ドラマ大好き人間によるキャスト、あらすじ、感想、見逃し動画配信情報などのネタバレ情報

  1. トレース~科捜研の男~

トレース最終回最後千原ジュニアが目を覚ましたから続編あり?

衝撃の最終回を迎えたフジテレビの月9ドラマ「トレース 科捜研の男。」

そんな最終回のラストでラスボスで黒幕だった千原ジュニアさん演じる刑事部長の壇が目を覚ましたシーンが話題です。

最後は、意識不明のまま、目を覚まさないと言う状況だったのに、超怖いシーンに、もしかして続編あるパターンと話題でした。

今回はドラマ「トレース」最終回のラストシーンの千原ジュニアさんの最後に目を覚ましてシーンの反響と続編はあるのか?について考察していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

トレース最終回でわかった犯人と衝撃の真相とは?

トレース最終回終わり方が胸糞悪いし悲惨すぎて救いがない

『武蔵野一家殺人事件』の真相を追う真野(錦戸 亮)は、早川(萩原聖人)とともに食品会社社長の佐保(袴田吉彦)に会いに行った。ところが佐保は、ボイラー室のガス爆発に巻き込まれて死んでしまう。佐保は、不審死を遂げたホームレスの新妻(伊藤高史)と同じく早川の教え子のひとりであり、真野の兄・義一(倉悠貴)をいじめていた主犯格でもあった。

科捜研に戻った真野は、虎丸(船越英一郎)を交え、ノンナ(新木優子)と海塚(小雪)にこれまでの経緯を話す。真野は、『武蔵野一家殺人事件』の証拠品だった軍手に残されていた身元不明のDNA型と、妊娠していた姉・仁美(夏子)の胎児の絨毛のDNA型を鑑定し、その2つに親子関係が認められることを突き止めていた。つまり、仁美を妊娠させた相手が、真野の家族を殺した犯人である可能性が高いのだ。そこで真野は、佐保の心臓血のDNA型を調べたが、親子鑑定の結果は不一致だった。

佐保が死亡したボイラー室に臨場した真野は、ガスの元栓部分に付着した手袋の皮革を発見する。その持ち主と思われる人物の皮膚片から採取したDNA型は、『武蔵野一家殺人事件』の軍手のDNA型と一致していた。新妻の事件同様、佐保の事件にも捜査の打ち切り命令が出た中、仁美の交際関係をもう一度洗い直す真野たち。そこで得た証言を基にさらに調べていくと衝撃の名前が浮かび上がる…。

そんな折、科捜研に刑事部長の壇(千原ジュニア)が突然視察に訪れ…。

以降で、犯人と真相をまとめてあります!

壇(千原ジュニア)が突然視察に訪れ、DNAを採取して、真野に渡します。そう・・・父親かどうか調べてみろよ!と言わんばかりに。

そして、なんと壇(千原ジュニア)は父親ではありませんでした。

しかし、喫茶店での早川(萩原聖人)との会話から、早川が怪しいと気付き、早川のDNAを入手して、調べたところ・・・なんと姉の仁美のお腹の子の父親だったんです。

まあ・・・多くの人が早川(萩原聖人)怪しいと思っていましたよね。

そんな中、早川は行方不明。

壇は父親ではなかったものの、怪しいと思っていた真野(錦戸 亮)は壇に接触。

ナイフで脅し、強引に2人きりになります。

そして壇は、楽しそうに事件の真相を話し始めます。

そもそも、壇は真野の兄・義一(倉悠貴)を始めて見かけた時、義一の笑顔を義一のことが頭から離れなくなり、寝ても覚めても義一のことばかり考え、あの笑顔をふにみじってやりたい、苦痛に歪む顔を見てみたいと思った。

そう・・・壇は超ド変態野郎。この衝動を抑えきれなくなり、義一と同じ高校に通う新妻と左保の犯罪行為を父親によってもみ消してやるという条件で、2人に義一をいじめるように要求。

2人は、義一を執拗にいじめます。

義一がいじめられている動画を見て、快感を覚えていたのでした。

そして・・・義一はとうとう学校に来なくなります。

ここで終われば良かったのですが、ある日、仁美が壇に会いにきます。

どういう目的?兄へのイジメを辞めるようにお願い??と思ったら違っていました。

仁美は早川と不倫していて、妊娠した途端捨てられた。

その捨てられた腹いせに仁美は、早川のことを兄と同じようにイジメてくれと言ったのでした。

仁美・・・そう、真野の姉はクズ女だったんです。

「兄のことなんてどうでもよい。復讐に早川をボロボロにして欲しい」と言う姉。面白いと思った壇は、2人にいじめを依頼。

2人は兄の義一と同じように、早川をイジメて追い詰めます。

そんな早川に仁美が、早川をいじめるように、依頼した動画を見せ「このままだと追い詰められて大変なことになる。殺したらよい」と仁美を殺すことをすすめます。

イジメを受けておかしくなっていた早川は壇にそそのかれて、仁美の自宅を訪ねて、仁美を包丁で殺害。

正気でなくなっていた早川は帰宅した両親も刺殺しました。

そして現場に駆け付けた壇と新妻と佐保。

壇は楽しそうに「義一くんに罪をかぶってしまいましょう」と言い、2階にいた義一をリビングに呼び家族の死体を見せます。

「御願いだから死んで罪をかぶってくれ。生きている価値がないでしょ」と言う壇。

しかし、もちろん断る義一に壇は「自殺しないと弟(真野)を殺す。」と言いいます。仕方なく義一は遺書を自分で作成。

その後、義一は新妻と左保に殺害されて、全ての罪を押し付けられたのでした。

すごい真相(>_<)

救いがないし、姉もクズだったし。

全ての真相は、明かされることがないと大笑いする壇でしたが、行方不明だった早川が現れて壇を刺します。

壇は死ななかったものの、意識が回復することない状態になりました。

ツイートでも多く言われていたのですが、最終回の1話で多くの真相を詰めこみすぎて、全部理解できなかった人もいたようです。

面白い真相と内容だったので、じっくり2話くらいに渡って描いても良かったのでは??と思いました。

全ての黒幕だった、異常者でサイコパスの壇(千原ジュニア)は、最終的に早川に刺されて、意識が回復することのない状態に。

そして、最終回のラストは、病室のベッドに横たわる壇(千原ジュニア)が目を開けたシーンで終了だったんです。

怖いし・・・ホラーだし、超気持ち悪い。

ってか、千原ジュニアさんの怖い演技、ある意味本当に最高でした^^;

でもでも、えーーーこれがエンディング!?どういう意味?と意味深なラストにびっくり。何か後に続きそうな終わり方に感じました。

これって、もしかして、続編があるっていうこと??生き返ったの!?話題のラストシーンでした。

 

トレース最終回の最後に千原ジュニアが生き返って続編あり?

 

スポンサーリンク

 

そんな最後の終わり方にツイッター反響です。

 

やはり、最後の目を覚ましたところで、終わったシーンが「怖い」「ホラー」「生きててびっくり!?」と言う意見が多かったのですが「生き返ったんだから、続編あるよね!?」と言う続編を期待する声も多かったです。

個人的には、このドラマは真野の幼少期の殺人事件が徐々に明かされていくのが、重要な要素だったので、続編あるのかな??とちょっと疑問です。

でも明らかに、これから何か起こるだろう終わり方の意味とは??と考えてしまいますね。

映画化でジュニア千原さんとの最後の対決を描く!?とかもアリな気がします。それだけ、千原ジュニアさんの変態キャラ演技最高でした。怖いもの見たさで、スクリーンで見たい気もします(笑)

また、もちろん1話完結の事件ものも見ごたえがあって、面白かったので、新たな千原ジュニアさんの展開が面白く描かれれば、シーズン2の可能性はゼロではないと思いました

トレース~科捜研の男~の最近記事

  1. トレース最終回最後千原ジュニアが目を覚ましたから続編あり?

  2. トレース最終回終わり方が胸糞悪いし悲惨すぎて救いがない

  3. トレース最終回動画を無料視聴!見逃し公式【3月18日】月9                …

  4. トレース10話動画を無料視聴!見逃し公式【3月11日】月9

  5. トレース佐保優作【袴田吉彦】は真犯人?原作ネタバレ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

朝ドラまんぷくおすすめ記事

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

いだてん 東京オリムピック噺【大河ドラマ】

アーカイブ

カテゴリ

PAGE TOP