黒井戸殺しの感想と評判は面白いしラストの大泉洋の演技に鳥肌?!原作に忠実?

アガサクリスティの有名すぎる原作小説「アクロイド殺し」のドラマ化「黒井戸殺し」が4月14日放送されました!

脚本家の三谷幸喜さんが「アクロイド殺し」をどう料理してくれるのか、楽しみなファンも多いと思います♪

今回はドラマ「黒井戸殺し」のみんなの感想とツイッターの評判などまとめていきます。

ネタバレもばっちりしていますので、閲覧注意です!

今すぐFODで黒井戸殺し動画を無料視聴する人はこちら

▼今なら「黒井戸殺し」を1ヶ月完全無料で視聴できます▼

※紹介している情報は2018年4月15日時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

是非この機会にご登録ください♪

 

スポンサーリンク

 

原作に忠実?知ってる人も知らない人も楽しめる??

あまりにも有名なアガサクリスティの原作なだけに、原作の内容を知っている人も多数。そして原作を知らない人も。

以下、ツイッターでも原作について話題です。

思ったより原作に忠実。良いなー。

 

だんだん犯人、っていうか、原作思い出してきた。そのとおりだったら、もう見てなくてもいいかなー。

 

原作の『アクロイド殺し』と殺人発覚後の流れが同じだから、今夜のドラマ『黒井戸殺し』も犯人は原作通りそうだ。 犯人役の人がどんな演技をするのか楽しみ(*^ω^*) かなりレアな配役だと思う! っていうか藤井隆さん今回も素敵❤︎

 

原作がしっかりしていて、脚本家が確実なドラマ。
#黒井戸殺し
安心して観れます!!

 

原作以上にキャロライン姉さん弾けてて斉藤由貴さん最高かよ

 

原作の『アクロイド殺し』を読んでいて結末を知っていても関係なく面白い!犯人は誰や誰やと周りがうるさい(`ω´)

 

黒井戸殺し見てます。原作読んでるので犯人わかってるけど、わかったなりの面白さあるな〜 ミステリ読むときは謎解きしないで適当にこの人怪しそうだな程度で読むんだけど、アクロイド殺しはまさかのドンピシャで当たってしまって悲しかった(驚きたいタイプ)

 

作りが原作に忠実過ぎて、あちこちの謎の解やアレンジの妙を言いたくて言えないTwitter。むしろ知らない人の方が活発にツイートできる気がする。ジレンマ。

 

三谷幸喜が現在最も信頼できる役者を全員集めて原作を楽しみながらアレンジしてる感がすごい。

 

黒井戸殺しめっちゃ面白い〜〜(*´ω`*) 原作未読で犯人しか知らないのでとても新鮮な気持ちで見ている(*´ω`*)

 

原作読んでて結末知ってるから、話が進むにつれてドキドキしてきた

原作に忠実と、原作ファンからも評判です。

人気小説が原作の場合、あまりにも変えてしまうと、ファンから批判意見が殺到するのですが、今回はかなり満足度高いようです。

もちろん、原作を知らない人も引き込まれてしまう、ストーリーと登場人物たち。

さすが三谷幸喜脚本です。

 

黒井戸殺しは原作と違う国だけど違和感なし?横溝風?

 

スポンサーリンク

 

 

『黒井戸殺し』、巧みに日本の時代小説的に落とし込まれてて、相変わらず感心する。 あと、名前のパロディ具合が面白すぎる。

 

原作にきっちり忠実なのに、ちゃんと日本の話になってるし、原作にない笑いまでふりかけてある。うまいなあ。

 

そして原作に忠実なのに日本が舞台で無理がない三谷さんの脚本すごい 昭和27年っていう時代設定がいいのかな

 

黒井戸殺しのなにが凄いって舞台を日本にしてるのに原作を壊していないとこだよね

 

やはり三谷さんの脚本面白い!舞台が日本になっても無理が無いもの。
あとキャストさん達が #真田丸 を思い出せて嬉しさを隠せない✨

 

日本版のこの古さ加減は横溝正史の世界と勘違いする
前回はオリエント急行内だったからそこまで感じなかったけど

 

