純愛ディソナンス加賀美のネタバレ考察!はるとは息子で復讐を止める目的?

フジテレビ木曜ドラマ「純愛ディソナンス(じゅんあいでぃそなんす)」も最終回まであと2回を残すのみとなりました。

中島裕翔さん演じる元高校教師の正樹(まさき)と、吉川愛さん演じる生徒の冴(さえ)の純愛と周囲とのドロドロ関係を描いたドラマとしてかなり話題の作品となっていますね。

5年の時を経て、二人はようやくお互いの気持ちを確かめ合い、良い感じになるかと思いきや2022年9月8日放送の第9話ラストで驚きの展開がありました!

正樹のかつての同僚教師・加賀美(かがみ)から怪しげな手紙が届いたのです(・_・;)

眞島秀和さん演じる加賀美は、ある理由から服役しているのですが、その手紙の目的は何なのでしょうか?

冴のシェアハウスの住人・はるとは加賀美の息子で復讐が目的では?と予想する声もあるみたいです。

今回は「純愛ディソナンス」の加賀美についてネタバレ紹介し、第9話の手紙の意味についても考察してみました。

目次

追記!純愛ディソナンス加賀美の衝撃のネタバレが判明!

加賀美の驚きのネタバレが判明しました!

なんと・・・小坂(筧美和子)を殺したのは、加賀美ではなく、息子のはると。

自分の家庭を壊した小坂のことを恨んで、学校の階段かた突き落として殺害。

息子の犯行を知り、はるとをかばって、自分が殺したと自供した加賀美。

はるとは、加賀美が逮捕されたせいで、更に傷ついた母親が自殺したことで、加賀美を追い詰めた正樹と、正樹と関係していた冴に復讐しようとして、シェアハウスに入り込み、様々な工作をしていたのでした。

なんと小坂先生を殺害したのは加賀美ではなく、息子のはるとで、はるとをかばって、自分が殺害したと犯行を自供して逮捕されたことが判明しました。

純愛ディソナンス加賀美のネタバレ!正樹の元同僚教師で殺人を犯した!

純愛ディソナンス【はると】は何者?ハーミット説や弁護士の意味など考察

「純愛ディソナンス」は、音楽教師・新田正樹(中島裕翔)と女子生徒の和泉冴(吉川愛)との禁断の恋を描いたドロドロエンターテイメントです。

教師と生徒の関係で二人の恋は実らずに5年後、周囲の人々を巻き込んでいきながらも、正樹と冴はお互いの気持ちを確かめ合い、再び惹かれあっていきました。

すれ違いで喧嘩することもありながら、二人の関係は順調に進み始めたかに思えたのですが・・・

第9話ラストで正樹のもとに服役中の加賀美理(眞島秀和)から手紙が届いたのです!

その手紙にはこう書かれていました。

「すぐそばに禍が迫っている。過去からは、逃げられない」

禍(わざわい)って何?加賀美は何か復讐をしようとしているのでしょうか?

途中から「純愛ディソナンス」を見始めた方には、加賀美って誰って感じかもしれません(^^;)

ここで眞島秀和さんが演じる加賀美について振り返っておきましょう!

加賀美は5年前、教師になった正樹に優しく接してくれた同僚の社会科教師です。

2年3組の担任教師でもあり、副担任は小坂由希乃(筧美和子)という女性教師。

しかし小坂は、元恋人の弟でもある正樹にあとを託して姿を消してしまいました。

その後、小坂の遺体発見されるのですが、殺した犯人は加賀美だったのです!!

二人は不倫関係にあり、別れのもつれから殺害してしまった加賀美。

正樹と冴はその真相を知り、学校の屋上から飛び降りようとする加賀美を止めようとしました。

妻子がいながらも小坂と不倫関係になってしまったことを語る加賀美に「じゃあ死ねば?」と言う正樹。

するとそこにパトカーがやってきて、観念したかのように加賀美は「すまない」と言います。

正樹が「それはどういう言う意味ですか?自分が死なずにホッとしているんじゃないですか?」と返すと、加賀美は一言こう言いました。

「君も他人事(ひとごと)じゃないよ」

そして加賀美は警察に連行されていったという展開でした。

個人的には、もう少し小坂を殺した犯人は引っ張るのかなと思ったのですが、第3話で真相が明らかになったのはちょっと意外でしたね。

それから5年後が描かれて、もう加賀美は登場することもないと思っていたのですが、第9話ラストでの驚きの再登場!

