【ハマる男に蹴りたい女】ネタバレ原作のあらすじ結末はハッピーエンド?

2023年1月からスタートしたテレビ朝日の土曜日のオシドラサタデー枠の「ハマる男に蹴りたい女(はまるおとこにけりたいおんな)」。

テレ朝ドラマ初主演のジャニーズのキスマイ・藤ヶ谷太輔さんが、ラブコメの主人公に!

ヒロインは若手人気女優の関水渚さん。

主人公は再就職先は女だらけの下宿管理人に!人生の沼にハマッた元エリートで、お仕事第一!家では超絶ぐうたら人間のズボラお仕事女子のキュンなオトナの一つ屋根の下ラブコメです。

人気同名漫画が原作の作品なのですが、原作漫画通りだと、藤ヶ谷太輔さんと関水渚さんのキュンキュンシーンが見れるかもしれません♪

今回はドラマ「ハマる男に蹴りたい女」の原作からネタバレを結末までご紹介です。2人の恋愛はハッピーエンド??それとも??

原作のネタバレをご紹介するので、知りたくない人は閲覧注意です。

目次

【ハマる男に蹴りたい女】原作と脚本家は?

ドラマ「ハマる男に蹴りたい女」のストーリーは?

ひょんなことからレトロな下宿の管理人となる大手飲料メーカーの元エリート社員・設楽紘一。商品開発を担当するエース、美人で料理上手な妻とタワマン暮らしと、エリート街道まっしぐらだった紘一ですが、上司の反感を買って事実上のリストラに…。さらに、離婚届を残して妻もいなくなってしまうという悲劇の連鎖に見舞われます。“リストラされるくらいなら!”と自ら会社を辞めた紘一は、レトロな下宿・銀星荘(ぎんせいそう)で、住み込みの管理人として働くことになるのですが、そこで出会ったのは住人のズボラお仕事女子・西島いつか――。やたら突っかかられるわ、アゴでこき使われるわと、すっかりいつかに振り回されっぱなしの紘一ですが、ある夜、彼女に突然押し倒されて…!?
 2023年、《押し倒したい男・藤ヶ谷》がラブコメ界に降臨! じれキュンなオトナの恋の主人公として、これまで見せたことのない新たな顔を披露します。

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/hamaruotoko/intro/

巡分満帆に見えて主人公のエリート社員の設楽紘一。しかし突然、会社をリストラされて、妻にも捨てられてしまい・・・タワマン暮らしから、レトロな下宿・銀星荘(ぎんせいそう)の管理人に。そこでであった、ズボラ女子との恋愛を描いていくストーリーです。

ドラマ「ハマる男に蹴りたい女」原作とは?

原作は、天沢アキさんの同名漫画で、人気コミック誌「Kiss」で連載中の作品です。

人気コミック誌「Kiss」といえば、『逃げるは恥だが役に立つ』『東京タラレバ娘』『パーフェクトワールド』など、ヒット作を生み出し続けているコミックです。

ドラマ「ハマる男に蹴りたい女」の脚本家は誰?

脚本を担当しているのは、関えり香さん。

フジテレビの「テッパチ!」「ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○」「結婚相手は抽選で」などを手掛けています。

【ハマる男に蹴りたい女】原作ネタバレを結末まで!ハッピーエンド?【閲覧注意】

ハマる男に蹴りたい女
一夜にしてエリート人生から転落した男・設楽(したら)。職も家も妻も失った彼の新たな「就職先」は、とある下宿!? その住人・いつかとの最低最悪な出会いから始まる、一つ屋根の下、倒錯ラブ!

引用元:https://kisscomic.com/c/hamaruotoko/

何もかもを失ったエリート社員

仕事も家庭もうまくいっていると思っていた主人公の設楽ですが、上司の機嫌を損ねてしまったことから、左遷。自ら会社を辞め職を失い、自宅に戻ると妻が離婚届を置いて、家を出て行ってしまいます。

すぐに、仕事が決まると思っていた設楽ですが、なかなか職が決まらず・・・。

そんな時、知り合いから紹介されたのが、下宿「銀星荘」。

ズボラ女子・西島いつかとの出会い

とりあえず、「銀星荘」行った設楽はそこに住んでいる西島いつかと出会います。西島いつかとの愛人契約の仕事だと勘違いした設楽は思わず「あんたを抱けないかもしれない」と言ってしまいます。

しかし・・・愛人契約は勘違いで実は、下宿「銀星荘」での住み込みの仕事。食事を作ったりと住み込みで下宿の仕事をするものでした。最初は断った設楽ですが、流れで働くことに。

第一印象が最悪だったいつかですが、設楽を男として意識せずに「設楽が自分のことを女と見ていないから、気にしないでと言い」ズボラな生活・恰好で過ごし、食事がまずいと文句を言い、設楽は言いたい放題言われる始末でした。

家ではズボラだったいつかですが、仕事ではバリと決めて仕事ができて、一目置かれている存在でした。

西島いつかと設楽の過去

設楽は忘れてしまっていたのですが、いつかと設楽は過去に出会っていました。

それは数年前、クライアントの設楽にプレゼンをしたいつか、その内容を厳しく酷評されて、話を聞いてもらえず冷たく突き放された過去があったのでした。

しかし、いつかのことを全く覚えていない設楽でした。

設楽に欲情!?なぜだか!そして両想いでキス!?

設楽との過去もあり、設楽をムカつく!!と思っていたいつかですが、設楽に不思議な感情が。

設楽と一緒にいると、なんだか体が熱くなる。なんと・・・設楽のことを好きでもないのに、なぜか設楽に欲情してしまういつか。自分の感情に動揺するいつかでした。

或る日、酔って帰ったいつかは、設楽に「押し倒したくなるのは、管理人さんだけ」と言ってしまうのでした。

そんないつかの言葉を聞いて動揺する設楽。最初はいつかのことをなんとも思っていなかった設楽ですが、同じ下宿で一緒に過ごしていくうちに、いつかのことを好きになっていく設楽。

いつかも最初は好きでもないのに欲情する!!と思っていたのですが、実はその気持ちが、設楽のことが好きであることに気づいて、設楽といつかは両想いに!!そしてキス!!このまま結ばれる!!という展開に。

ハッピーエンドかと思ったら既婚者だった!

そんな設楽に再び離婚届けを送り、登場したのが設楽の妻。そう、なんと設楽にはまだ離婚していない妻の存在が!

読者もすっかり妻の存在を忘れていたのですが、このままだと2人は不倫。いつかも、設楽が結婚していることを知らなったので、その事実を知って怒り、設楽に妻と向きあうように言うのでした。

一方妻は、離婚届けを出したのは、若い男と浮気をしていたからなのですが・・・すぐに破局で、設楽とやり直したいと思っていたのでした。そして下宿に現れて、一緒に住むと言い出します。

設楽は話し合い、別れを切り出しますが、諦めない様子の妻!現在はまだここまでで、連載は続行中です。

設楽といつかは両想いになるものの、妻の存在で2人の関係はどうなる?というところで終わっています。

ドラマ【ハマる男に蹴りたい女】あらすじネタバレを1話から最終回までまとめ

ドラマ【ハマる男に蹴りたい女】1話あらすじネタバレ

 大手飲料メーカー・カヅキビール勤務、商品企画部のエースとして人もうらやむエリート人生を歩んでいる設楽紘一(藤ヶ谷太輔)。31歳にして社長賞を3回獲得するなど出世コースを駆け上がっていた。そのうえ、外資系のバリキャリで家事も完璧な妻・夏美とタワーマンション暮らし…と、公私ともども順風満帆!
 そんなある日、その仕事ぶりがアダとなり、突然左遷されることになってしまった紘一。これは事実上のリストラだと気づいた紘一は、自ら退職届を叩きつける。しかし、“夏美ならきっと理解してくれるはず!”と信じて帰宅した彼を待っていたのは、テーブルの上にポツンと残された離婚届だった――。
 突然仕事と家庭を一気に失うことになった紘一はぼう然…。父亡き後、商才を発揮して成功者となった母・しま子(大地真央)からの電話にも出ることができず…!? さらに、転職活動を始めたもののうまくいかず、すっかり自信をなくしてしまう。そんな彼を見かねた幼なじみ・佐久間ナオ(西田尚美)は、意味深な表情を浮かべながら“住み込み、食事つき”“時間の融通が利く”“転職活動可能”という仕事を紹介する。
 教えられた住所へ向かおうとする紘一だが、まさか、ナオが言っていた仕事って愛人契約!? だとしたらありえない! 踵を返そうとしたその瞬間、猛スピードの自転車が突っ込んできて…!?
 衝撃から目覚めた紘一を待ち受けていたのは、自転車を運転していた張本人・西島いつか(関水渚)。いつかを愛人契約の相手だと思い込み、動揺した設楽は思わずとんでもない言葉をぶちまけてしまい…!?
 するとそこに現れたナオが、いつか、増田すず(久保田紗友)、そして自分の3人が暮らす女だらけの下宿「銀星荘」の管理人として紘一を雇いたいと宣言。しかし初日からなぜかやたらと突っかかってくるいつかにすっかりタジタジ…。そんな中、いつかに、会社の同僚・香取俊(京本大我)から電話がかかってくる。転勤で大阪にいるはずの香取からの突然の電話にいつかは…!?
 あれよあれよという間にスタートした元エリート・設楽の管理人ライフ――。はたして、最低最悪の出会いを果たしてしまったいつか、鋭い観察眼の持ち主・すず、そして自分の黒歴史をすべて知るナオら、個性強めな女性陣との《オトナの一つ屋根の下》生活の行方は…?

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/hamaruotoko/story/0001/

原作とほぼ同じ展開だった1話。

愛人契約だと勘違いして設楽紘一(藤ヶ谷太輔)が西島いつか(関水渚)に言ってしまった言葉は「オレはあんたを抱けそうにない」。

いつかから平手打ちをくらう設楽(^^;

そして下宿「銀星荘」の管理人として料理など家事をしていくものの、料理はマズいなど厳しい言葉を投げかけられる設楽といつかの関係は微妙。

そんな中、いつかは、過去に設楽と仕事で出会っていて、ヒドい言葉を投げかけられて、傷ついてしまったことを思い出していましたが、設楽はいつかのことを全く覚えていないのでした。

個人的に最近見ていた作品ではクールな役柄、また重いテーマの作品が多かった印象の藤ヶ谷太輔さんですが、ラブコメのこじらせイケメン役が新鮮で、原作通りだと待ち受けるいつかとのキュンキュンシーンが楽しみです!

一方、そんないつかを心配する同期の香取俊(京本大我)。いつかのことが好きなイケメン香取との関係も今後楽しみな1話でした。

ドラマ【ハマる男に蹴りたい女】2話あらすじネタバレ

 大手飲料メーカー・カヅキビール勤務、商品企画部のエースとして人もうらやむエリート人生を歩んできた設楽紘一(藤ヶ谷太輔)だが、その仕事ぶりがアダとなり、まさかのリストラ! さらに妻とも離婚…と、一度に仕事と家庭を失った…。ひょんなことから幼なじみ・佐久間ナオ(西田尚美)の暮らす女だらけの下宿『銀星荘』の管理人として働くことになった紘一は、今日も今日とて慣れない家事に悪戦苦闘中。料理にいたっては、西島いつか(関水渚)、増田すず(久保田紗友)らに「まずい、まずい」と酷評され続ける切ない日々を送っている。一切料理の腕が上がる気配のない紘一に冷ややかな視線を送るいつかは、“これなら失敗が少ないはず”と考えた定番メニュー・カレーを夕食の献立にリクエストする。いつかを見返してやりたい紘一は、意気揚々とスーパーに向かうのだが、これまで億単位のプロジェクトを動かしてきた大企業の元エースが、予算内に納めるために10円刻みの買物に頭を抱える始末で…。
 一方、家でのズボラ女子とは真逆、キラキラのバリキャリ女子としてWeb制作会社・コスモインデックスに出社したいつかは、同僚の友部ミチコ(サーヤ)から合コンに誘われる。しかし、あるトラウマから生活のすべてを仕事に捧げる決意をしたいつかは、まったく気が進まずのらりくらり…。すると、そこに大阪勤務を経て本社に戻ってきた香取俊(京本大我)が現れる。2年ぶりに再会した香取をいい男に成長した“超優良物件”と見込んだミチコは、2人をくっつけようとニヤリ。仕事が終わったら食事会をしようと提案する。しかし自分は合コンに行くと言うミチコの強引な采配で、いつかは香取と2人きりで食事することになり…!?
 そんなこととはつゆ知らず…夕食の準備も万端、みんなの帰りを待ちわびる紘一だが、誰ひとり帰ってこないうえに、連絡もない。紘一のイライラがマックスに達した…そのとき! 玄関の扉が開き、放心状態のいつかが入ってくる。紘一は、いつになくボーッとした表情のいつかに説教し始めるのだが…?

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/hamaruotoko/story/0002/

OA後に追記します!

ドラマ【ハマる男に蹴りたい女】3話あらすじネタバレ

OA後に追記します!

ドラマ【ハマる男に蹴りたい女】4話あらすじネタバレ

OA後に追記します!

【ハマる男に蹴りたい女】キャスト出演者一覧

設楽紘一 / したら・こういち31 演:藤ヶ谷太輔

大手飲料メーカー・カヅキビールの社員で、商品開発を担当するエース。美人で料理上手な妻とタワーマンション暮らしと、完璧なエリート人生を歩んでいたが、上司の反感を買った結果、来年なくなるという子会社に転籍することに…。事実上のリストラだと気づき、勢いで自ら辞職してしまう。落ち込みながら帰宅すると、なぜか妻も離婚届を残して消えていた――。
そんな紘一が友人から紹介されたのは、まかない付きの下宿・銀星荘の管理人。掃除と朝晩の食事を作れば家賃・光熱費はタダ! 転職活動をしながら管理人の仕事をすることになるのだが、そこで住人・西島いつかと最低最悪な出会いを果たす。こうしてやたら突っかかってくるいつかにこき使われる日々が始まるのだが、ある夜、突然押し倒されて…!?

西島いつか / にしじま・いつか26 演:関水渚

Web制作会社・コスモインデックスの社員で、仕事一筋のバリキャリ女子。“あること”をきっかけに、会社から徒歩圏内でおいしいまかない付きの快適な下宿・銀星荘に引っ越して、生活のすべてを仕事に振り切った結果、家では超ズボラになってしまった住人。
下宿で紘一と最低最悪な出会い方をして以降、何かとツンツンした態度を取ってしまうのだが、ふとした時に見せた紘一の優しさに突如“ある感情”が芽生え始め、勢いで押し倒してしまい…!?

香取俊 / かとり・しゅん26 演:京本大我

Web制作会社・コスモインデックス勤務。さわやかで人当たりがよく、仕事までできる有望株。
同期のいつかにずっと思いを寄せ続けている。2年間の大阪勤務を経て、東京に戻ってきたことをきっかけに猛アプローチを開始! いつかの下宿の管理人・設楽をライバル視することに…!?

増田すず / ますだ・すず23 演:久保田紗友

下宿「銀星荘」の住人。健康食品の研究・開発を担当している会社員。
理系女子で観察眼が鋭く、人間の行動や習性を生物学的に分析しがち。設楽が作った食事の失敗要因も冷静に分析する。コミックやアニメに夢中で、“生身の人間”の恋愛には興味がない。

武田直樹 / たけだ・なおき28 演:西垣匠

大手飲料メーカー・カヅキビールの社員で、紘一の後輩。
紘一が在職中は、彼の完璧な仕事ぶりを尊敬し、慕っていた。しかし、大きなプロジェクトの途中にも関わらず、突然会社を辞めてしまった彼のことを恨んでいるようで…!?

友部ミチコ / ともべ・みちこ26 演:サーヤ(ラランド)

Web制作会社・コスモインデックスで働くいつかの同期。仕事一筋で恋愛から遠のいているいつかに出会いのチャンスを与えようとするのだが…? 聞き上手な良き相談相手で、自分の気持ちがわからずモヤモヤするいつかを見守り、時に本心に気付かせるきっかけを与える。

土屋良介 / つちや・りょうすけ31 演:田渕章裕(インディアンス)

大手飲料メーカー・カヅキビールの社員で、紘一の同期。バー「Dolce」の常連。
退職した紘一のことを常に気にかけており、再就職先に関する情報を流すなど、何かと世話を焼く。

末永光太 / すえなが・こうた23 演:金子隼也

Web制作会社・コスモインデックスの社員で、いつかの後輩。テキパキと仕事をこなす“デキる女”いつかを尊敬している。

佐久間ナオ / さくま・なお 演:西田尚美

バー「Dolce」のオーナー兼店長。離婚してからは下宿「銀星荘」で暮らしている。
設楽とは幼なじみで、“ナオ姉”“紘ちゃん”と呼び合う親しい間柄。サバサバした性格で、設楽の恥ずかしい黒歴史も歴代の元カノも全員知っている。「銀星荘」を経営するおばがケガをしてしまったため、設楽に管理人の仕事を紹介する。

設楽しま子 / したら・しまこ 演:大地真央

事故で夫を亡くして以降、ひとりで紘一を育て上げたたくましい母。メディアでも活躍する日本を代表する食品メーカー・設楽グループのカリスマCEO。『しま母ちゃんのぎょうざ』を皮切りに、意外な商才を発揮して次々とヒット商品を連発。ビジネスを拡大して、成功者の階段を駆け上がった。大企業のエリートで自慢の息子が、会社を辞めて下宿の管理人を始めたことを知り…!?

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/hamaruotoko/cast/

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる