IQ246で御前様役の井上真樹夫は干された過去があるの?出演ドラマについても

スポンサーリンク

12月11日放送の「IQ246」の第9話は捕まったマリア・Tが白い錠剤を飲んで倒れるという驚きの展開から話が始まります。まだまだわからないことだらけですよね。
そして。9話は政財界の要人が極秘入院するので警護の指揮を執って欲しいと要請された沙羅駆がマリア・Tの件が優先するために拒否します。調べている最中に賢丈が事故で病院に搬送されたという連絡が入るが、そこは要人が入院している病院だったんです。そこでハッキングによる停電が起きてしまいます。どこまで仕組まれたものなのか気になるところです。

今回は手術のために極秘入院をした御前様役の井上真樹夫さんの出演ドラマについてまとめてみました。また、気になる干された過去という噂についても調べてみました。

 

 

井上真樹夫のプロフィールとは?

名前:井上真樹夫(いのうえ まきお)
生年月日:1938年11月30日
出身地:山梨県
所属:青二プロダクション

引用元:https://www.aoni.co.jp/search/inoue-makio.html
井上さんは16歳の頃からドラマに出演しています。俳優さんですが、声優としての活動のほうが多いようですね。

まだ専業声優が確立していないときから吹き替えなど活動していました。
現在の井上さんは78歳となります。まだ現役でお元気ですよね。

芸能界には定年なんてないのでいつまでも活動はできますが、余計な御世話なのかもしれませんが、個人的に体調を崩さないか心配にはなります。

 

井上真樹夫さんの出演ドラマは?

 

スポンサーリンク

 

あすをつげる鐘「オリザニン誕生 鈴木梅太郎」(1961年)
特別機動捜査隊 第281話(1967年)
土曜ナナハン学園危機一髪(1980年)
安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜(2013年)
家族狩り(2014年)
アオイホノオ(2014年)
まっしろ(2015年)
ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜 (2015年)

俳優としての活動は少なく、名前のあるキャスト出演となるとごくわずかです。
ですが、最近はゲストですが出演が増えてきました。
「安堂ロイド」(2013年)で大臣役で出演したことをきっかけにあちらこちらで出るようになりました。

「家族狩り」(2014年)では認知症が進んだおじいちゃん役などもこなしています。
本人もこの年齢で顔出して俳優業ができることに驚いているみたいですね。

普通のおじいちゃんから存在感のある大物役までこなせるのでこれからまだまだ出演が増えていきそうですね。
体調には気をつけてほしいところです。

 

井上真樹夫さんは干されていた?

噂の出所は本人のブログやツイッターでした。事務所が仕事がくれない、声の仕事が現在無いなど言っていたことがあるそうです。
井上さんのほとんどの仕事が吹き替えです。
少し昔のアニメではかなり有名な役の声をしていました。

「巨人の星」 花形満
「宇宙海賊キャプテンハーロック」 ハーロック
「ルパン三世」 石川五ェ門

その中でも代表作であり有名なのがこのあたりでしょう。
声優の名前を覚えていなくても言われたらわかる人も多いのではないでしょうか。
ですが、最近はほとんど声の仕事はないようです。
ルパン三世シリーズが大幅に変更されたことも話題にもなりましたね。

理由としてあげられているのがやはり、年齢的な声の質の変化ですね。若かりし頃とは違ってくるのは当然なので仕方ないことかもしれません。
他にもベテランで有名ということでギャラが高いというのもあるかもしれませんね。

声優さんは若い人でもおじいちゃんの声を出すことはできますが、顔出しの俳優ではやはり限界があります。井上さんだからこそできる役はこちらにあるのかもしれませんね。

まとめ

声優として長いこと活躍されてきた井上さん。
今だからこそできる俳優としての仕事にこれから出演が増えるかもしれません。
高齢でも現役で頑張っていくようなので応援していきたいです!

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です