義母と娘のブルース最終回は微妙?終わり方が意味不明でオチにモヤモヤ?

惜しまれつつ、最終回を迎えてしまったTBSの人気火曜ドラマ「ぎぼむす」こと「義母と娘のブルース」。

冒頭から感動の連続で、涙した人も多く好評だったのですが、最終回のラストの大事なオチが、終わり方が「意味がわからない」

「意味不明でモヤモヤする!!」「正直・・・微妙」と話題です。

最後は「新幹線チケット」が出てきて「奇跡」と亜希子がつぶやくシーンで終わっているのですが、最後のオチのシーンと視聴者の反響をまとめてみました。

 

 

目次

義母と娘のブルース最終回のオチの終わり方とは?

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/42737″]

良一の元上司の笠原から誘われた「経営コンサルティングファーム」での仕事で亜希子が大阪に行くことになります。

亜希子の手腕を買われた引き抜きです。

一方、みゆきは麦田ベーカリーで働くことになり、2人は切ないお別れ。

お互いの気持ちをさらけ出し、ぶつけ合った後の感動のお別れのシーンからの・・・過去の回想シーンがありの・・・。

ここで号泣する人続出だったと思います。

しかーし、なぜかみゆきが部屋に戻ると、大阪に向かったはずの亜希子がいました。

さっき、お別れしたばっかりなのに、びっくりするみゆき。

亜希子は「申し訳ございませんが、みゆきのバックを見せていただけないでしょうか?」

「チケットが見当たらないのです!」と部屋で新幹線のチケットを捜索。

そしてみゆきが本の間に挟まっているチケットを発見!

2人で新幹線のチケットの内容を確認すると・・・

以下はチケット画像なのですが・・・

 

「東京ー東京」と東京発東京行きの新幹線チケットが!?

????

亜希子が「奇跡」とつぶやき、みゆきがにっこりほほ笑む。

これで、終了!

えーーーー涙が乾いてしまいました。

どういう意味?ってか意味があるの?それとも意味はない??

終わり方が微妙では(^_^;)そう思った人は私だけではなかったようです。

 

義母と娘のブルース最終回のラストシーンは微妙でモヤモヤ?

 

 

そんな、不思議なラストシーンは賛否分かれてしまいました。

圧倒的に良い意見が多かったのですが、以下のような意見も少なくありませんでした。

 

 

 

 

 

最後の意味については、以下の記事にまとめてあります。

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/43269″]

 

最後、意味がわからないとか、モヤモヤしてしまった人が多かったようです。

あまりにも意味不明なので「続編に続く??」という意見も。

何も考えずに「面白いシーンを入れてきた」と考えた人はすっきり笑って終われたようですね。

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる