ドラマ大好き人間によるキャスト、あらすじ、感想、見逃し動画配信情報などのネタバレ情報

  1. 女囚セブン

女囚セブンの原作や脚本家は?キャスト一覧とあらすじのネタバレも

 

2017年の春シーズンの深夜ドラマ『女囚セブン』がスタートします。

まだまだご存知のない方も多いと思いますので、今回はあらすじに加え、豪華主要キャストの面々をご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

女囚セブンのあらすじとは?

ワケあり女囚7人による史上最強の“プリズン・サバイバル”が始まる…!!

殺人罪で刑務所に送られた京都の芸妓・神渡琴音(かみわたり・ことね)。酔っ払って寝ている間に仲間の芸妓が殺され、その罪をかぶって刑務所に行くことに…。そこで待ち受けていた一癖も二癖もある女囚たちにいじめられ、ときに命まで狙われるものの、持ち前の腹黒さ・したたかさでそこを切り抜けていきます。しかも、実は琴音は“冤罪”…。彼女がなぜ無実の罪をかぶり、刑務所にやってきたのか――その謎も次第に解き明かされていきます。

女囚たちからの壮絶なイジメをはんなりかわし、シレッと仕返しする“腹黒ミステリアス”なキャラクター、語学にも長け、超地獄耳、更に怪力――そんな琴音という女性を、剛力がどのように魅力的に、そして躍動的に演じるか…彼女の新たな一面の開拓が今から待ちきれません…!

引用元 http://www.tv-asahi.co.jp/joshu-7/

 

女囚セブンの原作や脚本家とは?

では、そんな女囚セブンには原作があるのでしょうか?

調べてみた所、原作となる書籍等は無いようで、完全なオリジナルストーリーのようです。

オリジナルストーリーということは、脚本がかなり大事になって来るわけですが、そんな脚本を担当するのは・・・西荻弓絵(にしおぎゆみえ)さん。

1960年生まれの56歳。

1991年の30歳の時にTBSのドラマ『水の記憶 MEMORY OF WATER』で脚本家デビューを果たしています。

そして、なんとデビュー2作目でTBSのゴールデンタイムで山口智子(やまぐちともこ)さん主演の連ドラ『ダブル・キッチン(1993年)』で、脚本を担当し、頭角を表しています。

そんな西荻さんと言えば、演出家の堤幸彦(つつみゆきひこ)さんと共に大人気ドラマ『ケイゾク』や『SPEC』などのシリーズを手掛けたことでも知られています。

最近では、テレビ朝日の深夜帯の話題作『民王(2015年)』の脚本も担当し、コメディーから世相を切る脚本とその作品の幅の広さを感じさせてくれています。

 

 

 

女囚セブンのキャスト一覧とは?

 

スポンサーリンク

 

 

それでは、超豪華!?7人の女囚をご紹介しましょう。

 

神渡琴音(かみわたり・ことね) 演:剛力彩芽(ごうりきあやめ)

殺人罪で刑務所に入れられた京都の芸妓。酔っ払って寝ている間に仲間の芸妓が殺され、状況証拠が揃ってしまったことから有罪が確定してしまうが、実は冤罪。
刑務所で待ち受けていた女囚たちから壮絶なイジメに遭うが、舞妓・芸妓の世界でいけずな姐さんたちから厳しい指導を受けてきた琴音にとってそれくらいのイジメは屁でもないため「えらいすんません、かんにんしとくれやす」と捉えどころのない感じでかわし、何ならシレッと仕返しする。
力づくで来られても、合気道でスルリとかわす。何も知らないおバカなふりをしているが、実は腹黒くしたたか。語学にも長け、超地獄耳かつ怪力。

かつては、CM女王や『今年の顔(2011年)』に選ばれたり、ゴールデンタイムの主演・ヒロインとお茶の間を賑わせていた剛力彩芽さんですが、ここ数年は深夜帯のドラマが続いています。それでも主演・ヒロインとして出演されているのですが、どうも視聴率があまり良くないようです。
現在、放送中の『レンタルの恋』に関しては、まさかの1%前半という結果に、次の『女囚セブン』には、これまでにないほどの気合を感じます。
ここで勢いをつけて返り咲きを果たせるのかにも注目したいですね。

 

楠瀬 司(くすせ・つかさ) 演:山口紗弥加(やまぐちさやか)

政治資金規正法違反及び詐欺罪で服役している、謎多き政治秘書。宝塚の男役のような仕草がカッコイイ男装の麗人。あだ名は“ヅカ”。政界の事情通。極度の潔癖症で、よく自分の周辺を除菌している。

1994年の超人気ドラマ『若者のすべて』で鮮烈デビューを果たした山口紗弥加さんは、今なお、NHKにゴールデンタイムのドラマ、月9に単発ドラマなど様々な役でご活躍されていて、中堅の女優さんの中では群を抜いた名脇役と言ったところですね。
私としては、1999年の榎本加奈子(えのもとかなこ)さん主演ドラマ『可愛いだけじゃダメかしら?』が大好きで、当時の憧れの女優さんとして思い入れも深いので、とにかく頑張ってほしいの一言です。
今回は、男装役ということ、新天地に興奮を隠せません(笑)

 

市川沙羅(いちかわ・さら) トリンドル玲奈(とりんどるれな)

 

殺人罪で服役している、キレると怖いシングルマザー。あだ名は“元ヤン”。雑居房(共同室)では最年少だが、刑務所歴はかなり長いため、新入りである琴音いじめも率先して主導する。DV夫から子どもを守ろうとして殺してしまった。

ファッションモデルとしても知られるトリンドル玲奈さんですが、ナレーターやバラエティ番組などにも出演するマルチな才能を見せてくれています。
女優としては2012年のTBSドラマ『黒の女教師』でデビューすると、その後も数々のドラマに出演されていて、ハーフ芸能人として、個性あふれる演技にトリンドルさんにしか出来ない配役が話題にいなっていることも多いですね。

 

津田桜子(つだ・さくらこ) 演:平岩紙(ひらいわかみ)

無期懲役で服役中。自称「モテすぎちゃって困る」後妻業の女。遺産目当てで男に色仕掛けをし、殺してきた毒婦。あだ名は“エロ女”。本人いわく“夜の匠”だが、見た目はどう見てもただのオバサン。常に自信満々で、獄中でも自分磨きに余念がないナルシストな勘違い女。

松尾スズキさんが主催する『大人計画』に所属する超個性派女優さんの平岩紙さですが、名前も然ることながら、役風も明るいのか暗いのか分からない独特な世界観があります。
『木更津キャッツアイ(2002年)』や『きょうは会社休みます。(2014年)』、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん(2016年)』などなど、多くの話題作にも出演されている女優さんだけに、囚人役でどう見せてくるのか楽しみですね。

 

矢島千鶴香(やじま・ちづか)演:橋本マナミ(はしもとまみ)

 

業務上過失致死で服役している不倫にハマった有名美容整形外科の看護師。あだ名は“ナース”。実は全身整形サイボーグでその美しさが偽物であるため、異常なまでにひがみっぽい。特に千鶴香の話をしていなくても「いまみんなで私の悪口言ってたでしょ!」と泣き出してしまうような被害妄想癖があるヒステリックな“ネガティブモンスター”。

「国民の愛人」として知られる橋本マナミさんですが、ここ数年で突然現れた感じを受けますが、実は16歳で芸能界に入っていたようです。初めのうちは水着モデルとして活動していましたが、2001年の『東京美人』で女優デビューをされています。
最近では『不機嫌な果実』や『せいせいするほど、愛してる』にも出演され、女優としてもその階段を登り始めた感じですね。

 

平塚うめ(ひらつか・うめ) 演:木野花(きのはな)

雑居房(共同室)の中で最高齢の老女。優しい顔つきでおとなしく、琴音いじめにも関与せずに粛々と労務をこなす。あだ名は“ウメボシ”。ちょっと耳が遠い。老老介護の末、夫を殺害してしまった。

女囚最年長の69歳の出演となる木野花さんですが、もはや語るに野暮なベテラン女優さんですね。
そんな木野さんは「亭主元気で留守が良い」という流行語のCMの方なのを知っている方は少ないかもしれませんね。
木野さんの最年長女囚姿も見どころの一つになるのは間違いないでしょう。

 

坂本奈津(さかもと・なつ) 演:安達祐実(あだちゆみ)

無銭飲食を繰り返す、刑務所ナンバー1の情報屋。あだ名は“食い逃げ”。おしゃべりで刑務所内の情報にも明るく、琴音が入所してきたときはルールなどを教えたり、とあれこれ世話を焼く。
しかしその優しさは実はすべてウソで、琴音を陥れようと裏で暗躍していて…?

 

まぁ、安達祐実さんについては語りだしたらキリがないので、簡単に行きますが…

「同情するなら金をくれ」で脚光を浴びて、「あま~い」と結婚して、お母さんが脱いで、「ハンバ~グ」と離婚して、自分も脱いで、再婚した人です(笑)

生まれつき波乱万丈な人ですよね。

ただ一つ言えることは、女優としては超一級品なので、安心してみていられる存在は貴重ですね。

 

まとめ

 

今回、4月から『女囚セブン』がスタートするということで、あらすじやキャスト、スタッフの紹介をしてみましたが、主演の剛力彩芽さんの今後を大きく左右するドラマだけに周りを固める女優陣のなんと豪華なこと(笑)

この布陣が、吉と出るか凶と出るかは剛力さんの手腕の見せ所と行った感じでしょう。

どちらにせよ、各女優さんたちのファンの方がみんな『女囚セブン』をみれば、自ずと視聴率も上がるでしょう。

女囚セブンの最近記事

  1. 女囚セブンは打ち切りって本当?8話で最終回の理由は視聴率なの?

  2. 女囚セブンでルパンの意味とは三世?黒革の手帳との関係についてもネタバレ予想

  3. 女囚セブンの黒革の手帳って何?松本清張ワールドのパクリなの?

  4. 女囚セブンで久住小春演じる舞妓の正体は?敵か味方か役柄や評判まとめ

  5. 女囚セブンで女刑務官役はスカッとジャパン女優宍戸美和公!出演作品は?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

朝ドラまんぷくおすすめ記事

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

いだてん 東京オリムピック噺【大河ドラマ】

アーカイブ

カテゴリ

PAGE TOP