IQ246第9話の感想は御前会議ってSPECのパロディ?矢部謙三の再登場も話題?

スポンサーリンク

セミファイナルを迎える『IQ246~華麗なる事件簿~』ですが、前回のラストマリアTが服毒自殺を謀っていましたね。どうなったか非常に気になるところです。

IQ246』第9話を見ての感想のまとめとあらすじのネタバレをいってみましょう。

 

 

IQ2469話のあらすじとは?

奏子(土屋太鳳)の活躍により、殺人事件の容疑が晴れた沙羅駆(織田裕二)は無事に北鎌倉の屋敷に戻るが、戻った矢先、沙羅駆たちのもとに刑務所に拘留されているマリア・T(中谷美紀)が服毒自殺を謀り、搬送先の病院で息を引き取ったとの連絡が入る。
すると時を同じくして御前会議のメンバーの黒木(上杉祥三)が法門寺家に来訪。対面した沙羅駆は黒木から政財界のある要人が手術で極秘入院することになった為、秘密裡に警護の指揮を執って欲しいと要請される。賢丈(寺島進)は黒木の要請を引き受けるよう沙羅駆を促がすが、沙羅駆はマリア・Tの件を解くことが優先だと、黒木の申し出を即座に拒否する。

その後、沙羅駆は奏子と賢正(ディーン・フジオカ)を伴い、法医解剖室へマリア・Tの遺体を確認に訪れる。遺体と対面した沙羅駆はマリア・Tの遺体を一目見た途端、あることに気付く。そして、マリア・Tが自分たちを監視していると察した沙羅駆が解剖室の監視カメラに呼びかけると案の定、解剖室のパソコンにマリア・Tが姿を現し、「あなたの大切なものが、私の手の中にある」との意味深な言葉を残して消えてしまう。マリア・Tの挑発に憤る賢正。と、そんな賢正に賢丈が車にはねられ病院へ搬送されたとの連絡が入り、沙羅駆ら3人は病院へと急行する。沙羅駆たちが見守る中、賢丈の手術が始まるのだが、その矢先、病院内の電気が停電。沙羅駆は病院の電源が何者かによってハッキングされ、オペ中の賢丈の命はもちろん、病院の患者全員の命がマリア・Tに掌握されてしまったと悟る。
と、そんな沙羅駆に、警視総監の棚田(篠井英介)から沙羅駆が警護の指揮を依頼されていた要人つまり御前様(井上真樹夫)が入院する病院の電源がハッキングされてしまった為、沙羅駆に病院へ来て欲しいとの連絡が入る。
奇しくも御前様が入院した病院とは賢丈と同じ病院であった……。

引用元 http://www.tbs.co.jp/IQ246/story/

 

IQ246第9話の感想とは?

始まりました!『IQ246』の9話。前回のおさらいしてると思ったら…マリアTの服毒自殺を発見したのはケイちゃん(相席スタート)でしたね(笑)

無事、北鎌倉の自宅に帰ってきた沙羅駆は、マリアTの自殺の報を受けるも御前会議の「あの方」の警護の指揮を執る依頼が来ました。しかし、マリアTの事件を優先にした沙羅駆は、依頼を断りマリアTの遺体の元へと向うのでした。

 

というか「あの方」って誰?って思ったのですが…基本的には物語にあまり関係ない方だったことを全部見終わった後に気づくのでした(笑)

マリアTの遺体をひと目見て「剥がしてください」という沙羅駆・・・遺体はマリアTの変装をした別人でした。前々から思っていたのですが、沙羅駆って頭が良いと言うより観察眼がスゴイ人なだけのような気がするwww。頭を使って事件を解明しているより、見たものを整理している風ですよね。

それにしても賢正のマリアTへの憎しみがエゲツないですよね。「命に変えても殺してやる!」とか尋常じゃないですよ。と思っていたら…賢正は以前、マリアTに利用されて沙羅駆を殺害しそうになっていたんですね。ということは、賢正の逆恨み的な感じですね。「マリアTめ、騙しやがって~」的な(笑)

 

それはさておき…賢丈が~!!車に轢かれて病院に運ばれたって~。私の大好きな賢丈が。釣りにダンス、ゲームなどなどアクティブにこなす男なのに車に轢かれるなんて…おのれ!マリアTめ!!

そして、奏子と賢正の距離が近づいてきましたね。以前よりも奏子の賢正に対する言葉遣いが馴れ馴れしくなっている気がします。

賢丈と「あの方」の手術中に病院がハッキングされてしまい、再び沙羅駆に警視総監から依頼が来るが、賢丈とマリアTを優先してまたしても断ってしまうのでした。

しかし、賢丈を助けるということは「あの方」も助けるということなんですけどね。

 

怒りが頂点に達した賢正は、「殺してはならん!」という沙羅駆と決別し、単独行動をすることになりました。

賢正と別れた沙羅駆は、奏子と二人で事件解決に動き出します

まずは病院の院長の元へ・・・この人は怪しいですね。犯人ぽい雰囲気がガンガン出ています。でも違うんですね。今までと違う流れ…本当の悪人を倒すために犯行に及んだ犯人

 

そして、沙羅駆の書斎に入ることを許された奏子。認められて良かったですね(笑)

マリアTに射殺許可が降りたことを利用して、沙羅駆の罠発動。マリアTにアクションを起こさせ居場所を暴く

IQの高い人間の『死』に対する考え方は…実に面白い!解ってしまってつまらないから生きていても仕方がない

奏子の「たった1つの命の大切さ」が胸に響きました。「さすがは、私の護衛係だ

一方の賢正は、葉巻に銃の手入れをして、ブラック賢正の完成!かなりのイケメン具合にビックリです。

 

いよいよ、謎解きの時間。

過去に医療ミスをした院長に恨みを持ったモノの犯行。動きを見せた犯人を確保。手術ミスで妻を失った男にマリアTから例のごとくメールが届いていたのでした。ついにマリアTに繋がりました。

電力ハッキングも無事解除し、賢丈と「あの方」の命は救われました

そして今回は犯人にではなく、医療ミスを隠して権力にすがりつく院長に対して「その思考、醜悪至極なり!」が出ました。

そして、マリアTの居場所を特定した沙羅駆は単身マリアTの元へと赴きます。沙羅駆とマリアTは、人間について、『死』について語り合う。犯罪を助長するマリアTの考えを真っ向から否定する沙羅駆「人は何のために言葉を話すのか?

そこへ拳銃を持った賢正が乱入。マリアTに向けて発砲しますが、沙羅駆がマリアTをかばって銃弾を受けてしまうのでした。

銃弾に倒れる沙羅駆。駆け寄る奏子。「人間は言葉で理解し合う。獣のように殺し合う必要は無い」という沙羅駆の言葉に我に返る賢正は、拳銃を捨てて沙羅駆の元に駆け寄り許しを請うのでした。

しかし沙羅駆は、子供の頃の賢正の言葉に感銘を受けていた事を伝え、「賢正。お前は私の唯一無二の執事だ

そして奏子には「正直で純粋な・・・役立たず」カク!死んだかと思いきや痛さで意識が遠のいただけでした(笑)。

その場から姿を消したマリアTは、警視総監のフリをして沙羅駆の射殺命令を下すのでした。射殺命令を受けた沙羅駆の運命やいかに!!

 

しらせてくれたのは…今回出番がなかった山田と今市でした。この二人なんだかんだ名コンビですよね(笑)

 

IQ2469話の感想まとめ

 

スポンサーリンク

 

それでは『IQ246』第9話の皆さんの感想を見ていきましょう。

「犯人役の人、だいたい演じている人を丸々嫌いになる(要は演技が上手い)んだけど、中谷美紀さんのマリアTはあまりにも美しすぎて嫌いになれない。もっと拝みたい。」

「面白かったです!!!ドキドキしました!益々最終回が楽しみですが 寂しい~~~シリーズ化お願いしますね!!!

