シェフCHEF三ツ星の給食7話の感想!きたりえこと北原里英がお客で驚き?

スポンサーリンク

何事にもポジティブで星野光子に勇気づけられる視聴者が続出Chef~三ツ星の給食』ですが、気になる7話が放送になりました。

前回は、長年会えずにいた娘との再開で「泣きの回」でしたが、今回はどんなストーリーになるのでしょうか。

気になる料理ネタも踏まえながら『Chef~三ツ星の給食』の7話の感想のまとめをしていきます。

シェフCHEF三ツ星の給食7話のあらすじとは?

光子(天海祐希)999円の鴨のコンフィ一品で勝負する屋台は、連日行列ができる盛況ぶり。一方、篠田(小泉孝太郎)がオープンした「ネオ・ビストロ・ラ・レーヌ」も、若い客たちで賑わっていた。本家の「ラ・キュイジーヌ・ドゥ・ラ・レーヌ」も、相変わらず予約は3年待ちという人気で、篠田はご機嫌だった。早紀(友近)から「ネオ・ビストロ」の2号店をどこに出すのかと聞かれると、光子がいつも最高のヒントをくれるのだ、と不敵な笑みを見せる。

三つ葉小学校では、荒木(遠藤憲一)が、子どもたちに人気の「魚と野菜のハンバーグ」を改良すると言う。すでに人気のメニューを変える必要はないのでは、と晴子(川口春奈)が聞くと、子供たち自身が「野菜と魚を食べさせるためのメニュー」だと気づき残食量は減っているが、さらに食べ残しを減らす新メニューが必要だと荒木は返した。現状に満足せず、新メニューを考え始めた給食チームに、光子は、自分も屋台の新メニューを考案中だと明かす。

そんな折、光子が屋台の準備に向かおうとすると、目の前に巨大なキッチンカーが止まった。降り立ったのは篠田で、今日から光子と同業者だと告げた。「ラ・レーヌ」の新事業は、「ネオ・ビストロ」のコンセプトを進化させたフレンチ屋台「スタンド・ラ・レーヌ」だと言う。屋台での経験は自分が上だと言う光子に、篠田は屋台には屋台のルールがある、と自信の笑みを浮かべる…。

引用元 http://www.fujitv.co.jp/Chef/story/index.html

 

CHEZ MITSUKO vs ラ・レーヌ

シャラン鴨のコンフィを999円で提供し、光子の屋台「CHEZ MITSUKO」に対抗してきた、篠田率いる「ラ・レーヌ」ですが、今回は屋台のリングにも上がってきました。

星野光子はいつも私に最高のヒントをくれる」と言っていた篠原ですが、ただ光子の成功した事を後出しジャンケンしているだけの男なのに、自分の考えはスゴイ的な…自分に酔っちゃってる感じですね。

一方の光子は、一品しか出せない屋台のルールに限界を感じてきていて、新たな一手を考えていた。一品料理の「鴨のコンフィ」2流の鴨を更に美味しくするには・・・

CHEZ MITSUKO」の直ぐ側に「ラ・レーヌ」の屋台「スタンド・ラ・レーヌ」を開業した篠原は、屋台のルールを守った上で、フレンチのコース料理を出していた。

屋台で人気フレンチレストランの料理が食べられると長蛇の列を作っていた・・・のだがリピーターを得ることが出来ず、右肩下がりになっていく。その理由は「せっかくフレンチのフルコースを食べるなら、お店の中で落ち着いて食べたい」という初歩的なミスによるものであった。

『策士策に溺れる』とはこのことですね(笑)

「スタンド・ラ・レーヌ」のオープン以来、閑古鳥が鳴いている光子は新しい「鴨のコンフィ」に悩みながら、朝から『一世風靡セピア・前略 道の上から』からの『一休さん』パロディぶっ込んできました(笑)

そして、今回も給食で大きなヒントを得ることになりました。

意外な組み合わせの新しい味」「屋台のワクワク・ドキドキ感」「ガヤガヤ感」「ライブ感(寒い時の熱燗)」「夜のピクニック

給仕仲間達の会話から新しいアイデアが思いついた光子は「竹槍で戦車に勝つ」と意気揚々と屋台の準備に入るのでした。

新作の鴨のコンフィは、鴨のほぐし身を野菜などとミルフィーユ状に重ねて包み揚げしたもので、時期折々で最高の旬の食材で新しい味が生まれる。幾つもの味が楽しめて「最高に美味しい」一品が完成しました。

さらに、「鴨のコンフィ」似合わせてホットワイン「バンショ」も新登場!

話題が話題を呼んで、客が帰ってきてくれていました。

今回も見事、光子の勝利に終わりましたね。料理を愛する気持ちと美味しい物を食べて欲しいという気持ちの勝利と言ったところですね。

 

7話の学校給食

元々栄養満点で子供たちにも大人気の給食メニュー『魚と野菜のハンバーグ』は荒木のスペシャル料理でしたが、最近残食率が高くなっているので改良をするとあらきが言い出した。荒木の新メニューは、明らかに光子にインスパイアされてますね。

新メニュー『魚と野菜の重ね焼・ミルフィーユ仕立て』+『和テイストミルクポトフ』

光子と荒木のコラボ献立は、子供たちにも好評「最高においしい」頂きました(笑)

荒木のハイタッチ、スルーする光子にウケた(笑)

