もみ消して冬の原作や脚本家とタイトルの意味とは?奪い愛冬に似てる?

スポンサーリンク

1月13日から放送開始のドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」。

兄弟役に山田涼介さん、波瑠さん、小澤征悦さんが東大卒というエリート3兄弟を演じます。

今回はそんなドラマ「もみ消して冬」の原作情報、脚本家は誰なのか?また気になるタイトルについて調べてまとめてみました。

 

 

もみ消して冬のあらすじとは?

この一家は確実にトラブルを解決する。

そしてその作戦会議は秘密の家族会議で執り行われる。

そこでは法律や常識よりも「家族の幸せ」が優先されるのだ。

このドラマはヒットドラマ界の鉄板三大職業医者、弁護士、警視庁のエリート兄弟が一家の安泰を脅かす事件のみを全力で解決するという

馬鹿馬鹿しくも美しすぎる家族愛と主役の「エリート感が若干たりない末っ子刑事」が「家族への愛情vs 職業倫理感」で葛藤したあげくにひねくりだす

「なんでそうなるの?」的屁理屈を伴う活躍と、その人間的成長(?)を笑いながらみる痛快「どコメディ」ホームドラマです。

引用元:http://www.ntv.co.jp/momifuyu/introduction/index.html

そして、以下、予告動画です。

全員東大卒業という、すごすぎる三兄弟。

そして金持ち一家♡羨ましい~!!

金持ちの豪邸もすごいセットです♪

 

例えば第1話は難関私立中の学園長である父がなんと好きな女性に裸の写真を取られて恐喝されるという緊急事態。

その事件を解決すべく得に末っ子の刑事(山田涼介)が奮闘するようですね。

姉と兄の波瑠さんと小澤征悦さんのキャラクターも面白そうだし楽しみですね~。

 

もみ消して冬の原作と脚本は?

 

スポンサーリンク

 

なんか、こんなギャグコミックありそう!!と思って調べてみたら、このドラマは原作はなくて、脚本家のオリジナルストーリーでした。

ちなみに脚本家は金子茂樹さん。

「きょうは会社休みます」「世界一難しい恋」「ボク、運命の人です」などヒットドラマを多数を手掛けた脚本家さんです。

金子さんのキャラクターで脇役まで魅力的で個性的だったりして面白いんですよね~。そして「世界一難しい恋」などコメディもすっごく面白い!(^^)!

ちなみに金子さん、以下のドラマも担当!

・危険なアネキ

・プロポーズ大作戦

・ハチミツとクローバー

・SUMMER NUDE

 

話題の連ドラばかり。これは期待できますね!

 

もみ消して冬のタイトルの意味とは?

ストーリーを見ればわかりますが、家族に起こってしまったトラブルを「もみ消して」いくドラマってことですね(^_^;)

サブタイトルが「わが家の問題なかったことに」とあるので、このサブタイトルが全てを説明してくれてる感じですね。

そして冬・・・(笑)冬のストーリーということで、とあるドラマを思い出すのは私だけでしょうか?

以下、ツイッターでも変わったタイトルが話題でした。

もみ消して冬タイトルだけでドロドロ系かと思ってたんだけど…コメディ…?

 

もみ消して冬ってなんか似たようなタイトルのドラマなかったっけ?

 

もみ消して冬というタイトルと予告からまったく笑ドラ感伝わらん

 

「もみ消して冬」ってタイトル、過去に似たタイトルあったよなと検索したら「奪い愛、冬」だった無関係なの?

 

『もみ消して冬』というドラマが始まるけど『奪い愛、冬』とは無関係なんよね? タイトルだけ聞いたから続編が始まるのかと勘違いσ(^_^;)?

 

日テレ系の「もみ消して冬」 タイトルがなんか聞き覚えあるなーと思ったら、何年か前にあった「愛なんていらねぇよ、夏」だった

 

どうしてもこのタイトルを思い出してしまう…。もう突っ込みどころ満載の『奪い愛、冬』

この変わったタイトルに引っかかった人多いですね(笑)

そして2017年の話題になったドラマ『奪い愛、冬』を思い出す人多数でした。

他にも季節がつくドラマ思い出しますが、最近だとやっぱりこれですよね~。

ドラマのキャラクターがみんなすごくて、特に水野美紀さんの怪演が話題でした。

そんなドラマ「もみ消して冬」も違った意味で、インパクトを残してくれそうな予感ですね!注目です。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です