べっぴんさんでエースのモデルの会社はVANジャケット!破産後の栄輔の人生は?

スポンサーリンク

NHK朝ドラ「べっぴんさん」も後半戦いに入ってキャストも変わって盛り上がってきましたね。

そんな中女性ファンを喜ばしているのがイケメン俳優松下優也さんが演じる人気キャラクター 岩佐栄輔の再登場。

これからドラマを盛り上げてくれるようです。

そんな栄輔(えいすけ)のモデルって一体誰なのでしょうか?VANジャケット創始者の石津謙介さんだと言われています。ドラマでは若者向けブランド「エイス(AIS)」の社長という設定ですね。

そんなモデルと言われているVANジャケットと石津謙介さんについてと、ご本人の史実ドラマとの違いについてまとめてみました。

また栄輔のモデルの石津さんの倒産後の人生についても調べてみました。

 

 

べっぴんさんでの岩佐栄輔とは?

さくらの義理の兄潔(高良健吾)が戦後に出会って一緒に商売を始めた人物。潔のことを「兄貴~」としたい、一緒に坂東営業部を盛り上げていきます。

戦争で家族を亡くしたかわいそうな境遇ですが、戦後前向きに立ち直って頑張る姿が印象的でした!

って、高良健吾さんと松下優也さんのイケメンコンビ良かったですよね~。栄輔さんもすぐに大人気キャラクターになりました!

そして、まだ紀夫が戦地から帰ってくる前にすみれに出会って、死んだ妹に似ていたこともあって、すみれのことを好きになってしまいます。

紀夫がいない間、心細くなっていたすみれ家族の手助けをして、支えていました。

すみれの娘のさくらちゃんも懐いて、このまま紀夫が帰ってこなかったら、再婚しちゃうの!?っていう流れ。しかーし、紀夫が戦地から帰ってきました。

この時、本当にかわいそうだった(>_<)えいすけ~、大丈夫!?失恋だよね(涙)って心配に。

その後、栄輔はすみれへの傷心のせいなのか?突然みんなの前から姿を消してしまうのでした。

そして時が経ち、すみれの娘のさくらも高校生に成長。そんな時、突然現れる栄輔。嬉しい~!!と思ったら、なんだか雰囲気が・・・。以前は明るい好青年って感じだったのに、クールな陰のある感じに・・・。しかも潔に敵対するような態度。エイスという若者に人気のアパレルブランド会社の社長になっていました。

そして、、、闇市の嫌~な奴玉井とつるんでる!!!って一体栄輔に何が!?っていう再登場でした。

 

岩佐栄輔のモデルとは?

 

スポンサーリンク

 

そこで気になるのが栄輔のモデルになった人物っているのでしょうか???

VANジャケット創始者の石津謙介さんだと言われています。

昭和22年 潔のモデルとなった尾上清の会社(後の佐々木営業部)に入社

昭和26年 佐々木営業部を退社

昭和29年 VANジャケット設立

石津さんと尾上さんの出会いは戦地だったそうです。既に結婚して天津で働いていた石津さん。

徴兵で天津に来ていた尾上さんと出会い意気投合。

よく一緒に遊ぶ仲だったそうです。この出会いや設定は、ドラマと少し似ていますね。

戦後には天津に来ていたアメリカ兵の通訳の仕事をしてアメリカのファッションについて学んだそうです。

そして後に坂東営業部のモデルとなった佐々木営業部の前進の会社で尾上の紹介で働き始めます。

が、26年に「独立したい」と佐々木営業部を退社。これは別にトラブルなどがあった訳ではなく、関係は良好だったようです。

そしてヴァンジャケットを設立。

このブランドは当時の若者に大流行したそうです。アメリカのファッションからヒントを得たものを紹介して、大成功だったんですね~。

 

そしてドラマでも勢いが止まらない栄輔の会社エイスはついに倒産。史実ではどうなのでしょうか?

昭和53年にはヴァンジャケットは経営破たんしてしまいます・・・。

その破綻の原因は

ドラマでのかどしょう西岡徳馬さん演じる古門社長のかどしょうのモデルだと言われている「丸紅」が大きく関係しています。

「丸紅」と「VAN」は、ドラマ同様切っても切れない因果関係があるんですね。

VAN」は、業務拡大を目論み「丸紅」から多額の融資を受けていました。まさに史実通りにドラマも忠実ですね。

「丸紅」としても、「VAN」を手中に収めようと躍起になっていましたが、売れ線真っ只中の「VAN」を他の商社が狙います。

有名大手商社「三菱商事」と「伊藤忠商事」を大手を上げました。

3社の融資の介もあり、着々と売上を伸ばす「VAN」。しかし、実際はそう上手くはことが進んではいませんでした。

大量生産による価格の低下で売上があっても利益率が少ない上に、1973年のオイルショックの煽りを受けて、安売りのブランドへと変化せざる負えなくなってしまいます。

そして、歴史的事件「ロッキード事件」が起きてしまいます

この事件で田中角栄(たなかかくえい)氏と共に「丸紅」の社長が逮捕という衝撃の展開に。

こうして大口の融資先を失ってしまった「VAN」は、坂道を転がり落ちるのを止めることが出来ないまま、1978年に事実上の倒産を迎えるのでした

 

その辺の破たんについては以下に詳しくまとめてあります!

 

しかし、そんな石津さんを経済的に支えたのは潔のモデルになった尾上さんだと言われているようです。

ドラマでも栄輔が転落した後、潔が助けてくれるようです。この辺りは史実通りにつくっていくようですね。

 

ドラマと史実との違いは?

まず潔のモデルになった尾上さんとの関係はわかっていますが、すみれのモデルになった坂野敦子さんとの関係はよくわかっていません。

ただ義理兄の会社で働いていた人なので、なんだかの面識はあっと思います。

なので、ドラマのように、石津さんと敦子さんのような淡い恋模様があったことはないと思います。

完全にドラマチックに脚色していますね(笑)

そして、姿を消して現れた栄輔は潔に冷たい態度をしますが、これも違うようで、石津さんと尾上さんの関係はいたってずっと良好だったようです。

ただドラマで英輔た立ち上げた会社「エイス」は若者から大人気だし、栄輔との出会いや一緒に会社で働いていたことから、モデルは石津さんで、そこにドラマチックに脚色を加えた感じですね。

そのドラマチックな脚色が、これほど人気キャラクターを作り上げるとは!!

今後の栄輔の動向に注目です!

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です