砂の塔4話のネタバレは和樹は共犯なの?グループLINEイジメが怖い?

スポンサーリンク

第3話のハロウィンの誘拐未遂と学歴詐称VTRが怖すぎたドラマ「砂の塔」。

松嶋奈々子さんが第3話に続き、大活躍(?!)になりそうな予感の第4話のあらすじのネタバレをご紹介します。

砂の塔4話のあらすじのネタバレは?

ハロウィンイベントのために編集したVTRに、全く身に覚えのない梨乃(堀内敬子)の学歴詐称映像を加えられてしまった亜紀(菅野美穂)。そのせいで “ウソの粉をまき散らす蛾”とボスママ寛子(横山めぐみ)にこき下ろされてしまう。誰かの悪意を感じ始めるが、それが隣人・弓子(松嶋菜々子)の仕業だとは気づいていない。娘のそら(稲垣来泉)は仲間はずれにあい、息子の和樹(佐野勇斗)は亜紀に失望する。家族が少しずつバラバラになっていく中で、弓子はそらに巧みに近づきはじめる。不自然なほど弓子になついていくそらに、一抹の不安を感じる亜紀。

一方生方(岩田剛典)は亜紀の力になろうと尽力する。世界中が敵になっても亜紀さんの味方だから…そう語る生方の優しさは、亜紀の折れそうな心の支えとなっていく。だが亜紀と生方との関係に疑いを持ちはじめた和樹は、しだいに不審な動きを見せはじめ…。一方、警察ではハーメルン事件に急展開。湾岸地区で失踪した新たな被害者の子どもに『ナイショのおともだち』がいたことが判明。さらにその子供は自分の意志で忽然と姿を消したことがわかる。“魔法の笛”を吹くように子供の心をあやつる犯人は一体何者なのか…?刑事の荒又(光石研)はタワーマンションのどこかに犯人が潜んでいるのではないかと危惧しはじめる。
その頃そらは、一人で弓子の自宅に通うようになっていた。そして監視モニターの並ぶ“秘密の部屋”の扉をあけてしまう!何台ものモニターに映し出される部屋の映像。驚くそらに弓子は、ここは入っちゃいけないお部屋なのよ、とそと首元へ両手をはわせはじめ…はりめぐらされた狡猾な罠…ついに見えてくる弓子の裏の顔!彼女の本当の狙いとは…?亜紀はそらを救えるのか?驚天動地の弓子劇場・第二幕開演!!

引用元:http://www.tbs.co.jp/sunanotou/story/

3話のラストでは、ついに松嶋奈々子そらちゃんを誘拐しちゃうの?!と思っていたら、とりあえずは部屋に遊びに行って手なずけるだけなんですね~。

なんと第4話にして松嶋奈々子さんの部屋にある監視モニターがバレてしまうなんて、なんだか展開早すぎな気が。

それにどうやらハーメルンはやっぱり松嶋奈々子???だけど、それだと、まんますぎてつまらない結末なので、違う気もします。

なので、モニターで見て監視していたのは、松嶋さんだけど、ハーメルンは違う人というオチも。だたまだ4話。まだまだ完全なネタバレは絶対ないし、後には更なる大どんでん返しが待っていますね。きっと。

以下の記事では松嶋さん演じる弓子に関する疑惑とネタバレ予想をまとめてあります!

 

それにしても、そらちゃん、毎回かわいそすぎです。

ママ友との付き合いにイライラする菅野ママから八つ当たりされたり、気持ちの悪い男に誘拐されそうになったり、松嶋奈々子隣人に連れ去られてしまったり。

菅野ママ!!しっかりしろ!!!子どもをちゃんと見てろ!!!と毎回叫んでしまいます(^_^;)

 

イジメがすごくなっていく!!

スポンサーリンク

女のイジメって本当に怖い!!!って恐ろしくなりました。

グループラインで「いなくて良かった」とか「引越せばいいのに」とか言われて傷つく亜紀。ってか、もうこれって、中学生とか高校生のイジメ(>_<)子どもじゃん。でも女ってこういうところあるのかな~ってますます怖くなりました。

それにそらちゃんまで、親に巻き込まれて仲間外れに・・・。

ヒドイイジメがエスカレートしてしまいました。

 

パパは社長の浮気の口裏合わせ

亜紀がつらい時に、夫は仕事のためとはいえ、自分の妻をいじめるボスママ横山めぐみの夫で社長をキャバクラ接待。

そして浮気旅行のために、旅行に行くことに。

もう、、、仕事ができないのはわかるけど、こんな仕事の取り方してたら、お金も身ももたない。。バカ旦那。

なんだか、社長に利用されてもっと深みにはまりそう・・・。

 

行方不明になったそらに動転した亜紀は?

そんな最中そらちゃんが突然いなくなってしまい、動転する亜紀。

かねてから、弓子(松嶋菜々子)のことをおかしいと思い始めた亜紀。

過去に言ったことから、子供がかつていたのではないか??と疑い始めます。

そして、そらちゃんから、部屋におもちゃがあったり、監視モニターを見たことを聞いていた亜紀。

そらちゃんのことを弓子が誘拐したと思い込み、弓子の部屋を訪ねます。

しかし、弓子は「立て込んでいる」とあきを家に入れようとしない。そんな弓子に亜紀は「以前子供がいたのでは???」と聞くと「そうだけど、それがどうしたの??」と弓子。

そして無理やり家に入った亜紀。

これは不法侵入(>_<)すると、なんと、横山めぐみたちママ友たちが弓子の部屋に集まっていたのでした。

そんなママ友たちの前で、亜紀は「そらがいなくなって、ここにいるかもしれない」と言ってしまいます。ってこの流れ、絶対いないし・・・。

案の定、横山めぐみは「亜紀さん、なに言ってるの~。」と他のママさんと一緒に冷たい視線。

そして鍵のかかった部屋を見て「ここにいるかもしれない」という亜紀。無理やり部屋に入ると・・・そう、部屋の中には何もないし、誰もいなかったのでした。

 

はめられた???亜紀に弓子は?

スポンサーリンク

この状況、バカな亜紀がはめられちゃった感じで見てられませんでした(>_<)

そんな亜紀に弓子は「この部屋は夫が海外から帰ってくるまで使わないから何も置いてない」といいます。

そして「そらちゃんの居場所なら知っている」と言う弓子。

そしていきなり電話をします。すると電話の相手はお兄ちゃんこと和樹。そうそらちゃんはお兄ちゃんと一緒に動物園だったのです。

弓子に「どうして、弓子さんが知ってるの??」と聞く亜紀。すると「和樹君にお金を貸してあげて。相談されて、何か思うことがあると思って黙っていたの。でもこんなことになるなんて・・・ごめなさい」と弓子。

するとすかさずボスママ「謝ることはないわ。子どもの気持ちがわからないなんて、母親失格よ」ってどの口が・・・。あんたたちが意地悪したから、そらちゃんが動物園に行きたがったんじゃん。。。

 

和樹は共犯???

亜紀は和樹と会うと「どうして勝手に動物園に言ったの???」と責めます。しかし「そらが、お母さんはママ友トラブルで忙しいからそっとしておいてあげたい」と言ったから黙っていたとのこと。

そらちゃん・・・どこまでかわいそうな(>_<)

それにしても弓子と繋がっていたなんて・・・なんだか和樹怪しい。。。もしかして弓子と和樹は共犯???

 

夫婦喧嘩の末・・・

結局そらちゃんがいなくなったと思って、ボスママ社長との接待旅行から帰ってきてしまったパパは、それが間違いだと知って大激怒。「ママ友との付き合いくらいちゃんとやってくれ」と怒るココリコ田中パパと亜紀は大ゲンカして、亜紀は家を飛び出してしまうのでした。

その後、道を歩いていると、そんなことあるかーいという奇跡の出会い。そう岩ちゃんこと生方(岩田剛典)と偶然会うのでした。夜中に歩いている亜紀に何かあったと悟った生方は心配し「世界中が敵になっても亜紀さん味方だから」と素敵な台詞を言います。そして2人は寄り添うのでした。

そして、その場面を亜紀を心配して探しに来た和樹が見てしまうのでした。

その場所を教えたのは弓子(松嶋菜々子)。そう、この和樹が不倫と勘違いしてしまう遭遇の流れも全て弓子が仕向けたものでした。

 

今週はここまで!ひぇ~!!!来週はどうなるの???


スポンサーリンク

3 件のコメント

  • 生方むかつく〜!録画でみてますが生方のシーンだけ早送りです。
    こいつさえいなければここまでこじれなかったのに・・!
    そらも、いくら動物園に行きたかったからって勝手に幼稚園抜けだしちゃいけません!てゆーかこの幼稚園、椅子持ち出して抜け出す子を見逃すって大丈夫なの??
    あー早くスッキリしてほしい!

  • 今回もハラハラの連続…(>_<)
    いろいろ思うことはあるけど、幼い娘を持つ母親として亜紀ママに言いたいこと。もっと子どもと向き合って‼︎ママ友からのイジメ辛いけど、そらちゃんなんで椅子使ってまで鍵開けたの?なんでそうしたかったのか。を、ちゃんと聞いてあげてほしいし、それはいけない事だと教えてほしい。それがないから2度目やっちゃうよね。幼稚園抜け出してお兄ちゃんと動物園に行ったこと、どれだけママが心配したか怒っていい場面だし。ママもパパも結局は自分のことばかり。利害関係考えすぎ。もっと子どもと向き合って‼︎
    そもそもタワマンのママ友じゃなくて幼稚園のママ友見つけよーよ。1話から思ってたけど幼稚園はタワマンセレブとは違うところに行ってるんだよね。
    ドラマだから言っても仕方ないことだけどストーリーとは別角度でモヤモヤしてしまう一個人です。

  • 最初のシーン、弓子のお風呂場ですが、あれは血痕では無いと思います。
    プリザーブドフラワーは生花を一度脱色してから着色して作ります。
    弓子はお教室を開く程なので、沢山のフラワーが必要ですし、本格的に自分でフラワーを作っているのでしょう。
    ですから、あれは血痕では無く着色剤だと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です