逃げ恥の星野源の演技は下手?上手いのか評価まとめと出演ドラマ一覧も

スポンサーリンク

絶賛放送中の『逃げるは恥だが役に立つ』に新垣結衣さんとW主演で出演中の星野源さん。

『逃げ恥』のエンディングソングを担当するなど、シンガーソングライターとしての一面も併せ持つ多彩な方ですね。

今回は、星野源さんの演技力の評価のまとめを出演ドラマと共にご紹介したいと思います。

星野源のプロフィールとは?

名前:星野 源(ほしの げん)

生年月日:1981128日(35歳)

出身地:埼玉県

所属事務所:俳優業・大人計画、音楽活動・アミューズ

参照元 http://www.hoshinogen.com/

 

歌手・俳優・文筆家など、マルチな才能をお持ちで知られる星野源さんですが、中学生のときにはすでに、音楽活動と演劇活動をされていたそうです。

2000年に、自身が中心となったバンド『SAKEROCK』を結成

順調と思われた芸能活動も2012年に「くも膜下出血」が発見され活動を休止。約一年半の休業の後、無事退院して復帰したことで多くの注目を集めました。

 

星野源の過去の出演ドラマとは?

俳優としてのデビューは2003年の人気ドラマ『WATER BOYS』で星山役を演じています。

2003年:フジテレビ『WATER BOYS』ドラマ初出演・星山役

2005年:TBS『タイガー&ドラゴン』林家亭どんつく役

2006年:TBS『アキハバラ@DEEP』タイコ役

2007年:フジテレビ『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~』澤田玉夫役

2007年:日本テレビ『探偵学園Q』猫田刑事役

2007年:テレビ東京『去年ルノアールで』ドラマ初主演・私役

2008年:テレビ朝日『未来講師めぐる』江口秀夫役

2010年:NHK連続ドラマ小説『ゲゲゲの女房』飯田貴司役

2011年:テレビ朝日『11人もいる!』真田ヒロユキ役

2015年:TBS『コウノドリ』四宮春樹役

2016年:NHK大河ドラマ『真田丸』徳川秀忠役

 

くも膜下出血で入院するまでは、かなり順調に階段を登ってきたようですね。特に2007年は、自身の初主演ドラマ『去年ルノアールで』もあり。かなり認知度が上がった年になったでしょう。

個人的には、林家亭どんつくを演じた2005年の『タイガー&ドラゴン』が、初めて星野源さんの存在を知ったドラマです。当時は、弟子の中でも下っ端の役で、あまり存在感がなく正直印象には残っていませんでしたが…(汗)

復帰後の『コウノドリ』では、綾野剛(あやのごう)さんや坂口健太郎(さかぐちけんたろう)等を代表とした塩顔男子ブームの影響もあり、主要メンバーに抜擢され順調な滑り出しになったことでしょう。

そして2016年に大きな話題となっている『真田丸』の出演も、今回の『逃げ恥』の主演抜擢に大きな影響を与えたドラマでしょう。時代背景や役柄こそ違えど、知名度や人気の向上に一役買っているのは間違いないと思われます。

その他にも、ドラマではないですが…「ウッチャンナンチャン」の内村光良(うちむらてるよし)さんが中心となって繰り広げられるコントドラマバラエティ番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』にも2012年の初回からレギュラー出演されているので、演技の基盤が若干コント仕立てになってしまっているフシが感じられますね(笑)

 

星野源の演技の評価とは?

スポンサーリンク

ではでは、そんなマルチな才能を発揮されている星野源さんですが、演技の評判の方はどうなんでしょうか?

「星野源は歌も演技も人柄も最高.」

「星野源声も小説も歌も演技も顔も全部好きです!!!!!」

「星野源さんの演技もすごいしキャラがいい!」

「曲がかけてギターが弾けて歌が歌えて演技ができてダンスも踊れてエッセイも書けユーモアを持ち合わせた上に見た目も可愛い星野源に1つくらい才能を分けてもらいたい

演技うまいし新垣結衣と共演してるので星野源普通にすき」

「星野源が歌って踊れて演技できる秀忠だったから無性に好きになった」

「星野源がどんどん好きになっていってるうううう 逃げ恥の演技がはまってていいなあと」

「歌ってる星野源とか演技してる星野はめっちゃイケメンだと思うけど素の星野かっこいいと思わない」

「星野源演技なんか上手いしwww 星野源の演技まじで好き面白すぎる」

「星野源ってかっこよくないし歌上手くないし演技うまくないと思うんだけど何があんなに人気なんだ?」

「もう星野源の演技がまるでその落ち着けないオレらそのもののように見えて微笑ましく面白いww

「星野源役者経験あるの??すっごい演技うまい!」

「星野源の演技が苦手です!!」

「星野源歌えて演技力あってイケメンで面白くて本当に羨ましい」

かなり、両極に分かれた結果となりました。

肯定的な方は、恐らくファンの方なのでしょう。演技のみならず、性格や歌、執筆活動も合わせて絶賛されています。

逆に否定的な方は全否定(汗)「何が良いのがわからない」や「苦手」など、嫌いです!と言わんばかりのコメントをされていました。

ここからは個人的な意見になってしまいますが…

確かに、星野源さんの楽曲ってフェスとかで「盛り上がって行きましょう」的な雰囲気があって、その雰囲気が演技にも出ているような感じがします。

楽しんでドラマを見る方にはいのかもしれませんが、しっかり内容も重視して見ている方には、やや薄っぺらく見えてしまうのかもしれませんね。笑顔もちょっと嘘くさいし、真顔はちょっと陰湿な怖さがあるので、もう少し心のこもった演技になると一般的にももっと受け入れられるのではないでしょうか?

スイマセン…ナニ目線で言ってんだって思いましたよね(笑)

 

まとめ

今回『逃げ恥』の主演と主題歌で話題になっている星野源さんについてまとめてきました。

一度、不幸な出来事に見舞われてしまいましたが、復帰後さらなる活躍を見せてくれています。

まだまだ、受け入れられていない部分もあるようですが、頑張ってほしいですね。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です