IQ246第8話の感想はクリスマスツリーの点灯式が砂の塔と類似?ロケ地はどこ?

スポンサーリンク

ついにマリアTが逮捕されたと思ったら今度は沙羅駆が逮捕されてしまう?

展開が気になる『IQ246~華麗なる事件簿~』ですが、いよいよクライマックスに近づいてきて、今までにない展開も多くなってきています。

今回はIQ246』第8話のあらすじのネタバレと感想のまとめをしていきます。またネットでも話題になっていたクリスマスツリーの点灯式のロケ地についてまとめてみました。

 

 

IQ2468話のあらすじとは?

沙羅駆(織田裕二)の護衛係を務める奏子(土屋太鳳)のパソコンが何者かにハッキングされ、奏子が書き留めていた沙羅駆に関する調査報告書が世間に流出。“マリアT”が裏で操っていた一連の殺人事件を沙羅駆が解決していたことがマスコミに取り上げられ、沙羅駆の存在が一躍世間に知れ渡ってしまう。

そんな矢先、都内のとある一軒家で爆発が起こり爆発跡からその家の住人でフリーライターの九鬼(小島康志)という男が刺殺体で発見される。現場にあった凶器のナイフから沙羅駆の指紋が検出され、そのうえ周辺の目撃情報からも沙羅駆を見たとの証言が多数あがり、なんと沙羅駆が殺人容疑で警察に連行されてしまう。茫然とする奏子や賢正(ディーン・フジオカ)をよそに、警察に拘留されても一人落ち着き払い飄々とした態度の沙羅駆。殺された九鬼はスキャンダルをネタに金を要求するいわゆる“ブラックジャーナリスト”で、実は沙羅駆についても告発記事を執筆し週刊誌に発表する予定だったことが判明。それにより二人の繋がりも見つかり、警察では益々沙羅駆への容疑が深まっていく。

そんな中、奏子は沙羅駆の無実を主張し、真犯人を見つけ出そうとするが、捜査本部からは事件への関与を禁じられてしまう。

一方、捜査本部では捜査を指揮する警視庁捜査一課管理官・牛田寛人(稲垣吾郎)が、沙羅駆に対し九鬼殺しの容疑者としてだけではなく、これまでのマリアTが黒幕だった一連の殺人事件の真の首謀者ではないかという疑惑を向けていた。実は牛田と沙羅駆は8年前、牛田が指揮を執っていたある事件から続く因縁があったのだ。その事件で沙羅駆に苦い経験を味合わされた牛田は、沙羅駆の人並み外れた頭脳に関して身をもって知るがゆえに、沙羅駆であればその叡智を駆使して犯罪を操ることは可能だと考え、沙羅駆が犯罪者だと固執。沙羅駆は牛田から取調べを受けることになり、二人は運命の再会を果たす。

その頃、捜査への関与を禁じられていた奏子は独自に捜査を始めるが……。

引用元 http://www.tbs.co.jp/IQ246/story/

 

いつもと違うオープニング

 

スポンサーリンク

 

8話は、いつもの始まりと違いましたね。今まではカウントダウンからスタートだったのですが、いきなり本編スタートで驚きました。

「マリアT」の正体が解り、逮捕された事に関係があるんですかね。前のオープニングだと顔隠れていましたから…。

今回の事件のアリバイと思われるシーンからスタート。そして朝、7話でも話題になった奏子のスマホの呼び出し音「バンザーイ!ニッポン!!」

奏子のパソコンがハッキングされ、沙羅駆の情報がだだ漏れ状態に!!