外国作品を適度に日本風に変えてるの楽しくていいなー 全員が日本役者さんでも無理が出ないし、なにより楽しい。

 

「黒井戸殺し」、日本を舞台にして時代設定変えると、三谷作品なのに横溝ミステリーの空気感が漂うから不思議。だけど三谷脚本だから端々に「らしさ」があって楽しい。

もちろんアガサクリスティなので、国も違うし、時代背景もいつ??って感じなのに、違和感なく楽しめる三谷脚本を絶賛する声が本当に多いです。

確かにツイートにもある通り金田一耕介の横溝正史の世界感になっていて、見ていて本当に面白いです。

原作に忠実に表現していて、かつ国も変えているのに違和感ないって、本当に素晴らしいと思います。

 

ラストの犯人と大泉洋に鳥肌?

原作を知っていたのですが、それでもやっぱりラストはゾクっとしました。

まあ、ツイート見てみましょう。

野村萬斎さんの演技が独特で見てたんだけども、最後の大泉洋さんの顔の変化に鳥肌が立ちまして…。ナックスの時の感じとは違う、表情というか空気感というかその感じに胸が苦しくなりました。 ずるいなー全部持ってかれた。

 

黒井戸殺しが面白かったからよく眠れそう 探偵が犯人に自殺促すとかほんまゾクッとしたわー

 

ァァァァァァァァァァァァァァ黒井戸殺し見終わった辛すぎだよおおおおおおおお何となくそうじゃないかなとは思ってたけどおおおおおおおお辛いよおおおおおおおおしばせんせぇぇぇぇぇぇぇぇぇ

 

黒井戸殺し、見応えあったなぁ 真犯人のところで鳥肌立った

 

ラジオも聴きつつ、黒井戸殺しも見てたけど、最後のお二人のシーンはよかったなぁ。。原作でのあのシーンを見せずに勝呂さんの険しい表情で終わらせる。これでよかったんだと思う。大泉さんの細かい表情の演技に参った(素晴らしい👏)

 

黒井戸殺し観直しなう! 結末知った後観るのは全然違う〜凄い!!!

 

原作を読んでなくて本当に良かった!と心から思えた。心から驚いて、心から哀しんだ。話の展開にも大泉さんの演技にも。

 

原作読んでないから、最後の勝呂と柴医師のシーンに心を持ってかれました。 お姉さんが病気で亡くなってから自首してもいいんじゃないかと思ってしまいました。

 

原作も読んでたし、話の展開はわかっていたんだけど、萬斎さんと大泉氏の演技の凄まじさに飲まれた。 口に出さない心の葛藤や苦悩を表情や醸し出す雰囲気で伝える。 脇を固めた皆さんももちろんすばらしかったが、今日は2人の演技に最高の拍手を!

 

黒井戸殺しおもろかった……三谷さん流石やしアガサ・クリスティーやっぱすごい。キャストさんの演技もめっちゃ良かった…。最後の野村萬斎の表情がめちゃくちゃ良すぎてあそこだけで白ご飯3杯はいける(無理)

 

黒井戸殺しめっちゃよかった 真相にたどり着いた瞬間の柴先生の目 光を無くしたあの目 俳優大泉洋の魅力はギャップなんすよ そういや私が彼に嵌ったのも三谷作品からだった… 三谷さんありがとうの会…

ラストの犯人はずっと勝呂探偵と一緒に事件を追っていた助手で、最後は探偵が犯人に自殺を促すという衝撃の展開で原作通り。

最後の大泉洋さんと野村萬斎さんの表情の演技にゾクっとしました。

原作を知らなかった人は、かなりびっくりしたラストに衝撃だったと思います。

 

黒井戸殺しは総合して面白かった?

 

スポンサーリンク

 

では、黒井戸殺し、感想はどうだったのでしょうか?

以下、ツイートです。

「黒井戸殺し」 最高かよ! どんでん返し感は、 相棒を思い出した! 見なかった人がいるなら、 ぜひとも!!見て!!!

 

黒井戸殺しを見終わったあとだとなおさらよく解るけど、三谷さんのキャスティングが本当に上手いなぁ。真相が空かされて行く間の犯人役の俳優さんの表情の変化が絶妙だし、最後に思わず同情する。あと、複線の張り方と回収の仕方が天才だと思った。

 

「黒井戸殺し」見終えた。 これは、おもしろいわ。 テレ朝のクリスティ原作ドラマは個人的にどうにも消化不良だったけど、これは見事に成立してる。脚本、役者、演出、いずれも良かった。

 

三谷幸喜脚本で面白いと思えたの久しぶり 脚本も良かったけど更に光ってたのがキャストの演技。大泉洋さんと野村萬斎さんの演技が良すぎた。

 

面白かった。最後の最後でまさか…と。出てくる人物みな怪しく、少しずつ嘘をついていて、見応えがあった! アガサ・クリスティ作品はあまり親しんでなかったのだけど、読んでみた方がいいかな。

 

今回のドラマで特に印象深いのは二人の演技。大泉洋さんと斉藤由貴さん。見事でした。

 

三谷幸喜脚本のアガサ・クリスティドラマ、きっと時間とお金と手間がかかるんだろうけど半年に1回か1年に1回はやってほしい…

三谷脚本のクオリティと、キャスティングを絶賛する声多数でした。

キャストは最初から豪華だなーーと思っていたけれど、大泉さんや、久々の登場の斉藤由貴さんの演技も相変わらず上手いな~と思いました。

少し前にやったテレビ朝日のアガサクリスティの2夜連続ドラマスペシャルは実は酷評がかなりあったのですが、今回は、その逆で絶賛の声が多数。

改めて三谷さんの実力を認識した面白い見ごたえのあるドラマでした。

こちらのドラマ、見逃した方は今なら(4月15日現在)FODに初回登録すると1ヶ月無料視聴できるので、是非是非その目で大泉さんの衝撃のラスト見てください!

今すぐFODで黒井戸殺し動画を無料視聴する人はこちら

▼今なら「黒井戸殺し」を1ヶ月完全無料で視聴できます▼

※紹介している情報は2018年4月15日時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

是非この機会にご登録ください♪


スポンサーリンク

4 件のコメント

  • 萬斎さんの演技はさることながら、大泉さん凄すぎる。ラストにつれての、不安と切なさの混じりあった表情、やられました。
    斉藤由貴さんの最後の台詞「今日は久しぶりにカレーよ。」犯人の弟を、包み込むような切なさ、涙です。

  • >「今日は久しぶりにカレーよ。」
    ・・・むしろこのセリフが悲しくて切なくて、
    前の日に味噌で代用とは言えカレー作ったってのに
    それすら忘れてしまう。記憶障害と脳障害での余命半年の命
    そんな姉を残して、これから自殺しなければいけない大泉の切なさ

    このシーンだけではなく斉藤由貴さんの抜けてるシーンが多々あったが
    それ全部が記憶障害のためであり余命半年を切実に感じさせるシーンに
    ガラッと変わってしまう・・・三谷のセンスがすごいし大泉さんも完璧だった

    • そうなんです。何気ないシーン全てに意味があり、それが最後にジグゾーパズルのようにぴたりと収まる。それがアガサクリスティーの探偵小説の魅力ですが、それを生かしつつ違和感なく料理した三谷氏は凄い。野村さんはアレが持ち味だし、ポアロも映画の中であんな感じで描かれるので、ちょっと変な探偵ということでよろしいのでは。ビデオに取って見たけど面白く、妻にも見せたいと、消さずにそのままにしてます。

  • クリスティのファンが 見たいものを まさに!提供してくれた!配役も背景、室内のようすまで、丁寧にこだわってくれて 大満足でした!三谷さんも 絶対クリスティファンですよね!これをきっかけに→若い人たちに アガサクリスティを読んでほしい もはや古典?アクロイド殺しも 原作を知ると さらに 楽しめます!代表作だけでも。ナイル、オリエント急行、カーテン おすすめのポアロ作品

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です