陸王で妹役の上白石萌音とはなかっぱとの関係は?話題の妹や出演ドラマについても

スポンサーリンク

2017年10月15日から放送開始予定のドラマ「陸王」。

宮沢茜(みやざわあかね)役で上白石萌音(かみしらいしもね)さんが出演されます。

役所広司(やくしょこうじ)さんの娘役で、山崎賢人(やまざきけんと)さんの妹役という豪華なファミリーの一員役です。

今回は、萌音さんの「はなかっぱ」との関係や話題の妹、出演ドラマについても調べてみました。

上白石萌音のプロフィールは?

上白石 萌音(かみしらいし もね)

生年月日:1998年1月27日

出身地:鹿児島県

身長:152cm

趣味:読書、音楽を聴くこと、歌うこと 踊ること

引用元:https://www.toho-ent.co.jp/actress/profile.php?id=7305

現在、年齢19歳の萌音さん。

現役大学生です!

明治大学に通ってらっしゃるんだとか!偏差値60の名門ですよね。

透明感溢れる容姿で知的だなんて、素敵な女優さんだ~。

萌音さんは、元々歌ったり踊ったり音楽が大好きな女の子だったそうで、それを見ていた母親の勧めで、萌音さんは小学校1年生時から、鹿児島市内のミュージカルスクール「マリアミュージカルアカデミー」に通い始めました。

そして転機が訪れるのは、中学1年の時!

ミュージカルスクールの先生に勧められて受験した2011年の第7回“東宝「シンデレラ」オーディション”で見事、審査員特別賞を受賞されたのです。

これを機に東宝芸能に所属することになったんです。

この「シンデレラオーディション」には、なんと参加者が44,120人!

もう想像できない人数なんですが・・・

この人数の中で審査員特別賞とは、凄いことですよね。

その後、萌音さんは、大河ドラマ「江」で女優デビューし、「空色物語」で映画初出演を果たします。

2014年に公開された「舞妓はレディ」では映画初主演で、日本アカデミー賞新人賞を受賞してるんです。

2016年に公開された映画「君の名は。」ではヒロインの声優を担当され、これまた大ヒット作になりましたよね。

萌音さんは、この映画で、第11回声優アワード主演女優賞を受賞されたんですよね~。

まだ19歳なのに、こんなに超特急で活躍されると、将来どんな大物になるのか恐ろしいですね。(笑)

 

 

 

上白石萌音の妹が話題?

萌音さんにソックリの妹、萌歌(もか)さん。

現在、年齢17歳。若い!(笑)

萌歌さんは、小学5年生の時に萌音さんと同じく”東宝「シンデレラ」オーディション”に参加し、見事グランプリを獲得され、萌音さんと同じ東宝芸能に所属されました。

萌歌さんは、ファッション誌「ピチレモン」の専属モデルとしても有名ですよね。

萌音さんと同じように女優としても活動されています。

私が萌歌さんを知ったのは、「午後の紅茶」のCMなんですよね。

CM中でchara(ちゃら)さんの「やさしい気持ち」を歌ってるんですけど、透明感のある歌声でついつい聞き入っちゃうんです。そんで可愛い。

姉妹揃って声が綺麗で歌が上手い。

とんだ女優姉妹が現れましたね。

姉妹揃って、どんな活躍を見せてくれるのか今後が楽しみです。

 

上白石萌音とはなかっぱとの関係は?

 

スポンサーリンク

 

萌音さんは、女優活動以外にも歌手活動もされてるんですよね。

萌音さんの歌声聞いたことありますか?

いや~。めっちゃ上手いし癒される歌声なんです。

歌番組「ミュージックステーション」で「君の名は。」の主題歌「なんでもないや」を歌ってらっしゃった時、緊張気味でしたが、素敵な声でファンになりました。

本当、好きな声。(笑)

なんで、こんなに歌上手いんだ?って思ってたんですが、萌音さん、ミュージカル「赤毛のアン」では主役を務めてたんですね。

ミュージカルやってたなら、上手いに決まってますよね。

しかも主役って・・・

もう、なんも言えね~。(笑)

ということは、萌音さんの検索キーワードに「はなかっぱ」が出てくることは?萌音さんが「はなかっぱ」を歌っているの??って思って勘違いしていましたが

NHK番組で放送されている「はなかっぱ」のオープニングテーマ「スマイル」は妹の萌歌さんが歌ってらっしゃるんです。

読者の方に指摘されて気付いたのですが、勘違いしていました。

姉妹揃って歌の才能があってすごいですね。でも妹さんが歌った歌が関連キーワードに出てくるなんて、名前が似ているので、勘違いしている人も多いのかも知れないですね~。

 

上白石萌音の出演ドラマは?

大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」 最終回(2011年)

「恋味母娘」(2012年)

ホクサイと飯さえあれば(2017年)

「ガタの国から」(2017年)

「ホクサイと飯さえあれば」では主人公の山田文子(やまだぶんこ)役で出演されていました。

文子は、妄想癖があり、人見知りといった役柄で、食に対する情熱が並大抵なもんじゃないんですよね。

どんなに、手間のかかる料理でも手早く作ってしまうんです。

演技も素敵なんですけど、料理の手際がかなり良い!

主婦の私でも、尊敬の眼差しで見ちゃうドラマですよ。

「ガタの国から」でも、なんと主人公の片瀬未来(かたせみらい)役で出演!

タイから来たスーパーアイドル:サムットが未来を巻き込んでいくんですが、サムットの夢を叶えようと、サムットの追手を必死に妨害する未来の姿感動するんですよね。

萌音さんの演技力には魅了されるばかり。

これからどんどん出演作品が増えるんですよね。

楽しみでなりません。

 

上白石萌音の「陸王」での役柄は?

萌音さん演じる宮沢茜の役柄は以下です。

天真爛漫でありながら、常に家族のことを考え、しっかりと見ている女の子。

萌音さん、プライベートでも天真爛漫って感じですもんね~。

こんな可愛い子が天真爛漫だったら可愛くて仕方ないでしょうね。

しかも主演を演じる役所広司(やくしょこうじ)さんが父親役!

役所さん、撮影現場で癒されまくってるに違いない。(笑)

放送が待ち遠しいですね。

まとめ

今、注目の女優:上白石萌音は、想像以上に才能があって、知的で美人で、驚かされました。

次世代を担う女優出現ですよ。

「陸王」絶対見ますよ~。

 


スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 一箇所間違いがあります。
    「はなかっぱ」のオープニングテーマを歌っているのは萌音さんではなく、妹の萌歌さんです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です