吉行エイスケの死因は?病気病名は?

吉行エイスケ(よしゆきえいすけ)さんは現在再放送中のNHK連続テレビ小説・朝ドラ「あぐり」で、田中美里(たなかみさと)さんが演じるヒロインあぐりの夫、望月エイスケ(もちづきえいすけ)のモデルです♪

エイスケを演じているのは野村萬斎(のむらまんさい)さん。

「あぐり」でエイスケは若くして亡くなってしまいます。

しかも「あぐり」でエイスケが死んでしまう週のタイトルは「エイスケ死す」。斬新すぎるタイトルですよね(^^;

まだ死んでないのに、週の最初からエイスケが死んでしまうことがわかる、すごい週のタイトルです。

わたしは死因が何だったのか思い出せず、今回調べてみることにしました。

一体どんな病気で病名は??気になりますよね。

モデルも同名のエイスケですが、さてエイスケの死因の実話とは?病気病名は?そしてモデルの吉行エイスケさんについてもご紹介させていただきます!

目次

吉行エイスケがモデルの望月エイスケの死因とは?

【あぐり】エイスケのモデルは吉行エイスケ!自由奔放キャラは実話?

あぐりの望月エイスケは、実在の吉行エイスケをモデルとしたキャラクターです。以降で、まずは、ドラマ「あぐり」での望月エイスケのネタバレ、死因についてご紹介していきます。

あぐりとは?

「あぐり」は1997年4月から10月まで放送された、第56作目のNHK連続テレビ小説。

モデルは美容家の吉行あぐり(よしゆきあぐり)さん。90歳を過ぎても現役で美容師のお仕事をされていました。

長男は作家の吉行淳之介さん、長女は女優の吉行和子さん。そして次女に詩人で小説家の吉行理恵さんの3人の子どもがいらっしゃいます。

朝ドラ「あぐり」も同名で3人の子どもたちが登場しました。淳之介の子供時代を生田斗真さんが演じたの、覚えてますか?(#^.^#)

望月エイスケとは?

「あぐり」の望月エイスケは、土木請負業を営む裕福な家に長男として生まれました。

家業には興味がなく、作家を目指しフラフラ(;^^)していたため、父親が落ち着くだろうと早くにあぐりと結婚させます。

ですが結婚しても落ち着くことなく(;^^)、遊び人を絵にかいたような人物。いつも自転車でどこかに出かけ、妻がいてもほかの女性と平気でデートをしちゃいます。

新しい感覚を持ち、飄々としながらも立ち居振る舞いはオシャレ♪それにイケメンということで、女性にモテないわけがありません。

でもあぐりの良き理解者であり、あぐりのことは大切にしていたため、あぐりもエイスケに惹かれていきます。

このように望月エイスケは自由奔放で神出鬼没(;^^)でも優しくスマートな言動で、多くの女性視聴者の心を掴みました。

エイスケとの結婚

あぐりは岡山で生まれ活発な少女に育ちました。姉と父親を早くに亡くし、母親は遺産をだまし取られ生活に困るように・・・。

そんなとき、あぐりに裕福な土木請負業をしていた望月家との縁談話が。あぐりは女学校に通っていましたが、そのまま15歳で望月家の長男、エイスケに嫁ぎました。

東京から戻ったばかりのエイスケは家業をほったらかしにし、遊びや小説の執筆に夢中。ですがそんなエイスケにあぐりはどんどん惹かれていきます(#^.^#)

小説家の夢を捨てきれなかったエイスケは単身東京へ行ってしまいます。そして関東大震災が起こり、イエスケは行方不明に・・・。

そんな中あぐりは妊娠していることがわかります。

エイスケは無事見つかり、こっそり自宅に戻ってきたときに長男の淳之介を出産。ところがまたエイスケは東京に戻ってしまいました。

エイスケの死因は?

エイスケの父親、健太郎(里見浩太朗)はあぐりを上京させ、エイスケとともに暮らすことに。あぐりは東京で美容師の見習いを始めます。

エイスケは相変わらず自由奔放で、いつ帰ってくるかもわからず平気で浮気もしています・・・。

でもあぐりのよき理解者でもあり、子どもにも優しい父親。あぐりは長女の和子を出産しました。

あぐりは自分の美容院を持ち、エイスケは戦争により自由な小説が書けなくなったことから、株式を始めます。

そしてあぐりは次女を出産。株でもうけていたエイスケは別荘を買いますが、その後株で大損し別の女性のところに行ってしまいました。

あぐりはエイスケの署名と捺印の入った離婚届を見つけてしまいます。

そんなある日エイスケから別荘に誘われたあぐり。別荘は手放すということで、エイスケは手料理をあぐりに振舞います。あぐりは離婚届のことは切り出せませんでした。

旅行から戻るとエイスケは体調不良となりますが、あぐりは忙しく仕事に出かけてしまいます。

エイスケは階段にもたれかかったままです。

あぐりが仕事から戻り、エイスケに話しかけますが返事がありません。エイスケはそのまま亡くなっていたのです。あぐりが33回目の誕生日を迎える前の日でした。

ということで、望月エイスケは階段にもたれたまま、心臓発作で亡くなってしまいます。

さて、モデルの吉行エイスケさんの死因とは?

 

 

吉行エイスケの死因は?病気病名は?

あぐり民子役は笹峰愛!現在の年齢や活動は?

望月エイスケのモデルである、吉行エイスケさんも狭心症の心臓発作で、1940年にお亡くなりになっています。享年34歳でした。

吉行エイスケさんは1906年に岡山で生まれました。あぐりさんが1907年生まれなので、1歳年上になります。

本名は吉行栄助(よしゆきえいすけ)さんと言いますが、漢字の名前がイヤで勝手にカタカナ名を使っていたそうです(笑)

ドラマと同じく土木請負業の「吉行組」を営む裕福な家に生まれていますが、この吉行組は今もご健在だとか!100年以上の歴史がある会社なんですね~(#^.^#)

岡山の高校を中退し東京の目白中学に転校。そこでエイスケさんは常識を否定、破壊する思想「ダダイスム」を発行しています。

あぐりさんとご結婚されたのが目白中学在学中の1923年。あぐりさんが15歳、エイスケさんが16歳のころです。

ドラマと同じように、息子を落ち着かせようと両親が結婚を決めたそうです。

その後岡山に移り、1924年に長男の淳之介さんが誕生します。のちの作家、吉行淳之介さんです。

やはり家業に興味を持てなく、小説を書いていたエイスケさん。1926年に東京に移り住み「虚無思想」創刊号を出版。ドラマと同じように家を空けることが多かったというエイスケさん。上海にも何度か渡っているそうです。

だんだん戦争が激しくなり「ダダイスム」の活動がしにくくなってきたエイスケさん。とうとう1934年に断筆し、株式で生計を立てるようになります。

1935年にのちに女優となる吉行和子さんが誕生。4年後には次女の理恵さんも生まれました。

子どもを怒鳴ったりすることはあったそうですが、とてもかわいがり一緒に遊んだりドライブに行ったり(^^)

また新しい玩具が出るとすぐに買い与え一緒に遊んだりもしたそうです。とはいえ、あまり家にはいなかったそうですが(;^^)

理恵さんが生まれて1年後の1940年。エイスケさんは狭心症により34歳でお亡くなりになりました。あぐりさんが33歳のころです。

朝ドラ「あぐり」ではかなり忠実に描かれているんですね。

エイスケさんは作家としての収入も少なく(;^^)株式の才能もなかったため、ほぼあぐりさんの美容師としての収入で暮らしていたそうです。

息子で作家の吉行淳之介さんは、父親の作品は最後まで読んだことがないとか(;^^)作家としての評価は今ひとつのようでした・・・。

吉行和子さんは父親についてこのように語っていました。

「面白いことばかりして、戦争が始まる前の34歳のとき、心臓発作であっけなく死んでしまった」

エイスケさんが亡くなったとき、吉行和子っさんはまだ4歳くらい。でもそんなイメージが残っているんですね。

でもきっとドラマのような、魅力的な男性だったのだと思います。

吉行エイスケを演じる野村萬斎のプロフィールは?

死との約束ネタバレ結末!三谷幸喜版の犯人は誰?

名前 野村萬斎(のむら まんさい)
生年月日 1966年4月5日(55歳)
血液型 B型
出身地 東京都

引用元 万作の会公式サイト

野村萬斎さんは狂言師の二世野村万作の長男として生まれ、重要無形文化財総合指定者、いわゆる人間国宝です(≧∇≦)

初舞台は3歳、初セリフは4歳のときだったそうです。

特に父親から狂言師になることを強制されなかったという野村萬斎さんですが、中学生のころから狂言を窮屈だと感じるようになりました。

いわゆる反抗期でしょうかね?(;^^)普通に部活やバンド活動などをしていたそうです。

学校でも狂言師の家系であることは隠していたそうですが、高校3年生のときに演じた『三番叟』で狂言の面白さに気づき、その世界に進むことを決意されたそうです。

現在は国内外の狂言や能公演に積極的に参加し、普及活動をされています。

またドラマや映画、舞台などでも活躍されている野村萬斎さん。映画といえばやはり「陰陽師」ですよね~(#^.^#)

映画はパート2まで作られ、フィギアの羽生結弦選手が主人公の安倍晴明をモチーフにした衣装を着たことも話題となりました。

2015年の「シン・ゴジラ」ではなんとゴジラ役を!(≧∇≦)

映画では2017年の「花戦さ」、2019年の「七つの会議」などで主役を演じています。

声の出演としては、アニメ映画「風立ちぬ」のカプローニの声を。そして「GAMBA ガンバと仲間たち」ではノロイの声を担当されました。

ドラマはこんな作品に出演されています。

1994年 大河ドラマ「花の乱」
1997年 あぐり
2000年 蒼天の夢 松陰と晋作・新世紀への挑戦
2008年 鞍馬天狗
2008年 あの戦争は何だったのか 日米開戦と東条英機
2012年 負けて、勝つ 〜戦後を創った男・吉田茂〜
2015年 オリエント急行殺人事件
2018年 黒井戸殺し
2021年 死との約束

やはり昔は時代モノが多かったですね。「鞍馬天狗」は主役の鞍馬天狗を演じました。

「あの戦争は何だったのか」は昭和天皇を!

そして2015年から3回に渡って演じた 勝呂武尊はアガサクリスティーの小説に登場するエルキュール・ポアロの日本版といったところ。

このシリーズは三谷幸喜さん脚本による、アガサクリスティー作品のリメイクドラマ。野村萬斎さんが3作品に渡り主人公を演じました。

野村萬斎さんにとっても、新境地といったところではないでしょうか。

さて、そんな野村萬斎さんですが、一般女性とご結婚され長男と長女、それに次女が生まれています。あれ?エイスケと同じですね(;^^)

ご長男は狂言師の道へ進まれているそうです。また長女の彩也子さんは、2020年にTBSのアナウンサーに♪

お美しい!!(≧∇≦)

ということで、人間国宝でもある野村萬斎さんは、一般映画やドラマなどにもご出演され、幅広く活躍されています。

個人的に大好きな勝呂武尊シリーズ♪また次の作品を作っていただきたいと思っています!

吉行エイスケの死因は?病気病名のまとめ

死との約束の再放送はある?見逃し動画無料視聴方法

吉行エイスケさんは現在再放送中の朝ドラ「あぐり」に登場する、田中美里さん演じるヒロインあぐりの夫となるエイスケのモデルで、ドラマは野村萬斎さんが演じています。

エイスケは自由奔放な作家で、あまり家にいないのですが、それでも妻や子供を大切に思う優しい夫でした。

ところが34歳にして階段に寄りかかったまま、心臓発作で亡くなってしまいます。

吉行エイスケのモデル、望月エイスケさんもドラマと同じく34歳で狭心症による心臓発作でお亡くなりになりました。

ということで朝ドラ「あぐり」エイスケの死因は実話と同じ心臓発作です。

放送当時突然のエイスケの死に苦情が殺到したといいます。それだけ人気のキャラだったのです(^^)

「あぐり」は20年以上も前の朝ドラ。みなさん、エイスケが死んでしまっても、NHKに抗議の電話をかけないでくださいね(≧∇≦)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる