愛してたって秘密はあるは山本未来【香坂】が犯人で黎の共犯?黒幕説など考察

スポンサーリンク

いよいよ最終回を迎える「愛してたって、秘密はある」。

伏線だらけで登場人物がみんな怪しく見えてきますよね。

現時点では黎の二重人格説が有力となっていますが、共犯がいるのではないかと言われています。

二重人格説とは?共犯は香坂先生なのか?黒幕説など考察していきます!

 

 

黎の二重人格説とは?

8話のラスト、視聴者に衝撃が走りました。

「警察に自分が殺したと自首した」という母・昌子からの知らせを受けた黎が、楽しそうなステップで歩きながら口笛でトゥーランドットを吹いていたのです。

父親を殺した時に流れていて、以前は聞くだけで震え上がっていた、あの曲をです。

そのことから、ネット上では「黎の二重人格説」が浮上しました。

 

香坂先生が黎の共犯?腕時計の秘密は?

黎が二重人格ということを前提にすると、共犯者がいるのではないかと考えられます。

理由は様々ありますが、黎にメールを送ってきていますし、メールに対してすぐに返事が来たこともポイントです。

二重人格だとすぐに返信をするのは不可能ですからね。

また、花火大会の時には爽の写真を撮ったりかんざしを取ったりしています。

そのことから、共犯者として考えられる候補が山本未来(やまもとみらい)さん演じる、香坂いずみです。

小さな法律事務所を構えている弁護士。

法科大学院の講師もしており、爽と黎の恩師でもある。

二人を温かく見守る、よき相談相手。

弁護士修習で爽の面倒を見ている。

http://www.ntv.co.jp/aishitetatte/chart/index.html

公式サイトではこのように紹介されています。

しかし香坂先生、怪しいポイントが多いんです。

一番気になるのが、度々アップで映し出される、香坂先生の腕時計。

男物のようで、毎回黎と話しているときにアップになっていました。

第9話で依頼主に「それって、男物ですか?」と聞かれた香坂先生は

「昔、男にプレゼントしようとした物なんですけど・・・事情があって渡せなくて。その時の気持ちを忘れないように。・・・許しちゃいけない罪って、あると思うんですよね」

と言いながら時計を見つめていました。

「100の嘘も1つの真実にはかなわない」

という口癖もなにか意味深ですよね・・・。

 

香坂先生の恋人が急患?

 

スポンサーリンク

 

第9話、果凛(吉川愛)と虎太郎(白洲迅)がバーで会っているとき。

「黎ちゃんにとって果凛はカテキョの生徒で、すぐに忘れられちゃう。大嫌いでも自分がいたことを覚えていてほしい。かりんに戸籍謄本と虎太郎ちゃんにソレ(黎が爽と買った指輪)を送ってきた人も同じ気持ちだったりして」

とかりんが言い、香坂先生が先ほどの時計について語るシーンに移ります。

そして事務所の爽の机に、黎のお父さんの日記のコピーを置きます。

翌日、黙秘していた依頼主が供述したことに対して「どうやったんですか?」と聞かれ、

「ちょっとしたきっかけを与えたの。大きな秘密をかかえている人ほど真実をぶちまけてしまいたいという衝動に駆られているものだから」

と答えるのです。

意味深~!これで何も関係なかったとしたら、憎い演出です(笑)

おそらく、果凛の言う「大嫌いでも覚えていて欲しい」のは黎のもう一人の人格なのではないかと考えます。

もう一人の人格が「黎に自分のことを気づいて欲しい」という思いから、遺体を掘り起こし、一連の出来事を起こした。

また、香坂先生については、黎の父の日記の内容が関係しているのではないかと思います。

取り調べ中に良い知らせをもらった。

長く入院していた患者の河野さんがやっと退院の日を迎えた。

また明日も取調べに呼ばれそうだ。急患の患者などいなければ良いが。

「奥森(堀部圭亮)を殺したのは自分だ」と爽(川口春奈)に告白した黎(福士蒼汰)。爽は驚きのあまり、黎を拒絶してしまう。

爽の態度にショックを受けながらも、黎は罪を償おうと警察に向かう。しかしその矢先、一ノ瀬(矢柴俊博)から、奥森を殺したトロフィーを爽に送った人物が判明したと告げられる。段ボールが送られた配送センターの防犯カメラに映っていたのは、黎がよく知る女性で————。これまで黎を脅かしてきた不気味な出来事は、すべてこの女の仕業だったのか…信じられない黎は、真相を確かめるまでは自首を思い留まることに。

そんなある朝、黎は自宅のリビングで、ビリビリに引き裂かれて散乱した奥森の日記のコピーと、見覚えのないDVDを見つける。そのDVDには、真夜中のリビングで日記のコピーを破いてまき散らす、思いもよらない人物の姿が…!!

一方、黎を拒絶してしまったことを後悔する爽は、虎太郎(白洲迅)から、「黎と連絡が取れなくなった」と聞かされ、思わず黎の家へ走る。しかし、そこで待っていたのは…。

黎は警察へ向かい、晶子(鈴木保奈美)と接見することに。そこで晶子の口から語られたのは、衝撃の事実だった…!黒幕は果たして誰だったのか…!?ついに、すべての謎が解き明かされる!!そして、黎と爽の愛の行方は————?

http://www.ntv.co.jp/aishitetatte/chart/index.html

やっぱり母の晶子子は全てを知っていたんですね。

「多重人格なのよ」と語られるのでしょうか。いやー、読めない。

真実が分かったら、1話から見返したくなるようなドラマですね。

気になる最終回は9月17日です!

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です