警視庁アウトサイダー【蓮見光輔】ネタバレ正体と父親の冤罪事件とは?

2023年1月からスタートするテレビ朝日の木曜ドラマ「警視庁アウトサイダー(けいしちょうあうとさいだー)」。

主演は西島秀俊(にしじまひでとし)さんで、五十路を過ぎて本庁組織犯罪対策部から所轄に飛ばされた、元マル暴のオヤジ刑事・架川英児(かがわ・えいじ)を演じ、架川とタッグを組んで事件を解決していく、所轄のさわやかエース刑事・蓮見光輔(はすみ・こうすけ)を濱田岳さんが、2人の下につく新人刑事の水木直央(みずき・なお)を上白石萌歌さんが演じます。

主人公の相手役となる蓮見光輔(はすみ・こうすけ)ですが、決して明かせない大きな秘密・過去があることがわかっています。

原作小説通りだと、蓮見光輔の秘密・過去は、驚きの正体や真実が隠されています。

今回はドラマ「警視庁アウトサイダー」でエース刑事の蓮見光輔の秘密・過去・衝撃の正体について原作からネタバレをご紹介。

予告では「お前は誰だ??」と言われている蓮見ですが、その正体は何者なのか?蓮見の父親の冤罪事件とは?

ドラマの重要なネタバレになる可能性があるので、知りたくない人は閲覧注意です。

またドラマと小説のネタバレが異なる場合もあります。

目次

警視庁アウトサイダー【蓮見光輔】は何者?正体不明のエース刑事

警視庁アウトサイダーネタバレ!原作の犯人黒幕のあらすじを結末まで!

ドラマ「警視庁アウトサイダー」とは?

主人公の架川英児は、五十路を過ぎて本庁組織犯罪対策部から所轄に飛ばされた、元マル暴のオヤジ刑事。左遷の原因となったトラブルの真実を探るためにも組織犯罪対策部への返り咲きを強く望んでおり、上層部に手腕をアピールする必要性から、秘密を表沙汰にされたくない光輔と密約を交わし、タッグを組むことに。しかし、一連の謎を追ううち、自身が本庁を追われた原因があまりに深い闇につながっていることに気づいて…!?

 一方、英児とのタッグを受け入れる蓮見光輔は、周囲から非の打ち所がないと評される所轄のさわやかエース刑事。しかし、光輔は決して明かせない大きな秘密を抱えていて……。その秘密を察知した英児とやむなくコンビを組むこととなり、そこに新米刑事・直央も加わってトリオで捜査に臨むうち、3人の間には友情や愛情とは異なる、なんとも奇妙な絆が育まれていって…!? はたして、光輔がひた隠す、ヤバすぎる真実とは…!?

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/outsider/intro/

ドラマ「警視庁アウトサイダー」は、同名小説が原作です。

元マル暴のオヤジ刑事が刑事課に左遷されてきたところからスタート。

そんな元マル暴の架川英児が、タッグを組むのは、正反対のタイプである、正統派のエース刑事の蓮見光輔。

そしてそんな2人のタッグに、入ってくるのが新人刑事のやる気のない、事務職希望の水木直央。

この3人にはそれぞれ秘密や過去を抱えていて・・・というストーリーです。

メインの3人を演じるのは、西島秀俊さん、濱田岳さん、上白石萌歌さんと豪華すぎる顔ぶれです。

蓮見光輔とは?正体不明で秘密・過去を抱えたエース刑事

そして、今回大きな秘密を抱えていることがわかっている蓮見刑事の紹介です。

蓮見光輔(はすみ・こうすけ)

濱田岳

桜町中央署刑事課のエース。捜査力はもちろん、人あたりも柔らかく、まさに非の打ち所のない刑事。しかし、実は彼が刑事になった背景には誰にも言えない大きな秘密があり、本来の人格をひた隠すため、常に穏やかな笑みを携えていたのだ。そんな中、英児に秘密を感づかれ、彼の上層部への点数稼ぎに協力するという交換条件をのみ、いびつなタッグを組むことに…。
頭もキレ、冷静沈着で推察力も高い。刑事の基礎に忠実だが、土壇場で独特なひらめきを見せることが多く、そこは英児も一目置いている。英児と直央を操る、司令塔的な存在。

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/outsider/cast/

予告動画でも西島秀俊さんが「お前誰だ!」と言っていましたが、原作小説通りだとこのセリフを言われても仕方がない、程の衝撃の秘密・過去が隠されています。

蓮見とトリオになる架川英児と水木直央とは?