「法門寺は奏子のことをよく「凡人」って言って小馬鹿にしてるように見えるけど、実はある程度彼女のことを認めてるんだなぁと、先週と今週の回とおして観て思った」

IQ246ってほんまに1時間短く感じる… 法門寺さんが奏子ちゃんのこと認めたり、奏子ちゃん精一杯命の大切さ法門寺さんに伝えたり、賢正さんも考え直したし、捜査一課の人たちも協力してくれたりもうなんかどんどん仲間になっていく感じたまらなく好き! 最終会気になるけど終わってほしくない…」

「今回のいちおしはマリアTと沙羅駆さまの対決ですよね。 思わず手が胸の前にきて祈ってました(神々しくて) クリスマスターキーとおせちが一緒に来た!みたいな。 Oh my God!!」

「今日の話、いろいろ回収できてない部分あったけど最終回でちゃんと回収されるのかな?疑問に思うところも多々あったけど最終的には賢正かっこいい」

「今週も無事死亡回だった… 若は子どもの頃一度会った賢正に言われた言葉で救われ、賢正は行き場を失った自分を救ってくれた若に忠誠を誓い改心した、と。主従最高かよ」

「なんやかんや無事に解決して屋敷でみんなでわいわい言い合いながら沙羅駆さんのああ~暇だ 暇だENDを期待したい。」

「最終回に近づくたび、太鳳ちゃんのセリフが多くなって、展開も複雑になって、引き込まれていく。 はやく完結してほしいけど終わるんわ嫌やな」

「沙羅駆がマリア・T様を庇うところもすっごくよかった!マリア・T様のこと好きなの?!その後しれーっと逃げて、沙羅駆に射殺許可命令を出すマリア・T様♡好き♡」

「来週で終わってしまうのは寂しいよT_T 変人に見えるけどどこまでも優しい沙羅駆さん、冷静沈着に見えて熱い魂を持つ賢正さん、どこまでも純粋でまっすぐな奏子ちゃん。 この3人が大好きです。 続編か映画化希望です!!」

次回最終回ということで、終わりを嘆く声と続編を願う声が多いですね。さらに監察医・森本からマリアTに転身した中谷美紀さんを絶賛する声も非常に多いです。

終盤になってきて、大分見慣れたのか?賢正のイケメン推しと沙羅駆のしゃべりイジリは大分少なくなりましたね。

 

SPECのパロディと話題?

そしてIQ246恒例のパロディ?ですが第9話はあのドラマ「SPEC」のパロディ??と話題になっていました。

以下、ツイートです。

御前会議ってあのSPECの?

 

御前会議メンバーって世襲制だったよね確か

 

御前会議っていわれると、スペックを思い出すなぁ

 

御前会議…演 – 戸田恵子さん山寺宏一さん平田広明さんほか..井上真樹夫さん!

 

RT いや見てるけど御前会議ってことはSPECとIQ246とATARUで混乱してるんだけどw

 

御前会議って聞くと、SPECと同じ世界線なのか、と思ってしまう。

 

御前会議ってSPEC思い出すんですけど、しかも御前は井上真樹夫さんって。

 

「IQ246」織田裕二の怪演もあって楽しみに見てたけど、終盤に来てチョット話を盛り過ぎたかな…御前会議ってギャグかよ!(>_<)

 

眠れなくて #IQ246 見てた! 御前会議に矢部謙三にお腹一杯♪ そーいや神の舌の映画見に行かなきゃ

 

御前会議や御前様が出てきて更に法門寺さんの「マリア・Tは死にたがってるんじゃないか」発言を見てて、マリア・T=柴田の姿を借りた朝倉なのでは無いかと…

御前会議がかなり話題になっていましたね!

「SPEC」との関連があるのか偶然なのかは不明ですが・・・やっぱり今までの傾向を見ていると、全く関係がない気はしません(^_^;)

また第2話にも登場していた「トリック」の矢部謙三の登場も話題なっていました。以下、ツイートです。

山田さん今市さんコンビでスピンオフあったらウケるなwww 何てったって、矢部謙三あったもんなwww( ´ ▽ ` )ノ

 

今日は頭抑えながら走って行く矢部謙三がいたね。

 

さっき録画したIQ246に 矢部謙三の姿が(笑)

 

そういやIQ246に矢部謙三おったな! 後ろ姿だけだけど笑

 

矢部謙三がIQ246でズラ押さえてたっ ٩(๑•ㅂ•)۶

 

また矢部謙三がいた(^^)

最後までぶっこんで来ますね(笑)

 

まとめ

今回『IQ246 ~華麗なる事件簿~』の第9話の感想をまとめてきましたが、最終回を前にして視聴者の目線も余分な物を排除して、純粋に楽しんでいる印象を受けました。

次回は最終回。沙羅駆とマリアTの対決の結末やいかに!!非常に楽しみですね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です