キャリア2話の感想!IQ246との対決は玉木宏と織田裕二のどっちが面白い?

スポンサーリンク

玉木宏さん主演の刑事ドラマ『キャリア~掟破りの警察署長~』の2話が放送になりました。

玉木さん演じる遠山金志郎は今回どんな事件を解決するのでしょう。

2話の感想と評価をまとめていきます。

さらに、強敵の裏番組と比較している書き込みが多いので、どっちに軍配が??そちらもご紹介していきます。

キャリア2話のあらすじとは?

北町署で、子どもたちを集めた署内見学会が行われた。発案者はもちろん、署長の遠山金志郎(玉木宏)だ。その案内係を命じられた実里(瀧本美織)は、言うことを聞かない子どもたちに手を焼くばかり。すると、その中のひとり・友樹(松浦理仁)が、「これでオオカミ男を捕まえられる?」といって手錠を持ち出し、金志郎と南(髙嶋政宏)を手錠でつなぐと、何と手錠の鍵を飲み込んでしまう。幸い友樹にケガはなかったが、鍵は自然に出てくるのを待つしかなく、金志郎と南はしばらく手錠で繋がったままに…。

そんな騒動の中、金志郎は、女性の悲鳴が聞こえたという通報に目を止める。金志郎は、通報者の女性を北町署に呼んで話を聞いた。その女性によれば、悲鳴は友樹の家でもある大鳥家から聞こえてきたのだという。友樹の母・真理恵(霧島れいか)に会い、彼女が夫からDVを受けているのではないかと疑う実里。

実はそのころ、南たちは、駅前のマンションで会社社長の愛人が殺害された事件を追っており、社長の弁護士を務める友樹の父親・敦彦(飯田基祐)から証言を得ようとしていた。敦彦にDV疑惑があることを知った南は、いま彼ともめ事を起こすわけにはいかない、と言うと、被害届も出ていない以上何もできないと主張する。「どうしてあげたいですか?」と金志郎から問いかけられた実里は、真理恵の元を訪れるが…。

引用元 http://www.fujitv.co.jp/career/story/index.html

 

キャリア2話の感想と評価とは?

今回の事件は、DV夫と殺人事件でした。

刑事課が追うのは愛人殺人事件。そんな中、女性の悲鳴が聞こえたとの通報があった。

例のごとく、遠山署長は殺人事件とは全く関係ない通報の捜査を始めようとします。

すでに2話目で分かってしまったのですが、結果的に遠山署長の行動が両方の事件の解決につながるんですよね(笑)

「キャリアってドラマでポケモンGOみたいな話でてるわろ」

「玉木宏の正しい使い方の一つですよね。ただ、優しいだけでなく、裏にちゃんと芯があるのを玉木さんがしっかり演じてくれるから」

「キャリア、今見始めたけど、子供達のシーン、既視感」

「手錠でつながれた玉木宏と高嶋政宏がトイレで「手に当たってる!」「かかってる!」と、もめる案件発生。第二話にしてホモ回とな。なんと……素晴らしい秋」

「キャリアは楽しめるドラマですね~」

「単なるヘタレ役の時は、(制作側が求めるキャラと私が玉木くんで見たいキャラと)違うな~と思ってたけど、金さんみたいな(新次郎さんもだったけど)、弱いようで実は一番強い、一本筋が通っていて絶対信念を曲げない人のキャラはピッタリだなと思う。」

「キャリアってドラマおもしろい^o^ 係長、今日は署長と手錠で繋がってる笑」

「キャリア笑った。展開も登場人物もギャグも、わかりすぎるくらいわかりやすいお約束な話だけど、つっこんでくるベタなギャグが、精度を限界まで上げてるというか俳優さんがキレキレというか、とりあえず高嶋さんの目力が突き抜けているということは書き留めておこう」

「キャリアってドラマ面白いよね。今期のドラマそれだけは見てる」

「玉木宏いいいい! 役名わかんないけど、クソカッコイイじゃねえか!!!」

「傷ついた奥さんが金さんに優しい言葉かけてもらって私が泣きそうになった。 あの優しい眼差しであのいい声で優しくされたら玉らん!」

 

子供メインで『ポケモンGo』ネタだったのかもしれませんが、ちょっとネタが古かったかもしれませんね。撮影時は、MAXのブームはすでに過ぎてしまっているので、正直「ん~」って感じになってしまいました。

でも、子役の子が「僕はママを守るために男の子に生まれてきた」とか、かなり感動のシーンがあったので、むしろプラスです。

署長と係長が手錠で繋がれてしまいましたが、本物の手錠ってあんなに硬いのでしょうか?手錠早く切ればいいのにって思っていたんですが、切れないんですね。所詮ペンチだからですね。警察署なんだから、自転車のチェーン切るやつとか置いて有りそうですが…(笑)警察ドラマのあるある炸裂!!

そして、DVする人ってなんでいつも社会的地位の高い人がモデルなんでしょう?

やっぱり、他人を下に見ていたりとか、ストレスを弱い人にぶつけたりしちゃうんでしょうね。

それにしても、違和感しかないのが高嶋政宏さんの演技ですね。大袈裟でわざとらしくて、なんか邪魔なんですよね。もっと自然な演技が出来る方なのに、なんであんな変な演技にしちゃったのか理解に苦しみます。周りから浮きすぎています。

そして最後は、結局「遠山の金さん」なんですね。印籠が警察手帳に変わっただけ!!

思った以上にコメディドラマ感が強い事に気づいた2でした。

 

キャリア裏番組IQ246との激アツ対決とは?

スポンサーリンク

「ストーリー性の「キャリア」か、キャラクター、演技を楽しむ「IQ246」か。と思いました。太鳳ちゃんと美織ちゃん。どっちも朝ドラヒロインですね(*゚▽゚*)どっちも観たいよ」

「とりあえず今週はキャリアを録画してIQの方をリアタイしたんだけど、来週からどうしようかな。玉木さんと織田さん。みおりんとたおちゃん。どちらも選び難い。」

「瀧本美織と土屋太鳳と似たような役だな。」

「「IQ246」の初回は次回に含みを持たせていた終了。さて、来週から「キャリア」とどちらをリアルタイムで見ようか迷うなあ?」

「キャリアも良かったよー。なんで面白い番組をぶつけて来るんやろねー!月曜日にするとかズラして欲しいよねー」

IQ246、面白いけど 織田さんのキャラが違和感あって 最初全然話が入ってこなかった(^_^;) でも、観てるとだんだん慣れてきて 癖になる。 キャリアも面白いから、 どっちをリアタイか録画か 迷う。」

「織田裕二のしゃべり方が気持ち悪いって()。先週も見たし、年寄りには玉木さんのドラマの方が話も分かりやすいから来週からキャリア見るそうです」

IQ246面白そうなので見たかったのだけど、キャリアの裏だったので断念した」

視聴者の方々の心の揺らぎ具合が手にいとるよううに伝わってきますね。

主演対決:玉木宏vs織田裕二

ヒロイン対決:瀧本美織vs土屋太鳳

ストーリー対決:警察vs天才推理

かなり、甲乙つけがたいですね。しかも1話分ズレでスタートする辺りにどんな意図があるのか気になります。

ちなみに以下は織田さん主演ドラマの初回の感想と評判をまとめてあります!

主演対決は、若手実力派の玉木宏さんに対して、ベテラン俳優の織田裕二さん。しかも織田さんは久しぶりの主演連ドラで視聴者の期待値は少し上のような気がします。

そして、ヒロイン対決はお二人とも乗りに乗っている若手女優です。多分こちらのほうがライバル心バチバチでしょう。どちらも可愛いので心配いらないよと言ってあげたいくらいです(笑)

今週は、IQ246』が1話なので、恐らく軍配は『IQ246』に上がるような気がします。

本当の決着が付くのは、全話終了した後になると思いますが…

来週の『キャリア』3vsIQ2462話も目が離せなそうです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です