わろてんかで高橋一生(伊能栞)のモデルが実在の小林一三?どんな人物なの?

スポンサーリンク

 

10月2日からスタートするNHK連続テレビ小説「わろてんか」は吉本興業の創業者である”吉本せい”をモデルとした物語ですが、今回注目したのは高橋一生(たかはしいっせい)さんが演じる伊能栞(いのうしおり)です!

とてもダンディーな紳士で青年実業家の伊能栞は早くもツイッターで話題となっています。

この伊能栞のモデルといわれているのが小林一三(こばやしいちぞう)さんです。

一体どのような人物なのでしょうか?

高橋一生が演じる伊能栞とは?

 

伊能栞は大阪の製薬会社社長の息子として生まれますが、正妻の子ではなく東京で生まれ育ちます。
神戸で貿易会社を経営する青年実業家として独立し、実家とは距離を置いています。

主演のてん(葵わかな)の結婚相手でしたが、てんには他に好きな人がいると知り、後押ししてあげる優しい男性です。

その後てん夫婦と交流を続け、日本にショービジネスを根付かせていくという人物です。

ツイッターでも噂が噂を呼んでいるようですね( ´ ▽ ` )ノ

”わろてんかの高橋一生役のモデルって辻阪信次郎だと思てたけど小林一三なのかな?

”わろてんかの番宣見て、一生君の栞さんに倒れそうです><オードリーの堺さん超えたよ…たぶん栞さんのモデルって阪急創業者で宝塚の生みの親小林一三翁がかなぁっと登場人物紹介を見て思ったのですが間違い?”

”高橋一生のモデルがわからない。結構重要そうなのに?? あちこちググってみたら、なんと、ヒットしたのが、小林一三翁??? 大胆不敵だねー面白そうです(^◇^;)”

”わろてんか、大正レトロ?スーツに身を包んだ高橋一生を装備してNHKが殴りにくるらしい……ムリムリ!!小林一三がモデルと聞いたけど、阿部サダヲから高橋一生にってすごい(すごい)”

”わろてんか、の高橋一生さんの役のモデルが明確ではないももの小林一三先生がモデルで鳥肌がたってしまった…!”

”わろてんかの「伊能栞」のモデルが一部で小林一三ではないかて言われてるみたいやけど、自分は別の人物やと思うな…”

 

みなさんそれぞれ持論を展開していますねぇ〜。

”日本にショービジネスを根付かせていく”とはどんなビジネスだったのでしょうか。

小林一三さんが実際に展開したショービジネスとはー?

 

小林一三ってどんな人物?

 

小林一三さんが生まれたのは1873年、明治6年です。
全然ピンときませんよね。

今から144年前でご存命であれば144歳です( ´ ▽ ` )ノ

 

小林一三さんは山梨県の商家で生まれます。
15歳の頃に上京して慶應義塾に入り、現在の慶應義塾大学へと進みました。
卒業後は三井銀行に勤務し、その後阪急電鉄の前身の会社の専務となります。

そして動物園や宝塚新温泉、宝塚歌劇団などを沿線に次々創設し、阪急電鉄の発展に貢献します。
阪急電鉄の社長となったのが1927年。
日本で初めてのターミナルデパート「阪急百貨店」が竣工したのが1929年でした。

 

その後東京宝塚歌劇団や東宝映画、第一ホテルなどとどんどん事業を拡大させていきます。

そして小林一三さんは政界へと踏み出し、商工大臣や国務大臣などを務めました。

1951年に東宝の社長となりますが、1957年急性心臓性喘息により84歳で亡くなっています。

 

ものすごい経営手腕ですね。
次々と新しい事業を展開し発展させていき、「阪急グループ」の基礎を作った人物です。

伊能栞が日本に根付かせたショービジネスとは、宝塚歌劇団や東宝映画がモデルのようですね!
ドラマではどんなビジネスなのかも興味津々です♪

 

小林一三と吉本興業の実際のつながりは?

スポンサーリンク

 

吉本せいさんが生まれたのは1889年なので小林一三さんより16年後に生まれています。
実際の小林一三さんと吉本せいさんはもちろん許婚でも恋人でもありません。

 

小林一三さんと吉本興業との接点は同じショービズ業界にいるという点です。
宝塚歌劇団や東宝などがそうですが、大阪の吉本興業とはあまり接点がありませんでした。

それを覆したのが松竹の存在です。

漫才が儲かるのでは?と考えた松竹は吉本興業から芸人を引き抜こうとしたのです。
ここで吉本興業と松竹には大きな溝ができます。

 

その後吉本興業は松竹のライバル会社であった東宝と組んで映画界に進出、映画「あきれた連中」は大ヒットとなりました。
吉本せいさんの弟である林正之助さんは、東宝の取締役についていたこともあります。

 

東宝との接点はこのくらいですが、ヤリ手としてしられていた吉本せいさんは、同じく凄腕であった小林一三さんに例えられ「女小林一三」ともいわれていたようです。

個人的にも小林一三さんと吉本せいさんは親しかったともいわれています。

まぁ大企業のトップ同士が親しい間柄なのはよくあることですよね。

ドラマでは事業の面でどう関連付けていくのかが楽しみです。

 

まとめ

 

高橋一生さん演じる伊能栞は、モデルは小林一三さんであると思われますが、フィクションの要素も多いようですね。

ちなみに熱い男、松岡修造さんは小林一三さんのひ孫です!
もしかしたら小林一三さんも熱い男だったのかもしれませんね♪

そんな豪腕の小林一三さんをどう演じるのか、高橋一生さんの演技にも注目です!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です