織田裕二主演ドラマIQ246~華麗なる事件簿のキャスト一覧やあらすじは?

スポンサーリンク

民放の連ドラでは、実に3年ぶりとなる織田裕二さんの主演ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』が、20161016日よりTBSでスタートします。

今回はIQ246』のあらすじやキャストをご紹介していきたいと思います。新旧入り乱れたキャスト陣は見ものですよ!!

IQ246~華麗なる事件簿のあらすじとは?

やんごとなき貴族の流れを汲みながらも、時の権力とは無関係に、代々、有りと有らゆる学問のみを探求してきた法門寺家。
その幅広い知識は連綿と法門寺家当主にIQ246という異能をもたらし、現89代当主・法門寺沙羅駆へ継がれていた……。
「ああ、暇だ暇だ。どこかに私が解くに値する謎はないものか……。」
常に暇を持て余し、自らが解くに値する“謎”を求める沙羅駆が、世間にはびこる難事件をIQ246(超遺伝頭脳)で鮮やかに解決!!
今ここに天才貴族 法門寺沙羅駆が降臨する!

参照元 http://www.tbs.co.jp/IQ246/intro/

 

基本的には、一話完結で繰り広げられるミステリー仕立てのドラマのようです。

普段、存在自体が国家機密として扱われている法門寺家ですが、織田裕二さん演じる当主の沙羅駆は、IQ246という驚異的な頭脳の持ち主のため、身の回りの全てが理解できてしまう。

1話では、要人警護として警視庁から配属されてきた刑事・和藤奏子が法門寺家に挨拶に伺った矢先、沙羅駆はこっそりタクシーで抜け出してしまうのですが…。

道すがら出くわした事件の被害者を見るやいなや、的確に事件の真相を言い当ててしまうのでした。

タクシーには無賃乗車であったため、その場で逮捕されるも国家機密の重要人物のためすぐに釈放される。

家に戻された沙羅駆のもとに新たな以来が…

 

 

IQ246~華麗なる事件簿のキャストとは?

スポンサーリンク

法門寺 沙羅駆役

やんごとなき貴族のご落胤の末裔の末裔の末裔…。法門寺家の長男で89代目当主。法門寺家は時の権力とは無関係に学問のみを追求してきた「学究派」の家系で、長男のみに「IQ246」の異能が代々遺伝する。その異能を恐れられ、800年近く時の権力者から北鎌倉に存在を封じられてきた。常に暇を持て余し、自らが解くに値する“美しい事件”を求めてさすらう。口癖は、「ああ、暇だ暇だ。どこかに私が解くに値する事件はないものか」

演・織田 裕二(おだ ゆうじ)

織田裕二さんといえば、知る人ぞ知る実写版『湘南爆走族』の石川晃役で俳優デビューを果たしました。当時は、今からわ想像もつきませんが青い髪の毛のリーゼントでしたね(笑)同作では、江口洋介(えぐちようすけ)さんが江口洋助役で主演して話題になりましたね。

テレビドラマでも数々の名作に出演されているのですが、初期で言えば『東京ラブストーリー』でしょう。鈴木保奈美(すずきほなみ)さん演じる赤名リカの「カンチ!エッチしよ」は社会現象にもなりました。

更に忘れてはならないのが、中期の代表作『踊る大捜査線シリーズ』ですね。これまた、「事件は会議室で起きてるんじゃない。現場で起きてるんだ。」も名言として未だに語られています。

そんな織田さんも、最近では俳優業が以前よりスローペースになっていますね。世界陸上のせい(笑)?

連ドラの主演は2013年の『Oh.My Dad!!』以来ですし、TBSに限っては2007年『冗談じゃない!』以来ということで、気合も十分のようですね。

和藤 奏子役

正義感が強く、人の役に立つ仕事がしたくて警察官を目指す。仕事も恋愛も思い込んだら一直線に突き進む猪突猛進タイプだが、流行にも乗り遅れたくない“今どき”の娘でもある。頭脳は凡人だが、体力には自信がある。理屈より感情で動くタイプだが、今どき女子として常識も持ち合わせる。男女問わず惚れっぽく、「もしかして、あの人私のこと…」とすれ違う男性や時には犯人にさえも、あらぬ妄想で頭がいっぱいになるほどの恋愛体質。そして、何よりも食欲が半端ない。今どきの若者にありがちな、小さくて高いプライドを持つが、でも根は真面目で、正義感もある。この物語の最大の「良心」かもしれない。

演:土屋 太鳳(つちや たお)

NHKの連続ドラマ小説『まれ』でヒロイン・津村希を演じ大ブレイクを果たした土屋太鳳さんですが、実はデビューはもっと早くて、2005年に開催された『スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックス』で審査員特別賞を受賞し芸能界入りし、初仕事は2007年の「カプコン」のCMでした。

その後、ジュニアファッション雑誌『Hanachu→』の専属モデルを経て、徐々に女優の階段をおぼり始めました。

ドラマ初出演は2010年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』で幼少期の龍馬の姉・乙女役を演じました。

まれ』以降の活躍が目覚ましいように感じますが、それ以前も映画(釣りキチ三平、るろうに剣心 等)やドラマ(鈴木先生、桜蘭高校ホスト部、花子とアン 等)で、存在感を見せてくれていました。

最近では、日本テレビの『お迎えデス。』でヒロインの阿熊幸役を演じていましたね。

 

