せいせいするほど愛してるで女性上司向井役の神野三鈴は結婚してる?

スポンサーリンク

「せいせいするほど愛してる」で厳しい上司向井役の神野三鈴さんはさすがベテラン女優と演技力に評価をうけてます。

そんな神野三鈴さんの経歴から結婚などのプライベートな話題についても調べてみました。

神野三鈴のプロフィールとは?

名前:神野三鈴(かんのみすず)

生年月日:1966年2月25日

出身:神奈川県

趣味:読書

特技:オーガニック旬材の創作料理

所属:アクラ

引用元:kannnomisuzu.com/profile/

 

神野さんは劇作家テネシー・ウィリアムズの「ガラスの動物園」の世界に共鳴してこういう役を演じたいと女優を目指したそうです。

同性愛や精神疾患をテーマにたった四人の登場人物の生々しい人間関係が書かれた話です。

 

舞台を中心に活動をして、2012年に三谷幸喜作品の「桜の園」と「組曲虐殺」で「紀伊国屋演劇賞 個人賞」を受賞しています。

「ナタリー・ステュアート」(2015年)で中谷美紀さんと一人二役の二人芝居を演じ、一瞬で役柄を変えていく演技が見事だと高評価をされています。

 

 

神野三鈴の過去の出演作とは?

Dr.コトー診療所(2004年、2006年)

Strangers6(2012年)

大空港2013(2013年)

駆込み女と駆出し男(2015年)

日本の一番長い日(2015年)

 

舞台での活躍が中心にしているので映像作品はまだ少ないですが、舞台で磨かれた演技力はさすがです。

CMで1995年に「サントリーニューオールド 恋は遠い日の花火ではない~若い子はもういんです編」で長塚京三の相手役として脚光を浴びました。

 

映画デビューとなった「駆込み女と駆出し男」と「日本の一番長い日」はともに2015年に原田眞人監督作品です。監督は神野さんのことをインタビューで「声と存在感がいい」と答えています。

「駈込み女と駆出し男」では心が病んで想像妊娠してしまったおゆき役を演じ、「日本の一番長い日」では阿南綾子役で軍人の妻としての覚悟を好演しました。

 

実力派女優としてこれから映像作品に活躍の場を広げていくでしょう。

 

スポンサーリンク

 

神野三鈴は結婚しているの?

神野さんの夫は世界的なピアニストの小曽根真さんです。

二人の出会いのきっかけは阪神淡路大震災でした。

 

神野さんが震災のチャリティーコンサートを企画して出演されたのが小曽根さん。最初はいろんなミュージシャンに声をかけていたようですが、自分の名前が知られるようにと条件を出す人が多かった中で「名前なんて出なくていい」と快く引き受けてくれたそうです。

こういう時に見せてくれるのは人の本質なんでしょうね。

 

神野さんは小曽根さんと出会った瞬間から「あ、私が結婚するのはこの人だ」と思ったそうです。実際にコンサートから三ヶ月で結婚して20年も一緒にいるのですから感じたものは本物だったようですね。

 

ですが、日本の女優と世界的なピアニストでは一緒にいる時間は少ないようです。

すれ違いが多い中でも日常生活を大切にしてなんでもないところをシェアすることで価値観や感覚にズレを起こさないようにしているようですね。

 

こういう努力ができるお二人は本当に素敵な夫婦ですね。憧れてしまいます!

 

 

まとめ

読んだ本に共鳴を受けて夫となる人を感覚でわかる神野さんは大切な出会いを逃さない人なのかもしれません。まだ映像作品は少ないですがこれからさまざまな作品に出会って活躍の場を広げていくことでしょう。

これからの活躍に期待です。

せいせいするほど愛してるで女性上司向井役の神野三鈴は結婚してる?

 

「せいせいするほど愛してる」で厳しい上司役の神野三鈴さんはさすがベテラン女優と演技力に評価をうけてます。そんな彼女の経歴から結婚などのプライベートな話題についても調べてみました。

 

 

中見出し:神野三鈴さんのプロフィールとは?

 

名前:神野三鈴(かんのみすず)

生年月日:1966年2月25日

出身:神奈川県

趣味:読書

特技:オーガニック旬材の創作料理

所属:アクラ

引用元:kannnomisuzu.com/profile/

 

神野さんは劇作家テネシー・ウィリアムズの「ガラスの動物園」の世界に共鳴してこういう役を演じたいと女優を目指したそうです。同性愛や精神疾患をテーマにたった四人の登場人物の生々しい人間関係が書かれた話です。

 

舞台を中心に活動をして、2012年に三谷幸喜作品の「桜の園」と「組曲虐殺」で「紀伊国屋演劇賞 個人賞」を受賞しています。

「ナタリー・ステュアート」(2015年)で中谷美紀さんと一人二役の二人芝居を演じ、一瞬で役柄を変えていく演技が見事だと高評価をされています。

 

 

中見出し:神野三鈴さんの経歴は?

 

Dr.コトー診療所(2004年、2006年)

Strangers6(2012年)

大空港2013(2013年)

駆込み女と駆出し男(2015年)

日本の一番長い日(2015年)

 

舞台での活躍が中心にしているので映像作品はまだ少ないですが、舞台で磨かれた演技力はさすがです。

CMで1995年に「サントリーニューオールド 恋は遠い日の花火ではない~若い子はもういんです編」で長塚京三の相手役として脚光を浴びました。

 

映画デビューとなった「駆込み女と駆出し男」と「日本の一番長い日」はともに2015年に原田眞人監督作品です。監督は神野さんのことをインタビューで「声と存在感がいい」と答えています。

「駈込み女と駆出し男」では心が病んで想像妊娠してしまったおゆき役を演じ、「日本の一番長い日」では阿南綾子役で軍人の妻としての覚悟を好演しました。

 

実力派女優としてこれから映像作品に活躍の場を広げていくでしょう。

 

中見出し:神野さんは結婚しているの?

 

神野さんの夫は世界的なピアニストの小曽根真さんです。

二人の出会いのきっかけは阪神淡路大震災でした。

 

神野さんが震災のチャリティーコンサートを企画して出演されたのが小曽根さん。最初はいろんなミュージシャンに声をかけていたようですが、自分の名前が知られるようにと条件を出す人が多かった中で「名前なんて出なくていい」と快く引き受けてくれたそうです。

こういう時に見せてくれるのは人の本質なんでしょうね。

 

神野さんは小曽根さんと出会った瞬間から「あ、私が結婚するのはこの人だ」と思ったそうです。実際にコンサートから三ヶ月で結婚して20年も一緒にいるのですから感じたものは本物だったようですね。

 

ですが、日本の女優と世界的なピアニストでは一緒にいる時間は少ないようです。

すれ違いが多い中でも日常生活を大切にしてなんでもないところをシェアすることで価値観や感覚にズレを起こさないようにしているようですね。

 

こういう努力ができるお二人は本当に素敵な夫婦ですね。

 

 

まとめ

 

読んだ本に共鳴を受けて夫となる人を感覚でわかる神野さんは大切な出会いを逃さない人なのかもしれません。まだ映像作品は少ないですがこれからさまざまな作品に出会って活躍の場を広げていくことでしょう。

これからの活躍に期待です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です