波瑠は英語が得意なの?経歴や過去の出演ドラマについても

スポンサーリンク

ショートヘアがトレードマークのモデルで女優の波瑠さん。朝ドラに抜擢されて大ブレイクし、これから活躍の場が多くなる彼女の出自を調べてみました。

フジテレビで火曜夜10時から放送の新ドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」で民放連続ドラ初主演することになってノリにのっていますね。

そんな波瑠さんの今までの出演したドラマや映画についてもまとめてみました。また、気になる英語の腕前についても触れてあります!

波瑠のプロフィールとは?

名前:波瑠

生年月日:1991年6月17日

出身地:東京

スリーサイズ:78-57-80

趣味:ドライブ、お風呂

座右の銘:一視同仁

所属:ホリエージェンシー

引用元:http//www.horiagency.co.jp/talent/haru/

名前は芸名で本名は公表されていません。かつて雑誌「センブンティーン」で専属モデルをしていたとき、南波瑠という名前を使われていましたが、こちらも本名ではないようです。

 

性格はサバサバしていて男っぽいとのこと。

これからの女優像にブレイクせず長く映画界にいるような存在になりたいというのですから一時の騒ぎを気にしないさっぱりした性格がわかりますね。

 

波瑠はハーフなの? 英語は堪能なの?

スポンサーリンク

明るい髪色に透明感のある肌、澄んだ瞳からハーフに見えますね。

もしかして英語が堪能だったりしますか?

 

調べてみましたが、本人が純日本人だと言ってます。

やはり間違われることもあるようで、学生時代はそれを理由にいじめられたこともあったそうです。デビューが中学生と早かったのも、イジメがあったから学校を早退したり休んだりする理由が欲しかったからだというのですから辛かったのですね。

かわいすぎてナルシストに思われていたとかで苦労されていたから一視同仁(差別なくずべての人を仁愛すること)という座右の銘があるのかもしれませんね。

 

では、英語力はどうなのかということですが、2015年放送の「心の旅 ムーミンの故郷」という番組で北欧を旅したのですが、流暢に英語を話されていたようです。

通訳さんはおられたようですが、ずっと横にいたわけではないらしいです。波瑠さんの英語力がわかりますね。

 

 波瑠の過去の出演ドラマとは?苦労した新人時代

14歳の母(2006年)

山形スクリーム(2009年)

女の子ものがたり(2009年)

マリア様がみてる(2010年)

いねむり先生(2013年)

ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~(2013年)

かじまる食堂の恋(2014年)

アゲイン 28年目の甲子園(2015年)

あさが来た(2015年)

流れ星が消えないうちに(2015年)

世界一難しい恋(2016年)

波瑠さんがデビューしたのはまだ中学一年生の時でプロモーションビデオのオーディションに受かったのがきっかけです。

ですが、すぐに売れたわけではなく仕事がない日々が続き、セリフのない端役が多かったようです。

出演しただけのドラマや映画を調べただけでも数は多かったです。

それでも少しずつ演技を磨き、朝ドラの「あさが来た」(2015年)のヒロインに大抜擢されました。

それまでに朝ドラのヒロインオーディションで三回も落選してようやく掴んだ合格だというのですから努力がうかがえますね。

知名度をあげるきっかけになったと言われているのがドコモのCMで初々しい新入社員役で出演したときです。これからの期待と上手くいかない不安を胸に頑張るという繊細な演技をして評判がよかったようです。

朝ドラでブレイク後も簡単に仕事があるわけではないのですが、波瑠さんは日本テレビの「世界一難しい恋」(2016年)でヒロイン柴山美咲役を落ち着いたキャラを好演していました。

「あさが来た」(2015年)では元気なお転婆系だったのですが正反対でも評判が良かったところが演技力の高さがわかりますね。

 

波瑠さんは女優だけでなく幅広い活動もされています。

2008年に「I miss you/MESSAGE~明日への僕~」という曲で歌手デビューもしてます。

雑誌「セブンティーン」で表紙を七回も務めた後、「non-non」で専属モデルとなりました。

2013年からはTBSの「A-Studio」でアシスタントをしてたこともありました。

ブレイク後も数多くのドラマや映画に出演しており、まだこれからも多くの場で活躍されていくでしょう。

 

まとめ

下積み時代が長かったからこそいろんな役をこなし、それでもやめずに女優を続けてきたからこその演技力がようやく認められたということですね。

あきらめずに突き進めば道は開けるのだと教えてくれるような経歴でした。

まだ若く、ブレイクしたばかりの波瑠さんがどんなところで活躍されていくのが楽しみです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です