PICU悠太は死ぬの?生きてるのかネタバレは?

2022年10月からスタートした吉沢亮(よしざわりょう)さん主演のフジテレビ月9「PICU 小児集中治療室(ぴーあいしーゆーしょうにしゅうちゅうちりょうしつ)」。

北海道を舞台に、駆け出しの小児科医・志子田武四郎(しこたたけしろう)が新しく親切された子供のためにICU「PICU」に配属され子供の命を救うために、奮闘する姿を描くストーリーです。

主人公のしこちゃん先生こと志子田には、幼馴染の医師が2人います。1人は菅野莉央さん演じる小児科医の河本舞。

そして、網走で救命医として働く、親友の矢野悠太(やのゆうた)。そんな悠太に衝撃の事態が起きます。

10月31日に放送の4話のラストで志子田が働く丘珠病院に悠太が救急搬送されるという衝撃の事態に。網走にいるはずなのになぜ??

そして、悠太は生きている?もしかして・・・死んでしまった??など嫌な予感がよぎります。もともと、網走の病院で先輩医師からパワハラを受けている様子だった悠太。もしかして自殺!?死亡フラグがあったと言う声もあり心配になります。

今回はドラマ「PICU(ピーアイシーユー)」で悠太は死亡してしまったのか?生きているのか?助かったのか?ネタバレをご紹介していきます。

目次

PICU悠太の死亡が心配!救急搬送されたネタバレは?

ドラマ「PICU」のストーリーは?

まずは、ドラマのストーリーのご紹介です。

北海道で生まれ育った志子田武四郎(吉沢亮)は、丘珠病院に勤務する27歳の小児科医。幼いころに父を亡くし、女手ひとつで育ててくれた母・南(大竹しのぶ)とふたり暮らしをしている。武四郎は、母思いで料理上手、家事全般もそつなくこなす優しい青年だが、大事な場面で不器用さを発揮することもしばしば。

網走総合病院で救急救命医をしている矢野悠太(高杉真宙)、南がバスガイドとして働く旅行バス会社の娘で、自身もバスガイドとして働いている涌井桃子(生田絵梨花)、そして武四郎と同じ丘珠病院で小児外科医として働く河本舞(菅野莉央)は、武四郎の幼なじみで、家族同然ともいえるような大切な存在だった。

ある日、武四郎は、丘珠病院に新設されたばかりのPICU=小児集中治療室への異動を命じられる。そこで出会ったのが、日本各地でPICUの整備を推し進めてきた小児集中治療のパイオニア・植野元(安田顕)だった。3年前、道内で起きた悲劇が大きな契機になり、北海道知事の鮫島立希(菊地凛子)が植野を訪ねてPICUの整備を依頼したのだ。その際、植野はある条件を提示し鮫島は、近い将来必ず実現させると約束した。3年を経てようやく設立されたPICUだが、集まったスタッフは、植野、武四郎のほか、植野と行動をともにしてきた優秀な看護師・羽生仁子(高梨臨)と、植野に誘われてやってきた救急救命医の綿貫りさ(木村文乃)の4人だけだった。その現状に、口が悪く横柄な態度のりさは、「初期研修を終えたばかりの未熟な小児科医は使い物にならない」と本人の目の前で武四郎を非難するようなありさまだった。

そんな折、PICUに、発症から4時間も経過した少女を運び込まれ……。

引用元:公式サイト

PICUは、人気子役が撮影中に体調不良となり、病院に向かうも、搬送に時間がかかり、対応が遅れて命を落とすシーンからスタートします。

広大な北海道。場所によっては、大きな病院まで時間がかかり、手遅れになってしまう現実が描かれていました。

そしてこのことがきかっけで、北海道知事がPICUの専門家である植野医師に働きかけ、3年後、ようやくPICUが設置されることに。

しかし人不足の医療現場で十分な人員が確保できず、配属されたのは、新人小児科医の志子田。そして訳あり医師の綿貫りさだけ。

経験がなく役立たずと言われながらも、過酷な現場で、失敗しながらも患者に向き合っていく志子田が成長する姿が描かれています。

矢野悠太とは?志子田の親友でパワハラを受けて苦悩していた?

そんなPICUで小児科医として奮闘する志子田の幼馴染で親友が悠太です。

武四郎の幼なじみで親友。医大卒業後は地元の札幌を離れ、網走で救命医として孤軍奮闘している。武四郎から“お悩み相談”の電話がかかってくるたび、「武四郎ならできるよ、頑張れ」と励ましてくれる良き理解者。頼りになる存在で、子どもの頃から周囲の人間に慕われていた。実は誰にも言えない秘密を抱えていて-。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/PICU/chart/index.html

網走で救命医として働いていて、休みのたびに、地元に帰ってきて、志子田たち幼馴染と会っています。

志子田は、悠太によく電話をして、愚痴を聞いてもらっていたのですが、悠太が志子田に何かを相談したいような雰囲気に。しかしタイミングを逃して、なかなか相談できません。

それは、おそらく先輩医師から受けていたパワハラで悩んでいることを志子田に相談しようとしているようでした。

志子田も悠太の様子がおかしいことに気づいて網走に突然会いに行ったのですが、突如救急搬送された子供の対応を2人ですることになり、肝心の悠太の話を聞けませんでした。

網走から札幌に行き、志子田と一緒に、子供の処置をした悠太ですが、そのまま何も語らず、網走に帰って行きました。

この後どうなるのか?悠太は大丈夫なのか?気になっていた人も多いと思います。そんな中、事件が起こります。

悠太が救急搬送!死亡が心配のネタバレとは?

10月31日放送の4話では、PICUの先輩医師である綿貫りさの過去が明かされ、微妙な関係だった志子田と綿貫の距離も近づきます。

そんな4話のラストで、驚きの事態が起きます。

志子田が病院に来ていた幼馴染の桃子から、悠太を札幌で見かけたという話を聞く志子田。

志子田は悠太に電話をするが出ません。

網走のはずなのになぜ??と思ったら、丘珠病院に緊急搬送されてきた患者が。

その患者は・・・なんと悠太。驚いて声が出ない志子田。

悠太の様子は、真っ青で意識はあるのか?心配になるような状況でした。

まさか・・・死なないよね???大丈夫だよね??気になりすぎる終わり方をした4話でした。

PICU悠太は死ぬの?生きてる?心配の声多数!

生きていてほしい!死なないで!!!と言う声多数のツイッターの声。

一体悠太はどうなるのでしょうか??

PICU悠太は死ぬの?生きてるかネタバレ予告は?

悠太は死んでしまうのか?生きているのか?まずは、5話の予告を見ていきます。

“しこちゃん先生”こと志子田武四郎(吉沢亮)が勤務する丘珠病院に、親友の矢野悠太(高杉真宙)が救急搬送されてきた。ただちに悠太の処置に当たる救命医の東上宗介(中尾明慶)。PICU科長の植野元(安田顕)も東上のヘルプに入る。武四郎は、突然のことに激しいショックを受けながらも、PICUの仕事に取り組もうとする。

そんな折、植野は、新たに10歳の立花日菜(小吹奈合緖)ちゃんと、12歳の小松圭吾(柊木陽太)くんをPICUで受け入れると綿貫りさ(木村文乃)や武四郎たちスタッフに伝える。日菜ちゃんは、急性リンパ性白血病で7歳のころから丘珠病院の小児科を受診しており、武四郎も研修医のころからよく知っている女の子だった。日菜ちゃんは先月から化学療法で寛解を目指して治療していたが、副作用で白血球が急激に減少していた。

一方、近いうちに受け入れる予定の圭吾くんは小学校4年生のときに拡張型心筋症を発症し、函館市内の病院で治療を受けていたが、心拡大が悪化しそこでの治療継続が難しくなっていた。植野は、圭吾くんをより安全に搬送するため、ついにドクタージェットが使えることになったと武四郎たちに伝えて……。

 

引用元:https://www.fujitv.co.jp/PICU/story/index.html

公式のあらすじ予告だと悠太の安否はわかりませんでした。

「武四郎は、突然のことに激しいショックを受けながらも、PICUの仕事に取り組もうとする。」とあるので、予断を許さない状況で、もし悠太が死亡したら、さすがにPICUどころではなくなる気がするので、とりあえず、死亡ではないのかな??と思います。

予告動画では、おそらく悠太の処置がされている病室の外で待つ、志子田や桃子たちが「どうしてわかってあげられなかったんだろう」と言っているので、自殺か、何か悩んでいたことを知ることになるのかな?と思います。

志子田が苦しそうな表情をしているのが、悠太が悩んでいることを気付けなかったことに対してなのか?もしかしたら死亡してしまったからなのか?予告動画は悪い想像をしてしまう内容になっています。

PICU悠太は死ぬの?予告の「悠太の命は私たちのものじゃないから」の意味とは?

生きていると信じたい一方で、予告のセリフ「悠太の命は私たちのものじゃないから」が気になります。

助かった時に、出る言葉ではない気が・・・。

「脳死」、あるいは「心停止」などで、移植などをする選択を迫られる??そしてPICUに搬送されてきた子供の命を救う?

そんな状況になってしまう・・・などの想像をしてしまいます。

現実を受け入れらえない志子田に対して、「悠太の命は私たちのものじゃないから」と言った可能性もあるかもしれません。

PICU悠太は助かってPICUの一員になる

一方で悠太のパワハラが判明した時、悠太が網走の病院をやめて、PICUにやってくるのでは?という声が多くありました。

個人的にも、4話のラストまでは、悠太はいつPICUにやってくるのかな?と能天気に思っていたのでショックが大きかったです。

危険な状況になるも、もし助かったら、PICUに入って、志子田とともに子供達を救うべく奮闘するという展開がやってきてほしい!と願います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる