義母と娘のブルース7話ネタバレ感想!愛死照流とうなじの麦田に爆笑

TBSの火曜人気ドラマ「義母と娘のブルース」

竹野内豊さん演じる良一が死んでしまったと思ったら、あっという間にみゆきが高校生になり、その時間経過の早さについていけないのは私だけでしょうか(^^;

しかし、みゆきの高校生バージョンも面白い!!

そんなドラマ「義母と娘のブルース」第7話のあらすじネタバレと感想をまとめていきます。

 

 

目次

義母と娘のブルース第7話あらすじネタバレは?

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/38836″]

みゆき (上白石萌歌) に仕事をすることの尊さを伝えるべく、商店街で寂れている 「ベーカリー麦田」 に再就職することにした 亜希子 (綾瀬はるか)。

だが、店を開けているだけでも赤字になっている 「ベーカリー麦田」 は亜希子の想像以上の状態だった。

店長の 麦田 (佐藤健) は、経営にはまったく無頓着で、昨日の売れ残りを温めて店頭に並べる始末。それでも亜希子は、みゆきのために「ベーカリー麦田」の立て直しを決意し、キャリアウーマンだった頃の知識を駆使して立て直しのプランを精一杯考える。

そんな亜希子の再就職に、隠れた想いがあることに気がつかないみゆきは、運命的に再会した 大樹 (井之脇海) から、突然生まれて初めての告白をされ悩んでいた。

「今は受験だから勉強に専念しなきゃいけない」 という理由で断るみゆきだが、大樹から「家庭教師をしてやる」と提案され、自然と一緒に過ごす時間が増えていく二人。

大樹と一緒に勉強していることで、亜希子に対して少し後ろめたさを感じるみゆきは、ベーカリー再建で忙しい中でも、家事も完璧にこなしてしまう亜希子に対し、劣等感に似た複雑な気持ちが生まれていた。
「亜希子の本当の娘だったら、亜希子に似て何でもできる人になれていたのか…」 と葛藤するみゆきは、亜希子に自分の今の気持ちをぶちまけてしまう。

引用元:http://www.tbs.co.jp/gibomusu_blues/story/

あわせて読みたい
- YouTube YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たã...

ずっと謎だった佐藤健さんの正体がわかった第6話。

麦田と亜希子が急接近ですね!

そして気になるのが、みゆきと、小学校時代からみゆきのことが好きだったひろきとの恋愛模様。

ひろきの高校生になった姿がイケメンすぎて!!!キュンとした人も多いと思います。

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/40901″] [blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/40809″]

ベーカリーの立て直しとももにみゆきの恋愛も気になる「義母と娘のブルース」第7話のあらすじネタバレと感想は、以下に更新していきます。

 

ベーカリー麦田に倒産宣告!

 

 

2018年9月 ベーカリー麦田の前に行く亜希子、しかし店は開いていません。

「岩本さん!」二階から呼びかける麦田。ちなみに亜希子の名字は「宮本」麦田また間違えてます(笑)

開店30分前にも関わらず、パンを焼かず、昨日の残りのパンを温めて売るという麦田に唖然(‘Д’)

一方みゆきは、受験を理由にひろきの告白を断っていました。

友人のユナはみゆきに大学のランクをこだわる理由を尋ねると・・・

「何か申し訳ないかな・・・」亜希子の気持ちを考えると、勉強が出来ない自分に歯がゆさを感じているようです。

そして昼を迎えたベーカリー麦田に客はゼロ。スマホをいじる麦田を陰から睨む亜希子。

その日の売り上げに愕然とする亜希子。

「店長、私が申しあげることはお気づきかと存じますが、あえて言わせていただきます。このままでは確実にこの店はつぶれます。間もなく倒産します!」

「でも、そっからキムタヤにしてくれるんですよね?これ店長命令っすから!」

麦田、亜希子に言い返すとは強者です(笑)

