スーパーサラリーマン左江内氏で米倉役は佐藤二朗!ジミー大西に似てる?

スポンサーリンク

ドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」役を演じるのは怪しいおじさん米倉役は佐藤二朗(さとうじろう)さんです。

経歴や過去の出演ドラマに加えてジミー大西さんに似ているという噂や御家族のことを調べてみました。

佐藤二朗のプロフィールは?

本名:佐藤二朗

生年月日:1969年5月7日

出身:愛知県

身長:181cm

所属:フロム・ファーストプロダクション所属

引用元:http://satojiro.com

 

大学卒業後に広告代理店に入社したが、入社式の雰囲気に合わずにそのまま帰って退社したという驚きのエピソードがあります。その後、俳優目指しましたが適性がないと再就職するも、やはり諦めきれずに俳優活動を行っています。再就職先では、非常に良い成績だったようで、真面目なのか不真面目なのかわかりづらいですね(笑)

舞台でワンシーンだけの出演で今の所属事務所の社長に声をかけられたというのですから光るものがあったのでしょうね。それ以降は映像作品に多数出演されています。

 

佐藤二朗の経歴とは?

ケータイ刑事シリーズ(2003年)

恋する日曜日(2003年)

JIN-仁-(2009年)

幼獣マメシバ(2009年)

勇者ヨシヒコ(2011年)

家族八景((2012年)

めしばな刑事タチバナ(2013年)

 

名脇役として長年にわたって活躍してきた佐藤さん。

数えきれないくらいの作品に出演しているので、上記はホンの一部です。ホントに良くテレビで見ますよね(笑)

 

「幼獣マメシバ」(2009年)で口だけ達者な中年ニートが成長していく姿を演じていたかと思うと勇者ヨシヒコ(2011年)で胡散臭くいい加減な仏の役もこなしています。

名脇役として名高い佐藤さんですが、ケータイ刑事(2004年)やだんらん(2013年)で脚本家としても活躍されいます。

「memo」で自らの強迫性障害の体験をもとにした映画は脚本・監督・出演とマルチな才能を発揮しています。

 

スポンサーリンク

 

佐藤二朗はジミー大西に似ている?

お顔だけ拝見しているどちらが佐藤さんなのかわからなくなるほどに似ています。

違う人だと気づかずに見ている人もいるくらいです。

お二人は似ていても血のつながりはなく他人の空似のようですが、ここまで似ている人もいるものですね。

ジミー大西さんの師匠の明石家さんまさんの番組「踊る!さんま御殿!」に佐藤さんがゲスト出演したときも、さんまさんに似ていることをイジられて、ジミー大西さんのネタを伝授されるという場面があったそうです。

ジミー大西さんの師匠も認識するほど似ているということですね。

 

佐藤二朗の奥さんは誰?

佐藤さんは2003年に一般女性と八年の交際を経て結婚。一人息子を授かっています。

ツイッターで奥さんや息子のことを呟いているのですが、それが切なくも面白いと評判を受けて7月14日に「佐藤二朗なう」というツートまとめ本が発売されます。

 

佐藤さんは舞台俳優出身なので名前が売れるまでは明日の保証がないような時代でした。そのうえ、パニック障害と強迫性障害を発症して仕事がまったくできなかったときもあったようです。

今の奥さんはその時からずっと支えてもらったから無事に仕事に復帰できたようです。ツイートの様子を見ていると、佐藤さんが奥さんのことを好きでたまらない様子が伝わってきて微笑ましいです。

今でも近所にともに散歩にでかけたり、一緒に晩酌をして仲がいいようですね。

息子も面白い発言をしているのがツイッターで大人気です。

障害は治まることはあるけどまったく完治するのは難しいようで、家族がいるからこそ頑張って仕事ができるのでしょうね。

 

まとめ

かつての苦労や体験をもとに脚本を書かれるのは障害と向き合う強さがあるからこそなのでしょう。

俳優だけでなく監督として活躍の場を広げていく佐藤さんをこれからも応援していきたいです。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です