89代 賢正役

沙羅駆の育ての親の息子で法門寺家に代々執事として仕える。沙羅駆の道楽につき合わされ調べ物をしたりする。「恐れながら・・」と言いつつ、時に推理してみたりする。ちなみに沙羅駆はそのアイデアを意地でも認めない。賢正は「出過ぎた真似を致しました」とあくまでも謙虚だが、時にヒントになっている。
賢正は人格者なので、沙羅駆という子供じみた天才をとてもうまく誉めたて、いろんな人の顔を立て、事件をまとめる。外の世界の一般常識については沙羅駆よりは少し詳しく、沙羅駆が失礼したり迷惑をかけた人に対してフォローしたりする。アスリートばりの運動能力を持ち武芸のたしなみもあり、沙羅駆を守るためならその肉体が傷つくことも厭わない。

演:ディーン・フジオカ

突然現れたイケメン俳優『ディーン様』ことディーン・フジオカさんですが、芸能活動を初めたのは日本ではなく、中国や台湾を拠点として活動していた、いわゆる逆輸入俳優ですね。

なんと、5ヶ国語に精通し、俳優のみならず、モデルや映画監督をこなすマルチな才能をお持ちで、中国武術やチャス、写真等多くの趣味や特技をお持ちです。

以前、バラエティー番組に出演したときに見せた、中国剣の剣技の演舞は凄かったのを覚えています。

日本での活動では、2015年の『探偵の探偵』に出演後、NHK連続ドラマ小説『あさが来た』、2016年『ダメな私に恋してください』に出演し、ドラマ終了と同時に「ディーン様ロス」という現象が起き話題になりました。

『ダメ恋』以降の連ドラ出演で注目度が上がっています。

 

森本 朋美役

一見とても地味な法医学専門医 監察医。法門寺沙羅駆に出会い、その推理能力に魅了されファンとなる。ゆえに沙羅駆に頼まれると嫌と言えず、色々融通してしまう。
沙羅駆の事が好きだが毎回冷たくあしらわれる。しかし、それすら心地がよい。検死しながらビーカーで味噌汁を飲んだり、少し変わったところがある。検視が終わると死体に死化粧を施す。

演:中谷 美紀(なかたに みき)

アイドルグループ『桜っ子クラブ』出身の中谷美紀さんですが、女優活動は1993年にドラマ『ひとつ屋根の下』で女優デビューを果たしています。

その後、Days1998年)』『ケイゾク(1999年)』『真夏のメリークリスマス(2000年)』『JIN-仁-(2009年)』等、数々の話題作で主演・ヒロインを演じてきています。

特に、自身の最大のヒットドラマであろう『ケイゾク』では、かなり難しい役柄ながら完璧に演じきり、その後の堤幸彦(つつみゆきひこ)演出作品の礎を築いたと言っても過言では無いと思います。

最近でも『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』で主演・橘みやびを演じ、等身大のアラフォー女性の苦悩を見事演じきっていましたね。

 

その他のキャスト

山田 次郎役:宮尾 俊太郎(みやお しゅんたろう)

捜査一課の刑事。灘、東大、ハーバードを常に首席で卒業した超インテリ。拳銃、柔術、英語、フランス語、なんでも出来る。しかし、名前が地味なので沙羅駆に名前を覚えてもらえず、毎回違う名前で呼ばれる。そのたびに「山田だ」と訂正する。
いずれ、沙羅駆は犯罪者になるのではないかと危惧している。

 

今市 種子役:真飛 聖(まとぶ せい)

捜査一課の刑事。現場のたたき上げ。山田とコンビを組む。
だが、名前にコンプレックスがあり、本名を呼ばれると切れる。
子供の頃貧乏だったので、金持ちが嫌い。
だが、沙羅駆の才能には一目置くようになる。広島カープファン。
沙羅駆の手柄を横取りし、山田と奪い合う。

 

法門寺 瞳役:新川 優愛(しんかわ ゆうあ)

沙羅駆の妹。後妻の娘で、沙羅駆とは異母兄妹だが、あまり気にしてない。お嬢様育ちなので、世間の一般常識とはかけ離れているところがある。沙羅駆のようにIQが異常に高いわけではなく、ごく普通のお嬢様。賢正のことが少し好き。奏子と仲良くなり、一緒に出かけることも

 

足利 尊氏役:矢野 聖人(やの まさと)

森本朋美のアシスタント。ちょっと変態?

 

棚田 文六役:篠井 英介(しのい えいすけ)

警視総監。和藤奏子を法門寺家の護衛係という名目で、沙羅駆が警察の捜査に首をつっこまないように監視させる。しかし毎回、沙羅駆に難事件を解決されてしまい、そのたびに苦虫をかみつぶしたような顔をして悔しがる。
88
代目 賢丈とは、中高大とずっと同級生でライバルなので、沙羅駆の手柄が、なおさら、気に入らない。なぜなら、初恋の人を賢丈にとられて以来、ずっと根に持っているから……。とにかく、88代目 賢丈には負けたくない。

 

88代目 賢丈役:寺島 進(てらしま すすむ)

賢正の父親。沙羅駆の育ての親。
沙羅駆を実の息子のようにかわいがっている。
沙羅駆の将来が心配で、早く身を固めて欲しい。そして一子相伝の知識を伝えるためのお子様を授かって欲しいと願っており、いい大人の沙羅駆をいつまでも子供のようにかいがいしく身の回りの世話を焼く。沙羅駆を叱ることができる唯一の存在。

 

まとめ

 

今回『IQ246~華麗なる事件簿~』がスタートするということで、あらすじやキャストを紹介してきたわけですが、久しぶりに織田裕二さんの織田節が聞けるかと思うとワクワクが止まりませんね。

更に、周りを固める俳優陣も土屋太鳳さんやディーン・フジオカさんを初め、実力派や話題の俳優さんたちを集めているので、面白くないわけがなさそうですね。

IQ246~華麗なる事件簿~』の放送は20161016日(日)よる9時よりTBSでスタートします。初回放送は20分拡大スペシャルなので、お見逃しなく!

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です