ドラマ大好き人間によるキャスト、あらすじ、感想、見逃し動画配信情報などのネタバレ情報

  1. まんぷく実話

まんぷく国を訴えるのは実話?財務局と安藤百福の関係は?

NHK朝ドラ「まんぷく」で軍事物資横流しや、手榴弾事件など、無実の罪で何度も逮捕、拘留されてしまった萬平さん。

しかも、今度は脱税の罪でなんと有罪。不幸すぎると話題です。

進駐軍や財務局から、ヒドイ仕打ちを受けている萬平さんですが、いよいよ国や進駐軍に反撃です。なんと国を訴えることに!

菅田将暉さん演じる東太一弁護士が一緒に戦ってくれています!

そんな萬平さんのモデルになった日清食品の創始者安藤百福さんも同じように逮捕されて有罪になり・・・国を訴えたのでしょうか?

「国を訴える」のはフィクション??ノンフィクション??

安藤百福さんの史実を紹介しつつ、今後のネタバレもまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

まんぷくで萬平が脱税で有罪!国を訴える衝撃展開

あまりにも逮捕されすぎな萬平がかわいそすぎる!!!の声が続出している朝ドラ「まんぷく」。

塩事業やダネイホン事業が軌道にのり、東京営業所をつくるまでになった「たちばな塩業」。

会社に利益が出たことで、今まで戦争によって学校に行けなかった従業員たちに奨学金を出してあげて、夜間学校に通わせることにした萬平。

萬平素敵!!!って思ってたら、これが萬平をどん底に突き落とします。

なんと、萬平はその後脱税で逮捕されて、有罪になってしまいます。

理由は・・・

従業員を学校に通わせるために払っていた奨学金を給料とみなされ、その分の税金を納めていないというものでした。

そう、だたの言いがかりです。

萬平は軍事裁判にかけられ、罰金7万円と重労働4年の有罪判決を受けます。

かわいそすぎる・・・。

でもここからが更に地獄でした。

罰金7万円を支払うために、泣く泣く東京支社売却してダネイホンの販売権もセットで売りお金を作ることに。

しかし、ここで終わりではありません。

なんと突然、東京の財務局から電話が。

東京財務局からの電話の内容は・・・「脱税分の追徴課税を払え」というものでした。

その額はなんと!!!!10万円!! 。

どう考えても、こんな金額支払えません。

東によると、10日後には大阪の本社と工場が差し押さえられるかも、とのこと。

それならたちばな栄養食品を解散してはどうかと東は提案します。

国を相手に戦うには、このくらい思い切ったことをしなければなりません、と言います。

こうして、たちばな栄養食品を解散。

塩軍団たちとも悲しい別れをすることになります。

その2日後に財務局が差し押さえにやってきますが、会社はもぬけの殻でいたのは東ひとり。

差し押さえるものがない財務局の局員は立ちすくむのみでした・・・。

東弁護士さすが!!と思ったら、更にとんでもないことが。

度は福子のところに大阪財務局がやってきて、あの追徴課税10万円を個人資産から差し押さえると言います。

通帳には売却で得た12万円が・・・。

どうしても立花家からお金を取りたくて仕方がないようです(T . T)

どこまで財務局ひどいんだ!!!

でもでも財務局も進駐軍から圧力を受けて、仕方なくやっているようです。

ここで東弁護士が思い切った提案をします。

「立花さん、国を訴えましょう!」

国を訴える!?びっくりですよね。

スゴイ展開です。

このあまりにも不幸すぎる萬平さん。

萬平のモデルになった安藤百福さんもこんなヒドイ仕打ちを受けたのでしょうか?

また国を訴えたのでしょうか???

以降で安藤百福さんの実話を紹介していきます。

 

安藤百福は国を訴えるのは実話?進駐軍や財務局との関係は??

 

スポンサーリンク

 

朝ドラ「まんぷく」で起きている様々なことはほぼ実話です。

ノンフィクションなんです!!!びっくりですよね。安藤百福さんも萬平さん同様、本当に不幸すぎるんです(>_<)

当時の日本は、進駐軍(GHQ)が統治していました。

その頃安藤百福さんは製塩や栄養食品のほかにも、専門学校の経営などいろいろな事業を展開している資産家であり、政治家や大阪のGHQの幹部とも親しくしていたといいます。

そんな百福さんのもとには100人以上の若者がいて、喧嘩騒ぎなどを起こしますが、百福さんがGHQに頼んで釈放させたりしていたそうです。

塩軍団自体はフィクションですが、同じように若者たちを雇って面倒見ていた安藤百福さん。

そんな若者が集まり、政治家やGHQの幹部などと親しくしていた百福さん。そんな安藤百福さんは警視総監が目をつけられることになります。

製塩事業に絡み、警察が百福さんの身辺をかぎまわるようになったのでした。

百福さんはこのことを知り「塩業は私利私欲のためにやっているわけではない!!!」と内務省の高官に捜査をやめさせるように訴えます。

そもそも塩は売るために作っていたわけではなく、若者に仕事を与えるために始めたもので、実際に塩は売らずにご近所に無料で配っていたそうです。

このように百福さんの行動には、全く後ろめたいところもなく、むしろ周りの人の役に立つような行動をしていたんです。

この辺りの塩作りの背景は朝ドラとは少し違いますね。百福さんが本当に立派な人だったことがわかります。

ですが警察の捜査をやめさせた百福さんの行動に立腹したのが警察です。

1948年のクリスマスの夜。

百福さんが親しくしていたGHQの大阪軍政部長の転勤に伴い、百福さんは府知事や財界人を招いて送別会を開きました。

会が終わって帰ろうとしたとき、百福さんはMPに連行されてしまうのです。

親しかったGHQの幹部が転勤した途端の出来事でした。

百福さんが逮捕された容疑は脱税。

この時に、泉大津で働く若者たちに支給していた奨学金が所得とされ、その分の税金を納めていなかったというものでした。

そう、萬平さんのエピソードは、百福さんと同じなんですね。まず脱税は実話だったのでした。

いいことをしたはずなのに、罪になるなんて・・・本当にヒドイは話です。

本来であれば税務署が対応するはずなのに、出てきたのは進駐軍です。

およそ1週間という短い期間で有罪が確定し「4年の重労働」という判決が出ました。

こんな短期間で判決が決まるのもまさに出来レース!

百福さんの意見は全く聞いてもらえたなかったそうです(T . T)

このとき大阪の財務局により百福さんの所有していた工場や家山林などの不動産もすべて没収、百福さんは東京拘置所(巣鴨プリズン)に拘束されました。

当時脱税が横行していて、GHQとしても歳入不足に悩み税務局に厳しくするようにお達しを出していたそうです。

しかし!その頃の日本人は強かったんです!!!!このことがきかっけでなんと

税務署に対して激しい反対運動が起きたのです!!!

困った税務署が百福さんに目をつけ、ちゃんと税金を納めないとこうなりますよ、と言わんばかりに百福さんの名前まで出して新聞に掲載。

そう、全く「まんぷく」の展開と同じですよね。ツイッターでは「逮捕されすぎて飽きた」と言う意見もありますが、百福さんの実話なので、しょうがないですよね~。

これには、やさしくて心の広い百福さんは怒ります!!!ってこれで怒らない人いませんよね。

そして弁護団を作り提訴します。

そう・・・これも実話です。

百福さんは税務当局を相手に処分取り消しの訴訟を起こしました。まさに国を相手に戦いを挑んだ安藤百福さん!!!

ちなみにドラマで出てくる財務局ですが

税務署とは・・・

大蔵省の外局である国税庁は,内国税(国税のうち,関税,とん税,特別とん税を除いたもの)の賦課徴収の事務を行うが,その出先機関として全国に11局の国税局(および沖縄国税事務所)がある。

税務署は,この国税局の所掌事務を分掌するもので,全国に約500設けられている。

税務署は1896年に税務監理局官制によって大蔵省直轄の徴税機関としてはじめて設置された。

当時において国税局に相当するものは,税務管理局と呼ばれ,その後税務監督局,財務局と名称が変わり,1949年に国税庁の設置により国税局となり現在に至っている。

引用元:https://kotobank.jp/word/%E7%A8%8E%E5%8B%99%E7%BD%B2-86517

財務局は国税局の前身だったんですね。

話しを戻すと・・・

百福さんに下された刑が重労働でしたが、重労働は1度もしたことがなく、食事も米兵と同じだったそうです。

当時貧しかった国民よりもいい暮らしをしていたとのこと。

そう、完全に見せしめのために、有罪になったことがわかるエピソードですね。

同じく収監されていた巣鴨には、戦争の容疑で逮捕されていた政治家や財界人などもいて、なんとここで麻雀まで覚えたんだとか。

結構自由にはできていたようなので、それだけは救いでしたね。

そんなある日、百福さんは税務局からこう持ちかけられます。

訴えを取り下げたら即釈放してもいいんだけど・・・

え!?!?

どうやら優秀な弁護団により百福さんに有利な状況になってきたのです。

税務署に対する世間の厳しい目が向けられる中、百福さんが裁判で勝っちゃったりしたら、ますます税務署の立場は不利になります。

百福さんはこの提案を却下して、断固として自分の無実をはらそうとしました。

しかし・・・毎月小さな子供を連れて、大阪から面会に来る妻仁子さんの泣きながらの訴えに、百福さんの心は揺らぎます。

収監されてから2年近く経ったある日、長男の息子と1歳半の長女を連れてまた仁子さんが面会にきて、寂しい思いを伝えます。

45分の面会が終わると、手を振って帰っていく子供たちを見て、百福さんは提訴を取り下げる決心をしたそうです。

悔しいけれど・・・しょうがないですね。何も悪くない安藤百福さん。萬平さんのヒドイ仕打ちを受けたエピソードは実話だったんです。

そして提訴を取り下げると、百福さんはすぐに釈放されました。

ですがそのとき、安藤百福さんの髪の毛は、半分が白くなっていたとのこと。本当にかわいそすぎます(>_<)

そしてまんぷくもの萬平さんも、実話とほぼ同じような展開を今後迎えていくことになります。

しかし、釈放後も、安藤百福さんの波乱万丈なジェットコースター人生は続くことになります。

まんぷく今後の展開ネタバレは?インスタントラーメンは?【朝ドラ】

 

まとめ

立花萬平さんのモデルになった安藤百福さんの不幸すぎる逮捕の実話いかがだったでしょうか?

本当に良い人なのに、どうして!?と理不尽な仕打ちに泣きそうになるエピソードの数々。

そんな百福さんをモデルにした萬平さんはインスタントラーメンを開発するまでのサクセスストーリーを楽しみに今度も見ていきたいと思います。

まんぷく実話の最近記事

  1. まんぷくフリーズドライはカップヌードルの実話?

  2. まんぷくカップ麺はカップヌードルがモデルの安藤百福の実話は?

  3. 日本即席ラーメン工業協会のモデルは実在?まんぷくは実話?

  4. 猿渡のモデルは実在?まんぷく田中哲司【テイコー食品社長】

  5. まんぷく坂部【今野浩喜】のモデルが実在!日清食品も引き抜きが?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

朝ドラまんぷくおすすめ記事

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

いだてん 東京オリムピック噺【大河ドラマ】

アーカイブ

カテゴリ

PAGE TOP