ドラマ大好き人間によるキャスト、あらすじ、感想、見逃し動画配信情報などのネタバレ情報

  1. 獣になれない私たち

獣になれない私たち恒星【こうせい】役の松田龍平は離婚した?出演ドラマ一覧は?

10月10日に放送がスタートする日本テレビ水曜22時ドラマ「獣になれない私たち」は、新垣結衣さんと松田龍平さんのW主演のドラマです。

新垣結衣さんが日テレのドラマに出演するのは、2015年に放送されたドラマ「掟上今日子の備忘録」以来です。

出演者は他に田中圭さん、菊地凛子さん、黒木華さんら実力派俳優、女優陣です。

今回の記事では、新垣結衣さんとW主演を務める、根元恒星(ねもと こうせい)役をつとめるのは松田龍平(まつだ りゅうへい)さんです。

今回はドラマ「獣になれない私たち」で根本恒星(ねもと こうせい)プロフィールや過去に出演された作品をまとめました。

 

スポンサーリンク

 

松田龍平のプロフィールとは?

現在、年齢が37歳の松田龍平さんのプロフィールを調べました。

名前:松田 龍平(まつだ りゅうへい)

生年月日:1983年5月9日(37歳)

身長:183cm

引用元:http://www.office-saku.com/artists/ryuhei_matsuda.html

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

恒星さん⭐︎ #松田龍平 #お髭が #素敵です❤️ #獣になれない私たち #けもなれ #明日 #よる10時 #初回10分拡大

【公式】獣になれない私たちさん(@kemo_nare_ntv)がシェアした投稿 –

1999年映画『御法度』で俳優デビューをした松田龍平さん。

デビュー作、映画「御法度」でブルーリボン賞、キネマ旬報ベストテン、毎日映画コンクールスポニチグランプリ、日本アカデミー賞をはじめ、数々の新人賞を総嘗にし、話題となりました。

松田龍平さんは、超芸能一家です。

松田龍平さんのお父さんは、故・松田優作さんです。

そして、お母さんは松田美由紀さん、弟さんは松田翔太さん、妹さんは歌手のゆう姫さんです。

また、叔母さんが熊谷真実、弟の松田翔太さんの奥さんは元横綱、千代の富士の娘、秋元梢さんです。

わお!!すごい芸能一家ですね!!

松田龍平さんは、親の七光りなんて言わせない!ぐらい実力派俳優です!!

2013年に公開された映画「船を編む」では、多くの賞を受賞しました。

・第38回報知映画賞 主演男優賞(『舟を編む』)

・第26回日刊スポーツ映画大賞 主演男優賞(『舟を編む』)

・第87回キネマ旬報ベスト・テン 主演男優賞(『舟を編む』)

第37回日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞(『舟を編む』)優秀助演男優賞(『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』)

・第68回毎日映画コンクール 男優主演賞(『舟を編む』)

・ムービープラス・アワード2013 映画スペシャリスト大賞 俳優賞 1位 映画ファン大賞 3位(『舟を編む』ほか)

・第23回東京スポーツ映画大賞 主演男優賞(『舟を編む』)

・第23回日本映画批評家大賞 主演男優賞(『舟を編む』)

 

ほっこりした凄く素敵な映画でした。

原作の小説も読んだのですが、実写化されてもギャップもなく、小説の世界観を壊さず、宮崎あおいさんと凄く素敵な夫婦を演じていました。

見た後も心が温かくなる作品でした。

 

松田龍平の元妻は?

 

スポンサーリンク

 

松田龍平さんは2009年にモデルで女優の太田莉菜さんと結婚しました。

同年には娘さんが産まれています。

そして、2017年にお二人は離婚されています。

離婚の理由は、出産後、元妻・太田莉菜さんが早々と仕事を復帰したことで2人のすれ違いの生活が続いたことも一因のようです。

しかし、それだけではありません。

最も噂となっているのは、元妻・太田莉菜さんの不倫だと言われています。

相手が誰なのかはいろいろと憶測が飛び交っていますが、信憑性の高い情報は今のところありません。

 

松田龍平の過去の出演作品とは?

松田龍平さんは、ドラマ・映画にと多くの作品に出演されています。どちらかと言うと、映画への出演が多いようです。

松田龍平さんがこれまで出演された作品をまとめました。

まずは、映画から。

 

【映画】

・御法度(1999年12月18日、松竹) – 加納惣三郎 役

・死びとの恋わずらい(2001年3月24日、アートポート / アースライズ) – 柴山龍介 役

・走れ!イチロー(2001年4月28日、東映) – 望月竜介 役

・青い春(2002年6月29日、ゼアリズエンタープライズ) – 九條 役

・恋愛寫眞 Collage of our Life(2003年6月14日、松竹) – 瀬川誠人 役

・17才(2003年6月21日、スローラーナー) – 本を持った少年 役

・ナイン・ソウルズ(2003年7月19日、東北新社 / リトルモア) – 金子未散 役

・八月のかりゆし(2003年8月2日、ギャガ・コミュニケーションズ) – テル 役

・昭和歌謡大全集(2003年11月8日、シネカノン) – イシハラ 役

・キューティーハニー(2004年5月29日、ワーナー・ブラザース映画) – NSAクライアント 役

・IZO(2004年8月21日、チームオクヤマ) – 殿下 / 位相の絶対者 役

・恋の門(2004年10月9日、アスミック・エース) – 蒼木門 役

・NANA(2005年9月3日、東宝) – 本城蓮 役

・乱歩地獄 「芋虫」(2005年11月5日、アルバトロス・フィルム) – 平井太郎 役

・ギミー・ヘブン(2006年1月14日、アートポート / ユーロスペース) – ピカソ / 帆村薫 役

・46億年の恋(2006年8月26日、エスピーオー) – 有吉淳 役

・悪夢探偵(2007年1月13日、ムービーアイ) – 影沼京一 役

 ・悪夢探偵2(2008年12月20日)

・長州ファイブ(2007年2月10日、リベロ) – 山尾庸三 役

・世界はときどき美しい(2007年3月31日、ユナイテッド・エンタテインメント) – 柊一 役

・The焼肉ムービー プルコギ(2007年5月5日、ファントム・フィルム) – タツジ 役

・アヒルと鴨のコインロッカー(2007年6月23日、ザナドゥー) – 謎の男 役

・恋するマドリ(2007年8月18日、シネカノン / オフィス・シロウズ) – 大野隆 役

・伝染歌(2007年8月25日、松竹) – 長瀬陸 役

・誰も守ってくれない(2009年1月24日、東宝) – 三島省吾 役

・ハゲタカ(2009年6月6日、東宝) – 西野治 役

・劒岳 点の記(2009年6月20日、東映) – 生田信 役

 ・劔岳 撮影の記 -標高3000メートル、激闘の873日-(2009年11月14日)

・蟹工船(2009年7月4日、IMJエンタテインメント) – 新庄(漁夫) 役

・SOUL RED 松田優作(2009年11月6日、ファントム・フィルム) – インタビュー出演

・ボーイズ・オン・ザ・ラン(2010年1月30日、ファントム・フィルム) – 青山貴博 役

・まほろ駅前多田便利軒(2011年4月23日、アスミック・エース) – 行天春彦 役

 ・まほろ駅前狂騒曲(2014年10月18日、東京テアトル / リトルモア)[27]

・探偵はBARにいるシリーズ(東映) – 高田 役

 ・探偵はBARにいる(2011年9月10日)

 ・探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点(2013年5月11日)

 ・探偵はBARにいる3(2017年12月1日公開)

・I’M FLASH!(2012年9月1日、ファントム・フィルム) – 新野風 役

・北のカナリアたち(2012年11月3日、東映) – 松田勇 役

・舟を編む(2013年4月13日、松竹 / アスミック・エース) – 馬締光也 役

・麦子さんと(2013年12月21日、ファントム・フィルム) – 小岩憲男 役

・ザ・レイド GOKUDO The Raid 2: Berandal (2014年11月22日、XYZフィルムズ/ソニー・ピクチャーズ・クラシックス/ステージ6フィルムズ/KADOKAWA) – ケンイチ 役

・ジヌよさらば〜かむろば村へ〜(2015年4月4日、キノフィルムズ) – 高見武晴 役

・モヒカン故郷に帰る(2016年4月9日、東京テアトル) –田村永吉 役

・殿、利息でござる!(2016年5月14日、松竹) – 萱場杢 役

・ぼくのおじさん(2016年11月3日、東映) – “おじさん” 役

・映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2017年5月27日、東京テアトル、リトル・モア) – 智之 役

・散歩する侵略者(2017年9月9日公開、松竹・日活) – 加瀬真治 役

・羊の木(2018年2月3日、アスミック・エース) – 宮腰一郎 役

・犬ヶ島(2018年3月23日米公開 5月25日日本公開、フォックス・サーチライト・ピクチャーズ) – Junior Scientist4 / Bartender 役(声の出演)

・泣き虫しょったんの奇跡(2018年9月7日公開、東京テアトル) – 瀬川晶司 役

プロフィールでも紹介した、映画「舟を編む」は辞書編集の話です。

辞書編集はとても大変な仕事ですが、地味な仕事です。

松田龍平さんは、そんな地味な仕事をコツコツと続ける辞書編集部の馬締光也(まじめ みつや)を演じました。

相手役は林香具矢(はやし かぐや)を演じる宮崎あおいさんでした。

香具矢は、馬締が住む下宿先の大家さんの孫で、そこで出会った2人は後に結婚します。

2人のシーンは時がゆっくりと優しく流れ、ほっこりとしました。

そして、2011年と2014年に公開された「まほろ駅前多田便利軒」で演じた行天 春彦(ぎょうてん はるひこ)も濃いキャラクターでしたね。

 

 

【ドラマ】

・三億円事件〜20世紀最後の謎〜(2000年12月30日、フジテレビ) – 佐藤六郎 / ロク 役

・ハゲタカ(2007年2月17日 – 3月24日、NHK) – 西野治 役[注 1]

・あしたの、喜多善男〜世界一不運な男の、奇跡の11日間〜(2008年1月8日 – 3月18日、関西テレビ) – 矢代平太 役

・誰も守れない(2009年1月24日、フジテレビ) – 三島省吾 役

・大河ドラマ 天地人 第28話 – 最終話(2009年7月12日 – 11月22日、NHK) – 伊達政宗 役

・同期(2011年2月20日、WOWOW) – 宇田川亮太 役

・まほろ駅前番外地(2013年1月11日 – 3月29日、テレビ東京) – 行天春彦 役

・連続テレビ小説 あまちゃん 第7週 – 最終週(2013年5月17日 – 9月28日、NHK) – 水口琢磨 役

・トットてれび 最終話(2016年6月18日、NHK)- プロデューサー 役

・営業部長 吉良奈津子(2016年7月 – 9月、フジテレビ) – 高木啓介 役

・カルテット(2017年1月 – 3月、TBS) – 別府司 役

・眩〜北斎の娘〜(2017年9月18日放送、NHK総合) – 善次郎 役

・スモーキング(2018年4月 – 、テレビ東京) – 榊原正幸 役

・獣になれない私たち(2018年10月放送開始、日本テレビ)- 根元恒星 役

映画界での露出が多かった松田龍平さんの名前を一気に全国区にしたドラマがNHK朝ドラ「あまちゃん」でした。

「あまちゃん」では、主演の能年玲奈(現在の芸名:のん)演じる天野アキのアイドル時代GMT47のマネージャー・水口を演じました。

2016年に放送されたドラマ「営業部長 吉良奈津子」では、主演の松嶋菜々子さん演じる吉良奈津子の後輩でクリエイティブディレクターの高木を演じました。

また、2017年に放送された「カルテット」は、メインキャラクターが4人という豪華なドラマでした。

松田龍平さんは、その4人のうちの1人、別府を演じました。他の3人は、松たか子さん、満島ひかりさん、高橋一生さんでした。

本当に豪華なキャスティングでしたね。

 

松田龍平演じる根元恒星とは?

松田龍平さん演じる根元恒星(ねもと こうせい)とは、どんな人物なのでしょうか。

公式ホームページにはこう紹介されていました。

個人事務所の会計士・税理士。一見家事が良さそうな毒舌男。

恒星は、世渡り上手で人当たりが良く、女性にモテる敏腕会計士です。

「世渡り上手」「人当たりが良い」というのは恒星の表向きの顔で、実際の恒星は人のことを信用しない、無防備に人のことを愛せるほど馬鹿じゃないと思っているのです。

仕事は上手くいっていたのもの、思いがけずヤバい案件に足を突っ込んでしまい、「もう、俺の人生なるようになれ」と思っているところに晶と出会うのです。

新垣結衣さん演じる深海晶(しんかい あきら)とは、行きつけのクラフトビール店「5tap」で出会います。

その時に、恋人の橘呉羽(菊地凛子)に別の男性との「結婚した」宣言をされます。

晶と恒星は恋に発展していくのか、ラブかもしれないストーリとはどんな展開になっていくのでしょうか。

 

 

 

まとめ

10月10日から放送がスタートする「獣になれない私たち」に出演する松田龍平さんは、父親・松田優作さん、母親・松田美由紀さん、弟・松田翔太さんと芸能一家です。

2009年に太田莉菜さんと結婚したものの、2017年に離婚しました。

数多くの作品に出演されており、代表作はたくさんの賞を受賞した映画「船を編む」です。

松田龍平さんと新垣結衣さんW主演のドラマ「獣になれない私たち」見逃せませんね!!

 

獣になれない私たちの最近記事

  1. 獣になれない私たち最終回結末ネタバレ!恒星と晶のハッピーエンド

  2. 獣になれない私たち粉飾決算や300万円のネタバレ!

  3. 晶と恒星はくっつく結末?獣になれない私たちはハッピーエンドじゃない?

  4. 生き残り頭脳ゲームは通販購入可能?けもなれのボードゲームは実在?

  5. 橘カイジ役は飯尾和樹!イケメンでない予想外のキャストに反響【獣になれない私たち】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

朝ドラまんぷくおすすめ記事

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

いだてん 東京オリムピック噺【大河ドラマ】

アーカイブ

カテゴリ

PAGE TOP