ドラマ大好き人間によるキャスト、あらすじ、感想、見逃し動画配信情報などのネタバレ情報

  1. ルパンの娘

ルパンの娘エンディング主題歌はサカナクションのモス!配信や発売日MV情報

フジテレビ系で7月11日(木)から始まる新ドラマ「ルパンの娘」は深田恭子(ふかだきょうこ)さんが主演です(^^)

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

【公式】木10ドラマ『ルパンの娘』さん(@lupin_no_musume)がシェアした投稿

横関大さんの小説が原作で、泥棒一家の娘と警察一家の息子のロミオとジュリエット的な恋愛を描いたラブコメ。

このドラマで今回わたしが注目したのが、エンディング主題歌です。

歌はサカナクションの「モス」♪さて、どんな曲なんでしょうね?

MVやリリース情報、それにサカナクションについてもまとめてみました。

ところで「モス」ってどんな意味???

スポンサーリンク

ルパンの娘ってどんなドラマ?

ダメ恋動画を無料視聴する公式見放題!深田恭子×ディーンフジオカ

フジテレビ系木曜劇場で連ドラ「ルパンの娘」が新しくスタートします。

原作は横関大さんの小説で、2015年8月に単行本が、そして2017年に文庫本が刊行され、ロングセラーとなりました。

泥棒一家の娘と警察一家の青年による禁断の恋愛。様々な困難が襲い掛かるなか、愛を貫こうとする二人のラブストーリーです。

主演の泥棒一家の娘、三雲華を演じるのが深田恭子さん。そして警察一家の息子、桜庭和馬を演じるのが瀬戸康史さんです。

脚本は「ストロベリーナイト・サーガ」「グッドドクター」「海月姫」「僕たちがやりました」などの徳永友一さん。

プロデューサーは「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」などの稲葉直人さんです。

深田恭子さんが演じる三雲華は、悪党しか狙わない泥棒一家「Lの一族」の娘。盗みの才能を持つものの、家業を嫌い普通に暮らしたいと思っています。

ですが盗みの先にはいつも華が大好きな和馬がいて、和馬を助けるためについつい泥棒の手助けをしてしまうという結果に・・・(^_^;)

一方和馬は華を家族に紹介するも、警察の人間ではないということで結婚を反対されてします。

一族の悲願である警視庁捜査一課に移動となれば、華との結婚を認めてもらえる、ということで警視庁内で有名な華の一族である「Lの一族」の逮捕に燃えることになります。

なんとも切なくおかしい(笑)ロミオとジュリエット。

このドラマに花を添えるのが、サカナクションのエンディング主題歌「モス」♪

さて、この「モス」ってどういう意味なんでしょうね?

ルパンの娘のエンディング主題歌はサカナクションのモス?モスってナニ?

下剋上受験で深田恭子が可愛い!入浴シーンやパジャマ姿などファン歓喜?

「ルパンの娘」のエンディング主題歌はサカナクションの「モス」です♪

このドラマのために書き下ろし・・・ではなく、実はもうリリースされているアルバム『834.194』に収録されている曲なんです(^^)

このアルバムが発売されたのが今年の6月19日でした。

このアルバムはオリコン、ビルボードともに2位とやはり安定の売り上げ。

2枚組全18曲入っていて、「モス」はディスク1の6曲目に収録されています。

さて、この「モス」って聞くとやっぱり思い出すのはモスバーガー(笑)でも当然この曲はモスバーガーとは1ミリの関係もありません。

ではモスとは???

答えはサカナクションのリーダーで、この曲を作った山口一郎さんご本人が明かしていました!

モスの答えは蛾!そう、あの虫の蛾なんですね~。

山口一郎さんがTOKYO FMの番組に出演したときに、「モス」についてこのように解説していました。

もともと「モス」には「マイノリティ」という仮タイトルがありましたが、誤解されやすい言葉でもあることから「モス」に変えたそうです。

マイノリティには性的なものや民族的なものもありますが、山口一郎さんが言いたかったのは、こういうことなんだそうです。

みんなが好きというものを、好きと言いたくない。

自分の中にある、好きなものを選ぶっていう性質のマイノリティのことだった。

でもタイトルを「マイノリティ」にしてしまうと、この時代下手をすると炎上してしまうかもしれません(笑)

グローバルすぎて確かに誤解を招いてしまうかもしれませんよね。

そこで違った表現に。。。ということで「モス」になったそうです。

引用元 https://tfm-plus.gsj.mobi/news/R7Enu6rH0S.html?showContents=detail

確かに歌詞の中に蛾や繭なんていうフレーズが出てきます。そしてMVに出てくるのも繭。

この「モス」は、GYAO!でMVが先行公開されています。後半まで繭しか登場しませんが(^_^;)

でもちょっと懐かしいような楽しい曲です♪

今回ドラマのタイアップは『dinner』以降6年ぶりだというサカナクション。山口一郎さんは、主演が深田恭子さんだと聞いて、小さくガッツポーズしたそうです(笑)

そしてプロデューサーの稲葉直人さんはこのようにコメントしています。

ドラマのコンセプトはヘンで笑ってしまうけど、カッコよくてクセになる世界観。

なので独創的でカッコイイ楽曲にしたいと思っていたときに出会ったのが「モス」でした。

初めて聴いた瞬間からドラマと音楽の化学反応を確信しました。

もう、プロデューサーの一目惚れ(一聴惚れ?)なんでしょうね(^^)

主題歌に負けない面白いドラマにしたい、と語る稲葉プロデューサー。

きっと楽しいラブコメになると期待しています!

サカナクションのプロフィールは?

神部茂役は瀬戸康史!まんぷく出演俳優出演ドラマは海月姫や仮面ライダー?

サカナクションは2005年に結成、2007年にデビューした男女5人のロックバンドです♪

サカナクションとは「サカナ(魚)」と「アクション」を組み合わせて付けられたそうです。

小樽出身で釣り好きな山口一郎さんぽいネーミングですね。

ではメンバーを紹介します。

山口一郎(やまぐちいちろう)38歳

ボーカル・ギター担当。バンドのほとんどの作詞作曲をしています。

小樽出身で実家が喫茶店だったという山口一郎さん、常に音楽に囲まれる環境にあったんでしょうね。特にフォークが好きだったそうです。

突発性難聴で右耳がほとんど聞こえない状態だったそうですが、低い音なら聞こえるようになったそうです。

釣りや俳句が好きで、父親が好きだった中日ドラゴンズのファンでもあります。

岩寺基晴(いわでらもとはる)38歳

ギター・コーラス担当。

札幌出身でサカナクション結成前から「ダッチマン」というバンドを山口さんらと組んでいました。

草刈愛美(くさかりあみ)39歳

ベース・コーラス担当。

東京出身で愛称は「姐さん」(笑)

10代のころからいろんなバンドに参加していて、札幌のインディーズでは名の知れた存在でした。

岡崎英美(おかざきえみ)35歳

キーボード・コーラス担当。

山口一郎さんと同じ小樽出身で、HMV小樽店で山口一郎さんとともにアルバイトをしていたそうです。ちなみにバイトでは岡崎さんが先輩でした。

江島啓一(えじまけいいち)37歳

ドラムス担当。

札幌出身でサカナクションの前には「刀狩り」というバンドに加入していたそうです。

札幌の高校に通っていた山口さん、このときに岩寺さんらと「ダッチマン」を結成していましたが、メンバーが全員なぜか脱退(笑)

一度辞めた岩寺さんが復帰し「サカナクション」を結成したのが2005年でした。

サポートメンバーで札幌を拠点にライブ活動をしていましたが、2006年に音楽仲間だった草刈さんとHMV小樽店の同僚、岡崎さん、それに知り合いの知り合い(笑)だった江島さんがサポートとして加入、メジャーデビューのときに正式メンバーとなりました。

2007年にアルバム『GO TO THE FUTURE』でビクターよりメジャーデビュー。

2008年アルバム『NIGHT FISHING』をリリース、この年には8本もの大型野外フェスに出演、新人としては最多となったそうです。

確かにサカナクションって、フェス映えしますもんね~♪

その後、出すアルバム全てがオリコントップ10入りとなるメジャーバンドに。といっても枚数は少なく(^_^;)、6月に発売された最新アルバム「834.194」は7枚目。

メジャーデビューから12年で7枚とは他と比べると少ないかもしれませんね。

でもそれだけ練り上げた完成度の高い作品ばかりということ!

今回の「834.194」からも「ルパンの娘」のほかにタイアップがずらりと並んでいます。

「忘れられないの」ソフトバンクCM

「ナイロンの糸」大塚製薬CM

「ワンダーランド」news23テーマソング

「アルクアラウンド」オオカミちゃんには騙されない主題歌

すごいですよね~むしろいろんな方面の方々がサカナクションの新曲を狙ってる(笑)といった感じなんでしょうか。

今回書き下ろしではなく、プロデューサーの耳に突き刺さった(笑)形でドラマ「ルパンの娘」のエンディング主題歌に採用されました。

さて、どんなエンディングなのか、ワクワクしますね!

まとめ

海月姫瀬戸康史のシャワー全裸ハグの行くなにキュンな画像動画は?

7月11日(木)よる10時から始まる深田恭子さん主演のドラマ「ルパンの娘」は、横関大さんの小説が原作です。

世にも不思議なロミオとジュリエットなふたりのラブストーリ、さてどうなるのでしょうか?

そんなドラマ「ルパンの娘」のエンディング主題歌がサカナクションの「モス」です。

モスは蛾の意味ですが、直接蛾とは関係なくその奥にはマイノリティがありました。

この「モス」は先月発売されたサカナクションの新アルバム『834.194』に収録されていて、GYAO!にてMVが公開されています。

独創的でカッコよく、軽快で楽しい「モス」、どんなエンディングになるのか楽しみです!

ルパンの娘の最近記事

  1. ルパンの娘円城寺役の大貫勇輔はミュージカル俳優?

  2. ルパンの娘2話動画を無料視聴!見逃し公式【7月18日】

  3. ルパンの娘おばあちゃん役はどんぐり!キャストはカメラを止めるな女優

  4. ルパンの娘年齢設定!小沢真珠が深田恭子の母で栗原類など実年齢は?

  5. ルパンの娘はキャッツアイのパクリで似てる?衣装が話題

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

朝ドラまんぷくおすすめ記事

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

いだてん 東京オリムピック噺【大河ドラマ】

アーカイブ

カテゴリ

PAGE TOP