コウノドリ研修医赤西役の宮沢氷魚の読み方は?父親が有名って誰?

スポンサーリンク

10月13日から放送開始のドラマ「コウノドリ」。

人気シリーズの続編ですが、このドラマで研修医赤西吾郎(あかにしごろう)役を演じている宮沢氷魚さん。珍しい名前ですね(^_^;)

宮沢氷魚さんのお父さんすごい有名な人なのですが知っていますか?

今回は宮沢氷魚さんのプロフィールや経歴などまとめてみました。

 

 

宮沢氷魚のプロフィールは?名前の読み方は?

宮沢 氷魚(みやざわ・ひお)

1994年4月24日、米国生まれ。23歳。

3人兄妹の長男。小学校から高校まで日本のインターナショナルスクールに通い、米カリフォルニア大に留学後、14年夏に帰国しICUに編入。趣味は野球、釣り。

引用元:http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170923-OHT1T50049.html

英語、確実に喋れますね(笑)かっこいい。

氷魚と書いて「ひお」と読むんですね~。

大学はICUこと国際基督教大学。皇室の 眞子さまや佳子さまがいらしたことでも有名な大学です。

これで宮沢さんがブレイクしたら、ますます入学希望者が増えてしまいそうな、人気急上昇中の大学です。

そして宮沢さんのお父さんすごい人です。

14年に解散した4人組バンド「THE BOOM」のボーカル、宮沢和史(51)と日米ハーフのタレント・光岡ディオン(52)夫妻の長男

引用元:http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170923-OHT1T50049.html

「風になりたい~♪」「島唄」など有名な曲多数ですが、そんな宮沢さんの息子さんだったんですね。ってか宮沢さんがもう51歳ということが驚きです(笑)

ちなみにお母さんはハーフタレントの光岡ディオンさん。「MTV JAPAN」などの音楽番組やCNNニュースと日本語版のナビゲート役などのお仕事をしていたそうで、宮沢さんとの結婚後もお仕事を続けていたようです。

すみません、存じ上げなかったのですが、ハーフと日本人のお子さんということは、宮沢氷魚さんはクォーターということになると思います。

確かにこのイケメン具合、外国の血が入っているのかな??と思っていたので、納得です。

そもそもお父さんの宮沢和史にハーフタレントの奥様がいると知らなかったので、びっくりです。

そしてお母さんの出身校も国際基督教大学。偶然ではないですよね~。お母さんとお父さんと同じ芸能界に入り、お母さんの出身大学に入学し。

きっと仲の良い家族なんだろうな~と思います。

ちなみにお父さん宮沢和史の動画です。

この歌・・・本当に名曲で大好きなんですよね~。そんな素敵なお父さんの息子さんだったんですね~。

そして息子さん、イケメン。。。当然ですね。パパがイケメンですから。

ということで、いわゆる2世の宮沢さん。もしかしてお父さん経由でデビューしたのかな??と思っていたら違っていました。

デビューのきかっけは自ら現在の所属事務所のレプロエンタテインメントに履歴書を送ったことだそうです。

その後、MEN’S NON-NO専属モデルオーディションでグランプリを獲得。

すごい(^_^;)このグランプリかなりの競争率だと思います。

2世というだけでは優勝できるオーディションではないのは、皆さんご承知だと思います。

メンズノンノと言えば、成田凌さんや坂口健太郎さんなど若手人気俳優さんの登竜門って感じになってきていて、おのずと宮沢さんブレイクへの期待高まります。

その後メンズノンノの専属モデルとして華々しくデビューを飾りました。

モデルというだけあって身長は184㎝。

以下、モデルとしてのお仕事の画像です。

 

ドラマとは違った雰囲気のイケメン具合♡やっぱりカッコいいですね~♪うっとりします。

ちなみにお父さんはミュージシャンですが、氷魚さんは元々俳優志望とのことです。

今回の「コウノドリ」が俳優デビューになる初々しい宮沢さん。

今後俳優としての活躍が楽しみな若手俳優さんです。

 

宮沢氷魚の役柄は?

 

スポンサーリンク

 

今回の宮沢氷魚さんの役柄です。

初期研修医1年目

赤西吾郎(あかにしごろう)

産科をスーパーローテート中の初期研修医。
赤西産婦人科医院の息子で、事あるごとに同じ「ジュニア」である四宮から愛ある鞭を受ける。
親と同じ産婦人科医になることに抵抗もあり、どの科を選択するのか決めかねている。

引用元:http://www.tbs.co.jp/kounodori/chart/

おっと役柄も2世。

なんかリアルとかぶっているところもあるのでしょうか?

宮沢は研修医として新レギュラーに加わる。星野源(36)演じる同じ二世医師の四宮から事あるごとに愛あるムチを受け成長していくが、星野とのバトルも見どころだ。

 1年前に偶然、宮沢を見かけた時に、続編での赤西役を決めたというTBSの鈴木早苗氏は「宮沢さんはフレッシュで『ジュニア』というお坊ちゃま感や、のびのび育った雰囲気を、生来持ち合わせている」と説明。「終わる頃には星野源さんの人気を超えるぐらい頑張って欲しい」と期待を込めた。

引用元:http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170923-OHT1T50049.html

人気ドラマの続編でのレギュラー参加ということで、人気キャラクターに成長する可能性も高いですね!

宮沢さんとともに役柄の赤西の成長にも注目です。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です