べっぴんさんのネタバレとは?芳根京子演じるヒロインの結末とは?

スポンサーリンク

NHK連続テレビ小説の新ドラマ『べっぴんさん』が2016103日からスタートします。

そこで、今回は新ドラマ『べっぴんさん』のあらすじのネタバレと芳根京子演じるヒロインの結末をまとめていきたいと思います。

べっぴんさんのあらすじとは?

すみれ。
それがこの物語のヒロインの名前です。
昭和のはじめ。神戸の山の手で生まれたすみれは、
早くに亡くなった母から教えられた刺しゅうや手芸が大好きな女の子でした。
会社を経営していた父、活発な姉のもとで何不自由なく育ち、19歳で結婚、ほどなく娘を授かります。

順風満帆に思われた人生でしたが、戦争ですべてが変わります。
夫は出征し、家は焼け、戦争が終わると財産は没収。おっとりとしたすみれはどうしていいかわかりません。
そんなとき、幼い娘のために手作りした小物を見た人から「それを売ったらいいんじゃないか」と言われたことを
きっかけに、すみれは生きていくために子供服作りを始めます。

そんなすみれの周りには、様々な事情を抱えた女性たちが集まってきます。
働いたことなどない女同士で「ああでもない、こうでもない」と言い合いながら、気づけば会社まで起こし、子供服作りにのめり込んでいきます。

戦地から復員した夫は、当初、妻たちが働くことに猛反対。すみれの夫は戦前の「男が働き、女は家の中」という考えが捨てきれず、また、儲けをあげることより「子供のため、ママのためによりよいモノを作りたい」という彼女たちの仕事のやり方も理解できません。

しかし、やがて彼女たちの本気に触れ、子供服作りに一途な彼女を陰ながら支える生き方を選び取り、「最強のパートナー」となっていきます。「婦唱夫随」のすみれと夫は、仲間たちとともに「こだわりのモノづくり」を貫き、
やがて宮内庁御用達と認められるまでになっていきます。そして後年、すみれは、大人になった娘たちとともに、念願だった「子供のモノなら何でもそろう」日本初の総合子供洋品店をオープンさせることになります。

参照元 http://www.nhk.or.jp/beppinsan/story/

 

べっぴんさんのネタバレとは?

まず『べっぴんさん』の主人公・坂東すみれモデルとなっている女性をご紹介しましょう。

板野惇子(ばんのあつこ)さんといって、子供服専門店『familiar(ファミリア)』の創業者4名のうちの1人で、父親もアパレルブランド『レナウン』の創業者・佐々木八十八(ささきやそはち)さんです。

『べっぴんさん』では、佐々木八十八さんも坂東五十八(生瀬勝久)となっていますね。父親は、末娘であったすみれを非常に厳しく育てていたらしく、特に病気や健康面に対しては異常なまでに神経質で、外食はもちろん既製品でもアルコール消毒をしないと口にできない程だったということです。

ドラマ内でも布製品を扱う商人の五十八の残した、仕立ての良い布やシルクの糸などが、すみれの事業の成功の助けになったことはいうまでもありません。そして、五十八の商売人としてのノウハウもしっかり受け継いでいたのでしょう。

ドラマでは、すみれと多田良子(百田夏菜子)、田坂君枝(土村芳)の女学校時代の「手芸倶楽部」3名で創業している設定になっているようですが実際は、最初は4人の女性で女学校時代のクラスメート田村枝津子、その義姉田村光子、近所の友人村井ミヨ子の4人だったそうです。

創業のキーマンとなるのが、神戸の靴店「あさや」の店主・浅田茂男(市村正親)の存在ですね。浅田は、すみれの作った刺繍入りの小物に目を留め、自身の店の一角をショーケース代わりに提供しました。このことがきっかけとなり、靴店の一角に「ベビーショップ・あさや」をオープンしました。

戦後の日本は粗悪品が横行しており、良質な生地や糸を使った商品はなかなか手に入らなかったため徐々に業績も上がっていき、あさや靴店の隣に独立し、更に父親が持っていたより大きな店へと事業を拡大していきます。その頃には、最初は否定的であった夫や父親も事業の可能性を認めてくれて、株主に名乗り出てくれたことで株式会社として会社を設立することになりました。

株式会社となったことで事業は更に拡大し、大手百貨店に商品を陳列できるようになり、ついには神戸から始まった子供服専門店が東京進出のチャンスが訪れます。

戦後復興の勢いにのって、品質を認められた子供服は皇太子の出生の献上品に選ばれ、皇室御用達の子供服ブランドになりました。

 

芳根京子演じるヒロインの結末とは?

スポンサーリンク

芳根京子演じるヒロインは坂東すみれという女学生からスタートするものと考えられます。

ちなみに、すみれの幼少期を演じるのは、渡邉このみ(わたなべこのみ)さんという子役の女の子です。

幼少期の設定があるということは、回想のシーンが多いということでしょう。

すみれ役以外にも姉・坂東ゆり(内田彩花)や幼馴染の野上潔(大八木凱斗)、田中紀夫(玉山詩)、坂東家の女中の娘・小野明美(坪内花菜)などにも子役の配役が有ります。

結末としては、モデルの板野惇子さんがすでに亡くなられている割には、晩年の女優さんの設定は公表されていないので、女学生から、戦災・終戦を経験して、会社設立・東京進出。日本でも大手の子供服ブランドになるというところまでが描かれるものと考えられます。

ストーリーとして、戦後を支えた強い女性たちのサクセスストーリー的な感じだと思うので、まだ続いていく未来を見据えたキラキラした結末になるでしょう。

ただ、モデルの板野惇子さんの経歴や紹介を見る限り面白みがあるのは、戦後の混乱の中生きていくために初めた子供服販売で四苦八苦して成長していく時代だと思いますので、メインとなるのはその部分でしょう。東京進出以降は比較的駆け足で描かれてしまうような気がします。

 

まとめ

今回、『べっぴんさん』のネタバレと称してまとめてきましたが、モデルとなる板野惇子さんの実際のストーリーとどこまでリンクさせていくのかで、結末も大きく変わってくるでしょう。番組のあらすじを見る限り、そこまで大きな変更は無さそうですが、全く同じとはいかないと思いますので、幾つかの変更点もありましたね。

『べっぴんさん』がどんな仕上がりになってくるのか非常に楽しみです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です