真田丸42話のネタバレと感想は阿茶局役斉藤由貴の演技が怖くてすごい?

スポンサーリンク

NHK大河ドラマ「真田丸」第42回「味方」は

信繁が幸村と名を変えて、日の本一の武将と言われた最後のキラめきを放つ「大阪の陣」へなだれ込む始めのエピソードの回です。

第42話「味方」の一部ネタバレを含む感想をまとめてみました!

真田丸第42話あらすじは?

 幸村(堺雅人)は、久しぶりに茶々(竹内結子)との再会を果たす。一方、家康(内野聖陽)は、幸村が大坂方に加わったことに大きな恐れを抱き、出陣を急ぐ。大坂城に集まった牢人たちの中には、後藤又兵衛(哀川翔)、毛利勝永(岡本健一)、長宗我部盛親(阿南健治)らがいた。豊臣秀頼(中川大志)は幸村に総大将になってもらいたいと願っていたが、又兵衛や勝永らは激しく異議を唱える。そこで、幸村は一つの策を提案する。

引用元:http://www.nhk.or.jp/sanadamaru/story/story42.html#mainContents

 

 

今回の怖い女は徳川方にいた!

真田丸に登場する女性たちは、これまでの大河ドラマに多かった武将に黙って従うタイプはほぼいません。

かといって話のわかる、聡明な自立した女性が多いわけでもなく、空気が読めない、自分の生活スタイルを変えたくない、一言多くて場が凍るといった我が強くて、男性にしたら持て余すか怖いタイプが多いのです。

そして今回の「怖い女子(おなご)」筆頭は徳川方にいました。家康の側室 阿茶局(あちゃのつぼね)です。

小心者の家康は豊臣の行く末を「どこか遠いところでおとなしく過ごすようにすれば…。孫のお千も嫁いでおることだし」と緩めなことを言います。

対して阿茶局は「お千のことはどうにでもできます。お千を返せば秀頼の命は取らぬと条件を出し、お千を取り戻したのちに打ち滅ぼしてしまえは良いのです」とまさに策士。

家康が「怖い女子(おなご)よのお」と引くほどの迫力でした。

アイドルにして美人女優の斉藤由貴さんが演じる阿茶局、確かに怖いです。大きな愛らしい眼が冷めて、クリっとも動かずに怖いセリフを言うから、余計に怖いのです。

でも、その眼にはズルさとか悪者感は漂いません。

自分のパートナーの立場は守りたい、尽くしたいみたいな一途な感じなんです。

さすが、眼は口よりも語ります。

そして阿茶局が最後に言います。「乱世を終わらせるのです」

この一言で、「滅ぼされる豊臣家が可哀想」とか「自分の身内のことしか考えない女」とか色々出てきた感想が一瞬にして「おっしゃる通り」とかき消されちゃいました。

戦国時代、天下を取る野望の一方で、乱世を終わらせて戦のない時代に向かうための戦いであったんですもんね。

怖いけど、そこまで言い切ると男も動くってことを学ばせていただきました。御局様!

 

バラバラな男たち

スポンサーリンク

関ヶ原で戦で敗けて散り散りになっていた豊臣恩顧のものが次々と大坂城に集結。

恩顧と言っても、集まる理由はさまざま、元の身分もさまざま、まとまるわけがない。

 

大坂城で始まる豊臣方の軍議には現代でも確かにいそうなキャラ(名刺ならぬ自分の名札を如才なく配る者)もいて、その人達が、来る合戦でどんな戦いぶりを見せてくれるのか小さな楽しみができました。

これまでの大河ドラマでは、大坂の陣は豊臣が滅びる話の舞台として、大概は秀頼と淀君が座る城内に戦況が知らされて、大砲が打ち込まれて窮地に追い込まれていく描かれ方が多かったと思います。

 

でも、真田丸ではきっと、バラバラだった浪人たちが個人の力を発揮して生き生きと戦う姿を描いてくれると思います。

 

今回はそんな牢人たちの「バラバラぶり」が見ものでした。 

集まった牢人が多すぎて部屋がなく城内で相部屋になる者、ならない者の間で「なぜ差があるのじゃ!」「格が違うのじゃ」「後から入ってきて大きな顔するな!」とか。小さいことで小競り合いとなる、なんか懐の小さい人たちじゃな〜と先行き心配です。

案の定、総大将がなかなか決まらない。

秀頼は幸村に総大将になって欲しかったが賛否がまとまらずに決まらない。

 

結果、幸村の「私に策がございます」の定番のセリフで、世に言う「大坂五人衆」が決まるわけです。

今回の「味方」というタイトルは「味方」作りの回…

幸村が入場して「大坂五人衆」が決まり、大坂の陣への最初の一歩の回だったてことですね。

三谷さんのすごいのは、たったこれだけのエピソードを45分かけて描き、今後の主要キャラの性格や、キリシタンであったり、城主から一転寺子屋の先生をしていたなどのエピソードを盛り込んでくれました。これで、この先の回に向けてこの面々に感情移入ができるというものです。

 

 

ラスト1分で来週も「見よう!」

 

今回の「味方」は言ってみれば地味な回でした。

幸村の「私の策」も、前々回の「名前をくじ引きで決める」前回の「サウンドオブミュージック風敵前脱出」「コスプレ変装入場」に比べると、シンプルに「班に分けましょう」みたいなフツーな策でした。

なので、エンターテイメント性としては地味。残念と思って見ていたのですが…

ラスト1分で来週も観なければ!と俄然前向きになりました。

それは軍議の後の幸村と家臣・内記の二人のシーンでした。

内記が「先が思いやられる。皆、自分のことしか考えていない」「大野治長はまとめる力がない」「秀頼さまは若すぎる」とこの先をどんより案じています。

ところがその横でニンマリする幸村が「皆、自分の行く末に希望を持っている。這い上がろうとしてここにきたのだ。無理やりかり出された徳川軍とは違う」とキラキラした瞳で語ります。そして「この戦、十分勝てる」と笑顔で終わるのです。

 

懐の小さい牢人たち、まとまらない軍議、秀頼と淀君以外の上層部は幸村を心底は信頼していないし…あ〜こうして最終回まで頑張るけどやっぱり悲劇が待っている。

来週、観るの辛いな〜とネガティブに終わりそうなラストシーンでした。

ところが、幸村の納得のポジティブシンキングに「そうだよね!発想の転換だよね」「これから徳川に一泡ふかせるんだよね」とこのたった1分で元気をもらうわけです。

 

そこが三谷さんのさすがのうまさ。

堺雅人さんの笑顔とセリフに「もしかしたら来週、このバラバラで懐の小さい男たちが、一丸となった格好いい男たちに変わっているかも!」と期待して、来週も観よう!と思うのです。

極端に言うと、この「希望のラスト1分」のために、ダメダメな男たちのお芝居を見せられていたのかも知れません。

 

 

まとめ

 

歴史ドラマは、史実にそうと結末がわかってしまうのが残念なところです。

この真田丸もさすがに結末は変わらないはずです。

でも、三谷さん脚本は「実在の当の本人たちは、負けると思って生きていない。勝つと思って頑張っていたのだ」という当たり前のことを気づかせてくれます。

ですから結末は史実通りでも、そこまでの過程を、これまでと全く違う視点で見せてくれると思います。

 

日曜の夜の大河ドラマ。視聴者自身も新しい週が始まる前夜に観るのだから、わかっていても「希望」が持てるラストを観て、自分も頑張れるかも!と思わせてもらいたい。

 

だから、最終回に向けての滑り出しは上々だったと思います。

おそらく関ヶ原の合戦よりもはるかに丁寧に描かれると思います。

五人衆はナレ死(有働アナのナレーションだけで死んでしまい、臨終シーンは無し!という真田丸流のサクッとした死に方)もないかも知れません。

どこまで細かく見せてくれるのか、結末から逆算せずに、その時、その時の武将として名を上げる幸村の活躍を見届けたいと思います。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です