義母と娘のブルース娘役の子役は横溝菜帆!兄こまなど出演作品は?

7月10日に放送が始まるTBS火曜ドラマ「義母と娘のブルース」は、綾瀬はるかさん主演のドラマです。

このドラマはバツイチ子持ちの男性、宮本良一(竹野内豊)が岩本亜希子(綾瀬はるか)に結婚を申し込み、亜希子が義母となり、一生懸命、良一の娘のために奮闘するハートフルなストーリーな物語です。

竹野内豊さん演じる良一の娘、みゆきを演じるのが横溝菜帆(よこみぞ なほ)さんです。

今回の記事では、子役の横溝菜帆さんのプロフィールや経歴、過去の出演作品をまとめました。

 

 

目次

横溝菜帆のプロフィールとは?

[https://dorama-netabare.com/archives/37489]

現在、年齢が10歳の横溝菜帆さんのプロフィールを調べました。

名前:横溝 菜帆(よこみぞ なほ)

生年月日:2008年3月27日(10歳)

出身地:神奈川県

身長:125.0cm

趣味・特技:フラダンス

引用元:https://www.theatre.co.jp/talent/4aa7b33073d792f19b750afebb5a7c1c

 

身長125cm??超小さい〜〜!!めっちゃ可愛い!!

それもその小ささで、フラダンス踊るの???めちゃくちゃ可愛いんですけど!!

菜帆ちゃんが踊るフラダンス、見てみたいですね。

どういう経緯で芸能界に入ったのかは情報としてありませんでした。

菜帆ちゃんが所属する事務所、テアトルアカデミーは子役が多く所属しています。

所属タレントは菜帆ちゃんの他に、鈴木福くんや谷花音ちゃんがいます。

 

横溝菜帆の過去の出演作品とは?

 

 

まだ10歳の横溝菜帆さんですが、これまで多くの作品に出演されています。

ここでは、横溝菜帆さんが出演されてきた作品を紹介します。

【映画】

2017年『兄に愛されすぎて困っています』橘せとか(幼少期)役
2014年『魔女の宅急便』キキ(幼少期)役
2013年『桜、ふたたびの加奈子』野口夏月役

【ドラマ】

2018年 テレビ東京『特命刑事カクホの女』第5・6話
2017年 日本テレビ『今からあなたを脅迫します』第6・7話/北条愛梨役
2017年 NHK『植木等とのぼせもん』植木ひとみ役
2017年 TBS『オバチャン保険調査員 赤宮楓のマル秘事件簿』忍(幼少期)役
2017年 テレビ朝日『京都南署鑑識ファイル11』美羽(幼少期)役
2017年 フジテレビ『世にも奇妙な物語 ’17春の特別編『一本足りない』』綾子(幼少期)役
2017年 日本テレビ『兄に愛されすぎて困っています』橘せとか(幼少期)役
2016年 フジテレビ『リテイク 時をかける想い』柳井波瑠役
2016年 フジテレビ『キャリア ~掟破りの警察署長~』南めぐみ(幼少期)役
2016年 日本テレビ『時をかける少女』未羽(幼少期)役
2016年 TBS『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』入江千花役
2016年 NHK『精霊の守り人』バルサ(幼少期)役
2015年 TBS『37.5℃の涙』第7話/安西香蓮役
2015年 テレビ朝日『アイムホーム』野沢すばる(幼少期)役
2015年 WOWOW『天使のナイフ』桧山愛実役
2014年 フジテレビ『信長協奏曲-ノブナガコンツェルト-』第10・11話/初役
2014年 NTV『マジすか学園4』第1話/さくら(幼少期)役
2014年 フジテレビ『若者たち』新城寿々役
2014年 テレビ朝日『死神くん』第8話/麗香役
2013年 テレビ朝日『ゆりちかへ ママからの伝言』小山田柚莉亜(幼少期)役
2012年 NHK『平清盛』滋子(幼少期)役

引用元:https://www.theatre.co.jp/talent/4aa7b33073d792f19b750afebb5a7c1c

ドラマ、映画ともに出演したのは『兄に愛されすぎて困っています』です。

通称「兄こま」では、主演の土屋太鳳さん演じる「橘せとか」の幼少期を演じました。

せとかの回想シーンで出演されていましたね。

幼少期から振られたことしかないというドラマ冒頭の回想シーンでは、こんなに可愛い子を振る男の子がいるの??と思ってしまいました。

ドラマ『信長協奏曲-ノブナガコンツェルト-』では、小栗旬さん演じる信長の姪・「初」を演じました。

2016年に放送されたドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』では、藤木直人さん演じる十倉誠司と長谷川京子さん演じる入江千波夫婦の娘役を演じました。

美男美女の夫婦の娘役にピッタリでしたね。

 

横溝菜帆さん演じる宮本みゆきとは?

[blogcard url=” https://dorama-netabare.com/archives/13051″]

7月10日に放送が始まる「義母と娘のブルース」では、横溝菜帆さんは、シングルファザーの娘役・「宮本みゆき」を演じます。

横溝菜帆さんが演じる「宮本みゆき」とはどんな人物なのでしょうか。

みゆきは、数年前に母親を亡くし、父である良一(竹野内豊)が一人で育ててきた。

そんなみゆきの前に現れた、父親の恋人である亜希子との初対面では「私、この人嫌い」とはっきりと物を言ったり、父親対して、睨みきをきかしたりと、物事がはっきりしている子どもです。

参照元:http://www.tbs.co.jp/gibomusu_blues/story/

同ドラマの主演は綾瀬はるかさんですが、菜帆ちゃんの役もかなり重要な役ですよね。

この重要な「宮本みゆき」役に大抜擢された菜帆ちゃんは、総勢277人による、6度にわたるオーディションで選ばれたそうです。

凄いですよね!総勢277人!!6回のオーディション!!

これを勝ち抜いてきたんですね。菜帆ちゃん凄いなぁ〜。

 

まとめ

[blogcard url=” https://dorama-netabare.com/archives/23206″]

さぁ!7月からいろいろな新ドラマが始まりすが、「義母と娘のブルース」では、新たな子役スターが生まれる予感ですね!!!

いや〜、横溝菜帆さんの演技が本当に楽しみですね。

綾瀬はるかさんとの絡み、竹野内豊さんとの親子役、早くみた〜い!!

火曜10時は、菜帆ちゃんに癒されること間違いなしですね!!

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる