西郷どん10話ネタバレ感想は橋本佐内の今後は?風間俊介の演技が上手い!

3月11日放送されたドラマ「西郷どん(せごどん)」第10話。タイトルは「篤姫はどこへ」です。

本日の主役は篤姫である北川景子さん。

そして風間俊介さん、幾島役の南野陽子さんも初登場など、江戸編も賑やかになってきました。

今回は、「西郷どん」第10話のあらすじネタバレと感想をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

 「西郷どん」第10話のあらすじは?

 

斉彬(渡辺謙)の「密偵」となった吉之助(鈴木亮平)はヒー様(松田翔太)の正体を確かめるために磯田屋に行くが、そこで福井から来た謎の蘭方医(風間俊介)と出会う。

そんなとき、篤姫(北川景子)が薩摩藩邸から失踪。吉之助は秘密裏に篤姫を連れ戻すが、斉彬は「篤姫は将軍家に輿入れをする」と言い渡し、教育係の幾島(南野陽子)が現れる。

引用元:https://www.nhk.or.jp/segodon/story/10/

実の父親が亡くなり、落ち込み逃げだしてしまう篤姫。

それを乗り越え、将軍へ嫁ぐための教育開始。

しかし、将軍へ嫁ぐ事は篤姫にとっては幸せではない?と知らされる西郷。

いよいよ、江戸編動き出してきました!!

以降で、ネタバレあらすじと感想を追記していきます。

 

 謎の医者との出会い

 

スポンサーリンク

 

ヒー様が一橋慶喜なのか?を確かめに磯田屋に行く西郷。

ヒー様も自分が慶喜である事を認めるが、将軍にはなるつもりは無いときっぱり。

松田翔太さん、「大河ドラマ篤姫」のときは将軍家茂でしたが、慶喜もハマってます。

今後西郷と対立していくことになる演技も期待大です。

そんなとき、磯田屋のタマが倒れてしまいます。

そこに現れた医者が、適切な処置をほどこします。謎の医者は風間俊介さんです。

風間さん、相変わらず安定の演技力と存在感に見とれてしまいました。

名も名乗らず別れましたが、西郷の動きを探っていた様子。気になります・・・

 

 篤姫逃げだす

斉彬に呼び出される西郷。逃げ出した篤姫を探すように指示されました。

篤姫は実父が死んでしまって耐えられず、逃げ出しちゃったんですね。

西郷が無事見つけ出したが、篤姫の話を聞き、西郷が泣き出す始末。

篤姫が西郷を励ましてました。西郷しっかり!!

 

南野陽子演じるスケバン教育係幾島現る!

 

スポンサーリンク

 

斉彬はついに、篤姫に「将軍に嫁ぐ」という使命を話します。

篤姫も承諾。教育係として幾島現れました。南野陽子さんです。

私的には斉藤由貴の幾島が正直みたかったのですが・・・。

なんの、なんの、南野陽子の幾島も一癖ある感じでいい感じ。スケバン教育係って感じかな。

「モス、モス、モス・・・」と西郷、篤姫の語尾が気になって、イラっとする様子が面白かったです。

そんなところに、謎の医者風間俊介さんが西郷に会いに来ました。

西郷の知らない事まで色々暴露してくれましたが、正体は越前藩の密偵、橋本佐内。

西郷を買いかぶっていたようで、西郷がまだ斉彬の陰謀を何も知らなかった事にがっかりしていた様子。

今後二人は協力して、慶喜将軍擁立に関わっていくことになります。楽しみです。

そして、佐内から聞いた事を、斉彬に詰め寄る西郷。

斉彬から「篤姫は不幸になる」と告げられた西郷。

「エー!!」って感じですよね西郷。ここで次回に続きます。

 

まとめ 篤姫キレイだ

「大河ドラマ篤姫」を見ていた私としては、北川景子さんの篤姫は正直あまり期待していませんでしたが、薩摩弁も違和感なく、キレイな篤姫にハマってます。

幾島の花嫁教育も始まり、俄然面白くなってきました。

又吉さん演じる将軍家定との絡みも今から楽しみです。

今回も又吉さん、熟れてない柿が落ちて騒いでいました。暗愚と呼ばれる家定をうまく演じてくれそうです。

来週からも、泉ピン子さんや、尾上菊之助さんら新キャストが続々登場するのかな?

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です