9月15日放送の第10話では、正樹は服役している加賀美に会いに行くことも公式のあらすじから分かっています。

正樹(中島裕翔)のもとに、服役中の元同僚・加賀美(眞島秀和)から手紙が届いた。手紙には「すぐそばに禍が迫っている。過去からは、逃れられない」と書かれていた。加賀美と接見した正樹は、手紙の言葉の意味を尋ねた。加賀美はそれには答えず、愛菜美(比嘉愛未)との結婚や、現在、正樹が冴(吉川愛)と交際していることに触れ、「あの時、俺が言った通りになったな」と告げる。

引用元:公式サイト

果たして加賀美が正樹に手紙を送った目的は何なのでしょうか?

私は、冴のシェアハウスの住人が加賀美と関係があるのではと睨んでいます!

以降でツイッターの声も踏まえて予想考察していきます。

純愛ディソナンス加賀美のネタバレ考察①はるとは息子で復讐が目的?

【純愛ディソナンス】音楽のピアノ曲が最愛と同じで話題!

加賀美は5年前に逮捕された逆恨みから正樹に復讐しようとしている。

そのために暗躍しているのが、加賀美の息子と予想する声が多いんですよね。

その息子とは、冴のシェアハウスに住んでいる藤原大祐さん演じる村上晴翔(むらかみはると)です。

19歳の今どきの若者で、園田莉子(畑芽育)とともに、冴の恋の行方を見守っているのですが・・・

冴の毒親(富田靖子)を勝手にシェアハウスに入れてしまうなど、結構トラブルメーカーなんですよね(^^;)

さらに第8話では、冴に片思いを続ける慎太郎(髙橋優斗)に意味深な言葉を投げかけていました。

「ここで過ごした数年なんて好きな人と過ごす一日にも値しないんだよ。恋愛するとみんな自分のエゴで動く。だから周りは傷つくし逆にこっちが傷ついても恨みっこなし。」

19歳の男の子にしては、何か達観したかのようなセリフでしたよね。

そして、晴翔が弁護士と会って、父親が縁を切ったと言っているようなシーンもありました。

加賀美が父親だとしたら、刑務所に入っているから弁護士を通じてやり取りしていることも腑に落ちます。

苗字が違いますが、それは母親の旧姓だから。

恋愛について慎太郎に語っていたセリフも、父親が不倫の果てに相手を殺したことを踏まえてだったらなんか納得ですよね。

そんな父親だったら晴翔は恨みに思っていそうですが・・・

おそらく父親のことは不倫をしていたとしても大好きで、そんな父親の罪を暴いた正樹や冴のことを逆恨みしてシェアハウスに現れたのではないでしょうか?

純愛ディソナンス加賀美のネタバレ考察②息子の暴走を手紙で警告している?

純愛ディソナンス村上はると役は藤原大祐!出演作品は?

そして加賀美の手紙にはこんな考察意見もあります。

加賀美自身は復讐のつもりは毛頭ないのかもしれません。

しかし息子が逆恨みしていることを察知して、その危機を知らせようとあのような意味深な手紙を書いた可能性はありそうです。

加賀美は弁護士を通じて晴翔に親子の縁を切ったと伝えているのだとしたら、二人が結託して復讐しようとしているとは考えにくい状況。

加賀美としては、息子の暴走を止めたいと思っているのではないでしょうか?

そして、なんだかんだで正樹に自分と同じような道を歩んでほしくない。

恋愛のもつれから相手を殺した加賀美は、自らの行為を深く後悔していると私は思うんですよね。

おそらく加賀美は正樹に警告のような形で手紙を送り、これ以上悲劇が起きることを阻止したいと考えているのだと予想します!

 

純愛ディソナンス加賀美のネタバレ考察まとめ

純愛ディソナンス最終回ネタバレ予想は冴が死亡?殺される衝撃のラスト?

今回は「純愛ディソナンス」の加賀美についてネタバレ紹介しました。

加賀美が正樹に手紙を送った理由は、自分の息子が逆恨みして復讐しようとしていることを警告するためではないでしょうか?

その息子とは、冴のシェアハウスの住人の晴翔です!

晴翔の父親の存在もすでに物語の中で語られているので、おそらく加賀美と晴翔は親子だと思うんですよね。

9月15日放送の第10話で、加賀美と晴翔の関係は明らかになるでしょうか?

最終回に向けて怒涛の展開が続く「純愛ディソナンス」を是非皆さん最後までお楽しみくださいね(^^♪

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる