ドラマ大好き人間によるキャスト、あらすじ、感想、見逃し動画配信情報などのネタバレ情報

  1. 健康で文化的な最低限度の生活

ケンカツ松本まりかネタバレは原作と違うオリジナル?衝撃のあらすじは

吉岡里帆(よしおかりほ)さん主演ドラマ「健康的で文化的な最低限度の生活」。

生活保護をテーマにしたドラマで、8話ではアルコール中毒の男性について描かれて衝撃的でしたね。

そんな「ケンカツ」も残りわずかとなったのですが・・・

9話では、なんと松本まりか(まつもとまりか)さんが出演されることが分かりました!

松本まりかさんといえば「ホリデイラブ」での怖い女のイメージが強いですよね。

予告でも「金、入ってませんけど~!」と叫ぶシーンがあり、今回もかなり怖い役なのが予想されます。

松本まりかさんは、どんな役柄なのでしょうか?

今回は「健康的で文化的な最低限度の生活」の松本まりかさんの役柄や、原作ネタバレ、予想をまとめていきます!

 

スポンサーリンク

 

「ケンカツ」9話のあらすじ!松本まりかの役柄は?

ある日、えみる(吉岡里帆)の元に、孫のハルカ(永岡心花)と2人暮らしの高齢受給者・丸山幸子(小野和子)の家でボヤ騒ぎがあったと連絡が入る。慌てて家を訪ねると、そこには見知らぬ女性が。それは、4年前に娘を残して男と姿を消した、ハルカの母・梓(松本まりか)だった――!

梓は、幸子の介護をしながら、今後はハルカをきちんと育てると話し、そのために自分も生活保護を受けたいと申し出る。

えみるや半田(井浦新)、京極(田中圭)も突然の展開に戸惑いを覚えるが、一家がすでに生活を共にしていることから、調査の結果、梓は生活保護を受給できることに。しかし、どうしても梓への不信感がぬぐえないえみるは、思い切って4年前に失踪した理由を梓に尋ねる。すると、それまでの態度とはうってかわって、梓が攻撃的な一面を見せ始め、さらに、認知症が進んでいることを理由に、幸子の分の生活保護費も自分の口座に振り込むよう要求してきて……。

一方、阿久沢(遠藤憲一)の娘・麻里(阿部純子)が倒れた。知らせを受け、病院に駆けつけた阿久沢は、医師から麻里が妊娠しているという驚きの事実を聞かされる。さらに、麻里が抱える秘密や、離れていた17年間の本音が次々と明かされていく。言葉を失う阿久沢。せめて、おなかの子供の父親を教えてほしいと願う阿久沢だが、麻里は何も話そうとしない。困り果てた阿久沢から話を聞いた半田は、ふと何かを思い出し、半田らしからぬ厳しい言葉を口にする。

引用:https://www.ktv.jp/kbss/story/09.html

1話から登場している、えみる(吉岡里帆)の担当する生活保護受給者・丸山さん。

「何か困ったことがあったら言ってね」と声をかけたとき、孫のハルカちゃん(永岡心花)は「何もできないくせにそんなこと言わないで」と、冷たい目をしていたのが印象的でした。

松本まりかさんは、そのハルカちゃんの母親・梓(あずさ)役なんですね。

えみるから失踪していた理由を聞かれると態度を豹変させて攻撃的になるなんて、怖すぎますが・・・

松本まりかさんが演じる母親は、どんな人物なのでしょうか?

 

松本まりか演じる梓の原作ネタバレは?

松本まりかさんが演じるハルカの母親・梓。

その娘のハルカと、おばあさんの丸山さんは、えみるがケースワーカーになって初めて訪問した人物として描かれています。

ただ、まだ深くは触れられていない人物で、松本まりかさんが演じる梓も、原作には登場していません。

ハルカの母親に関しては「数年前に男と蒸発」と出てくるだけなのです。

なので、ほとんどドラマオリジナルの登場人物ということになるようです。

そのため、どんな人物なのか原作からは分からないのですが・・・

松本まりかさんご本人はツイッターでこのようにコメントされています。

育児放棄、虐待、介護、男性依存、対人恐怖・・・

公式HPのあらすじには出てきていないキーワードがありますね。

「虐待」「男性依存」「対人恐怖」

虐待というのは、ハルカちゃんへのネグレクトでしょうか。

それから対人恐怖から人を信用することができないけれど、優しくしてくれる男性に依存してしまう。

そんなことが予想されますね。

なんにせよ、今回もかなり重いストーリーになりそうです。

 

松本まりか出演にネットの反響は?

 

スポンサーリンク

 

松本まりかさんといえば、不倫ドロ沼ストーリーの「ホリデイラブ」での井筒里奈役が「あざとかわいい」と評判になりました。

塚本高史(つかもとたかし)さんを仲里依紗(なかりいさ)さんから奪おうとする役が、狂気的で怖かったですよね。

そんな松本まりかさんの登場に、ネット(twitter)の反響も大きいようです!

松本まりかさんといえば可愛らしい顔と声がチャームポイントですが、目に凄味がありますよね~。

菜々緒(ななお)さんや沢尻エリカ(さわじりえりか)さんなど「悪役が似合う」と言われている女優さんたちとはまた違う、新たなジャンルの怖さだと思います(^_^;)

 

ケンカツ松本まりか第9話のあらすじネタバレは?

思い切って4年前に失踪した理由を梓に尋ねる。すると、それまでの態度とはうってかわって、梓が攻撃的な一面を見せ始め、さらに、認知症が進んでいることを理由に、幸子の分の生活保護費も自分の口座に振り込むよう要求してきて……。

生活保護費を渡すけれど、いろいろ心配になり、4年前に娘を置いて失踪した理由を尋ねた義経に梓は「あなた子供育てたことある??じゃあ、あなたに何がわかるの!」と怒って攻め立てます。

義経は「ありませんけど・・・」。

イヤイヤ・・・子供育てたことあっても、子どもを捨てる親の気持ちなんてわからないし(^_^;)

この「あなた、子供育てたことある??」って質問、卑怯ですね~。

また認知症が進んでいることを理由に、自分の母親をデイサービスに入れ、母親の面倒を見ずに、母親の分の生活保護費も自分の口座に振り込むよう要求。

そして口座が振り込まれることがわかると、笑顔で安心してなんと、姿を消した梓。

そう、自宅には1人ハルカちゃんが残され、1人ぼっちで、食べるものもなく、お腹を空かせて台所のガラスの瓶に残っているジャムをなめて空腹を紛らせていました。

コンビニに行きパンを買おうとしてもお金が買えずに戻ったり・・・。

一方、義経はハルカちゃんがが心配でハルカちゃんのアパートを訪ねて「お母さん帰ってきてる?」と聞きますが、母親がずっと帰ってきてないことを言いません。

義経は「何かあったら連絡して」と自分の連絡先の入った名刺をハルカちゃんに渡しました。

義経は気になりながらも、数日過ごした後、ハルカから突然連絡が入ります。

義経がびっくりして駆けつけると、ハルカちゃんが泣きながらアパートの前で泣いていました。

そして・・・「お母さんが帰ってこない」と1週間も家に帰ってきてないことを初めて告げるのでした。

ハルカちゃんが親からのネグレクトを受けていることがわかり、ハルカちゃんは施設で、一時保護。

また何度連絡しても連絡がつかない梓とコンタクトを取るため、梓の生活保護費を振込から窓口受給に変更手続き。

そして、生活保護費の振込日当日。

保護費が振り込まれると思っていた梓は、チンピラ風の男と一緒に、役所の窓口に来て「よーしーつね!!!振り込まれてないんだけどーーーー」と大声で怒鳴るのでした。

ここで第9話は終了です。

 

まとめ

ということで「健康的で文化的な最低限度の生活」の松本まりかさんについてまとめました。

1話では新人だったえみる達ですが、物語の中では1年が経ちました。

9話ではケースワーカー2年目となった、成長したえみるがどう対応していくのか?

そんなところも楽しみですね。

 


健康で文化的な最低限度の生活の最近記事

  1. 健康で文化的な最低限度の生活最終回動画を無料視聴!見逃し公式【9月18日】

  2. ケンカツ最終回の感想と評判は松本まりかの演技がすごい?幸せがわからない?

  3. ケンカツ松本まりかネタバレは原作と違うオリジナル?衝撃のあらすじは

  4. 健康で文化的な最低限度の生活9話動画を無料視聴!見逃し公式【9月11日】

  5. ケンカツはるかの子役は永岡心花!過去の出演作品は?【健康で文化的な最低限度の生活】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ

アーカイブ

PAGE TOP