義母と娘のブルース最終回感想と評判!デコチューと亜希子とみゆきのラストが泣ける!

TBSの人気ドラマ「ぎぼむす」こと「義母と娘のブルース」が惜しまれつつ最終回を迎えました。

最後まで感動で泣いた人続出の9月18日放送の第10話最終回。

亜希子とみゆきのラストの反響はどうだったのでしょうか?

また佐藤健(さとうたける)さん演じる麦田のデコチューがすごい話題になっています!

そんなドラマ「義母と娘のブルース」のツイッターの感想と評判をまとめていきます。

 

 

目次

義母と娘のブルース最終回は最後まで泣ける!

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/42810″]

亜希子が自分のために、大阪に行くやりたい仕事を諦めたと思ったみゆきは、わざと次々と大学受験に落ちます。

その真意を知った亜希子はみゆきを腹を割って、自分の本音を話します。

みゆきも気持ちをぶつけ・・・最後は大阪に行く決意をした亜希子。

お別れだけど、ハッピーエンドにツイッター感動で泣く人続出でした。

 

 

 

 

 

 

 

ドラマ視聴者をボロボロ泣かせたドラマ「義母と娘のブルース」最終回。

しかも、最終回だけ見て泣くって(^_^;)

母親の亜希子も娘のみゆきも、どちらも気持ちもわかる!!!なので感情移入して泣けるんですね~。

 

佐藤健のラストのデコチューが大反響!

 

 

大阪に行く亜希子と麦田の最後の別れのシーン。

亜希子がお店を辞めづらいと思い「今日でクビっすよ」と言ってあげる麦田。

しかし同時に亜希子も退職願いを用意してきていて、最後だけ気が合う2人(笑)

まさかの麦田のおでこにキスシーン。

びっくりする亜希子に「退職金代わり」って意味不明な相変わらずの発言も麦田らしくてほっこりでした。

以下、ツイートです。

 

 

 

 

 

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/43269″]

そう、口でなくて、おでこっていうのが、このドラマっぽくて良いですよね♪

安心して家族で見れる(笑)

麦田の健気な想いとピュアな気持ちに最後までキュンとしました。

 

感動だけじゃない、小ネタや笑いも満載?

このドラマの良いところは、泣ける感動シーンだけでなくて、その中にもクスっと笑えるシーンや小ネタがあるんですね。

最終回もそうでした。

 

 

 

 

ラストシーンは賛否分かれていたようですが、普通に最後はお別れで泣いていた人の涙が止まったかもしれません(笑)

最後の意味については、以下にまとめてあります。

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/43269″]

 

義母と娘のブルース最終回は総合してどうだった!?

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/41038″]

では、ぎもむす最終回の感想まとめです。

 

 

 

 

 

 

個人的には原作を見ていたので(原作も本当に面白くて、素晴らしいので!)ドラマ版どうなってしまうのかな??と勝手に心配していたのですが、原作とは違った良さもあり、毎回結末や真相はわかっているのに、泣かされてしまいました。

キャスト陣の演技が素晴らしいのもあり、脚本も上手く原作を実写化してて、本当に良いドラマだったな~と思いました。

 

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる