親愛なる僕へ殺意をこめて【ナミ】の原作と違う真明寺麗?ネタバレまとめ

人気コミックが原作のフジテレビ水曜ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて(しんあいなるぼくへさついをこめて)」が、2022年10月からスタートします。

このドラマは自らが二重人格であることを悟った大学生の主人公が「もう一人の自分が殺人を犯しているかも」と思い始め、真相を明らかにしようとしていく二重人格サスペンスです。

主人公の浦島エイジ(うらしまえいじ)を演じるのは山田涼介(やまだりょうすけ)さん!

そしてヒロイン的な役割のナミを演じるのは川栄李奈(かわえいりな)さんです。

ナミはエイジがもう一つの人格について調べる中で出会う女性なんですが、実は原作漫画にナミって少ししか登場しないんですよね(^^;

そんなナミがドラマ化でどのように描かれるのかとっても気になります。

原作漫画で登場する真明寺麗(しんみょうじれい)の役割を担っているのでしょうか?

今回は「親愛なる僕へ殺意をこめて」で川栄李奈さん演じるナミについて原作からネタバレ紹介していきます。

一部原作漫画のネタバレを含みますので知りたくない方は閲覧でご注意ください。

ebookjapanで「親愛なる僕へ殺意をこめて」を無料で読む人はこちら!

※今ならebookjapanで「親愛なる僕へ殺意をこめて」1~3巻を無料で読むことができます【2022年10月4日最新情報】

ebookjapanで、「ナンバMG5」「個人差あります」「悪女」「ミステリと言う勿れ」「逃亡医F」「ケイ×ヤク」「妻、小学生になる」「ミステリと言う勿れ」「おいピータン!!」「しもべえ」「婚姻届に判を捺しただけですが」「それでも愛を誓いますか?」「ただ離婚してないだけ」「准教授高槻彰良の推察」「うきわ」「婚姻届に判を捺しただけですが」など人気作品をお得に読めます。

◆初回登録時には、最大500円が割引になる50パーセントオフになる割引券がもらえる♪

◆毎週末【金曜・土曜・日曜】にはクーポン適用で最大50パーセントPayPay還元

ebookjapanhttps://ebookjapan.yahoo.co.jp

目次

親愛なる僕へ殺意をこめて【ナミ】のネタバレは?デートクラブで出会う女性!

親愛なる僕へ殺意をこめて畑葉子役は浅川梨奈!原作と違う名前で「畑中葉子」?

ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」の原作は人気漫画!

今回フジテレビの水曜ドラマで山田涼介さん主演で映像化される「親愛なる僕へ殺意をこめて」には原作があります。

『ヤングマガジン』で2018年から2019年にかけて連載され、累計130万部突破の同名コミックです。

主人公・浦島エイジが自らが二重人格であることを悟るところから始まり、「もう一人の自分が殺人を犯している?」という底知れぬ不安にかられて、真相を明らかにしようと動き始めます。

見る者に息つく暇も与えないどんでん返しのストーリー展開が見どころの二重人格サスペンスとなっているんです!!

まずは第1話のあらすじを見てみましょう。

浦島エイジ(山田涼介)は明京大学の2年生。「人生楽しんだもの勝ち。楽しければそれでいい」とお気楽な大学生活を送っているエイジだったが、実は仲間たちにもひた隠しにしてきた秘密があった。15年前に日本中を震撼させた連続殺人事件――通称『LL事件』の容疑者が、エイジの実の父親・八野衣真(早乙女太一)だったのだ。警察に追われた八野衣は、自ら火を放って自殺したが、「また殺す……LL」という謎のメッセージを残していた。

事件後、エイジは、八野衣の保護司だった浦島亀一(遠藤憲一)と珠代(阿南敦子)夫妻に引き取られ、息子同様に育てられた。少年時代はひどいイジメや嫌がらせに遭いながら生きてきたエイジにとって、唯一のやすらぎとなっていたのは、同じ大学に通う恋人・雪村京花(門脇麦)の存在だった。

ある日、何者かに惨殺された畑葉子という女性の遺体が河川敷で発見される。その殺害方法は、LL事件と酷似した残酷なものだった。かつてLL事件の捜査に当たった警視庁の管理官・猿渡敬三(髙嶋政宏)は、部下の桃井薫(桜井ユキ)らに捜査を指示する。

朝、自宅アパートで目を覚ましたエイジは、足を滑らせた拍子に押し入れのふすまにぶつかる。すると、押し入れの天袋から1万円札が落ちてくる。天袋を開けてみると、そこにはバッグに入った大量の札束と、1台のスマートフォンがあった。不審に思いつつ大学へ向かったエイジは、知らない間に3日間も寝込んでいたことを知る。その間、エイジは、京花や友人たちにSNSで連絡を取っていたが、まったく覚えていなかった。記憶がない10月19日から21日までの3日間――それは、葉子が失踪した日から、遺体で発見されるまでの期間でもあった。訪ねてきた桃井からその話を聞かされ、動揺するエイジ。桃井は「畑葉子は、お前の彼女だよな?」と、エイジが喫茶店で葉子と会っていた19日の映像を見せながらそう問いかけ……。

そんな中、エイジの元に、半グレ集団『スカル』のリーダー“サイ”こと佐井社(尾上松也)から連絡が入る。サイは、葉子やその友人だったナミ(川栄李奈)が働いているデートクラブ『アリス』を運営していて……。

引用元:公式サイト

エイジのもう一つの人格が犯したかもしれない殺人。

その被害者である葉子について調べていく中で、勤めていたデートクラブで知り合うのが今回ご紹介する「ナミ」です。

演じるのは川栄李奈さん!

育った環境が悪く、不遇の人生を送ってきたナミは自己肯定感が低い女性。

デートクラブで働いているのは、半グレ集団「スカル」に弱みを握られれているからのようです。

そんな中で、唯一の親友である葉子が殺されてしまい、茫然自失となる中で、エイジと出会うことになります。

何やら第1話では、山田涼介さん演じるエイジとのベッドの上でのハードなシーンもあるとか?

なぜエイジが手錠をかけられているのか?

このシーン原作には無いので、個人的にはとっても気になっています!

そんな「ナミ」が原作漫画ではどのような役どころなのか?

以降でご紹介したいと思います。

親愛なる僕へ殺意をこめて【ナミ】は原作と違う真明寺麗?

雪村京花の正体と最後のネタバレは死亡?【親愛なる僕へ殺意をこめて】

原作漫画では、エイジは「SKALL」のアジトでナミと出会います。

後日、エイジはホテルの一室でナミと会う約束をしたとき、ナミはエイジが葉子を殺したと衝撃の発言!

しかしこの言葉の意図は「葉子を守るようなことを言っていたのに、結局守り切れなかったからだ」という意味。

エイジはナミの一言で、自らのもう一つの人格が葉子を殺害したわけでは無いと知り安心しました。

そして、葉子の死の真相を知るための手がかりを得るために、葉子が最後に会っていた客についての情報をナミは教えてくれます。

実は、原作漫画ではこれ以降、ナミはもう登場しないんです(;^_^A

こんな役どころを川栄李奈さんが演じてヒロイン的な役割だなんて・・・

ちょっと私は当初信じられませんでした!

