ドラマ大好き人間によるキャスト、あらすじ、感想、見逃し動画配信情報などのネタバレ情報

  1. 朝ドラまんぷく

まんぷくキャスト一覧!朝ドラ安藤サクラ主演の夫役は長谷川博己

2018年10月1日(月)からスタートする、NHK連続テレビ小説第99回目の作品が「まんぷく」です。

インスタントラーメンの生みの親である日清食品創業者の夫婦の物語です。

日清食品といえば今世間を賑わせているテニスの大坂なおみさんが所属しているということで、カップヌードルの売り上げも倍増しているとか。

そんなタイムリーな中スタートする「まんぷく」ですが、今回はキャストを中心にまとめてみました。

主演は安藤サクラさん、そして夫役は長谷川博巳さんです。

さて、ほかにはどんなキャストが登場するのでしょうか。

スポンサーリンク

Contents

まんぷくってどんなお話?

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿

連続テレビ小説 第99作『まんぷく』。
今や私たちの生活に欠かせないものとなった「インスタントラーメン」を生み出した夫婦の知られざる物語を描きます。
何度も失敗してはどん底から立ち上がる”敗者復活戦”を繰り返した末、二人は世紀の大発明へとたどりつく
――人生大逆転の成功物語です。

引用元 https://www.nhk.or.jp/mampuku/about/

モデルは実在の人物ですが、大幅に再構成したフィクションとなるそうです。

登場人物や団体名も名前を変え、夫婦の愛の物語として描かれます。

「大丈夫。あなたはきっとやり直せます!」
あきらめない夫のそばには、いつも逃げない妻がいた。

お湯を注いで3分で簡単に食べられるインスタントラーメンですが、その発明から完成に至るまでの道のりは、決して平坦なものではありませんでした。

失敗してはどん底から立ち上がる “敗者復活戦” を何度も繰り返した末、二人は世紀の大発明へとたどりつく

引用元 http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=12331

国民食ともいえるインスタントラーメンですが、この魔法の食べ物を生み出したご夫婦にはどんなご苦労があったのでしょうかー?

それではキャストをご紹介しましょう。

まんぷくのキャスト一覧は?

今井福子(いまい ふくこ)役・安藤サクラ(あんどう さくら)

本作のヒロイン。大阪出身。三人姉妹の末っ子で、貧しいながらも愛情をいっぱい受けておおらかに育つ。生来の楽天家で食べることが大好き。父を早くに亡くしたため、貴金属店で働いて女学校に出してくれた長女・咲の代わりに家計を支えようと、女学校卒業後にホテルの電話交換手として働き始める。そんな中、あるできごとをきっかけに未来の夫、萬平と出会う。
やがて二人は結婚するが、枠にとらわれない発想で事業を進める萬平に、福子は振り回されっぱなし。しかし、初めは耐えるだけの福子だったが、やがて夫を支え、背中を押し、引っ張っていく強い女に成長していく。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿

安藤サクラさんは、稀に見るくらいの芸能家族。

父・奥田瑛二 母・安藤和津 姉・安藤桃子 夫・柄本佑 義理の兄弟・柄本時生 義父・柄本明 義母・角替和枝

ね?すごいでしょ?
さらには曽祖父は元総理大臣の犬養毅という、とんでもない家系図です。

1986年生まれの32歳で、2017年3月の第一子となる女の子を出産しています。

安藤サクラさんといえば、最近話題になったカンヌでパルムドールを受賞した「万引き家族」でも、その高い演技力が評価されたばかりですよね。

どちらかといえばドラマより映画での主演作が多い安藤サクラさん。
映画では「僕らは歩く、ただそれだけ」や「かぞくのくに」「白河夜船」などで主演を演じています。

引用元 https://www.youtube.com/watch?v=NTQpaGPcX5o

もちろんテレビドラマにも出演しています。

NHKの連ドラには2011年の「おひさま」に、のちに本当の義母となる角替和枝さんが義母の役で、そしてのちに義理の弟となる柄本時生さんが旦那さん役という、ちょっと複雑な設定で出演(笑)

2016年のドラマ「ゆとりですがなにか」や「ママゴト」ではヒロインを演じています。

「まんぷく」で安藤サクラさん演じる福子は18歳からスタート。

「悪あがきしてもしょうがないです。わたしは32歳の子持ちです!逆に笑ってもらえると幸いです」と明るくコメントしていました。

本当は子育てに専念されるつもりでいたようですが、家族とスタッフが後押しをしてくれたおかげで決心がついたそうです。

朝ドラ初となるママさんのヒロインということもあり、独特の世界観を持つ安藤サクラさんの演技に注目せずにはいられません!

立花萬平(たちばな まんぺい)役・長谷川博己(はせがわ ひろき)

本作のヒロイン・福子と生涯を共にする青年。両親を早くに亡くし、各地を転々としながら成長してきた。幼いころから発想力と行動力に富み、25歳のときに会社を設立して事業を興す。そんな中、あるできごとをきっかけに、萬平は福子と運命的な出会いを果たし、二人は結婚することに。
戦災を乗り越え、製塩や栄養食品の開発、さらには金融業など、さまざまな事業を手がけていくが、そのたびにトラブルに見舞われ、頓挫を繰り返してしまう。それでも決して諦めない萬平は、全財産を失った47歳の春、再び新たな事業を興そうと立ち上がる。それは世界の食文化に革命を起こす大発明だった。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿

ドラマ、映画、舞台、それにCMなどコンスタントに活躍している長谷川博己さん。

2010年のドラマ「セカンドバージン」で共演の鈴木京香さんと熱愛が報道され、注目を浴びました。

続く「鈴木先生」では民放ドラマとしては初主演を演じ、爆発的ヒットとなった「家政婦のミタ」ではダメな父親役で大ブレイク。

そしてびっくりしたのが「劇場版 MOZU」で演じた狂人!

引用元 https://www.youtube.com/watch?v=S6gYVOG7vbw

映画「シン・ゴジラ」では日本アカデミー主演男優賞を受賞、その後も存在感のあるイケメン俳優として活躍を続けています。

キャスティングにあたっては、変幻自在な演技でありながら、品のある存在感を持っている長谷川博己さんがピッタリだったということです。

安藤サクラさんと長谷川博己さんの夫婦役、一体どんな夫婦像になるのか、想像するだけでもワクワクしてきました♪

香田克子(こうだ かつこ)役・松下奈緒(まつした なお)

福子の姉。画家の忠彦と恋に落ち、周りの反対を押し切って結婚。生活は楽ではないものの、四人の子どもに恵まれ、愛する夫と幸せな生活を送っている。
奔放な性格だが、姉として何かと妹を気にかけており、心配性の母・鈴の言動に悩まされる福子の相談相手となる。福子の代わりに言いにくいこともハッキリ言うため、鈴と言い争いになることもしばしば。
物語の始まりから終盤まで、福子たち夫婦と家族ぐるみで支え合いながら暮らしていく気風の良い姉。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿

松下奈緒さんといえばやっぱり思い出すのは「ゲゲゲの女房」ではないでしょうか(^ ^)

女優デビューはドラマ「仔犬のワルツ」で、最近では「トットちゃん!」や「今からあなたを脅迫します」などにも出演。

3歳から始めたというピアノの腕前も相当なもので、2006年にはピアニスト、作曲家としてアルバムデビューもしたほどです。

引用元 https://www.youtube.com/watch?v=0SP6P7dEgwk

2007年にはNHK連ドラ「ちりとてちん」のオープニングテーマのピアノ伴奏も担当、他にも多くのドキュメンタリー番組や音楽番組の司会をするなど、マルチに活躍されています。

「まんぷく」では妊婦でしかも3人の子供がいるという、てんやわんやの環境だそうです(笑)

「心までまんぷくになるような時間をお届けできたら」とコメント。

福子の3人姉妹の真ん中の次女を演じます。

ちょっとドタバタした松下奈緒さんが見られそうですね(^ ^)

香田忠彦(こうだ ただひこ)役・要 潤(かなめ じゅん)

克子の夫。画家で穏やかな性格だが、「画商から依頼されるような商売用の絵は描かない」という芸術への強いこだわりを持つ。鳥を描くのが好きで、それが高じて自宅に大きな鳥小屋を作り、そこで鳥を何羽も飼っている。
ふだんからあまり感情を表に出さないタイプだが、心の中では妻の克子や四人の子どもたち、そして福子たち家族への深い愛情を秘めている。
太平洋戦争が激化してくると、徴兵され戦地へと赴くことになり…。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿

高校卒業後、香川県から上京してバイトをしながらプロダクションを探していたという、意外と苦労人な要潤さんです。

デビューは2001年の「仮面ライダーアギト」でした。

その後は順調に映画やドラマに出演。

2002年にはNHK連ドラ「まんてん」にも出演しています。

わたしがもっとも印象に残っているのは2008年の「流星の絆」です。
心優しくもちょっと風変わりな御曹司を好演していました。

最近では「犯罪症候群」や「カンナさーん!」などに出演、幅広い役柄を演じています。

また主演を演じた「今日からヒットマン」はなんと無料配信されています。

引用元 https://www.youtube.com/watch?v=DeqTE4kUA2A

「まんぷく」では画家の役です。
妻は松下奈緒さん演じる克子、かなり身長の高い家庭になりそうですね(笑)

今井 咲(いまい さき)役・内田有紀(うちだ ゆき)

福子と克子の姉。早くに亡くなった父の代わりに、貴金属店で働いて今井家を支えてきた。末の妹・福子の就職が決まり、婚約していた小野塚真ーと結婚することを決めた。
非常に優しい性格で、優しさのあまり自分の幸せを後回しにし過ぎる傾向があり、周囲を心配させることも。
結婚後は真ーと幸せな生活を送っていたが、身体の調子を崩してしまい、床に伏せってしまうように。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿

中学2年生のころからモデル活動をしているという内田有紀さんも42歳になられました。

女優デビューは1992年のドラマ「その時、ハートは盗まれた」。

そして1994年に「時をかける少女」で連ドラ初主演、大ブレイク、同時に歌手としてもデビューしオリコンで初登場1位となりました。

また1995年映画版の「花より男子」で牧野つくしを演じたのをご存知でしょうか。

このときのF4には谷原章介さん、藤木直人さんなどがいました。

2002年のドラマ「北の国から」で共演した吉岡秀隆さんと電撃結婚するも2005年に離婚。

その後は「ドクターXの城之内博美役でお馴染みですね。
また放送中の「西郷どん」でもおゆう役で出演。

今回の「まんぷく」では3姉妹の長女を演じます。

安藤サクラさんが18歳からスタートということで、自身も若い頃からのスタートということで無理がありますが・・・と苦笑い。

この3姉妹と母親でとっても素敵な家族を演じるそうです♪

小野塚真一(おのづか しんいち)役・大谷亮平(おおたに りょうへい)

今井家の長女・咲の婚約者。口数少なく落ち着いた性格。大手企業に勤めており、収入が安定しているというところを、咲の母・鈴に大変気に入られている。
度量が大きく、咲との結婚に関しての騒動が持ち上っても、泰然と受け入れる。福子も、頼りがいのある優しい「お義兄さん」ができたことを何より喜んでいる。口数は少ないながらも、重みのある言葉で福子を元気付ける。
太平洋戦争の終盤、外地へと出征することに。

俳優でモデルの大谷亮平さん、2003年の韓国のドーナツのCMで人気が出て翌年韓国に拠点を移します。

そのまま韓国で俳優業など活動の場を広げ、2016年に逆輸入という形でアミューズと契約、第2のディーンフジオカともいわれています。

たしかにディーンフジオカさんに負けないくらいのイイ男♪

チーズのプロモーションビデオにも出演、歌声も披露しています。

引用元 https://www.youtube.com/watch?v=je6sTLlwUkw

俳優としてはアミューズ色の強かった(笑)ドラマ「ラヴソング」で日本ドラマデビュー、「逃げ恥」でブレイクしました。

最近では「ラストチャンス再生請負人」で投資会社の雇われ社長を演じていました。

「まんぷく」では、大企業に勤める度量が大きな咲(内田有紀)の婚約者を演じます。

2018年には「焼肉ドラゴン」「パパはわるものチャンピオン」など4作品の映画に出演、今かなり注目されている大谷亮平さん、「まんぷく」での演技が楽しみです♪

今井 鈴(いまい すず)役・松坂慶子(まつざか けいこ)

咲・克子・福子の三姉妹の母。感情の起伏が激しく、気位が高い。武士の末えいであることを誇りとしており、夫に先立たれて暮らしが傾いてからも、品格を大事にしながら娘たちを育ててきた。非常に心配性で、娘たちの考えや行動に細かく口を挟み、壁となって立ちふさがることもしばしば。娘たちからは「お母さんは何か心配してなきゃ生きていけないんじゃない?」とからかわれるほど。
戦争をきっかけに福子や萬平と共に暮らすようになるが、浮き沈みの激しい萬平の事業に不平をこぼしてばかり。しかし萬平はそんな鈴の不満を意に介さず突き進む。二人の間で立ちまわる福子の奮闘ぶりが本作の見どころの一つ。

松坂慶子さんも66歳になられました。
どうしてこんなにお綺麗でいられるんでしょうかー。

デビューは1967年、その後も代表作はとてもたくさんあります。

映画「男はつらいよ」「蒲田行進曲」「火宅の人」などの演技も素晴らしかったですが、大ブレイクしたのはドラマの主題歌で松坂慶子さんが歌った「愛の水中花」でしょうか。

ちょっと歳を重ねられてからもまた素敵な演技をされています。

わたしは「熟年離婚」の松坂慶子さんが印象に残っています。

NHK連ドラでは「ゲゲゲの女房」で松下奈緒さんと共演。、また2016年の「あさが来た」にも出演されています。

松坂慶子さんしか持っていないあの雰囲気は独特ですよね。

「まんぷく」では、あのちょっと個性的な3姉妹をまとめるお母さんを演じます。

ちょっとのんびりしたイメージの松坂慶子さん、こんなコメントをしています。

本当にしっかり者の娘たちばかりで、私は安心して演じさせていただいてます。大阪のあたたかい元気な空気に助けてもらいながら、ちょうどこの時代も勢いのある大阪が舞台となっていますので、私もいつもの1.5倍の早さで、頑張ろうと思っています。

個人的にはいつものテンポの松坂慶子さんでお願いしたいところです(笑)

世良勝夫(せら かつお)役・桐谷健太(きりたに けんた)

個人で商社を経営している。上昇志向が強く、自信家で押しが強い性格。元は幻灯機を作る技術屋だったが、福子の夫・萬平の優れた技術と才能に圧倒され、「作る方」から「売る方」に転身し、販売の道を突き進んでいく。
常に損得勘定で行動し、親しくないにも関わらず、萬平を「親友」と呼んだりするが、得にならないと分かるとあっさり見捨てたりする。要領が良く、状況を判断する力にたけたたくましい男。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿

桐谷健太さんといえば、やっぱりau三太郎シリーズの浦ちゃんを思い出しますよね。

引用元 https://www.youtube.com/watch?v=GaQvmTb_IZs

「アクターズクリニック」で演技を学んだ桐谷健太さんは、2002年のドラマ「九龍で会いましょう」で俳優デビューしました。

また井筒監督の「ゲロッパ!」や「パッチギ!」などにも出演、2017年の映画「火花」の演技もとても好評でした。

なんでもこなせちゃう桐谷健太さんは、映画「ソラニン」ではドラムを、au三太郎シリーズでは歌と三線を、そして映画「BECK」でもラップボーカルを吹き替えなしでやっています。

その後も「ROOKIES」や「JINー仁ー」「ストロベリーナイト」などヒットドラマに出演。

最近では「水族館ガール」に松岡茉優さんとW主演したほか、「カインとアベル」「きみが心に棲みついた」などに出演しています。

「まんぷく」では萬平(長谷川博己)の仕事仲間となる世良を演じます。

公式サイトでは萬平との間に”親友?”となっていますが、どんな関係になるのでしょうか。

神部 茂(かんべ しげる)役・瀬戸康史(せと こうじ)

戦争で家も母も失い、天涯孤独となった青年。復員後、仕事もなく金も尽き、ヤケになって盗みに入った家で、福子と萬平に出会う。事情を聞いて許してくれた福子らに感謝をし、恩返しをしようと今井家に押しかけるようにして一緒に住み始める。
少しとぼけた性格だが、実は名門大学を卒業した秀才。萬平を慕い、従業員をまとめるリーダーとなり、萬平の事業を支えるため尽力する。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿

ワタナベエンターテインメントの若手俳優で結成された「D-BOYS」に加入、2006年に「ミュージカル テニスの王子様」で注目を浴びました。

そして若きイケメンの登竜門ともいえる「仮面ライダーシリーズ」の「キバ」で主人公を演じ、同じ年にテレビドラマ「恋空」でも主人公に抜擢されブレイク。

その後も「オトメン」「眠れる森の熟女」「ロストデイズ」などのヒット作に出演しています。

またNHKでは大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」で森蘭丸役、「花燃ゆ」では吉田稔麿役を。

同じくNHK連ドラでは「あさが来た」で成澤泉を演じていました。

最近ではやっぱり「海月姫」の美しすぎた女装が印象深いですね。

他にも「透明なゆりかご」や「先に生まれただけの僕」などにも出演しています。

「まんぷく」では萬平(長谷川博己)の片腕となる存在になりそうです。

香田タカ(こうだ たか)役・岸井ゆきの(きしい ゆきの)

香田家の4人兄弟の長女で、福子の姪。
画家の父・忠彦が描く絵が大好きで、芸術家の父を尊敬している。妹や弟たちの面倒もよく見る家族思いの頑張り屋。
萬平が泉大津で製塩所を開くことになり、福子に頼まれて、週末だけ家事の手伝いをすることになる。しっかり者で愛きょうもあり、従業員たちの癒やしの存在となる。特技はハーモニカ演奏。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

岸井ゆきのさん(@yukino_kishii)がシェアした投稿

岸井ゆきのさんは2009年のドラマ「小公女セイラ」でデビューしています。

現在26歳なので17歳の頃でしょうか。

その後も舞台や映画、ドラマに出演、来年公開予定の映画「愛がなんだ」では主演を演じます。

NHKでは2016年の大河ドラマ「真田丸」で側室のたかを演じ高い評価を得ています。

最近では「モンテ・クリスト伯」でのかわいらしい演技に、ほっこりされた視聴者も多かったようですね。

他にも「99.9刑事専門弁護士」「やけに弁の立つ弁護士が学校で吠える」などに出演。

「まんぷく」では香田家の長女を演じます。

下の兄妹たちの面倒をみる、しっかりもののお姉さんという役です。

岸井ゆきのさんの高い演技力にも注目したいですね。

保科 恵(ほしな めぐみ)役・橋本マナミ(はしもと まなみ)

福子が働くホテルの先輩でフロント係。
福子をフロント係に推薦したことがきっかけで、福子の良き友人となる。美人で華があり、男性からモテそうに見られるが、実はまったく交際経験がないのが悩み。
そんな折、突如モテ期が訪れ、複数の男性から交際を迫られる事態に。思いもしなかった状況に困惑し、福子に相談するが…。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿

個人的には壇蜜さんのようなセクシーイメージのある橋本マナミさんですが、デビューは水着グラビアでした。 しかも16歳!

ですが意外にも女優としての活躍も多いようです。

女優デビューは2001年のドラマ「東京美人」でした。

大河ドラマにも「武蔵」「真田丸」に出演。

朝ドラ「まれ」にも出演していましたがご存知でしょうか。

「まれ」ではスナック「崖っぷち」のママさんを演じていました。

映画でも「全員、片想い イブの贈り物」で主演を演じています。

最近では「隣の家族は青く見える」に建築士の留美役や、「ハロー張りネズミ」にも出演。

お色気を封印した役も多くこなしています。

「まんぷく」でもお色気どころか、美人なのに交際経験がないホテルのフロント係の役を演じます。

福子(安藤サクラ)の同僚で友人という主要キャスト、楽しみです(^ ^)

鹿野敏子(かの としこ)役・松井玲奈(まつい れな)

福子の女学校時代の親友。
卒業後は薬科専門学校に通っており、親友・福子とハナと頻繁に会っては、互いの悩みを相談し合っている。屋台のラーメンが大好きで、福子に初めてラーメンを食べさせる。
戦時中に呉服屋と結婚し、池田で福子と再会する。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿

SKE48と乃木坂46の元メンバーだった松井玲奈さん。

卒業後は女優として映画やドラマで活躍しています。

初の連ドラ出演は「海月姫」での鉄道マニア、ばんばを演じていましたね。 

思いっきり顔隠していましたが(笑)

「まんぷく」では福子(安藤サクラ)の親友を演じます。

10月からスタートする新ドラマ「ブラックスキャンダル」にも出演するとのことで、これからの活躍も楽しみです。

池上ハナ(いけがみ はな)役・呉城久美(くれしろ くみ)

福子の女学校時代の親友。
卒業後はタイピスト学校に通っており、親友・福子と敏子と頻繁に会っては、互いの悩みを相談し合っている。屋台のラーメンが大好きで、福子に初めてラーメンを食べさせる。
戦時中に泉大津の地主と結婚し、資金繰りに駆け回る福子の助けとなる。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

呉城久美さん(@93maruko)がシェアした投稿

24歳で初めて劇団に入団したという呉城久美さん、もうすぐ32歳になられます。

2011年の舞台でデビュー、以降は舞台やドラマで活躍しています。

NHK朝ドラは「べっぴんさん」「ひよっこ」に出演。

最近では「ホリデイラブ」「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」などにも出演していますが、ちょい役が多いようで、今回の出演に注目したいです。

そんな呉城久美さんですが「まんぷく」では福子(安藤サクラ)の女学校時代の親友を演じます。

ぜひ注目しましょう。

牧 善之介(まき ぜんのすけ)役・浜野謙太(はまの けんた)

お金持ちの歯医者。福子の長姉・咲にずっと恋心を抱いており、交際を申し込んだこともあるが、背が低いことを理由に咲の母・鈴から断られてしまう。
相棒は白馬の「蘭丸」で、どこにいくにも蘭丸に乗って移動をする。
その後、福子が働くホテルで、運命的な出会いを果たし…。

ミュージシャンであり俳優でもある浜野謙太さん。

映画監督の三谷幸喜さんに似てると思ったのは、わたしだけでしょうか?

俳優デビューは2006年の映画「ハチミツとクローバー」のようですね。

「仮面ライダードライブ」での西城究役でご存知の方も多いかもしれません。

2016年の朝ドラ「とと姉ちゃん」では長谷川哲典役を演じていました。

また「西郷どん」では伊藤博文の役、「グッド・ドクター」では男性看護師の橋口太郎を演じていました。

「まんぷく」ではお金持ちの歯医者を演じます。

俳優やミュージシャン以外にもバラエティなど、なんでもこなす浜野謙太さんの演技、楽しみです。

野呂幸吉(のろ こうきち)役・藤山扇治郎(ふじやま せんじろう)

福子が働くホテルのちゅう房で働く料理人。福子に恋心を抱いており、働き始めてからの3年間、アプローチのつもりでちゅう房の缶詰を渡し続けたが、野呂の気持ちは福子にまったく伝わっておらず、あえなく失恋。不器用な性格で愛情表現は苦手だが、思いやりのある青年。
その後、新たな恋の相手をみつけ、猛烈なアピールを始めるが…。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

藤山扇治郎さん(@fujiyamasenjirou)がシェアした投稿

祖父が喜劇役者だった藤山寛美さん、そして伯母が藤山直美さんという藤山扇治郎さん。

主に舞台で活躍されています。

テレビドラマでは「水戸黄門」「鬼平犯科帳」など時代劇のほか、「カラマーゾフの兄弟」「刑事110キロ」などにも出演。

NHK連ドラも初の登場となります。

福子(安藤サクラ)が働くホテルの料理人で、福子に思いを寄せる役を演じます。

藤山扇治郎さんの好青年ぶりに期待したいです。

加地谷圭介(かじたに けいすけ)役・片岡愛之助(かたおか あいのすけ)

営業担当として、萬平と会社を共同経営している。どこか気取った雰囲気があり、「世の中の役に立つ仕事をしたい」と理想に燃える萬平を冷ややかに見ている。共同経営者でありながら、萬平に対して上から目線で指図することも。
そんな折、軍に気に入られようと、戦争に使う新型兵器を作るように萬平に指示するが…。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

片岡愛之助さん(@ainosuke_kataoka)がシェアした投稿

歌舞伎役者の片岡愛之助さん、奥様は藤原紀香さんです。

ブレイクしたのはやっぱり「半沢直樹」ではないでしょうか。

ちょっとオネエっぽい金融庁の検査官の役は、あまりにも強烈すぎました(笑)

他にも「名探偵神津恭介シリーズ」や「刑事7人シリーズ」などにも出演しています。

「まんぷく」では萬平(長谷川博己)と会社を共同経営する営業マンの役どころ。

来年公開の映画「七つの会議」は「半沢直樹」と同じ池井戸潤さんの作品。

片岡愛之助さんは主要キャストとして登場、これからの活躍にも目が離せません。

岡 幸助(おか こうすけ)役・中尾明慶(なかお あきよし)

萬平が後に開く製塩会社で働く従業員。
出征前は乾物屋で奉公をしていたが、空襲で店が燃え、路頭に迷っていたところ、製塩所の人手を集めていた神部から声をかけられる。
真面目な性格ではあるが、自尊心が高くけんかっ早いので、同僚とぶつかることもしばしば。時に騒ぎを起こして会社に迷惑をかけることも。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿

俳優の他にも小説家やレーシングドライバーという肩書を持つ中尾明慶さん、奥様は「ホリデイラブ」で話題となった仲里依紗さんです。

実は子役でデビューした中尾明慶さん、12歳の頃の2000年のドラマ「ママまっしぐら」で俳優デビューしています。

その後『3年B組金八先生』『WATER BOYS2』『ROOKIES』など多くの若き俳優を輩出したドラマに出演。

最近では「奥様は、取り扱い注意」では浮気をするサラリーマン佐藤渉を演じていました。

「まんぷく」では萬平(長谷川博己)の会社で働く従業員の役です。

三田村亮蔵(みたむら りょうぞう)役・橋爪 功(はしづめ いさお)

大阪商工会の会長で実業界の大物。
面倒見がよく、人望が厚い。大阪の経済を支える立て役者。誰もが一目置く大人物でありながらも、性格は温厚で、困っている人を見ると放っておけず、ついつい情にほだされてしまう一面がある。
ある出来事をきっかけに福子と知り合い、萬平の危機を救うため一肌脱ぐことに。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

mimi yokooさん(@michael33vj)がシェアした投稿

77歳というお歳にびっくりしました。

これまでずっと第一線で活躍を続けられています。

当然NHK大河ドラマや朝ドラの常連ですが、その歴史は古くみなさんご存知ないようなドラマにも出演されています。

意外にも2000年以降はナレーション以外の出演はなく、最後が1999年の「すずらん」でした。

シリーズものでは「こちら本池上署」「ドクター小石の事件カルテ」「京都迷宮案内」「天才刑事野呂盆六」などが有名です。

最近では「BG~身辺警護人~」の鮫島役で出演。

さて、「まんぷく」ではどんな役かというとー。

大阪商工会の会長で、実業界の大物という役どころ。

2018年には4本の映画に出演(うち1作品は主演)するなど全く衰えを感じさせませんね。

樫田 うた江(かしだ うたえ)役・なるみ(なるみ)

電話交換手係の先輩

すみませんm(__)m
詳細はまったくわかりませんが、おそらく吉本の芸人さんだと思います。

現在46歳で、1989年に漫才コンビ「トゥナイト」を結成し、10年後に解散しています。

その後はひとりでタレントとして活躍、女優としての活動はこれまでなさそうですね。

早く詳細を発表してほしいです。

大前田 三郎(おおまえだ さぶろう)役・曽我廼家 寛太郎(そがのや かんたろう)

支配人

曾我廼家寛太郎さんは松竹新喜劇の舞台俳優です。

もちろん本名ではなく、本名は北義剛さんという普通のお名前です。

1958年生まれということで、還暦をお迎えのようですね。

これまでのドラマ出演は水戸黄門と2017年の「深層捜査」のみ。

さて、どんな演技を見せてくれるのでしょうか。

東 太一 (あずま たいち)役・菅田将暉(すだ まさき)

理不尽な理由で逮捕され、有罪となった萬平を助けるために、福子が依頼した弁護士。事務所を開いて2年目と経験は浅いが、東京帝大法学部を首席で卒業した優秀な頭脳と、強い正義感を併せ持っている。初対面の相手とは目を合わせられないというシャイな一面がある。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿

若き演技派俳優の菅田将暉さん、まだ25歳なんですね。

2009年に「仮面ライダーW」でデビュー以来、映画やドラマ、それにミュージシャンとしても大活躍の菅田将暉さんです。

NHK連ドラは「ごちそうさん」に出演、杏さんと東出昌大さん夫婦の長男を演じていたのを覚えていますか?

最近では大河ドラマ「おんな城主直虎」「トドメの接吻」「dele」などに出演、映画やドラマに欠かせない俳優となりました。

「まんぷく」ではシャイな弁護士・・・菅田将暉さんの演技に注目です。

チャーリー・タナカ役・岡崎体育(おかざき たいいく)

進駐軍に逮捕された萬平や世良、会社の仲間たちが収監される雑居房で、動向や発言を見張る監視役のMP(軍警察)。カリフォルニア生まれの日系人だが、大阪なまりの日本語を話す。自らの境遇に屈折した思いを抱えているが、萬平たちの言葉や考えに触れる内、徐々に心情に変化が生まれ……。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿

岡崎体育さんはシンガーソングライターです♪

メジャーデビューは2016年、全曲、作詞作曲さらに編曲までてがけたアルバムは、タイアップなしでオリコンチャート9位となりました。

その後はタイアップ曲も多く、2018年はめざましじゃんけんのテーマソングやアニメ「ポケモン」のOP主題歌などを担当。

俳優としては今回が初めてのようで、演じるのは軍警察の監視役。

「ひよっこ」の峯田和伸さんのように、生粋のミュージシャンがまた、俳優としてブレイクするのかもしれませんね。

ハリー・ビンガム 役・メイナード・プラント

ジョナサン・メイ 役・ブレイズ・プラント

進駐軍に対して反乱の疑いをかけられた萬平たち。その取り調べを担当することになったのがハリー・ビンガムとジョナサン・メイだった。萬平とともに塩や栄養食品を開発してきた仲間たちに対しても厳しい取り調べを行うビンガムとメイ。さらには有罪の裏付けをとろうと、福子に対しても捜査の手を及ぼす。

またまたミュージシャンのおふたりです。

「モンキーマジック(MONKEY MAJIK)」というバンドをご存知でしょうか。

2006年の月9ドラマ「西遊記」の主題歌が大ヒットしました。

このお二人はカナダ人の兄弟で、ふたりともボーカルとギターを担当しています。

当然ドラマは初めてだと思ったらなんと2008年に「あんどーなつ」と「お米のなみだ」に出演されていてびっくり!

この兄弟の登場にもワクワクします♪

そしてナレーションを務める芦田愛菜さん。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿

現在14歳の芦田愛菜さんですが、朝ドラとしては全編通してのナレーションでは最年少となるそうです。

14歳とは思えないこんなに素晴らしいコメントをしています。

芝居を続けていく上で目標のひとつである朝ドラに、語りという形で参加できて光栄です。

いい意味で存在感を消し、少し離れたところから見守るような存在に心がけたいです。

もう一度言います。 14歳のコメントです!

どうやったらこんなに素晴らしい対応ができる子供に育つのでしょうか・・・。

かつての天才子役のナレーションも注目のひとつですね。

 

さて、これがここまで発表されているキャスト陣になります。

もうすぐ始まる「まんぷく」ですが、どんなスタートをきるのかとても楽しみです。

まとめ

ヒロイン福子に安藤サクラさん、そしてその夫の萬平に長谷川博己さん。

このご夫婦だけでもとても興味深いのですが、さらに豪華なキャストが脇を固めています。

笑って泣ける人生大逆転物語「まんぷく」は10月1日(月)からスタートします!

朝ドラまんぷくの最近記事

  1. カップヌードル歩行者天国は実話?浅間山山荘事件で大ヒット!

  2. カップヌードルのデザイン初代歴代まとめ!大高猛が初期

  3. まんぷくフリーズドライはカップヌードルの実話?

  4. まんぷく鈴さんは死ぬの?病名とお葬式のネタバレを原作から

  5. まんぷくタカの息子役の子役は川口調!年齢や出演作品は?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

朝ドラまんぷくおすすめ記事

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

いだてん 東京オリムピック噺【大河ドラマ】

アーカイブ

カテゴリ

PAGE TOP