そんな蓮見とトリオになる?2人の紹介です。

架川英児とは?

架川英児(かがわ・えいじ)

西島秀俊

桜町中央署刑事課警部補。警視庁組織犯罪対策部、いわゆる“マル暴”の刑事だったが、あるトラブルに巻き込まれ、所轄の刑事課に左遷された。サングラスにダブルのスーツを着こなし、見た目は極道そのものなのに、血を見るのが苦手という意外な一面も。ときには組織のルールも破り、グレーな手段に出ることもあるが、元マル暴ならではの視点で事件解決のきっかけをつかんでいく。
反社会的勢力を許す気はないが、そこからはみ出した人間には更生の道も示すなど、実は人情に厚く、世話焼きな面もある。本部への復帰を強く望み、そのために光輔と手を組むが…!?

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/outsider/cast/

ある事件をきかっけにからマル暴から刑事課に異動させられた刑事で、マル暴に戻りたい!!架川。そんな架川が、蓮見の隠している秘密を見抜いてしまうのですが・・・その秘密を黙っている代わりに、マル暴に戻れるための点数稼ぎに協力させるという展開です。

水木直央とは?

水木直央(みずき・なお)

上白石萌歌

桜町中央署刑事課に応援配属された、新人刑事。幼少期に両親が離婚し、母と2人暮らし。実父は警視庁副総監だが、直央に独り立ちしてほしいという父の意向でその事実は周囲に伏せられている。警察官になったのは安定した公務員になりたかっただけで、もともとは事務職志望。そのため、刑事課の仕事はノリ気でなく、「能力以上の仕事をやらせるって、パワハラだと思うな~」などとズバズバ遠慮なしにモノをいう。裏表がなく、感情ダダ漏れで憎めないタイプ。英児や光輔と捜査に臨むうち、刑事としての使命が芽生え、自分なりに事件を突破するようになっていく。

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/outsider/cast/

事務職希望だった新人でしたが、なぜかバリバリの刑事課に配属されてしまう水木。水木が2人の下につくことになり、刑事としての考え方に変化が・・・という展開です。

そんなドラマ「警視庁アウトサイダー」でも肝になるだろう、蓮見の衝撃の秘密について、以降でネタバレしていきます。

警視庁アウトサイダー【蓮見光輔】正体のネタバレ原作!父親の冤罪事件とは?【閲覧注意】

警視庁アウトサイダー最終回ネタバレ結末!黒幕の冤罪捏造に迫る!

以降では、原作の重要なネタバレをしていくので閲覧注意です。

警視庁アウトサイダーの原作とは?

ドラマ「警視庁アウトサイダー」の原作は加藤実秋さんの同名小説で1~3まで発売されています。

1つの大きな事件が完結していて、更に続編の「警視庁アウトサイダー」the second actがスタートして「警視庁アウトサイダー」the second act1と2が出ているのですが、まだ継続中。

この5冊が原作となっているようです。

警視庁桜町中央署刑事課のエース刑事・蓮見光輔は、本庁の組織犯罪対策第四課から異動してきた架川英児とコンビを組むことに。風貌も言動もまるでヤクザの架川に桜町中央署のメンバーが困惑する中、所轄内で幼稚園児の息子を持つ主婦が殺害される事件が発生。ママ友のグループの聞き込みを開始する。架川は「あの佐々木ってのが組長で、江藤が若頭で……」とグループを分析、「抗争状態にある」別のママ友グループの存在を探り当てる。結果を出してマル暴に返り咲きたい架川の型破りな捜査手法に振り回される光輔だったが、協力して事件解決にあたるうちに少しずつ打ち解けていく。
しかしそんな中、架川は、知人である兵庫県警の刑事の情報で光輔が他人になりすましているという重大な秘密を知り、「ばらされたくなければ、今後も俺がマル暴に復帰するための点数稼ぎに協力しろ」と光輔に迫る。仕方なくこれを受け入れた光輔だったが、胸中では「あんたが俺を利用するなら、俺もあんたのマル暴人脈と経験を利用してやる」と決意。こうして、一つの秘密と二つの野望を抱えた凸凹刑事バディの捜査が始まった。

引用元:購入サイト

そして、この小説でも登場する蓮見の衝撃の秘密・過去です。

予告動画でも「お前誰だ??」と言われていた蓮見ですが・・・なんと蓮見は、蓮見ではないんです。

一体どういうことなのでしょうか??蓮見は蓮見ではなく、別人が蓮見に成りすましていたのでした。

蓮見光輔に、なりすました理由は、有罪判決を受けて服役中の父親の冤罪をはらすためでした。

蓮見の本名は「梶間直人(かじま・なおと)」。

父親の「梶間優人(かじま・ゆうと)」は元刑事で、皆から好かれるやさしい人望のある刑事でした。父親を尊敬していて憧れていた蓮見(直人)は刑事を目指していたのですが、ある日、父親が殺人事件の犯人として逮捕されてしまいます。

もちろん父親は犯行を行っていませんが、有罪判決が出て、服役。母親も心労がたたたのか?死亡してしまいます。

殺害を否定した父親ですが、父親が犯人であるという、全ての証拠が揃っていて有罪判決が出てしまい、服役。父親の罪状はホステス殺し。ホステス・歌川チカと不倫していて殺害した容疑でした。

もちろん不倫も否定していたものの、証人もいたのでした。母親は、父親が逮捕されて服役したことから、心労がたたり病死。その後、行方不明になった梶間直人。

その後、父親の梶間優人に助けれらたことから、恩人だと慕う刑事の羽村琢己(福士誠治)に協力してもらい、蓮見に成りすまして、父親の冤罪を証明するために、10年前に起きた殺人事件の謎を追っていたのでした。

その後、蓮見と一緒に、架川も、10年前の殺人事件の真相・真犯人を追う展開になってきます。

 

警視庁アウトサイダー【蓮見光輔】正体の黒幕は原作とドラマは違う?

蓮見光輔の父親が犯人にされてしまった事件には、父親を犯人に仕立てた黒幕が存在します。

その黒幕はこちらの記事ではあえて伏せますが、ドラマには原作にはない、オリジナルキャラクターが存在します。

それが、斎藤工さん演じる小山内雄一(おさない・ゆういち)です。

与党所属の国会議員。反社会勢力の撲滅をスローガンに掲げる若手のホープで、人を惹きつけるカリスマ性を持ち、講演会を開けば女性ファンで満席となるほどの人気ぶり。
2代続く国会議員の家に生まれ、東大法学部を卒業し警察庁に入庁。代議士である父親の勧めもあり、地元・長野県警の組織対策犯罪課で経験を積んだのち政界に進出した。英児が桜町中央署に左遷されるきっかけとなったトラブル、ひいては光輔が隠し続ける恐ろしい秘密の先に、この男の影が見え隠れしてくるが…!?

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/outsider/cast/

小山内は、原作小説には登場しません。似ているキャラクターも出てきません。

しかし「英児が桜町中央署に左遷されるきっかけとなったトラブル、ひいては光輔が隠し続ける恐ろしい秘密の先に、この男の影が見え隠れしてくる」とあります。

なので、原作小説とは違った真相・秘密が隠されている可能性があり、小山内が黒幕の可能性もあるのでは?と思います。

ドラマが進行していくと原作小説通りなのか?徐々にわかると思いますので、何かわかりましたが、黒幕について追記・更新していきます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる