本田翼の演技って下手なのか評判は?出演ドラマや映画一覧についても!

スポンサーリンク

2016105日にスタートする『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』に森尾登代子役で出演する本田翼さん。

今回のドラマでは、石原さとみさん演じる主人公の河野悦子の後輩であり、悦子が憧れるファッション誌の編集者としての出演だそうです。

巷では、本田翼さんの演技力についての評価が話題になっているようです。出演ドラマや出演映画を元に検証してみたいと思います。

 

本田翼のプロフィールとは?

名前:本田 翼(ほんだ つばさ)

生年月日:1992627日(24歳)

出身地:東京都

趣味:ゲーム、漫画、数独

所属事務所:スターダストプロモーション

参照元 http://www.stardust.co.jp/section1/profile/hondatsubasa.html

 

デビューのきっかけは、2006年に女性モデルの所属の多い芸能事務所「SPLASH」にスカウトされ、女性ファッション誌『SEVENTEEN』の専属モデルとして活動を開始しまいた。

その後、2007年に『ラブベリー』、2010年からは『non-no』に移籍し、専属モデルとして活躍しています。

趣味にゲームや漫画とあるように、自身も認めているほどの「オタク気質」で、『星のドラゴンクエスト』のCM出演のイベントなどで異常にテンションの上がった姿を見せていましたね。

漫画は、主に少年漫画が好きで『BLEACH』や『HUNTER×HUNTER』『東京喰種』などを好きなマンガに上げていて、2017年には同じく少年漫画の『鋼の錬金術師』にウィンリィ・ロックベル役として出演予定です。

2012年にTBSの笑福亭鶴瓶(しょうふくていつるべい)さんがMCの『A-Studio』で4代目のアシスタントにも選ばれています。

 

本田翼の過去の出演ドラマや映画とは?

女優として活動を開始したのは、2011年のドラマ『シマシマ』で、映画では2012年の『FASHION STORYModel-』に初出演・初主演で、雛子役を演じています。

では、主要のドラマ及び映画をご紹介しましょう。

本田翼の出演ドラマとは?

2012年:TBS『恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方』連ドラ初レギュラー・木下結衣役

2012年:フジテレビ『GTO』神崎麗美役

2012年:日本テレビ『Piece』須賀水帆役

2013年:テレビ朝日『ヴァンパイア・ヘヴン』W主演・小町役(大政絢)

2013年:フジテレビ『ショムニ2013』円山詩織役

2013年:TBS『安堂ロイド~A.I. know LOVE?~』サプリ役

2015年:TBS『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』永光遥役

2015年:フジテレビ『恋仲』ヒロイン・芹沢あかり役

 

デビューしたての2012年頃は、ビジュアルのみを買われた出演のように感じてしまいますが、2013年の『ショムニ』くらいから、演技力も求められてきた感じですね。

『ショムニ』といえば、江角マキコ(えすみまきこ)さんの代表作で、周りを固める出演者も実力派揃いなので、下手な演技だと浮いてしまいますし、本人もすごく勉強になったのではないでしょうか(笑)

さらに2015年『ヤメゴク』で大島優子さん演じる光永麦秋の妹・遥を経て、月9『恋仲』で堂々とヒロインを務めました。

個人的には、本田さんのセリフ後の「作り笑顔」がツボで、よく真似していました(笑)

 

本田翼の出演映画とは?

2012年:『FASHION STORYModel-』初出演・初主演・雛子役

2013年:『江ノ島プリズム』安藤ミチル役

2014年:『アオハライド』主演・吉岡双葉役

2015年:『起終点駅ターミナル』主演・椎名敦子役

 

演技と話題性を高く評価されているのか、映画となると主演作品が多いですね。

特に2014年の『アオハライド』は、少女漫画が原作で原作のファンからはキャスティングに大ブーイングだったものの、蓋を開けてみれば初登場の興行収入で1位を獲得していますし、本田さんの演技も評判は良かったように思います。

201610月から公開される「湊かなえ」さん原作の『少女』にも主演・桜井由紀役で出演されています。その後も『土竜の唄 香港狂騒曲』『鋼の錬金術師』の出演がすでに公表されています。

 

スポンサーリンク

 

本田翼の演技の評判とは?

ではでは、本田翼さんの演技の評判はどうなんでしょうか?

ちょっとまとめてみました。

 

「本田翼は演技が下手だけれども、見た目がかわいいから多めに見てもらえている 」

「本田翼が出てると途端に見る気なくなる。演技下手やし 」

「映画『少女』さ、ストーリーめっちゃ面白そうなんだけど、本田翼と山本美月ってルックスはとても可愛いにも関わらず演技力あまりないコンビでさ、演技力さえあればウキウキ見に行くこと即決したんだがなあ」

「本田翼は笑い方以前に演技が致命的に下手」

「本田翼は笑い顔の演技が下手すぎるのがな、でも本田翼のドラクエのCMはドラクエ好き感が伝わるので良い」

「少女観に行こうと思ってるけどどうも本田翼ちゃんの演技が苦手…2時間耐えられるだろうか 」

「本田翼 演技下手すぎでしょ 」

「本田翼可愛いけど演技〜 」

「やっぱ本田翼かわいいなー 演技はおいといて 」

「演技してない本田翼が好きです。 」

 

ん~(汗)調べても調べても「本田翼は可愛いけど…演技が下手」しか出てこない。

「演技してない翼ちゃんが好き」とか「写真だけにしとけ」とか、そんなのばっかりです(笑)

もはや援護のしようがない状態ですね。

さらに、10月から公開の映画『少女』に至っては、同じように演技が下手だと言われている山本美月(やまもとみつき)さんとのW主演ということで、湊かなえさん原作で面白そうなのに、すでに大爆死の予感すらしてしまいます。お二人とも可愛さは折り紙付きなので、モーションヴィジュアル的な扱いになってしまうのでは…心配です(笑)

 

まとめ

 

今回『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』に出演されるということで、本田翼さんの演技についてまとめてみましたが、演技力の部分ではあまり期待しないほうが良さそうですね(笑)

ファッション誌の編集者の役ですし、石原さとみさんもオシャレ好きの女性の役なので、今回は石原さとみさんとオシャレ対決的な目線で見たら楽しめそうですね。

気になる放送は、2016105日 夜10時スタート。初回は10分拡大で放送です。

お見逃しなく!

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です