ドラマ大好き人間によるキャスト、あらすじ、感想、見逃し動画配信情報などのネタバレ情報

  1. いだてん 東京オリムピック噺【大河ドラマ】

いだてんのモデルは誰?2人の主役は実在で実話?

1月6日(日)夜8時から、2019年の大河ドラマがスタートします!

その名も「いだてん 東京オリムピック噺(おりんぴっくばなし)」です。

「この二人が居なければ日本のオリンピックは無かった?」

日本人で初めてオリンピックに参加した男、金栗四三(かなくりしそう)を中村勘九郎(なかむらかんくろう)さん!

日本にオリンピックを招致した男、田畑政治(たばたまさじ)を阿部サダヲ(あべさだだお)さんが演じますヽ(^o^)丿

この主人公二人により、リレー方式でストーリーが進み、日本がオリンピックに初出場したストックホルム大会から、1964年の東京オリンピックまでが描かれます!

主役の2人は実在の人物なのか?気になりますよねー(^^♪

今回は「いだてん」の主人公、金栗四三と田畑政治について紹介したいと思います!

 

スポンサーリンク

 

いだてんの金栗四三とはどんな人物?演:中村勘九郎

いだてんの意味とは?タイトルの由来は【大河ドラマ】

まずは中村勘九郎さんが演じる「金栗四三」から紹介します!

目標に向かってまっすぐに突き進む太陽のような男。故郷・熊本の往復12kmの通学路を走りぬける姿からいつしか”いだてん”と呼ばれるようになる。ストックホルムオリンピックのマラソン予選会で当時の世界記録を27分も更新し、日本最初のオリンピック選手としてストックホルムに旅立つ。

引用元:https://www.nhk.or.jp/idaten/r/cast/001/

天狗倶楽部は実在?いだてんで三島弥彦の野球愛好会とは?

ドラマのタイトル「いだてん」の由来になった人物が金栗四三です。

明治24年(1891年)熊本に生まれた金栗四三は、元々は病弱で気も小さい男子だったそうです。

しかし、自宅までの小学校までの片道6キロの距離を毎日走り続けたことで、「いだてん」と呼ばれるまでの脚力を身に着けます。

生涯で走り切った距離は、何と地球六周分以上にもなったそうですよヽ(^o^)丿

そんな四三は、故郷の熊本を離れ東京高等師範学校に進学、加納治五郎校長が推奨するマラソンに熱中!

オリンピック予選会で好記録を出し、ストックホルムオリンピックに日本初の代表選手として出場。

大河ドラマ「いだてん」でもストックホルムロケがあり、現地を見ることができるので、個人的には楽しみです!

以後、マラソンの普及と後進の育成に努め、女子スポーツの振興にも尽力。

三度のオリンピック出場を果たし、生涯をマラソンに捧げ、「日本マラソンの父」と呼ばれる人物なんですねー!

四三は、独自のマラソン呼吸法を考えたり、足袋を改良したオリジナルシューズの開発、そして正月の恒例「箱根駅伝」の生みの親でもあるんです!

大河ドラマの主役としては、十分なエピソードを持つ人物ですね!

ちなみに以下に金栗さんについてさらに詳しくまとめてあります!

金栗四三のモデルは実在!いだてん中村勘九郎演じる主役の実話

 

いだてんの田畑政治とはどんな人物?演:阿部サダヲ

 

スポンサーリンク

 

次は阿部サダヲさん演じる田畑政治についてご紹介していきます。

1964年の東京オリンピックを組織委員会事務総長として成功に導く。もともとは水泳をこよなく愛し、世界と戦える選手の育成に燃えた指導者。大学卒業後、新聞記者として政治家たちと渡りあいながらスポーツの地位向上をめざしていく。熱情家でロマンチストだが早とちりで落ち着きがないため、しばしばトラブルを巻き起こす。

引用元:https://www.nhk.or.jp/idaten/r/cast/002/

金栗四三の後を受け、物語後半の東京オリンピック招致にチカラを尽くした人物が田畑政治です。

このドラマは金栗四三と田畑政治の主人公2人により、リレー方式でストーリーが進んでいくストーリーなのですが、前半部分は中村勘九郎さん演じる金栗四三のストーリーとなっているので、正直阿部サダヲさんは、あまり出てきません。

しかし「いだてん」は金栗四三の時代と田畑政治の時代を交互に行き来して描かれるので、バッチリ前半も阿部さんが随所随所に登場します♪

明治31年(1898年)浜松の造り酒屋の次男坊として生まれた田畑政治は、金栗四三の7歳年下です!

浜松は水泳が盛んで、水泳に励む若者は「浜名湾のかっぱ」と呼ばれていたそうです。

政治もその一人でしたが、大病を患い水泳を諦めざるを得なくなります(/ω\)

以後、世界で戦える水泳選手の育成に腐心。

大学を出て新聞記者になると、政治家たちと渡り合い、水泳の監督も務めながら、スポーツの地位向上に努めます。

そして、オリンピックの東京開催を目指して奔走!

熱情家でロマンチストだが、勢い余ってトラブルを起こす事も多い人物なんだそうです( *´艸`)

阿部サダヲさん曰く、ドラマの中では常にしゃべりまくっているそうですよ(笑)

ちなみに田畑政治については、以下に詳しくまとめてあります!

いだてん田畑政治のモデルは?実在で阿部サダヲ【新聞記者】は実話?

 

まとめ

天狗倶楽部は実在?いだてんで三島弥彦の野球愛好会とは?

今回は「いだてん」の主人公・金栗四三と田畑政治について、簡単にご紹介しました!

物語の前半の主人公は「日本マラソンの父」と呼ばれる金栗四三。

そして後半の主人公は東京にオリンピックを読んだ男・田畑政治です。

2人は実在の人物で、実話をもとにした宮藤官九郎さんの脚本で、面白く描かれそうな予感がします。

先ほどもご紹介しましたが、主人公がバトンタッチするという形式を取るようですが、田畑政治を演じる阿部サダヲさんは初回から登場!!

物語は1910年前後と、1960年頃の時系列が交互に描かれるみたいですねー。

語りを務めるのは実在の落語家・古今亭志ん生、演じるのは何とビートたけしさんヽ(^o^)丿

時系列が入れ替わったりすると、ストーリーが分かり辛くなることもありますが、きっとビートたけしさんが上手くドラマをナビゲートしてくれるのではないかと思います!

東京オリンピック前年の2019年は、大河ドラマ「いだてん」で盛り上がる事間違いなしですね( *´艸`)

いだてん 東京オリムピック噺【大河ドラマ】の最近記事

  1. いだてん視聴率は低い?関西や過去大河と比較まとめ

  2. 嘉納治五郎とはオリンピックを牽引【大河いだてん】生涯とは?

  3. 天狗倶楽部は実在?いだてんで三島弥彦の野球愛好会とは?

  4. いだてん生田斗真【三島弥彦】のモデルは実在!史実とは?

  5. いだてんオープニングタイトルバック映像制作は山口晃と上田大樹!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

朝ドラまんぷくおすすめ記事

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

いだてん 東京オリムピック噺【大河ドラマ】

アーカイブ

カテゴリ

PAGE TOP