嫌われる勇気2話の感想はゲストの大後寿々花が成長しててわからない?

スポンサーリンク

スカっとするドラマ「嫌われる勇気」。

嫌われないために自分に嘘をつくのって生活の一部ですよね~。そんなあなたを女刑事の蘭子がバッサリ斬ってくれるこのドラマ。

今回はいがみあっていた蘭子と青山が急接近するシーンがあります。

加藤シゲアキが香里奈に抱きつく胸キュンな瞬間もありますよー♡

香里奈の名言から明日に使える「嫌われる勇気」をもらいましょう!

「嫌われる勇気」第2話の感想とあらすじのネタバレをまとめました。

 

 

「嫌われる勇気」第2話のあらすじのネタバレは?

「絶対に消えないペン」などのヒット商品があるメーカーの執行役員の市川が、深夜に会社の窓から転落死した。現場の状況や第一発見者の証言から、浦部(丸山智己)は自殺だと断定するが、青山(加藤シゲアキ)とともに現場に駆け付けた蘭子(香里奈)は、それを否定。自殺に見せかけた殺人で、犯人は被害者と同じ会社にいると推理した。遺体を司法解剖しためい子(相楽樹)も、蘭子の見立てを支持する。
市川が率いていた商品開発部には、絵実華(大後寿々花)ら10名ほどの社員がいた。聞き込みに来た蘭子は、社員たちが大量の仕事を抱えていたことを聞かされる。さらに、1年前に市川が転落した窓がある小部屋で、同じ部の成美という若い女性が自殺していたことが判明。1年の間に同じ部屋から2人の死者が出たことを怪しんだ半田(升毅)は、小宮山(戸次重幸)と浦部に人間関係の洗い出しを、三宅(桜田通)には事件当日の市川の足取りを追うよう指示。自分は何をすればいいのか、と聞く青山には、蘭子に従えと言う。
社内を歩き回り事情を聴く蘭子を、追うように付いていく青山。何か分かったことがあるか、と聞くと、蘭子は社員たちが“変わらない”という決断をしていると返した。まるで意味が分からない青山は、大文字(椎名桔平)を訪ね、そのことを報告。すると大文字は、蘭子が意図するのは「目的論だろう」と話し始めた。

引用元 http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/drama/ser4a19/4a19810002/

自殺?殺人?絶対に消えないペンとブラック企業

商品開発部のエースがビルから飛び降りた。最初は自殺だと言われていたが、他殺の疑いが出て来たのだ。蘭子と青山が事情聴取をすると、同じ部屋で2人死んでいることがわかります。

絶対に消えないペン。欲しい!!商品開発をする仕事って楽しそうですね!でも、このドラマではかなーり忙しかったみたいです。ブラック企業ってやつです。

「仕事がつらいなら辞めればいいのに。」

そんなに簡単にはいかない。家族や生活もありますもんね〜。

アドラーいわく、

このままの私でいることは「楽であり安心である。」

ブラック企業で働く人は「不満はあるけど辞めない。」

それで安心しているのだと言うのでした。

社内不倫!?商品開発部の闇

 

スポンサーリンク

商品開発部の合コンに参加する蘭子。

商品開発部は仕事が忙しいので社内恋愛の噂が絶えませんでした。死んだ社員と女子社員の絵実華が不倫していたという事実が判明。

それにしても絵実華役の大後寿々花、大きくなったなー!SAYURIではヒロインの子役を演じ、霧島、部活辞めるってよでは恋する女子高生役。

最初誰なのかわかりませんでした(^_^;)

超有名な名子役が成長して赤リップで煙草吸ってる!!今回はなんと不倫をする役です。

蘭子は絵実華にストレートに不倫してた事実を突きつけます。

嫌われる覚悟で相手に言葉をぶつける蘭子ってある意味新しい女刑事役ですよね。

不倫をネタに死んだ社員をゆすっていた上司。死んだ社員は絵実華に復縁を迫り、断ったら飛ばすと脅されていた。

超絶ブラック企業すぎる。なんだか全部ゲスい!!

加藤シゲアキがカワイイ!呪いの部屋で香里奈とふたりきり♡

呪いの部屋に泊まって原因を突き止めようとする蘭子と青山。

悲鳴をあげて加藤シゲアキが香里奈に抱きつくシーンがありました!加藤シゲアキってかっこいいって言うより、守ってあげたいカワイイタイプですよね。

男っぽい香里奈と名コンビです。

香里奈も自分の事を語ります。いがみあっていた2人が少し近づいた瞬間でした。

なんだか歳の差カップルでお似合い??

悲しい遺書とゲス上司を蘭子が斬る!

「ぺいちゃんごめんね。もう限界です。」

消えないペンで書かれていた遺書。なんだか心が痛い……。

呪われた部屋の噂が流れた理由はこの遺書を発見されたくなかったから。

死んだ女性、成美の恋人「ぺいちゃん」が犯人でした。

死んだ社員と不倫をしていた絵実華自殺した女性成美犯人の「ぺいちゃん」は同期。辛い仕事も3人で支え合ってきました。成美とぺいちゃんは社内恋愛をしていましたが、成美はその性格からぺいちゃんにも絵実華にも相談できなかったのです。

この死んだ女性は上司にパワハラを受け、それに絶えられず死を選びました

この女性は今回のテーマを体現していたのです。

このままの私でいることは「楽であり安心である。」→嫌な事があっても助けを求めない。

ブラック企業で働く人は「不満はあるけど辞めない。」→自分の気持ちに嘘をつきつづけ、疲れてしまい死を選んだ。

つらい!!でも日本人にはこういうタイプ多いのかもしれないですね。過労死が多いのも納得です。

殺された男は証拠隠滅に消えないペンを消したり、壁紙を晴る顔ゲスい……。人間としてアウト殺してもいいかもーって思っちゃうレベルの男です。

でもやっぱり殺しちゃダメですね・・・。

今回の蘭子の名言集です。

「あなたは恋人のために殺したんじゃない。」

「あなたはただの犯罪者、人殺しを美談にすりかえるな。」

「変わらない為のいい訳を探して逃げていたんだ。」

まとめ

「死ぬくらいなら嫌われればよかったんだ。」

今回も蘭子の名言が出ました。

人は自分が正しいと思う為にいろんな言い訳をします。

それが自分を苦しめることであっても、

自分の命を奪ってでもです。

嫌われる勇気ってほしいけどなかなか出ないですよね。人と生きる以上最もむずかしい勇気なのかな?

心の底から考えさせられる刑事ドラマですね〜〜。

次回はどんな名言が出るのか、期待です!!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です