石原さとみの演技はわざとらしい?うまいなど評判とドラマ出演一覧も

スポンサーリンク

キレイ可愛いビジュアルでは圧倒的な存在感で、誰もが認める石原さとみさん。

10月からスタートする新ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』で1年ぶりの主演を務めるということで、ビジュアルだけでは無い演技力の部分を過去の出演ドラマの評判から掘り下げてみたいと思います。

石原さとみのプロフィールとは?

名前:石原 さとみ(いしはら さとみ)

生年月日19861224日(29歳)

血液型:A

身長:157cm

趣味・特技:お事、テニス、ピアノ

所属事務所:ホリプロ

参照元 http://www.horipro.co.jp/ishiharasatomi/

 

デビューのきっかけは、2002年に開催された『ホリプロスカウトキャラバン ピュアガール2002』似ってグランプリを受賞したことにより、現事務所の所属となり芸能活動を開始しています。

実際には、デビュー前からホリプロの養成所に通っていて、本名の「石神国子」名義で映画に2本出演経験がありましたが、「石原さとみ」として2003年の映画『わたしのグランパ』に出演したことが女優デビューとされています。

女優でありながら、多くのファッション雑誌等の表紙を飾り、『カバーガール大賞』では2年連続で総合大賞に選出され、2016年度は3連覇が期待されています。

更に、世界で最も美しい顔100人(最高順位19位)を初め、美しさをたたえた数多くの賞や市場調査でのトップを獲得されています。

 

石原さとみの過去の出演ドラマとは?

では、そんな活躍めざましい石原さとみさんの出演ドラマは、どんなものがるのでしょうか?連ドラを中心にめぼしいところをご紹介していきます。

2003年:NHK『窓を開けたら』ドラマ初出演・山本うさぎ役

2003年:TBS『きみはペット』連ドラ初出演・澁澤ルミ役

2003年:NHK連続ドラマ小説『てるてる家族』ドラマ初主演・岩田冬子役

2004年:フジテレビ『WATER BOYS2』ヒロイン・矢沢栞役

2005年:TBSH2~君といた日々』ヒロイン・古賀春華役

2005年:NHK大河ドラマ『義経』静御前役

2006年:フジテレビ『Ns’あおい』民放ドラマ初主演・美空あおい役

2007年:フジテレビ『花嫁とパパ』主演・宇崎愛子役

2008年:テレビ朝日『パズル』主演・鮎川美沙子役

2009年:フジテレビ『ヴォイス~命なき者の声~』久保秋佳奈子役

2010年:テレビ朝日『霊能力者 小田霧響子の嘘』主演・小田霧響子役

2011年:日本テレビ『ブルドクター』釜津田知佳役

2012年:フジテレビ『リッチマン、プアウーマン』ヒロイン・夏井真琴役

2014年:フジテレビ『失恋ショコラティエ』ヒロイン・高橋紗絵子役

2014年:フジテレビ『ディアシスター』主演・深沢美咲役

2015年:フジテレビ『5→9~私に恋したお坊さん~』ヒロイン・桜庭潤子役

こうしてみると、石原さとみさんの凄さがわかりますね。なんと、デビュー以来、ほぼ毎年と言っていいほど、主演もしくはヒロインで連ドラに出演しています。

デビュー当時の学生役に始まり、看護師やOL、教師等どちらかと言えばクール系の演技に移行していっていました…が、転機となったのは『リッチマン、プアウーマン』ですね。

以降は、演じるキャラクターが「キャピキャピ能天気ギャルのドタバタ劇、たまにシリアス(笑)」的な感じに統一化してきていますが、そのキャラクターこそが大ブレイクのきっかけになったことは言うまでもありません。

個人的にも、『リッチマン、プアウーマン』の真琴役や『ディアシスター』の美咲役は、かなりツボでした。周りに心配かけまいと必死に空元気を続ける姿が、逆に刺さった感じがしてやられてしまいましたね~(笑)

比較的女性人気の少なかった前期に比べ、現在では、男女ともに(どちらかと言えば女性人気かも…)人気が高く、以前は「石原さとみ=くちびる)」という印象が「石原さとみ=かわいい」という印象に変わっています。

女性ってホントに変わるもんですね。コワイコワイ(笑)

 

石原さとみの演技の評判とは?

スポンサーリンク

ではでは、石原さとみさんの演技の評判はどうなんでしょうか?

「石原さとみは美人なだけじゃなくても演技も上手だから好き。」

「石原さとみさんの無理して笑う演技スキなんですけどわかってくれる人いますか」

「私は石原さとみの演技好きだなあ(*´ч ` *)巨人の時のハンジ?さんが特に。 」

「石原さとみは(演技は)うざいけど可愛い 石原さとみ可愛い 」

「てるてる家族やってて、石原さとみの演技が優しく言えばぎこちなかったw 」

「自分の中で少女漫画みたいな演技できる女の人は石原さとみって感じ 」

「石原さとみは演技も上手だし可愛いし素敵 」

「映画の進撃の巨人で石原さとみが演じるハンジってキャラって結構イチャッテるよね!」

「石原さとみは明らかに浮いてる役ばかりなんですが誰の趣味なんでしょうね・・・正直石原さとみのアレなキャラと演技はキツ過ぎる」

「石原さとみはかわいいけど演技の仕方がやばいなっていつも思ってる 」

「石原さとみの演技してますって演技がダメ」

「石原さとみの顔というより声質と演技と表情がころころ変わるところが大好き 」

「石原さとみ演技力高すぎてヤバい 」

「石原さとみ大好きほんとに。 あのガリガリじゃないけど太ってもいないあの体型とか色気とか演技の仕方とかちょっと小悪魔っぽいところ全て好き 」

「石原さとみさんの演技素敵だったなぁ〜 」

やはりと言ったら何ですが…見た目の可愛さ先行のコメントが多いですね。

演技力については、かなり好き嫌いの別れるところですが、最近の石原さんの「大げさでわざとらしい」演技をどう受け取るかで大きくコメントが違っています。

石原さんを好きな方は、今の演技になる前は比較的クールな演技をしていたことも知っていて、あえて「ウザかわキャラ」を演じていることを高く評価しているように感じます。反対に、今の演技を中心に見ている方は「演技がうざい」とか「男に媚びている感じの演技が嫌い」などと思ってしまうようです。

私的には、上手い方だと思いますが…

理由としては、本当の演技が上手いかどうかは私にはわかりませんが、石原さとみさんが『石原さとみ』として、世間に求められている演技をされている感が伝わってくる所に高く評価出来ると思います。多分ですが…「ウザい」とか「わざとらしい」と言われることをわかった上で、あえて話題になるように演技を変えているのではないでしょうか?

コメントに多かった、映画『進撃の巨人』のハンジ役の時とかはその良い例で、主演でもヒロインでもなく、一出演者で出演でしたが石原さん出演であれば当然、メディアも取り上げるでしょう。そこで普通にちょっとイッちゃっている巨人オタクを演じるよりも、かなりイッちゃってる&引くくらい振り切っている演技をすることで、話題にもなるし「そのシーン」を見てみたいと思わせる事ができるんだと思います。

実際、私も「あのシーン」は見たかったシーンの1つでした(笑)

しばらくは「ウザかわキャラ」の演技で行くような気がしますね。

 

まとめ

今回『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』に主演されるということで、石原さとみさんの過去の出演ドラマや演技についてまとめてみました。

私的には、石原さとみさんの演技は好きですし、元気をもらえるので非常に楽しみで仕方がありません。原作もメッセージ性があって面白そうですし…。見逃せませんね(笑)


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です