そんな亜希子の姿をみかけた不動産屋の下山は「うちくる?」と誘います。

しかし亜希子の気持ちは変わりません。「何から始めればよいものか・・・」

そこにいい匂いがしてきました。つられて到着した焼き鳥屋で思わず買ってしまった亜希子。

「これですよ!!」 何か突破口を見つけ出したようです(*´▽`*)

そんな中、みゆきはひろきに呼び止められ・・・「お断りの理由を教えて欲しい」と言われます。

受験が理由というみゆきに、ひろきは自分が嫌われている訳では無いとホッとします。「じゃあ俺がトライさんしてやるよ!家庭教師の」

帰宅するみゆき。亜希子はベーカリー麦田の経理処理で暗算をしています。

「塾友と勉強していた」と思わず嘘をついてしまうみゆき。受験勉強の大変さを理解した亜希子。二人はお互い頑張ろうと言います。

「これは親の背中が効いてきたと解釈してよいのですね!」 

良一の写真に問いかける亜希子。いや、違うと思うぞ・・・(笑)

翌朝、亜希子はみゆきの塾友さんの分まで弁当を作ってくれました。

そんな亜希子を複雑な表情で見つめるみゆき。「あの人ブルドーザーだよ・・・」

朝早く麦田ベーカリーに出勤した亜希子は、店の改良に取り掛かります!

陳列を工夫し、すたれた印象をクリアにする。

損益分岐点は五万円。一日五万円を売り上げなければ赤字。とにかく五万円という数字をおぼえるように麦田に言います。

「昨日の売り上げは5000円。単価500円。一日100人で、いつでも焼き立てで売り込む」

「人は匂いに引き付けられるのです!」日に三度パンを焼くように言う亜希子。

亜希子「行きなさい!!」 反論できず麦田は言われるままにパンを焼きます(笑)

「風は南西、来る・・・」何か手ごたえを感じたような亜希子。

 

自分の辛い思いをぶつけるみゆき!

[https://dorama-netabare.com/archives/41038]

「歩いてたらとってもいいにおいがしてきて・・・」

昼時、立て続けに客が入ってきて大賑わいです。その夜・・・

亜希子「おかげさまで出足は好調。昨日の三倍は売れました」

みゆき「すご!!」

翌日亜希子は下山を呼び「さくら」に使ったところ、下山につられてたくさんのお客が入ってきます。二日目も好調なベーカリー麦田!

その夜、みゆきも亜希子に影響されたのか、勉強を頑張っています!

亜希子「順調に伸びています!ここが責め時です」やる気を出す麦田(; ・`д・´)

亜希子が忙しい日々を送る姿を見るみゆきは、「もうなんかすごすぎてため息が出ちゃいます」とひろきにこぼしていました・・・

そして遂に、売り上げ総額が5万円を超えます!

「すっげー岩本さん!!」麦田まだ亜希子の名前間違えてます( ´∀` ) 

「これからが本番です!」という亜希子の言葉に、「私も模試頑張らなきゃ」と触発されるみゆき。しかし模試の結果はD判定(/ω\) 

そんなみゆきにひろきは「俺実はまだ高2だからさ。病気して一年遅れた。痩せたのはそれがきっかけ。薬作る仕事に就きたい。いいとこの薬学部に行かないと」と自分の思いを告白。

「亜希子さんに息子が居たら、ひろきくんみたいなんだろうな・・・」と少し悲しそうなみゆき。

一方、ベーカリー麦田では、亜希子と麦田がミーティング中。

亜希子「最初の二週間が一巡して徐々に下り坂・・・リピート率が低い。麦田のパンは魅力がない。パンの魅力が欠けているという事を認識しなければいけない。私の率直な感想。もう一度購入したいと思ったのはあんぱんのみ」

亜希子のダイレクトな意見にショックを受ける麦田。

麦田「俺辞めますわここ。俺に才能が無いってことじゃん」

亜希子「お父様に全てのレシピを譲ってもらったらいかがでしょう。誠心誠意頭を下げれば・・・」

麦田「嫌だよ。もうやめるって言ってんだろ」

亜希子「店長が輝けないのは才能、場所の問題でもない。【だからやめる】が最大の要因かと!」

そんな亜希子にクビを通告!! 去っていく亜希子。

外は雨。塾に迎えに行くとみゆきは塾に居ませんでした。 

電話をすると「自習室にいる」というみゆき。明らかな嘘に傘を握りしめる亜希子。

駅を降りたひろきは、みゆきと同じ名前の模試の結果を見つけるも、学校が違うというみゆき。

「あっちのみゆきちゃんだったらよかったのに・・・」というみゆきに「俺はこっちのみゆきちゃんがいいけどな」と励ますひろき!! ひろき今週もイケメンですねー(*´▽`*)

そこに現れた亜希子! 「自習室には一度も言っていなかったのですね。この方が塾友さん?何をしているのですか?怒りませんのできちんと説明してください!!」

ひろきは「ご無沙汰しています・・・ひろきです」と亜希子に事の経緯を説明。

ひろきと別れ、帰路に着く二人。「言いにくくて・・・」というみゆき。

模試の結果はまあ頑張りましょうという感じ・・・

「自分の好きな事、興味のあるものを見直せば、目標の大学も見つかる。辛い勉強も楽しくなる」亜希子のその一言に、みゆきは遂に言い返しちゃいます!

みゆき「亜希子さんの娘ならそうするんだろうね・・・本当の娘が居たらそういう風に学校選ぶんだろうね。私にはやりたいことが無いからすごい大学とか無理。亜希子さんに喜んでもらいたい。そういう理由ではだめなのかな?」

亜希子「私はみゆきを自分に似て欲しいなど・・・」

みゆき「知ってるそんな事。でもこっちは勝手に思っちゃうんだよ。きっと期待外れだよね、馬鹿でごめんって思っちゃう・・・」

頭冷やしてくると去ってしまうみゆき(/ω\)

一人帰宅した亜希子は、良一の写真に話しかけます。

「あんなことを思わせていたとは・・・」

 

亜希子に惚れた?麦田

 

 

「いつごろきむたやになんのよ!」麦田の様子を見に来た友井。

亜希子の愚痴ばかり言う麦田に友井は、「あの人のこと惚れてんじゃないの?じゃあ俺貰っちゃうよ」

亜希子の作った「経営戦略に関するご提案書」が参考になるという友井。

麦田が提案書を見ると、店長の性格分析の項目が有りました。

飽きっぽくてめんどうくさがりや。言葉遣いが学生。しかしフレンドリーなキャラクターで売り出すのもありかと書かれています。パンのフォルムが良いとの誉め言葉もありました。

「中身が美味しけれもっといいんじゃないか!」と友井が言うと、麦田は「うるせえよ」と言いながらもまんざらではない様子。

一方宮本家ではみゆきが帰宅。しかし部屋に入ってしまい、亜希子は声をかけられませんでした(/ω\)

翌日、麦田は亜希子に電話をかけようとしていました・・・その後ろに現れる亜希子。

「確認に参りました。岩本さんはクビだとおっしゃいましたが、私は宮本亜希子です。万が一私に言われたことではないのでは?と確認したくて参りました」

あれは岩本さんに言ったとクビを撤回する麦田( ´∀` )

「あの、今日からは焼きを三度、余った時間を改良に充てる。当面の課題は定番の十種をあんぱんと同じくらいにする」という麦田。

提案書を呼んでくれたのかと嬉しそうな亜希子。「では店長よろしくお願いします」

「はい!!!」 素直になった麦田(*´▽`*)

一方みゆきの学校では「チョット義母何のギャグ」みゆきの弁当が二段とも白米に・・・

そして亜希子は「釣銭を間違えたかもしれない」と失敗。

麦田「宮本さん今日チョット変・・・」

「実は・・・」壁に頭をもたげる亜希子とみゆき(/ω\)

「亜希子さんは勉強は放っておいた。みゆきの生まれ持ったいい所を大事にして欲しいと思っているんじゃないかな?」と助言するひろき。

そんな母の気持ちを知り泣き出すみゆき(≧▽≦) 壁に頭を打ち付けると、「もっとバカになるぞ!!」とひろきに言われちゃいます(笑)

麦田「娘さんいたんすか。連れ子・・・」 

亜希子「私を見ているとプレッシャーを感じてしまうらしく。プレッシャーはお分かりになります?」

麦田「バカにしてんの(笑)」

亜希子「うちの娘はあまり勉強に向いていない。それが申し訳ないつらいと思うらしいのです」

麦田「何かわかんなー娘の気持ち。俺も言われてた。親父は立派なのにお前はって・・・でもまだまし血繋がってないんだから!俺は逃げ場がない。血が繋がってたら、ぐれてておかしくない。ものは考えようっす!」

そんな麦田の言葉に涙する亜希子(/ω\)

「少し気が緩んでしまいまして。親というところが良く分かっていない。血がつながっていようがいまいが、起こりえる事。それを教えていただきほっとした次第で・・・」

するとドアを叩く音。みゆきとひろきベーカリー麦田に現れます。

ひろきは麦田をその場から遠ざけ、二人きりになりました。

みゆき「ひどいこと言ってごめんなさい」

亜希子「私こそみゆきの気持ちも知らず申し訳ありませんでした」

「やめて」「分からなかった私が悪い」とお互い譲り合う様子を見る麦田は「これずっと続くの・・・(笑)」

そして2人そろって土下座。「この度は大変申し訳ございませんでした」

麦田「何なのこれ??」 亜希子とみゆきは笑い合い無事仲直り!!

みゆきとひろきは二人で先に帰りました。

「店長、今日はありがとうございました」頭を下げる亜希子のうなじにドキッとする麦田( *´艸`)

「うなぎ奇麗だ・・・」 「うなぎ??」亜希子にはその意味が分からなかったようで(笑)

そして麦田はひろきと二人で帰ったみゆきを心配して、「不妊、いや避妊の話をしているのか?」と亜希子に確認。

 

[https://dorama-netabare.com/archives/40832]

 

親からそういう話するものなんですか?」 麦田「たぶん・・・」

「そうなのですか!!」 みゆきを自転車で追いかける亜希子。

亜希子「みゆき、避妊のことなどはちゃんとしていますか?」

みゆき「一応ちゃんとやっていると思うけど。あれでしょベットのとこにちゃんと置いているよ!」

家に帰るとみゆきは有るものを持ってきました。「これのことでしょ!」

持ってきたのは「避難用袋」 

「避難・・・」笑い出す亜希子でした(笑)

後日、模試の結果を失くした女の子を発見し「私も宮本みゆきです」とつぶやくみゆき(*´▽`*)

一方、亜希子は店の前で必死に試食販売を展開。麦田はパンを作りながら上の空・・・

パンの生地には「愛死照流」の文字・・・

麦田、亜希子にこれは惚れちゃいましたね(*´▽`*)

 

まとめ 避難と避妊を間違えるみゆき

[https://dorama-netabare.com/archives/40574]

綾瀬はるかさんと佐藤健さんの掛け合いが良かったですよねー!

麦田の漢字間違えがうつってしまったのか、避妊と非難を勘違いするみゆき!かわいかったですね(笑)

今週もみゆきとひろきのコンビも良かったです。ひろきは病気で痩せてしまっていたとは・・・

麦田の迷言「うなじ奇麗だ(笑)」愛死照流の文字に爆笑( *´艸`)

やっぱりこのドラマ面白いですよねー!!

そして残念なことに来週は放送休止で次回は9月4日放送とか・・・嫌だー(/ω\)

完全な義母ムスロスになりそうです・・・

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる