のような、下心があるような人とは違いますし(笑)人望も違います。

福子と恵は素晴らしい人物に目をつけましたね♪ お見事です。

そして悪事に加わった憲兵を逮捕し取り調べが始まります。

ん?加地谷はどうした???

なんと行方をくらましてしまったそうです (^_^;)

そして萬平は厳しい取り調べとハンガーストライキですっかり衰弱。

そんな萬平に福子は毎日お弁当を届けます♪

ここで萬平は改めて福子にプロポーズ。

母の鈴もどうにか賛成してくれ、ふたりはめでたく結婚します!

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿

めでたしめでたし・・・でしたが、萬平はその後も後遺症に苦しむことになるそうです(T . T)

でも福子がそばにいるので大丈夫でしょう(^ ^)

 

橋爪功のプロフィールや経歴は?

ここで萬平釈放のキーマンとなる、三田村会長を演じる橋爪功さんについてご紹介させていただきます(^ ^)

名前 橋爪功(はしづめ いさお)
生年月日 1941年
身長体重 168cm 66kg
出身地 大阪府
声種 ハイバリトン
資格 普通免許・自2免許

引用元 http://www.enkikaku.jp/men%27sprofile/hashizume-prof.html 7

現在77歳の橋爪功さんは、演劇集団「円」の代表です。

この劇団には、勝部演之さん、金田明夫さんなど個性派の俳優さんが多く所属しています。

なんと橋爪さんの母親は愛人だったそうで、本妻は別にいたんだとか^^;

父親の死後東京に移り、青山高等学校に転校。

そして1961年、文学座附属演劇研究所の1期生に合格。

同期には先日お亡くなりになった樹木希林さんや、北村総一朗さんなどがいたそうです。

そういえば、先日の樹木希林さんの告別式では弔辞を読んでいましたね(T . T)

橋爪功さんが注目を浴びたのは1974年の舞台「スカパンの悪だくみ」。

出身地としての特徴を生かした大阪弁でスカパンを演じ、トップスターの仲間入りを果たしました。

1975年に創立された演劇集団円に参加。

もともとこの劇団円の代表は、俳優の仲谷昇さんでしたが、2006年に仲谷さんがお亡くなりになってから、橋爪さんが代表となっています。

経 歴

1961年 文学座付属演劇研究所 入所

1962年 文学座 座員昇格

1963年 現代演劇協会 劇団雲 入団

1975年 演劇集団円 設立参加

このように実に長〜い間トップ俳優としてテレビやドラマに欠かせない俳優さんです。

また2時間ドラマでは主演を演じるシリーズものもいくつかあり、特にわたしのお気に入りは「京都迷宮案内シリーズ」の杉浦恭介役や、「天才刑事 野呂盆六シリーズ」の野呂盆六役です(^ ^)

コンスタントにドラマや映画、それに舞台もこなす、スーパー77歳!

他にもドラマの吹き替えや、音声教材などの朗読をするなど、活躍の場もとっても広いです。

橋爪功さんのこれまでの出演作品についてはこちらをご覧くださいm(__)m

プライベートでは最初の妻と離婚した後、女優の小川真由美さんと婚約、事実婚でしたが数年後に関係は解消。

そしてそのすぐ後に20歳年下という現在の奥様と結婚されています。

最初の奥様との間に、ボイストレーニング教室などを経営しているという、長男の貴明さんがいます。

そして現在の奥様との間にできたのが、覚せい剤で逮捕されてしまった橋爪遼さんがいます。

よくお父さんに似ていて、演技もとても上手だったのに残念です(T . T)

その下の長女、橋爪渓さんも女優をしています。

そんな演劇一筋の橋爪功さん、2018年には3本の映画に出演!そのうち「ウスケボーイズは10月20日公開です。

さらに来年公開の「アルキメデスの大戦」にも出演されます。

全く衰えを感じさせない橋爪功さんの演じる三田村会長の活躍、楽しみですね!

 

萬平のモデル安藤百福も不当逮捕されていた?

これは事実です。

安藤百福さんは、太平洋戦争が始まった後軍需工場の経営に携わっていました。

国から支給された資材の横流しに気づいた百福さんは、憲兵に訴えます。

ところがなんと百福さんが疑われることに!

テレビで見たあんな生易しいものじゃない、かなりキツイ拷問を受け自白を強要されましたが、これを拒否。

拷問はエスカレートしていきます。

結局は留置場で知り合った人物を通して、元陸軍将校に助けを求めて釈放されたそうです。

詳しくはこちらをご覧ください。

ここまでは史実と似ていますが、犯人は?というと憲兵隊の中に、横流しをしたと思われる親戚がいたと後に判明。

安藤百福さんは、この逮捕により重い内臓疾患を患い、2度の手術を受けていたそうです。

でも結局96歳と長生きされたので、そのときの疾患は完治したんでしょうね。

さて、ドラマで加地谷はどこに行ったんでしょうね?

もう登場はないのでしょうか。

また世良も敵か味方かよくわからない存在。

萬平の会社もどうなってしまうんでしょうね。

いろいろと今後の展開が気になる「まんぷく」。

とりあえず福子には、早く笑顔が戻ってほしいと思います(^ ^)

 

まとめ

萬平の釈放に手を貸してくれたのは橋爪功さん演じる三田村会長でした(^ ^)

なんだか萬平の周りには信用のおけない人物ばかりのようですが(^^;;、三田村会長は信用できる大物で良かったです。

そして心配なのが衰弱した萬平の体・・・。

早く良くなってくれることを願っています。

 

朝ドラまんぷくの最近記事

  1. カップヌードル歩行者天国は実話?浅間山山荘事件で大ヒット!

  2. カップヌードルのデザイン初代歴代まとめ!大高猛が初期

  3. まんぷくフリーズドライはカップヌードルの実話?

  4. まんぷく鈴さんは死ぬの?病名とお葬式のネタバレを原作から

  5. まんぷくタカの息子役の子役は川口調!年齢や出演作品は?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

朝ドラまんぷくおすすめ記事

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

いだてん 東京オリムピック噺【大河ドラマ】

アーカイブ

カテゴリ

PAGE TOP