今までに解決した事件が明るみになり。沙羅駆は大人気になってしまった。

北鎌倉のイケメン天才探偵・沙羅駆

「若様が衆人の目にさらされているのは、我慢なりません!」賢正、彼女みたい(笑)

 

偽沙羅駆殺人事件

アイドルがクリスマスツリーの点灯式と同時に起こった爆発現場から、ジャーナリストの死体が出た。複数の目撃者の情報と現場から出た指紋とDNAにより、沙羅駆は容疑者になってしまいました。と言うより、沙羅駆は国の重要人物でしょ?立場的に急な逮捕とかありえない気がするんですけど・・・設定、大丈夫(笑)

今回のゲストゴローちゃん。赤いアメ舐めながら登場。牛田管理官役

ヒーローから一転して容疑者にされてしまった沙羅駆は、留置所で生活もいつも通りな感じですね。本気になったら簡単に脱走できちゃうみたいですね(笑)

下手な筋書き…1つの趣向だと考えれば面白い」と自分の置かれた立場はあまり重要ではないのかな?

そんな沙羅駆を見て、真実にたどり着くと息巻く奏子は独自に捜査を開始します。

色々試みるもことごとく阻止され・・・犯人捕まったのに、捜査会議ってするの?もう意味なくない(笑)

法門寺家に戻った奏子は、賢正にもいいよるも…「はぁ~」銀食器の手入れ中!黒執事っぽい(笑)

何も手がかりがつかめないまま、沙羅駆の面会に行った奏子は「事実を積み続けても真実にはたどり着かない」「考えろ!頭を使え!」「見るのと観察するの」というヒントを貰い再び捜査へ・・・沙羅駆ならどうするか?を考えて…奏子のマネレベル高い(笑)

沙羅駆を目の敵にするのは、沙羅駆と牛田管理官には因縁があるんですね。

「似合ってない赤いネクタイ」は『踊る大捜査線』の織田裕二さんと一緒だー(笑)

「マリアTは醜悪な犯罪者」という沙羅駆に対して、「マリアTは沙羅駆が作り上げた幻想」という牛田管理官。法門寺家は法律の外にいる。

これまた独自に操作をする賢正は、浮浪者に先生?「執事か~」なんの先生なんでしょうか???

奏子の熱い思いを聞き賢正も一緒に真犯人を探す事になったのですが、奏子が買いに行ったパニーニ屋さんの店主が、河相我聞(かわいがもん)さん。ハイ!犯人確定。犯人ぽいゲストが居ない以上、ここで河相我聞は不自然すぎる。

沙羅駆を陥れようとする牛田管理官を賢正が殴る件。「君もそう思っているんだろ?」

奏子は見るではなく、観察することでスリを現行犯逮捕。沙羅駆の事件の決定的証拠を入手することに成功。奏子お手柄!!

証拠を揃え沙羅駆の元へ・・・イメージでも囲碁部屋に行けるんだ。

我們がやっぱり犯人だったのですが、「13」からメールが来たって!!全てを用意したのは「マリアT」だった。でも投獄中のはずですが…?

牛田管理官は、自分が指揮を取っていた事件の手柄を横取りされてしまった事を恨んでいた。要は逆恨みですね。負けたからって恨まれてたらたまんないですよね。しかも誤認逮捕って…洒落にならん

最後、無罪放免になり釈放された沙羅駆は、牛田管理官に対し「君は優秀だ。いずれ真実を掴むだろう。しかし私の周りには、信頼に足る人間がいる。きみはどうだ?」と問いかけた。

まっていろ!借りは必ず返す」牛田管理官は問いに答えた。

結局沙羅駆の危機に、捜査一課の山田・今市、監察医の足利も協力してくれて、なんだかんだ沙羅駆は信頼されているんですね。

釈放された沙羅駆を法門寺家一同でお出迎え、奏子に謝辞を述べた。

「黙らないと置いていくぞ。和藤奏子」って「ワトソンくん」て聞こえた~。

 

IQ2468話の感想とは?

では『IQ246』の8話を見て皆さんはどう感じたのでしょうか?

「もはやもう、半年のクールでやってもいいドラマかと思うけど」

「と言う事は、奏子は必要な人に 昇格したのですね」

「犯人役じゃないゲストは初めてだったね」

「違和感は真実につながる」

「牛田管理官、一話だけの登場なんて勿体ないから準レギュラーでどうですか?」

「法門寺助けるために、皆んな協力していってくれる展開、泣ける あのジャーナリスト、くそ過ぎる… 法門寺さんが、名前呼んだーー!」

「若様がそうこちゃんのなまえを呼んだきゅんきゅんする..

IQ246多方面でやばくてなんかもう……最高……わけわかんない……最高…………

そして中谷美紀の不気味さよ…」

IQ246、テレビでは決着つかずに映画化の予感」

「あまいあまいあまーい! 設定ゆるゆるで、たまにはあーって思っちゃうけど、なんでか観ちゃうんだよねー。始まるの待ってる自分がいる…。」

「マリア・Tはいなくなったらどうなっちゃうのさ」

「なんか、途中あからさま過ぎないか?と思ってたけどなんだかんだで良くなってるw

「牛田管理官今後も出てきそうな別れ方だったね〜。スペシャルドラマや映画化する際にはぜひとも吾郎さんを!!」

「名言続出なドラマだ〜(*´艸`*) なんて感慨深い にしても、吾郎ちゃん素敵でした」

IQ246の終わり方が読めないな〜〜」

「ああ、終わっちゃった。吾郎さんまた借りを返しに来てください。今日は吾郎さんに夢中でATARUな小道具を探せ!が出来なかったよ~。」

最終回に近づいてきて、続編や映画化、スペシャルドラマ化を熱望する方が増えてきましたね。さらに今回ゲスト出演された稲垣吾郎(いながきごろう)さんも出演を希望されています。あながち『シャーロック・ホームズ』のレストレード警部のポジションですかね(笑)

『シャーロック・ホームズ』の「モリアーティ教授」もどこまでも死なずに復活してくるので、続編も期待できるかもしれませんね。

クリスマスツリーの点灯式のロケ地は?あのドラマと同じ?

 

スポンサーリンク

 

第8話で出てきたクリスマスツリーの点灯式のシーンとロケ地があのドラマと同じ???とツイッターで話題になっていました。

以下、ツイートです。

IQ246冒頭のクリスマスツリーの点灯式が、砂の塔ででてきた点灯式と同じに見えた

 

砂の塔もIQ246もコクーンシティーで撮影したんだね。クリスマスツリーの点灯式の日って設定も一緒!

 

Q246見てるけど、今のクリスマスツリー点灯式、コクーンだったよね?えっ吾郎ちゃんきたの?新都心にっっ∑(・ω・ノ)ノ

 

IQ246のクリスマスツリー点灯式が砂の塔クリスマスツリー点灯式と同じ場所や

 

IQ246でディーンがコクーンのクリスマスツリーらへんにいるシーンがあって、もう死

 

あのクリスマスツリー、、、IQ246と砂の塔のロケ地、一緒じゃん!笑

ご指摘通り、菅野美穂さん主演のドラマ「砂の塔」の第8話で出てきたクリスマスツリー点灯式のシーンと同じロケ地のようですね。

「砂の塔」では菅野美穂さん演じる亜紀のファミリーが毎年見に行くイベントという設定でした。

同じ局なので、あえてのコラボなのか、偶然の一致なのかは不明ですが、砂の塔が先週の金曜日放送とごく最近だったので、反応している人多数でした。

ちなみに砂の塔の点灯式の回については、以下にまとめてあります!

 

そしてロケ地はたくさんの指摘があったので明白ですが以下です。

COCOON CITY(コクーンシティー)

住所:〒330-0843 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4丁目4−263−1

今年のイルミネーションの期間は2016年11月5日~2017年2月14日までとのことです。

デートでもファミリーでも楽しめそうですね!

2つのドラマで使われた撮影場所、是非足を運んでみてください。

 

まとめ

今回『IQ246』の8話の感想についてまとめてきましたが、ゲストの稲垣吾郎さんが続編の伏線になるのかも…と感じさせてくれました。

終盤に「マリアT」が自殺したシーンがありましたが、次回も見逃せなそうです。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です