ON 異常犯罪捜査官藤堂比奈子8話の感想!黒幕の真壁永久役は誰?

スポンサーリンク

 『ON 異常犯罪捜査官藤堂比奈子』8話目に突入しました。

今回のサブタイトルは「女殺人鬼が脱走…比奈子へ壮絶復讐」となっています。

ではでは、実際の8話の感想にいってみたいと思います。

更に、8話最後に登場した青目の女性の正体についても書いていきますね。

ON 異常犯罪捜査官藤堂比奈子8話の感想とは?

122015

8話に入って、どんどん比奈子(波瑠)の正体が暴かれてきましたね。

東海林先輩(横山裕)には「犯人を殺す機会を作るために単独捜査をしていた」と言われていました。

その結果、「人殺しが目的なら警察を辞めろ!」とも…

比奈子は東海林先輩の犯人を憎む気持ちと何が違うのか?と問い詰めていましたが、確かに今までの東海林先輩の犯人に対する異常なまでの憎しみの感情を見ていると、あまり変わらないように思いますよね。要は殺してしまったか、殺さなかったかだけです。

東海林先輩は枕が変わると寝れないというかわいいエピソードがサラッと流されてしまったのはちょっと残念に思いました。

ちょっと気になったのは、比奈子が退職願を持って自宅から出るときに「ON」を言わなかったことです。警察を辞める覚悟を決めたから、もう偽らなくても良くなったということなんでしょうか。

中島先生のところに出向いた時も、自身の目的は達成できたと言っていました。でも比奈子の中の闇の部分は、ほとんど晴れていないように感じます。現状は殺人者の表情を確認しただけですよね。ナイフをくれた「あの人」と同じ顔つきをした殺人者の表情ですね。

そうこうしている内に佐藤都夜(佐々木希)が逃亡して、一転比奈子は命を狙われる立場になってしまいました。

佐々木希さんの演技は正直上手いとは言えませんが、取調中のやつれた感じは凄く良かったと思います。目が大きいから「ギョロ」っとしていて、より猟奇的に見えましたね。

ただ、サブタイトルが「女殺人鬼が脱走…比奈子へ壮絶復讐」の割に佐藤都夜のシーンに迫力が無かったように感じてしまったのは私だけでしょうか。

裏で起きている猟奇犯罪が衝撃的なものですし、今後のクライマックスに繋がる事件なので、ある程度は仕方ないとは思いますが…8話最後を見る限りホテルで犯行に及んだのも都夜ではないですよね。結局、当て馬的な脱獄?異常者のレベルが違いすぎるし(笑)

クライマックスの繋がる事件ですが、やはり黒幕の「あの人」の仕業ですよね。シリアルキラーになる工程を駆け足で進んできているようなと中島先生(林遣都)も言っていましたが、比奈子の夢の中の過去の映像には、犬や猫を殺して裏の穴に捨てていた「あの人」がいましたし、今までで一番厄介な事件とも言われていました。まさに猟奇殺人者ですね。

夢の中でも気になるポイントが…「あの人」が投げ渡した高校時代の比奈子がナイフを拾うのを阻止しようとしていましたね。やはり現在もナイフに依存している自分を否定しようとしているんでしょうか?

比奈子の退職願によって、中島先生の担当が東海林先輩に変わって自覚がある側と自覚していない側ですが、比奈子に思いを寄せるイケメン二人。この絡みはファンにはたまらないでしょうね。

しかし、中島先生は比奈子のことを本当に理解し始めているんですね。素晴らしいプロファイリング能力です。

ここで、世間の声にいってみましょう

「今回の話は、ある意味楽しみな部分が多いわいヽ(*゚∀゚*)ノ」

「佐々木希出てたんやね 大根役者にはピッタリな役やん 棒読みでも大丈夫な役もらえてよかったな、佐々木希」

「毎回事件の内容がエグいな…テレビだから映像は軽めだけど。」

「回を追うごとにつまらなくなってる気がする「ON 異常犯罪捜査官藤堂比奈子」 でも、ジャンポケの斉藤さんが好きだから観ちゃう。」

「今日も面白かった 来週最終回」

「珍しくドラマハマっとる」

「完全なるシリアルキラー!青い眼の!殺人鬼。うわ〜まさに上には上がいたパターン!面白い展開になるな、なるわ」

「とりあえずこのドラマでは異常犯罪者はキレイな女性が多い。 」

「こんなにしっかりハマるとは思ってなかった」

最終章に突入して、評判も上々ですね。多少過激な死体のシーンも徐々に慣れてきたのもあって「軽め」という意見もあります。

確かにと思ったのは、「異常犯罪者はキレイな女性が多い」ですね。


 


ON 異常犯罪捜査官藤堂比奈子の黒幕の真壁永久役は誰なの?

スポンサーリンク

8話の最後、東海林先輩を後ろから襲い、片岡刑事(高橋努)の首を掻き切った青い目の美女・真壁永久が気になりますね。

真壁永久役は誰なんでしょう?

名前:芦名 星(あしな せい)

生年月日:19831122日(32歳)

出身地:福島県

もともとはファッションモデルとして2002年に能界に入りました。

掲載誌には『CanCam』や『PINKYなどがあります。

同年には女優デビューも果たし、翌2003年にはTBSのドラマ『Stand UP!!』で初レギュラー(上原美緒役)出演をしています。

最近では2016年の草彅剛(くさなぎつよし)さん主演ドラマ『スペシャリスト』で松原唯子役夜2014年の藤原竜也(ふじわらたつや)さんと岡田将生(おかだまさき)さんのW主演ドラマ『ST 赤と白の捜査ファイル』で結城翠役として出演しているのは知られているところでしょう。

今回、黒幕の猟奇殺人鬼・真壁永久として最終章からの出演になりましたが、本当にお綺麗な女優さんだし、青い目が非常に印象的でした。最終回はメインキャラでしょうから芦名さんの書き込みが楽しみですね。

まとめ

187572

今回、『ON 異常犯罪捜査官藤堂比奈子』の8話の感想と真壁永久役の芦名星さんの紹介をしてきましたが、なんといっても次回の9話が最終回ということで、最終回を惜しむ声も非常に多く上がっています

コンプライアンス問題に厳しい現代において、ココまでリアルな殺人シーンや死体を描いているドラマは珍しいので終わってしまうのは残念で仕方がありませんね。https://dorama-netabare.com/?p=1785&preview=true

ストーリーも盛り上がってきたところなので、もう少し見ていたい気もします。

96日放送の最終回もお見逃しなく!!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です