しかし、公式の川栄李奈さんへのインタビューである事実が判明しています。

「ナミ役と伺った後に原作を読んだら、葉子の親友ではあるんですけど一瞬しか出ていなくて(笑)。それで、衣装合わせのときにプロデューサーさんに伺ったら、ドラマのナミは原作のナミと真明寺麗が合わさった役だと教えていただきました。私はどちらかに寄せて演じるのではなく、ただただエイジの味方でいられるように一生懸命さが伝わればいいかなと思っています。」

引用元:公式サイト

私も何となくそうかなと思っていたのですが(^^;)

ナミは原作漫画に登場する真明寺麗(しんみょうじれい)を合わせた役どころなんですね。

公式サイトの人物相関図を見ても、麗がいないのでおかしいなと思っていたんです(笑)

ツイッターでも麗がいないことに疑問の声があがっていまいた。

この麗という女性と合わさった役であれば、川栄李奈さんが演じるのも納得です。

原作漫画でも出番が多くかなり重要な役どころなんですよ。

ただツイッターでは、麗本人にしてほしかった、同じキャラクターが良かったの声が。

以降で、原作漫画の真明寺麗についてご紹介します。

原作漫画の犯人などネタバレを一部含みますので知りたくない方は閲覧ご注意ください!

親愛なる僕へ殺意をこめてナミの原作【真明寺麗】とは?

真明寺麗は、エイジの大学の同級生で物静かな女性です。

エイジの二重人格について薄々気づいているようで、エイジに向かって解離性同一症で二重人格であることを指摘する重要な役どころを担っています。

そして麗は、エイジのもう一つの人格に「B一」と名付けてくれました。

さらにエイジが驚くと反射的に耳たぶを触る癖があることを麗は言い当てるなど観察力に鋭い麗。

以後、二人は協力して葉子の死の真相や、15年前のエイジの父が犯したLL事件について調べていくことになるんです。

その後、葉子を殺した犯人がエイジの彼女の雪村京花であることが明らかになり、なんとエイジが京花を刺して逮捕されてしまうという衝撃の展開に!

逮捕されたエイジのもとに麗は面会に来て、エイジの無実を証明するために奔走してくれたりします。

このときエイジの人格は、B一になっていました。

実は、浦島エイジは、B一こと八野衣エイジが生み出したもう一つの人格だったのです!

それから、留置所から脱走したエイジは麗とともに、真相を探っていき、京花を刺した犯人や15年前のLL事件の真犯人を知ることになるんです。

詳しい犯人については、以下の記事にまとめているので気になる方は是非見てみてください。

【親愛なる僕へ殺意をこめて】ネタバレ!原作の真犯人黒幕と二重人格の真相

すべての真相が明らかになり、八野衣エイジとしての人生を歩みだしたエイジのもとに麗が現れました。

このころのB一こと八野衣エイジには、ある理由から浦島エイジの人格は消えてしまい、もう人格交代は起きなくなっています。

久しぶりに会ったエイジに、名刺を差し出す麗。

なんと麗は自らが所長になり探偵事務所を開いていたんです!

お祝いだと言って麗がクラッカーを鳴らすと、驚いたB一は耳たぶを触ります。

それを見た麗は、浦島エイジは八野衣エイジの中でちゃんと生きている!と感じて物語は締めくくられます。

エイジと麗の間には恋愛感情は無さそうですが、お互いを信頼しあい事件を解決するパートナーのような存在です。

ドラマではそこに恋愛要素を絡めつつ、アレンジを加えて真明寺麗の立ち位置をナミにして描かれることになるのだと思います!

 

親愛なる僕へ殺意をこめて【ナミ】の原作ネタバレまとめ

【親愛なる僕へ殺意をこめて】最終回ネタバレ結末!犯人黒幕と戦慄の真相

今回は「親愛なる僕へ殺意をこめて」で川栄李奈さん演じるナミについて原作漫画からネタバレ紹介しました。

原作漫画でのナミは序盤に少し登場するだけで、以降は一切登場しません。

そのためドラマでは、原作漫画の重要キャラ真明寺麗と合わせった役として描かれることになるようです。

真明寺麗は物静かな女性ですが、ドラマのナミはちょと性格が異なるような気がします。

この辺りは、原作漫画のキャラ設定を大胆にアレンジしてくるのではないかと思っています。

川栄李奈さん演じるナミがどのようにドラマで描かれるのか?

原作を知っている私としてはとっても楽しみですね(^^♪

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる