ドラマ大好き人間によるキャスト、あらすじ、感想、見逃し動画配信情報などのネタバレ情報

  1. 獣になれない私たち

獣になれない私たち田中美佐子のネタバレは介護を晶に押し付ける?孫の正体は?

「けもなれ」こと「獣になれない私たち」主演は新垣結衣(あらがきゆい)さん松田龍平(まつだりゅうへい)さんで、次回10月31日の放送が第4話です!(^^)!

獣だったり、獣になれなかったりする個性的な出演者が多々出演するのですが、今回注目するのはこの方!

主人公晶の恋人京谷の母親ちーちゃん(千春)を演じる田中美佐子さんです。

夫の介護をしながら、孫の面倒も見ている、ちょっとお節介な母親役がピッタリですよねーヽ(^o^)丿

そして、晶に優しくするちーちゃんにはもしかすると何か魂胆があるのでは?という噂も・・・

今回は、ドラマ「獣になれない私たち」こと「けもなれ」で田中美佐子さん演じる「ちーちゃん」についてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

けもなれで田中美佐子演じるちーちゃんとは?

けもなれ呉羽と京谷【田中圭】はキスして関係を持って不倫?ネタバレ予想

花井千春こと、「ちーちゃん」は晶(新垣結衣)の恋人京谷(田中圭)のお母さんです!

ちーちゃんは息子の恋人晶と食事をして、かなり気に入った様子。

お互いSNSを交換し合い、やり取りが始まるのですが・・・

「早く一緒に住めば?」「自由に生きて」など晶からの連絡はひっきりなしに続き、ちょっと面倒くさそうな晶(-_-;)

何故、ちーちゃんは晶に構って欲しかったのか?

実は、ちーちゃんは自宅で夫の介護をしているんです! 話し相手もいないため寂しかったのかもしれませんねー。

そして、第3話では、晶の体を心配し高級そうなお酢をプレゼントする優しいちーちゃん(;^ω^)

さらに、夫を介護するシーンも描かれていました。そこには謎の男の子が一緒にいましたねー。

ドラマの中では明確に説明はまだありませんが、おそらく京谷の妹の子では無いかと思います。ちーちゃんにとっては孫ですね(^^♪

「ちーちゃん!じいじ、すーはーしてないよ・・・」

寝たきりのおじいちゃんが息して無いのでは?と言う孫の言葉にヒヤリとしたちーちゃん。

ベットに駆け寄り、無事息をしている事を確認しほっと一安心。

孫を抱きかかえ、じいじは大丈夫だと説明するちーちゃん。すると孫が衝撃的一言!

「じいじ、施設に行かないの?施設に言った方がいい。そうなればみんな幸せなんだって」

誰だこんな事子供に吹き込んだのは(#^ω^)京谷か?京谷の妹か?

そんな孫の言葉にショックを受けるちーちゃんですが、優しく語りかけます。

「カツミさんはちゃんと生きてる。ちーちゃんの大好きな人なの!」

ちーちゃんの夫は「カツミ」と言う名前のようで、施設に入れる気はなさそうですね・・・

田中美佐子さん演じるちーちゃんも、かなり色々悩みを抱える、獣になれない大人のひとりなのかもしれませんよねー(-_-;)

 

けもなれでちーちゃんが晶に優しい理由は介護を押し付けたいから?

 

スポンサーリンク

 

田中美佐子さん演じるちーちゃんは、日々介護と孫の世話に追われ結構大変な女性です。

そんなちーちゃんが、息子の恋人晶に何故そんなに優しいのか?

ツイッター上で興味深い意見が有ったので紹介します(^^♪

 

 

 

 

 

ちーちゃんはまさか、晶に介護を押し付けようとしているのか?

そう考える意見が結構ありましたね!!

確かに、介護に疲れて誰かに助けて欲しい・・・という気持ちは少なからずあるかもしれませんが、ちーちゃんはそんなにずる賢い母では無いと私は思います!

介護されている夫の事を本当に愛している感じがしますし、そんな夫の世話を嫁に任せようとするのでしょうか?

まあ、「晶が来てくれれば、今の現状が少しは変わるかも・・・」という期待はあるかもしれませんけどね(*´▽`*)

ちーちゃんの現状を思いやる意見も結構ありましたね。

 

 

 

 

私も、ちーちゃんは愛情深い女性なんだと思っています。

しかし今の彼女の大変さには誰も気づいてくれていなそう・・・

晶がちーちゃんの大変さに気づいてあげて欲しい・・・けどそうなると晶の悩みはまた増えてしまう(-_-;)

やっぱり息子の京谷にもっとしっかりしてもらわないと困りますね(*´з`)

 

けもなれ第4話のちーちゃんは?子供の正体が明らかに!

 

スポンサーリンク

ちーちゃんは京谷に電話をするも一向に連絡がつかず、晶に連絡し「京谷に連絡するように言ってくれない?」とお願いします。

おそらく京谷の父親の介護について相談したいのかと思いますね!

そんなちーちゃんの自宅には、京谷の兄夫婦が訪れていました。

「親父の世話をするのはもう限界!」と言う京谷の兄拓馬は、介護施設に入れようと提案しますが、ちーちゃんは断固拒否!

すると拓馬の息子の凛人が言います。

「僕がちーちゃんとお世話する。じーちゃんはちーちゃんの大事な人なんだって!」

第3話で突如現れた男の子の正体は、京谷の兄・拓馬の息子でした!やっぱりちーちゃんの孫でしたねー( *´艸`)

そんな孫の言葉に嬉しそうなちーちゃん。しかし、拓馬は「孫を手名付けるなんて・・・」と声を荒げていましたね(-_-;)

千春は断固として施設には入れたくないようで、一人でも夫の介護をやり続けそうな勢いでした。

第5話以降、この介護話に京谷と晶が絡んできそうな気がしますね!

ちなみにちーちゃんの孫・凛人を演じる子役は晴瑠(はる)君というそうです。

現在3歳で、先日まで放送されていたNHKドラマ「透明なゆりかご」にも出演!

画像が見つからなかったのですが、とてもカワイイ男なので、今後色々なドラマで活躍しそうなきがしますね( *´艸`)

 

ちーちゃんと夫との馴れ初めが語られた第5話

けもなれ上野にイライラ!新人【犬飼貴丈】がポンコツのネタバレまとめ

第5話のちーちゃんは、仕事で気が滅入っている晶を元気づけようと、自らの過去を話し出しました。

福井の田舎で育ったちーちゃんは、高校卒業後勤めていた「へしこ」というサバのぬか漬け屋で夫のカツミと出会います。

ある日カツミは「神奈川に転勤する。相模湾は敦賀湾と似ている。遊びに来て欲しい!」と言い離れ離れになった二人。

その後時が経ち、ちーちゃんはカツミが見ている相模湾がどんな色か気になり始めます。

するとカツミが現れ「あなたの名前を聞いてませんでした!」と言い、千春はこう答えます。

「千春です!反対側にある海が見たいです!!」

こうして二人は結婚。子供も成長し孫も生まれ、幸せな老後化と思われましたが、カツミは介護が必要な状態になってしまっているんですね(/ω\)

しかし、ちーちゃんは言います。「一緒に幸せになると決めた。一緒に居たいという気持ちが強いから、介護施設には入れたくない」

晶はそんなちーちゃんに尋ねます。「愛していれば、乗り越えられますか?辛いことも・・・」

ちーちゃんは「もちろん!!」と答えるのでした!(^^)!

第5話のちーちゃんと夫との馴れ初め、いい話でしたねー!!

こんなに思っている夫の面倒を、晶に押し付けようとしている?なんてやっぱり考えにくいですね(笑)

 

第5話に登場したちーちゃんの若き頃は森七菜!

 

スポンサーリンク

 

ツイッターでの第5話のちーちゃんの評判を見てみましょう。

 

 

 

 

 

若きちーちゃんを演じていたのは、森七菜(もりなな)さんです!

ツイッター上でも話題になっていましたので少し紹介します。

生年月日:2001年8月31日 
サイズ:身長154cm
出身地:大分県(大阪府生まれ)
趣味・特技:動画作り、ピアノ、ダンス
好きな食べ物:スルメ、梅干し
方言:大分弁、関西弁

引用元:http://www.ar-bre.jp/talent/nanamori.html

現在17歳の森七菜さんは、NHKドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」ではいじめを苦にして自殺未遂する少女の演技が印象的でした!

来年は岩井俊二監督の「Last Letter」にもオーディションに主人公の高校生時代として出演が決定!!今後の活躍が期待される女優さんですね。

けもなれでは、何となく田中美佐子さんの雰囲気に似ていたような気がしますよね(^^♪

 

まとめ

けもなれ子供は孫?田中美佐子と一緒にいる理由のネタバレや正体は誰?

今回は、田中美佐子さん演じる京谷の母ちーちゃんについてまとめてみました。

夫の介護と孫の面倒でかなり大変そうな様子です。

晶へ頻繁に連絡を入れるのは彼女なりのSOSなのかもしれませんよね。

それに気づいたとき晶はどう動くのか?

仕事だけでなくプライベートの負担も重くなり、さらに悲惨なガッキーの姿とか見たくないですね(/ω\)

晶と京谷、恒星の恋の行方も気になりますが、ちーちゃんの今後の動向についても目が離せませんね!!


獣になれない私たちの最近記事

  1. 獣になれない私たちお母さんの若い頃役の女優は森七菜【けもなれ】

  2. 橘カイジは佐久間か正体ネタバレ予想!けもなれ呉羽の夫は誰?

  3. 橘カイジはゲーム製作者で偽装結婚?獣になれない私たちで存在しない呉羽自身なの?

  4. 橘カイジ正体は上野発?獣になれない私たちで呉羽の旦那が存在しないかネタバレ

  5. けもなれ上野にイライラ!新人【犬飼貴丈】がポンコツのネタバレまとめ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ

アーカイブ

PAGE TOP