ドラマ大好き人間によるキャスト、あらすじ、感想、見逃し動画配信情報などのネタバレ情報

  1. スキャンダル専門弁護士 QUEEN

スキャンダル専門弁護士queenネタバレ!原作脚本家キャストまとめ

2019年の1月から始まる木曜日のフジテレビドラマ「スキャンダル専門弁護士queen」。

フジテレビでの6年ぶりの連ドラ主演の竹内結子(たけうちゆうこ)さんと、水川あさみさん、斉藤由貴さん、バカリズムさん、中川大志さんなど実力派と個性派の楽しみなキャスト陣も話題です。

今回竹内結子さんが演じるのは弁護士役なのですが専門は危機管理で、なんと法廷シーンがないという新しい異色の弁護士ドラマです。

なんとスピン・ドクターという日本ではなじみのない言葉もでてきます!

今回はドラマ「スキャンダル専門弁護士queen」のあらすじ、原作、脚本家、キャストなどなどドラマについてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

スキャンダル専門弁護士queenのストーリーは?スピンドクターって!?

では、今までの弁護士ドラマは違うと言われているあらすじ、ストーリーご紹介していきます。

竹内さん演じる主人公・氷見江(ひみ・こう)は弁護士ながら専門は危機管理で、その主戦場は法廷ではなくスキャンダルの裏側。

これまで社会的窮地にいるクライアントを99.9%の確率で救ってきた天才トラブルシューターであり、必要ならば嘘すら正義に変える凄腕のスピン・ドクターです。特に氷見には「危機にある女性の最後の砦」という信念があり、女性を救うためであれば手段を選ばず、どれほどの逆境であろうと覆すことを絶対に諦めません。ドラマはそんな氷見がさまざまなスキャンダルと対峙し、逃げ場を失い崖っぷちに立たされている女性の心に寄り添い、手を差し伸べ、危機から救うべく奔走する姿を、斬新な映像で描いていきます。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/QUEEN/introduction/index.html

法廷シーンが全くない弁護士ドラマなんて、今まであったでしょうか?

それだけでも面白そうで楽しみなのですが、情報を操作する「スピンドクター」なる用語。

情報発信者は誰であろうと、多かれ少なかれ、その情報が自分にとって得か損か、という心理が働いてしまうものです。そんな中でも、情報を自分の有利な方向へ仕向ける特別な技術を持ち、その技術を駆使して緻密な戦略のもと、印象を変え、正当化し、人々の心を動かす、まさに世論の振り付け師とも言うべき人間、それがスピン・ドクターです。

情報操作をする技術を持った人のことのようなのですが、以下に詳しくまとめてあります!

スピンドクターとは意味は?スキャンダル専門弁護士QUEENで実在?

そして具体的にドラマの内容は。

「危機にある女性の最後の砦」という信念を持つ。『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』では女性を救うためなら手段を選ばず、逆境にも屈しない氷見が、政治、芸能、スポーツなど様々な業界のスキャンダルに対峙し、逃げ場を失った女性たちを救うべく奔走する様が描かれる。

セクハラ、パワハラ、損害賠償、名誉毀損(きそん)といったスキャンダル依頼を受けることになる。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190110-00015360-cinranet-movi

なんか、似たような時事ネタとか出て来たりして^^;

最近のドラマって明らかなる時事ネタのパロティを入れてくることが多いですよね。

そして、このドラマ別に見どころが。

世界を代表するラグジュアリーファッショングループの<ケリング>の<ブシュロン>とのタイアップをはじめ同グループの世界的なブランドが、日本のドラマでは初めて全面的に衣装協力をすることに。世界最高峰のジュエリーやファッションとともに、まったく新しく刺激的で魅惑的な映像を関監督が作り上げます。

 

皆さんが来ている衣装もそうそうたるブランドばかりで、すごい豪華になっています!

ファッションチェックするだけでも楽しめそうですね。

 

スキャンダル専門弁護士queenの原作は?脚本家や監督もすごい!

 

スポンサーリンク

 

「スピンドクター」成る言葉が出てきて、アメリカや海外ドラマが原作なのかな??と思っていました。

今回は原作なしのオリジナルストーリーです。

脚本家は倉光泰子さんと三浦駿斗さんのお2人です。

倉光 泰子
1983年生
出身地  埼玉県

1983年生まれということで、現在35歳~36歳ととても若い脚本家さんです。

なんと2児のママさん。

元々は、日本大学芸術学部映画学科監督コースから、東京芸術大学大学院映像研究科脚本領域に進み、脚本を学んだバックグランドがあります。

卒業後は映画製作会社に経理パートとして勤務するかたわら、携帯ゲームのシナリオを執筆していたそうです。

その後、結婚して1人目のお子さんが4歳になって保育園に通うようになったことをきっかけに2014年、31歳の時に初めてシナリオコンクール「フジテレビヤングシナリオ大賞」に応募!

そして『隣のレジの梅木さん』にて大賞を受賞しました!

以下、受賞時の審査委員長のコメントです。

審査委員長・草ヶ谷大輔氏は「ことしは例年よりレベルの高い作品がそろっていました。そんな中でも、倉光さんの作品は満場一致で大賞に。読み終わった後の強烈なインパクト、普通ではない独特の世界観とキャラクター。いわゆる“ドラマ”の型にはまっていない。でも、その中で共感ができる部分がありました」と倉光さんの作品を絶賛した。

引用元:https://thetv.jp/news/detail/52769/

受賞した作品は、お笑い芸人の馬場園梓の主演によりドラマ化されました!当時、まだ「あまちゃん」に出演してブレイク直前だった有村架純さんも出演していたんです。

ちなみに倉光泰子さんは『隣のレジの梅木さん』撮影中に、なんと第2子を妊娠中。このことから妊婦役としてエキストラ出演しているんです。

そんな倉光泰子さんのその後の作品もまたまたすごいんです。

月9ラヴソング(2016年)
月9 突然ですが、明日結婚します(2017年)
刑事ゆがみ(2017年)

なんと月9を2作品、担当!そして最近では評価の高かった「刑事ゆがみ」も手がけました。

フジテレビの人気枠のドラマをここまで手掛けている若い脚本家さん。

そして以下はもう一人の脚本家三浦駿斗さんの今までの作品です。

三浦駿斗さん

2018年・こんな未来は聞いてない! [TV] 2018年・パフェちっく! [TV] 2018年・執事西園寺の名推理 [TV] 2018年・逃亡花 [TV] 2017年・連続ドラマJ
『プリズンホテル』 [TVドラマ] 2017年・許さないという暴力について考えろ ※脚本協力 [TVドラマ] 2017年・沈黙法廷 [TVドラマ] 2017年・警視庁いきもの係 [TVドラマ] 2017年・社長室の冬 ‒巨大新聞社を獲る男‒ [TVドラマ] 2017年・土曜ドラマ「4号警備」※脚本協力 [TVドラマ] 2015年・海に降る [TVドラマ] 2015年・山村美紗サスペンス『赤い霊柩車35 黒の審判』※リサーチ [TVドラマ] 2015年・翳りゆく夏 ※脚本協力 [TVドラマ]

引用元:http://www.mediastar.jp/index.php/link/view/86

三浦駿斗さんは、現在29才。こちらも若い方ですね~。

2015年に「翳りゆく夏」でデビューしてから4年。

デビューして間もなく、ゴールデンの作品を多く担当。若いながらすごい実力であることがわかります。

 

そして演出を務める関和亮さんもすごいんです!!

Perfumeの多くの作品と星野源さんの大ヒット作品「恋」のミュージックビデオなどを手がけた映像クリエイターの方です。

プライム帯(午後7時~11時)連続ドラマの演出を務めるのは、今回が初めてとのこと。

また先ほどご紹介した、世界を代表するラグジュアリーファッショングループの<ケリング>の<ブシュロン>とのタイアップをはじめ同グループの世界的なブランドが、日本のドラマでは初めて全面的に衣装協力した背景には「関監督が演出を務めるのであれば」と言う理由があったからとのこと。

関さんのすごさがわかるエピソードですね!

 

スキャンダル専門弁護士のキャスト陣は?

またキャスト陣もご紹介していきます。

氷見江(竹内結子)

 

弁護士ながら専門は危機管理で、その主戦場は法廷ではなくスキャンダルの裏側。これまで社会的窮地にいるクライアントを99.9%の確率で救ってきた天才トラブルシューターであり、必要ならば嘘すら正義に変える凄腕のスピン・ドクターです。

与田知恵(水川あさみ)

 

氷見と同じく危機管理を専門にする弁護士で、氷見にとって右腕的な存在であり、女友達のような関係。冷静沈着かつ完膚なきまでに論理的で竹を割ったような性格ながら、一度怒りに火がつくと氷見でも止められない顔を持ち合わせる一方、たまに言葉の節々で恋愛至上主義者であることを匂わせます。そんな与田を演じる水川さんは、これまで数多くの映像作品に出演。シリアスからコメディーまで、どんな役であろうと変幻自在の演技力を見せる水川さんですが、意外にも本作が初の弁護士役となります。役作りのために髪をバッサリとカットしボブヘアに。弁護士と呼ぶにはあまりに弁護士離れしている本作で、これまでにないまったく新しい女性弁護士像を水川さんが作り上げます。

藤枝修二(中川大志)

同じく危機管理を専門にする駆け出しの弁護士・藤枝。端麗な容姿とアメリカでも最難関のロースクール出身という華やかな経歴を持つ一方、どこか抜けており、鈍くさいミスをすることもしばしば。それゆえ氷見たちから学歴詐称だとからかわれることも。しかし、困っている人を助けたいという思いは人一倍強く、氷見の仕事に圧倒されながらも懸命についていこうとします。そんな藤枝を演じる中川さんは、本作が初の弁護士役となります。近年、数々の話題作に出演し、直近の主演作『覚悟はいいかそこの女子。』(18年TBS)ではイケメンなのに交際経験ゼロの男子高校生を演じて話題沸騰。本作ではエリートなのにイジられてばかりいる弁護士を演じ、また新たな“俳優・中川大志”の魅力が発揮されます。

 

鈴木太郎(バカリズム)

氷見たちが勤める大手法律事務所の副所長である鈴木。父親が所長であり、生粋のお坊ちゃま。それゆえハングリー精神に乏しく、舞い込んできた仕事は基本的に氷見たちに丸投げし、「ブラック企業並みに休みがない」と氷見たちが抗議しようとどこ吹く風。それどころか依頼人からのクレームすらどこ吹く風で、しかし、それが時に氷見たちを守っているようにも見え、さらに氷見をハッとさせるような鋭い言葉を言い放つ場面も。そんな捕らえどころのない鈴木を演じるバカリズムさんは、本作ではキャラクターの監修も務め、脚本を担当し自らも出演した『かもしれない女優たち』(15年)以来の、同作で主演を務めた竹内さん、演出を務めた関監督と再タッグを組み、本作をより一層盛り上げていきます。

 

真野聖子(斉藤由貴)

氷見たちの法律事務所に事務員として勤めている真野。バツイチ子持ちで、何を考えているのか、喜怒哀楽をほとんど見せず、マイペースに事務作業をこなす一方、高度なハッキング技術を持ち、氷見から要望があればフェイクニュースを作り上げ、世間を混乱させることなどお手の物という謎多き事務員。さらに徐々に明かされる波瀾万丈な真野の過去は、スキャンダル慣れをした氷見たちも驚かすことに。そんな真野を演じる斉藤さんは本作が全国放送のフジテレビ制作連続ドラマレギュラー出演としては主演作『LUCKY・天使、都へ行く』(89年)以来、実に30年ぶりとなります。もはや事務員と一括りになどできない、底知れない唯一無二の女性・真野をどのように斉藤さんが演じるのか?ご注目ください。

演技派から、若手イケメン、個性派って感じでしょうか。

面白いキャスティングになっていますね!

ゲストキャストも毎回豪華なことに。

楽しみすぎる、新しい弁護士ドラマ。是非是非ご覧ください。

スキャンダル専門弁護士 QUEENの最近記事

  1. ドラマQUEEN1話ネタバレ感想!謝罪会見がSMAPみたい?【スキャンダル専門弁護士】

  2. 竹内結子が綺麗で美しい!スキャンダル専門弁護士queenで現在の年齢は?

  3. スキャンダル専門弁護士queen原作ネタバレ!脚本家とあらすじまとめ

  4. スピンドクターとは?意味とスキャンダル専門弁護士で実在する?

  5. スキャンダル専門弁護士queenネタバレ!原作脚本家キャストまとめ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

朝ドラまんぷくおすすめ記事

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

いだてん 東京オリムピック噺【大河ドラマ】

アーカイブ

カテゴリ

PAGE TOP