こんな給食みたことないですよね。ミルフィーユ仕立てってオシャレな響きの食べ物、大人になってから知りましたし…(笑)

 

常連客・きたりえ

スポンサーリンク

「きたりえ」ことNGT48の北原里英(きたはらりえ)さんがゲスト出演しました。

北原さんの役は、SHEZ MITSUKO」の常連客のOL・原田綾子で、先輩OLの野田早苗(小林きな子)とともに、アフター5に食べ歩きをするのが好きな女性です。

味は勿論のこと、値段やお店の雰囲気にシビアで「ザ・ OL」と言った感じですね。

Chef〜三ツ星の給食にきたりえが出てたんで見ました( ̄▽ ̄) このドラマ初めて見たんだけど、なかなか面白かったです♪( ´▽) 久々にドラマに出ているきたりえも見れて、とても良かったです(*´∀*)

「きたりえ まあまあ出番多いな」

「きたりえ 見てるよー!!!」

chefにきたりえだと?」

「『Chef 三ツ星の給食』に きたりえ出ててめっちゃ驚き笑 めっちゃ可愛かった!! たまたま見てて本間についてるわ笑」

「きたりえがドラマに出るって言うから、ちょっと気になって見てみた(*´∇*) 意外に沢山出てたわ 鴨のコンフィ美味しそう」

「今観てますよ♪鴨のコンフィ美味しそう!美味しいもの食べてお仕事出来るって幸せですよね!キャスティングありがとうございます!きたりえ頑張ってね♪」

「きたりえが「Chef~三ツ星の給食~」に出演キタアアァァ!」

chefにきたりえが出とる 久しぶりに見た」

「シェフにきたりえ出てびっくり!!!! 可愛い!!!! もっと出て欲しい」

「きたりえ可愛くててか演技うまかったんだけどとてもほんと女優いけるよ」

「三ツ星の奴にきたりえ出てる!!!」

「嬉しそうに笑ってる顔がたまんなかった(*∩ω∩*)

サプライズゲストなので、事前の発表がなかった分驚きの声が多いですね。

さらに、北原さん出演で『Chef』を見たという方も結構いらっしゃるようなので、視聴率にも一役かったようで何よりです。

オープニング「ラ・レーヌ」の屋台のオープンの時新作鴨のコンフィが出た時新作鴨のコンフィのりピーと来店要所要所の良いタイミングで出演していたので、かなり印象的でしたし、演技も自然で良かったと思います。

 

シェフCHEF三ツ星の給食7話の感想とは?

では、皆さんの感想を見てみましょう。

「うっわ。ここまで酷いことする経営者の元で働きたくない」

「パクるんじゃねーぞ!このサンドバッグ野郎」

「うわぁ、うぜーな…… ただのパクリだよな」

Chefのラレーヌオーナーっていっつも光子のパクリでしかないよね。自分でアイデア出せないのかな?ネタ尽きちゃったのかな??」

「天海さんのドラマは、いつ見ても当たりですね。chefも、最高に面白い!!!」

chef見てたらきたりえ可愛いぃー。てか、寒いからホットワイン飲みたい。バンショ?バイショ?みつこ?ちえこ?」

「わー…オーナーの姿…さびしい…」

「いいよねChef 天海祐希の演技が見てて楽しい」

「あーわかるわー 冷えた体にホットワインとか最高やもんなーー」

「なんだかんだいって二人は最高のビジネスパートナーだったってことか」

「目の敵にしすぎてオリジナリティー出そうとしないからだよ… 真似。っていうのは、やっぱ頭打つよね。何事も。」

「まあ、結局二番煎じはオリジナルには勝てないってことだよ」

「策士策に溺れるとい言うか、嫌がらせ主体だからニーズの読み取りが甘いんだね」

chef見てるけど、性格悪すぎるわ……」

「こんな当てつけみたいな経営方針でいい結果になるとは思えねえな」

100点のレシピを経営者が入手しても、シェフはそれを120点に出来るが経営者には出来ない」

ここまで見てきて皆さん薄々気づいているとは思いますが…小泉孝太郎(こずみこうたろう)さん演じる篠原章吾は本当に「器のちっさい男」ですね。

何が彼をソコまでさせるのかは、まだ明らかにされていませんが、よっぽどの理由が無いと、この嫌がらせは許すことは出来ませんね。

ただ、金に物を言わせて光子の猿真似ばかりしている篠原は、どんどん自爆していっているので「ざま~みろ~」って感じです。

小泉孝太郎さんの演技力があるからこそ、いちいち姑息なやり方が「なんなのコイツ!」となってしまいますが、小泉さんの好感度は落ちる一方なので、大丈夫なんでしょうか?

さらに、フレンチが題材のドラマだけあって、料理に対するコメントも多いのですが、今回のホットワイン「バンショ」は非常に評判が良かったですね。

放送日が、首都圏で50年ぶりの11月の積雪を観測したので、寒さに対してホットワインの暖かさに「飲みた~い」となった方が多かったようですね(笑)

 

今日の光子の一言『強い者が勝つのではない。勝った者が強いのだ。byベッケンバウアー

 

まとめ

今回『CHEF三ツ星の給食』の7話の感想のまとめをしてきましたが、主人公の光子は、いろんな障害を乗り越え、少しづつ着々と三ツ星レストランオープンに近づいてきていると言った感じでしたね。

次回は、水道水にサビが混入して学校給食の危機…だそうです。光子は乗り切れるのか?楽しみですね。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です