そして誰もいなくなった8話のネタバレ!伊野尾慧こと日下が裏切る?

スポンサーリンク

毎回重要な登場人物がどんどん死んでいき、本当に誰もいなくなってしまう予感の日曜ドラマ「そして誰もいなくなった」。

第6話はさおりと弁護士が死んでしまうという衝撃のラストでした。

そんな次週も気になる「そして誰もいなくなった」第8話のあらすじのネタバレを紹介します!

次週予告動画(VTR)もあります!

 そして誰もいなくなった第8話のネタバレは?

新一(藤原竜也)の計画どおり、停電爆弾を搭載したドローンが屋上から飛び立った。その時、警視庁には「送電設備を襲撃する」というテロの予告が入り、鬼塚(神保悟志)たち公安は新一の行方を探しに向かう。テロを阻止しようとドローンが向かう方向を目指す鬼塚たちだが、ドローンが急に方向転換し、元来た方向へと戻っていく。すべてのドローンはやがて新一がいるビルへと向かっていき――。

ドローンと公安の刑事たちに囲まれ絶体絶命の状況に陥った新一は、何とか逃げ出すことに成功。しかし、そこにはある人物の姿が。それは鬼塚たちと行動を共にしていたはずの小山内(玉山鉄二)の姿だった。一つだけ確かめたいことがあるという小山内。彼の口から発せられた言葉に新一はただショックと驚きを隠せないでいた…。

一方、入院していた早苗(二階堂ふみ)は、病室のテレビで株式会社L.E.Dのデータ消失事件のニュースを知る。いてもたってもいられなくなった早苗は、過去の記憶を頼りに田嶋(ヒロミ)のマンションを訪ねる。仕事を辞め実家に戻ると言う田嶋は荷造りをしていた。早苗は新一の無罪を証明してほしいと田嶋を説得する。すると、部屋の中で目を疑う光景を目撃してしまう。

小山内と別れた新一は日下(伊野尾慧)のアパートへと向かった。すると、部屋に人がいる気配を感じ、勢いよくドアを開けるとそこには目を疑うような光景が待ち構えていた――。

引用元:http://www.ntv.co.jp/soshitedaremo/story/index.html

 

 

やっぱり日下は敵で裏切る?

残念ながらドローンを操作して新一を陥れたのは日下でした。「新一君びっくりするだろうな」と不敵な笑みを浮かべながら指紋認証を解除してパソコンを操ってドローンを操作していたのでした。まさか日下がパソコン操作できるスキルを持っていたなんて・・・。

日下は以前バーで新一の指紋のついたグラスをとっておき、そのグラスから死んだ斉藤が指紋を採取していたのでした。

ここで斉藤が出てくるとは!?

この時点では斉藤と日下の関係はわかりませんが、もしかしたら斉藤の死体を隠したのは日下という可能性もありますね。

ちなみに日下のせいで、警察に追い詰められてしまった新一を小山内が助けます。

小山内は新一に「馬場(ガキの使い)に頼んで自分の命を狙ったのか??」と聞きます。しかし新一は「小山内が自分のことを探していたと聞いたからガキの使いに見張るように言っただけだ。信じてくれ!」とのこと。

ということは、馬場は別の誰かに命令されていたということ???これも謎です。

そして小山内は新一の言葉を信じて、自分が今まで調べていたことを全て録音したレコーダーを新一に託すのでした。

そのレコーダーには、小山内が今まで新一のことを尾行して調べていたこと。そして新一の母親の万紀子(黒木瞳)とのやりとりがメインに録音されていました。

万紀子は小山内に「あなたは味方なの?正直に話してちょうだい」と言います。そして小山内も「本当に、新一のことを大切に思っているのか?新一の味方なんですか?」と聞きますが「味方でいたいけど、いつまで味方でいられるか」と言葉を濁します。そして小山内が万紀子のことを詳しく調べると、新一の親になる前に、シングルマザーだった過去があり、男の子がいたということがわかります。

その男の子が日下だったんですね。

スポンサーリンク

早苗が田嶋(ヒロミ)に首を絞められて!

早苗が田嶋の家を訪ねて、会社のお金を横領したことになっている新一の件をもう一度、調べて欲しいと御願いします。

田嶋は会社を辞めて実家に帰ると話します。しかし田嶋が電話をしに部屋を出た後に、早苗はフィリピン行きのチケットを見つけます。そして更に押入れにあった会社を横領したお金を見つけてしまいます。

そのお金を早苗に見られたことに気付いた田嶋は「頼む、死んでくれ・・・」と田嶋が早苗の首を絞めるのでした・・・。

その先どうなってしまったのかは、第8話の時点では、まだわかりません。

 

写真の内容と新一が部屋で見たものとは?

日下の部屋に戻ると新一はびっくり。車いすのお母さん万紀子(黒木瞳)が部屋にいました。

「どうしてここにいるのか?」と聞く新一に「このマンションはお父さんが死んだときの遺産で買ったもので、わたしももの」と言います。

そして「私が全部悪いの止められなかった。私のせいで、弥生(おのののか)も行方不明になってしまった。ゴメン」と謝る万紀子。

「いったい、何があったのか?」と聞く新一に、バックに入った写真を見るように言います。

写真には運動会にうつる少年。おそらく日下で万紀子の実の子。

新一がそれに気づいて振り返ったその時、見たものは万紀子がナイフを持って新一に襲いかかる姿でした。

これで8話が終了!ひぇ~母親に刺されそうになるなんて・・・恐ろしい第8話のラストでした。

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です