徳山大五郎を誰が殺したかの長濱ねるの演技力は怖いと好評?

スポンサーリンク

テレビ東京の土曜の深夜枠で、新星アイドルグループ「欅坂46」による連続ドラマ『徳山大五郎を誰が殺したか?』が放送されています。

メンバーそれぞれの特徴を配慮した配役で、構成されているドラマではありますが徳山大五郎を殺した容疑者の一人「長濱ねる」の演技が怖いと好評なようなので、今回は長濱ねるをまとめてみようと思います。

長濱ねるのプロフィールとは?

名前:長濱 ねる(ながはま ねる)

生年月日:199894

星座:おとめ座

出身地:長崎県

血液型:O

身長:157cm

参考先 http://www.keyakizaka46.com/mob/news/diarKiji.php?site=k46o&cd=member&ct=22

第一回の欅坂46オーディションに合格するも両親(特に父親)の猛反対を受け、辞退し地元の長崎に帰ってしまっていました

心からアイドルになりたかった「ねる」は、意気消沈して日頃から明るい性格だったことがウソのように毎日泣いていたそうです。あまりの落胆ぶりに困惑した父親は欅坂46の運営担当相談しました。

父親の心配は「芸能人としてやっていけるわけがない」というものだったので、運営サイドは長濱親子を『乃木坂46』のコンサートに招待したそうです。

アイドルの素晴らしさを通関した父親は運営サイドに「なんとかもう一度チャンスをいただけないか?」と相談し、もともと一期生として合格していた「ねる」を1.5期生として迎え入れる事になりました

しかし、結成時のオリエンテーションなどに参加していない「ねる」を一期生と同じようにするわけにもいかず、欅坂46の冠番組である『欅って書けない?』でも話っに上がっていた、アンダーグループ「けやき坂46(ひらがなけやき)』の初期メンバーとして所属する流れになり、先日行われた『ひらがなけやき』のオーディションでメンバーも揃い本格的に活動を開始しています。


スポンサーリンク


長濱ねるの配役とは?

では、『徳山大五郎を誰が殺したか?』の長濱ねるの配役について簡単にご紹介しましょう。

徳山大五郎の死体が教室で発見された時に、長濱ねるは教室にはいませんでした。

というのも、3年生になってから「ねる」は不登校になっていて、学校には来ていません。不登校の理由については、まだ明らかになっておらず今後の事件の展開で明らかになるのかもしれません。

教室で発見された徳山大五郎の死体をどうするのか皆で話し合った結果、ひとまず隠すことになりました。隠し場所に困った生徒たちは不登校である「ねる」のロッカーなら使ってないから大丈夫と、「ねる」のロッカーに隠すことになります

その時です、皆のLINEが一斉に鳴り出しました。徳山大五郎から「俺、死んだの?」というメッセージでした。教室の向かいの廊下に人影が…無表情でスマホを手にする「ねる」の姿がありましが、生徒たちは皆気づいていません。

LINEのメッセージを送ってきたのは犯人だと疑いを持った平手友梨奈(ひらてゆりな)は犯人を捕まえるべくおとり捜査を提案した。

提案内容は、用務員が持ってきた台車に死体を運んでいるかのようにして、自分が中に潜み、犯人をおびき出そうというものでした

台車に乗ってじっと待つ平手のもとに現れたのは、「ねる」でした。うずくまりカーテンん隠れる平手を上から無表情に見下ろしています

そして、3話では生徒との浮気を疑っている徳山大五郎の妻の差し入れのマカロンをかじるシーン。長濱ねるの何かの謎を感じる表情で3話は終わります。

とまぁ、現在3話まで終了していますが長濱ねるの登場シーンはこんな感じですね。

長濱ねるの演技力が好評とは?

ではでは、長濱ねるの演技力とはどうなんでしょうか。

怖さが好評ということですが、1話の最後の廊下から覗いているシーンで一気に話題になったようですね。目を見開いて口をあんぐり開けて無表情で確かに狂気を感じました

「長濱ねるのミステリー感ハンパない。」

「ねるねるね~るねが良かったわー。」

「ねるちゃんこわい」

「アレめっちゃ怖かった」

更に2話では、カーテンを被って犯人をおびき出そうとした平手のカーテンをめくり、怖い形相で見下ろすシーン。監督に意図もあってかなり怖くて闇を持つキャラクター設定のようですね。

コメントにもあるように、伝わっていますね。「ねる」の無表情の怖さや狂気の表情はやはり好評のようです。

まとめ

今回、『徳山大五郎を誰が殺したか?』が好評ということで長濱ねるさんについてまとめてきましたが、言葉のない演技は好評なので今後セリフが出てきた時にどうなるかが注目されます。3話通して「やっぱり…」しか言ってないですしね

3話最後のマカロンを口にする「ねる」意味深ですね…。続きが非常に気になります。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です