仰げば尊しで木藤良が吹いたラプソディーインブルーはのだめと同じ?

スポンサーリンク

人気日曜ドラマ「仰げば尊し」では吹奏楽部で演奏される曲が毎回話題ですが、第6話では金髪イケメンキトラが演奏した「ラプソディー・イン・ブルー」も話題になっていました。

そんな視聴者の反応や「ラプソディー・イン・ブルー」についてまとめてみました!

ラプソディー・イン・ブルーとは?

アメリカの作曲家ジョージ・ガーシュウィンが作曲したピアノ独奏と管弦楽の曲です。

多くの映画などで使用されていて映画『グレムリン2 新・種・誕・生』、『華麗なるギャツビー』

日本では『のだめカンタービレ』主人公ののだめがマングースの着ぐるみを着て演奏したことで話題になりました。

 

スポンサーリンク

 

ラプソディー・イン・ブルーの演奏に視聴者の反応は?

以下、ツイートです。

ドラマを 久々に リアタイしてたら 真剣さんが、のだめの曲を〜! ラプソディーインブルー!! ありがとうございます

 

わー。ラプソディーインブルー わー。 イケメンがサックス持ってるだけで キャーキャー言ってるのに ラプソディー流れてくると発狂しそう (課題しなきゃ)

 

あーー!!!これは!!ラプソディーインブルー! 好きなの!これ!のだめ!

 

いま仰げば尊しのキトラくんが吹いてた曲、一瞬でラプソディーインブルーってわかった

 

キトラくんそれはラプソディーインブルーじゃありませんか!

 

ラプソディーインブルーか のだめのイメージになっちゃうな今でもw

 

ラプソディーインブルーじゃああああああ 調違うけどさああああ あああああ:;(∩´///`∩);:

皆さん、さすがですね!やっぱり「のだめ」を思い出した方が多かったようです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です